LEGACY日記

魚心トップページへもどる

 レガシィのページトップへもどる


2008年10月31日 (金)

D型レガシィ

さあ、気を取り直してD型レガシィをチェック!

Cimg4027

デザインは・・・A型と結構違います。ライト〜フロントフェンダーの形状、リヤのガーニッシュなどが変更になっています。

私はスッキリしたA型が好きです。

地味なカラーでしたが、曇り空での艶の出かたは絶妙です。

汚れが目立たなくて良いかも?

Cimg4036

テールランプはクリアが入り良い感じ。

Cimg3951

内装は・・・コストダウンが見えみえです。プラスチックの質感がイマイチです。

Cimg3958 

メーター廻りは・・・少々ごちゃごちゃしています。

燃費計関連がメーター内に移動になっています。

Cimg4038

いろいろな情報がメーター内に表示されます。

Cimg3971

オートマなのでハンドルにもパドルシフトが。操作性は良かったですがレスポンスは△

Cimg3968 

エアコンが助手席と運転席で別々に管理できます。これはうらやましい。

しかし実際は、前席と後席が細かく管理できる方がニーズに合っているかも?

Cimg3963

ドリンクフォルダーは穴。ふたが無くなりました・・・

ブルーのイルミネーションで光ります。

Cimg3966

SIドライブのコントローラーです。

アクセルレスポンスが体感できるくらい変化します。

ハンドルにもコントローラーがあるので、こんなデカイボタンが必要なのかは??

Cimg3965 

エンジンは・・・ATなので260PSです。より低速からトルクが出るセッティングです。

Cimg3978

こんな部品が付いています・・・

なんだかエンジン始動時の排ガスをキレイにする部品?忘れちゃいました。

Cimg3974

Cimg3975

走りは良い感じです。

サスがしなやかで乗り心地が格段に良くなっています。

音も静かでボディ剛性も上がっているような感じがします。

熟成されたセッティングです。

5ATのシフトは・・・特別目立った点はありませんでした。

ATは楽チンです。実際も早く走れそうです。

MTの方がドカンとターボが効くのでパワー感があります。

60kmほど走りましたが、3年分の進化は感じられました。

立ち寄った神社の紅葉がきれいでした♪

Cimg4022

後味が悪い・・・

ディーラーへ午前中に訪問し車を修理に出しました。

修理の内容は・・・

@リコールのタイミングベルト交換。

Aウォーターポンプ交換。

Bリヤブレーキのローター研磨、パッド交換、キャリパー点検

代車は後期モデルのレガシィ。しかもターボのGT!

修理完了は明日の午後の予定。

A型とD型の違いをじっくり比較しようかな♪

Cimg3944

夕方、お昼寝をしていたら・・・ディーラーから電話がありました。

サービスフロントの方からで・・・

「保証で直そうと思っていたリヤブレーキが、走行が10万キロを越えているので保証が効きません」との内容。

10万キロの保証期限が切れているのは先々週に説明済みなんですけど・・・

それでも大丈夫と言うから修理に出したんですけど・・・

「有償なので実費が2万2千円かかります」と恐縮そうに言う。

10万キロを越える前に点検してもらって大丈夫と言われて→実際に自分で点検したら不具合があって・・・

保証で無償で直すといわれて→やっぱり有償と言われ・・・

不信感がモンモンと沸いてきました。

寝起きで機嫌が悪かったのでチョッと「ネチネチ攻撃」をしてしまいました。かなり反省・・・

苦情を言うのは辛いです・・・。自己嫌悪になります。

状況を良く確認し、事の成り行きを整理してから折り返し電話をするようにお願いして一旦電話を切ります。

Cimg3982

チョッとしてから、折り返し電話が来ました。

保証の「解釈不足」、「説明誤り」を謝罪していただきました。

ブレーキのローターは状態の良い中古品が3000円位で手に入るので修理はキャンセルし、ブレーキ関連はそのまま戻してもらうことにしました。

残念ですが自分でやれば3000円の作業に2万2千円は痛いです。

来月、部品をヤフオクでGETし、自分で修理をすることにしました。

それからすぐに3回目の電話が来ました。

「ローターを既に研磨に出していました・・・」との内容。

なんだかなぁ〜・・・修理の取りやめも出来ないよ。出費を覚悟したら・・・

「今回は不手際があったので無償で対応します」と言われました。

複雑な心境です。文句を言ったもん勝ちみたいで嫌な気分です。

でも無償で直るのは正直助かります・・・

自分の中で葛藤しています。工賃はともかく、研磨代金だけでも支払おうかと・・・。

明日、車を引き取りに行く時に「ネチネチ攻撃」のお詫びをしないと・・・。

「ネチネチ攻撃」=口調は丁寧に、でも怒りをそれなりに表現し、納得していない事をジワジワお伝えする地味な攻撃。

2008年10月30日 (木)

レガシィ フロントサスからの異音

秋田往復の途中でサスからのゴトゴト音が気になり始めました。

今までサスからの異音は無かったので・・・気になります。

フロントの左側からの異音で、低速で段差を乗り越えたときや、荒れた路面を走ったときにゴトゴトと音がします。

出勤前に駐車場で左前輪のサスをチェック・・・

Pict0004

(画像は無関係な右側です)

アッパーマウントを止めている3本のボルトはしっかりと固定されています。

アッパーとショックのシャフトを止めているボルトが怪しい・・・

ゴムキャップをめくってボルトをチェック。

すると・・・完全にボルトが緩んでいて、手でくるくる回る状態でした。

なぜ緩んだのでしょう???

締め付けトルク不足ではなく、サスを組んだときに、しっかりと接合部がはまっていないままボルトを締めたのではないかと思います。

秋田移動中に陥没した道路に左前輪を落としたので、そのときに噛み合わせが悪かった部分がズレたんでしょう。

ボルトを締めなおして試走。無事に異音は解消しました。

左リヤサスからは線間密着による異音がたまにします。これもタイヤ交換の時にでも点検してみようと思います。

2008年10月23日 (木)

ショック!

オークションに出品中のダウンサス+ビルシュタイン。

早々に入札があり安心していたら・・・

Yo

残り3日目の今日、入札者からキャンセルの申し出が来た。

8,000円以上で売れるのが確定したと思ったら・・・このままだと売れないかもしれない。

刺激的なハードサス。売れ残ったら夏用に保存しておこうかな♪

ロングハブボルト/スペーサー8mm到着

注文していたロングハブボルトとスペーサー8mmが到着。

Po20081020_0004

現在フロントに入っている5mmのスペーサーを取り外し8mmを入れます。

これで更に3mm外に出ます。

ロングハブボルトで安心感も増します。

しかし・・・この数ミリの変更の為に、費用と労力を使っているのが微妙。

後輪も10mm外に出しましたが、単なる自己満足でしかありません。

これでもツライチには程遠い。ツライチを狙えばフェンダーの加工も必要。

この辺が妥協点です。装着が楽しみです。

2008年10月20日 (月)

工作

ジャッキアップをしてウマを掛ける際に・・・

ジャッキアップポイントにウマを掛けると車両の耳が潰れそうか気がする。

Po20081017_0036

それを防ぐために、硬質ゴムを加工しアダプターを作成してみました。

Po20081017_0361

カッターとヤスリで削って・・・良い感じに加工できました。

これで安心してウマを活用できるかな?

逆に不安定にならないかも心配。

おっ!

ヤフオクで出品中のレガシィのサスペンションセット。

8,000円スタートで、いきなり入札が1件ありました。

1020

10/26までの出品です。

もう少し上がるでしょうか・・・

送料込みで5,000円以下で手に入れた品なので、チョッと得しちゃいます♪

2008年10月18日 (土)

オークション出品

わずか1ヶ月半で取り外した「A型ビルシュタインにSYMSサス」。

保管場所も無いのでオークションに出品しました。

Po20081018_0002

素晴らしい運動性能に未練が残りますが・・・

ソフトな乗り心地に馴染んでしまったら・・・

ガツガツ、ゴツゴツのサスには戻れません。

下がり具合もこのサスの方がカッコよく下がっていた気がします。

Po20080902_0092

格安で落札したショックセットですが・・・欲が出て8,000円〜スタートで出品しました。

きれいに掃除して梱包も終了。

無事に売れるかなぁ〜

峠攻め・・・

E型ビルシュタインで初の峠攻め。

ソフトな足は山道ではどうかな?

Po20081017_0378

案の定、ロールはします。しかし・・・まあまあ曲がります。

A型ビルシュタインの鋭さはありませんが、E型でハイスピードで攻めても安心感はあります。

ソフトな足の方が、荒れた路面では断然有利です。

グリップ力がマイルドなピレリタイヤにはピッタリかと思います。

Po20081017_0381

しかし・・・取り外してしまったA型サスの挙動が乱れない安心感は格別です。

雪が積もらないエリアならA型で頑張れそうですが・・・。

*E型サスは柔らかいためか、荷物満載、ガソリン満タンで車高や挙動が結構変わります。

A型サスでは荷物満載、フル乗車、満タンでも車高と挙動の変化が少なかったのに・・・

Po20081017_0386

10/14〜高速道路が深夜割引で半額になりました。

今回は妥協してラスト100km、北上ICから古川ICまで高速道路を利用しました。

4時間かからないで古川に到着。3時間寝て出勤です。

(峠を攻めて、高速を飛ばしたら・・・リッター12kmを割り込んでしまいました)

2008年10月17日 (金)

ガソリン価格

値下げが進み、弘前のスタンドではハイオクが160円でした。

今週末はメール会員が156円(レギュラー146円)まで下がるようです。

このままハイオクが150円を下回ってくれれば助かります。

原油価格の下落、円高が進めば・・・まだまだ下がりそうですが・・・

価格が上がるのは早くても、下がるのは遅そうです。

2008年10月16日 (木)

プローバ ダウンサス検証

E型のビルシュタインを導入しフワフワになった足回り。

ガソリンを満タンにしたら・・・後ろが若干沈み込みました。

(40kg近い重さの 荷物をラゲッジルームに積んでいます)

Cimg3759

フロントの車高は下がっていませんので、若干尻下がりに見える気がします・・・。

見た感じは違和感が無いので良いのですが・・・

SYMSのサスを装着していた時の方が前傾姿勢でカッコ良かったかも。

Cimg3760

今のフワフワした足回りに違和感があります。

ガソリンを満タンにしたらフロントのフワフワ感がますます気になります。

乗り心地は◎なのですが、柔らかいサスに酔っちゃいそうです。

Cimg3764

今晩、いつもの峠を攻めて古川に移動します。

通いなれた道なので、違いを体感するには良い機会でしょう。

今更、ハードな足に戻す気はありませんが、何となくガチガチの足回りも名残惜しい。

我が家の家族も乗り心地の違いを直ぐに感じてくれましたが・・・

ガチガチのサスに慣れているので、フワフワに違和感があるそうです。

春になったら再びハードサス?!

レガシィ スペーサー確認

荒れた路面に駐車したら・・・片側の後輪が沈み込んだので、クリアランスをチェック!

Cimg3690

フェンダーに擦る心配は無さそうです。

Cimg3711

Cimg3701

あと5mmは外に出せそう?

Cimg3716

フロントも・・・まだ大丈夫そうです。

フロントは5mmのスペーサーを入れていますが、8mmのスペーサーを本日注文しました。

Cimg3722

10mmのスペーサーでもハミ出しはしませんが、フェンダーとの干渉が怖かったので無難な8mmで挑戦したいと思います。

Cimg3725

ロングハブボルト10本も同時注文したので、今度の秋田帰省時にフロントボルト入替えと8mmスペーサーの導入を実施したいと思います♪

2008年9月27日 (土)

ナンバーフレーム

雪やタヌキとの衝突でナンバープレートが変形し、シャッキッとさせるためにスバル純正のメッキナンバープレートをヤフオクで落札し1年くらい使っていました。

キラキラしたのがイヤでボディ同色の物を探しにカー用品店を廻ってみた。

Po20080913_0064

良いのがあったが前後のナンバー分2枚入りで2480円・・・高い。

使っていない純正フレームが1個余っているので、塗装をしてみようと思った。

Po20080927_0018

レガシィのロゴ部分をキレイにマスキングし・・・

Po20080927_0020

紙やすりでメッキを落として塗装が付着しやすいように・・・

と、思ったけれど、塗料のスプレーが1本1,000円くらいする。

これは失敗のリスクを考えると割高になる可能性が。

ネットで白いナンバーフレームを探したら、シンプルなものが極端に少ない。

1枚入りで安価なものをようやく発見。

Img10271118878

パールが強いホワイトです。デザインはもっとシンプルだと良いのですが・・・

価格が魅力的。本体880円+送料160円 =1,040円

早速ポチッと購入。ネット通販、なんて便利なんだ♪

装着してイメージと違ったら・・・ヤフオクで売っちゃいましょう。

データー収集

厚手のスペーサー+ロングハブボルトを入れる前に現状の把握を・・・

今回は測定場所を明確にし、誤差が出ないように気をつけました。

<右前輪>

既に3mmのスペーサーが入っていますが10mmの隙間があります。

もう5mm外に出すため8mmのスペーサーを購入予定です。

それでも5mmの余裕があります。

Po20080927_0000

<左前輪>

なぜか12mmの隙間があります。右と左で2mm差が・・・

3mmのスペーサーを抜いて8mmスーペーサーを入れても7mmの余裕が。

Po20080927_0003

<右後輪>

14mmの隙間です。既に5mmのスペーサーが入っています。

ここには購入済みの10mmのスペーサーを入れます。

10mm入れても9mm余裕あります。

Po20080927_0010

<左後輪>

こちらは16mmの隙間が・・・

10mmスペーサー入れても11mmの余裕があります。

Po20080927_0006

右側に比べ、左側が前後輪ともに2mm余裕があります。

個体差って結構あるんですね。

----------------------------------------------

<7.5J/オフセット52のホイールならば・・・>

・前輪=13mm

10mmのスペーサーを入れても3mm余裕あり。

10mm入れるか8mm入れるか発注するまで悩みます・・・

・後輪=19mm

15mmのスペーサーを入れても4mm余裕あり。

後輪はフェンダーの爪が10mm程度あるので、ギリギリまで出すと爪折は必須。

スペーサー厚みの限界10mmで我慢。やはり2枚重ねは気がひけます。

10mm入れても9mm余裕があるので安心でしょう。

2008年9月26日 (金)

無傷じゃなかった・・・

昨日、バックでぶつけたバンパー。

無傷だと思っていたら・・・微妙に変形が。

Dvc00019_m_2

光を当てて見ないと気が付かないが、微妙に変形している。

塗装にも若干のシワが・・・

Dvc00020_m_2

良く見ないと発見できない変形なので、修理予定無し。

バンパー外して裏から修正したら直らないかな?

スペーサー10mm到着

楽天市場で購入した10mmのスペーサーが到着。

さすがに10mmは分厚い。

普通の鉛色のスペーサーよりはキレイで精度も高そう。

Po20080926_0002

専用ピッチ、ハブリング付きなんかが良いのでしょうが高額なのでパス。

さあ、装備はそろったので装着作業のスケジュールを・・・

ロングハブボルトに打ちかえるため、後ブレーキローター、ブレーキキャリパーも外さないといけない。

ローター交換、パッド交換も同時にしたいなぁ・・・。

ブレーキローターを確保しなければ(ネットで物色中)

ロングハブボルト

到着したので開封してみた。

Po20080925_0005

純正の袋ナットと比較。確かに長い。

純正のハブボルトより10mm長いロングボルト。

Po20080925_0002

最後まで締めても・・・こんなに隙間が。

ホイールとスペーサーの厚さを考慮すれば丁度良いけれど、車検時にスペーサーを抜いたら袋ナットが底付きしそう。

貫通ナットも10個用意しないといけないかな・・・

アルミの貫通ナットが値ごろですが・・・アルミは耐久性が心配です。

ゴツン!

告別式に向うため、遠くのお寺まで早起きして向った。

お寺に到着し、細い路地に入ろうと思ったら対向車が来た。

対向車を通すために譲ろうとし、後方確認してからバックしたら・・・

なぜが背後からクラクション。慌ててブレーキを踏んだけど「ゴツン」と音が!

振り返ると軽トラが止まっていました。

カーブを曲がってきた軽トラがすぐ後ろに。

黄色い道路のカーブが現場で「A」ポイントがお寺です。

Photo

車を降りて双方の車を確認したら・・・

お互い全くの無傷。超低速だったのと止まる寸前だったのが救いでした。

傷が無いか相手方にも確認をしてもらい、お詫びをして解散。

って、お相手も同じ葬儀に参列・・・苦すぎる。

自分の不注意でした。気を引き締めて運転します(反省)

軽トラのおっちゃん・・・ゴメンナサイ。


2008年9月20日 (土)

リコール?!

スバルからリコールの発表があった様子。

http://www.fhi.co.jp/recall/data/08-09-18.html

タイミングベルトの不具合で交換が必要らしい。

080918_2

製造年月、車体番号、ターボ車のマニュアル・・・全て該当している。

これはチャンス?!

1年販売して該当車両が5千台(内ワゴンが3千台)しかないなんて、やはりマニュアル車は希少なんですね。

既に走行距離が10万キロを突破し、11月の車検でタイミングベルトの交換が必須だっただけにリコールで交換してもらえるならありがたい。

車検代金が5万円も浮いちゃうかも♪

該当車両かどうか・・・近日中に確認してみよう!

2008年9月19日 (金)

ロングハブボルト・10mmスペーサー発注!

後輪に入れた5mmのスペーサーじゃ満足できなくて・・・

ネットで10mmロングハブボルトと10mmスペーサを購入。

来週には到着するので、作業日を決めないと!

400x30020080324000093_2

ハブボルト交換のための作業方法を・・・勉強中。

タイヤを外し、キャリパーを外し、ブレーキローターを外し、サイドブレーキを分解して・・・

大体のイメージはつかめました。DIYにはイメージトレーニングが重要です。

ついでにブレーキパッドの交換もしようかと!

Img1027995682_2

問題は11月にある車検。

スペーサーは車検NGでしょうから、スペーサーを取り外すと・・・ボルトが長い分、純正の袋ナットでは締め込めないかもしれない・・・。

ロングハブボルトも車検はNGでしょうが、誰も気がつかないだろうから気にしない。

貫通ナットも用意しないといけない???まあ、ダメならそのとき考えよう。


2008年9月18日 (木)

レガシィ・スペーサー装着

スペーサー装着によるデメリット・・・

悩んでいても時間の無駄。とりあえず装着を決定。

午後から雨の予報なので午前中から作業開始!

Po20080918_0012

カー用品店の開店を攻め、スペーサーを購入。

フロント用に3mm、リヤ用に5mmを購入。

価格は680円+780円=合計で1,460円なり・・・

いつもの洗車場で作業開始。

まずは現状の確認。

オモリを吊った釣り糸を垂らします。

ちなみにオモリは30号・糸はフロロの6lb(笑)

Po20080918_0003_3

リアは余裕がたっぷり。

19mmも間隔があります。

Po20080918_0001_2

同じくフロントも測定。

Po20080918_0008

こちらは13mm。ツライチには程遠い状態です。

Po20080918_0006_2

後輪からジャッキアップをしました。

Po20080918_0013

相変わらずサビだらけです。

ハブボルトの長さは24mm。

色の変化から、ホイールの厚みが10mm、ナットには14mm掛かっています。

5mmのスーペーサーを入れると・・・9mmしかナットに掛かりません。

10mm以下は使用禁止とスペーサーの注意書きに書いていました(汗)

Po20080918_0017

ホイールの裏を確認。ワイドトレッドスペーサーを装着できるかチェック。

Po20080918_0018

ホイールの逃げは7mm程度。

15mmのワイドトレッドスペーサーを入れると、純正ハブボルトが9mm出ます。

逃げが7mmだと・・・やはりワイドトレッドスペーサーは無理。残念・・・

Po20080918_0020

リアに5mmのスペーサーを入れます。

抜き穴だらけで強度も精度も期待できません。

Po20080918_0023

装着完了。ボルトの掛かりが浅く、すごく心配・・・。

Po20080918_0024

装着後の測定・・・

あれ?19mm→5mmスペーサー=14mmになるはずなのに10mmしかない???

糸を垂らす場所が違ったかな?

Po20080918_0029

続いてフロントに3mmを・・・

本当は5mmを入れたいのですが、後輪より負担が掛かる前輪に、掛かりの浅い5mmを入れる勇気がありませんでした。ロングハブボルトに交換すれば安心感は違うでしょうが・・・

Po20080918_0034

フロントは・・・

13mm→3mmスペーサ=10mmになるはずなのに・・・なぜか8mm。

スペーサーを入れると、スペーサーの厚み以上に外へ出る?

Po20080918_0042

左前輪だけ、インナーフェンダーにタイヤが擦ります。

スペーサーでトレッドを広げると、更に擦りやすくなるでしょう。フルにハンドルを切ることは少ないので気にしません。

Po20080918_0035

明らかに擦ってますが・・・気にしません・・・。

Po20080918_0052_3

まだまだフェンダーに余裕があります。ギリギリまで外に出すと爪折加工などが必要になるでしょう。

しかし・・・もう少し頑張れそうです。

理想は・・・

フロント、リヤともにロングハブボルトに交換し、フロントに5mm、・リヤに10mmのスペーサーを入れれば見た目が良い感じになるでしょう。

Po20080918_0059

走ってみた感想は・・・

低速域でハンドルが若干重くなりました。ハンドルを切った時にクイック感が無くなりダルな感じに・・・

100km/h程度での走行ではハンドルのブレは感じられません。が、それ以上の高速走行が心配です。今度、高速道路で試して見ます。

コーナーは・・・ちょっとハイスピードでカーブに入ると・・・今までとは違った音質のタイヤ音が・・・

タイヤを見てみると・・・今まで接地していないかったタイヤの外側が数ミリ設置していました。なぜだろう???

百害あって一利は見た目だけ・・・良い話を聞かないスペーサーですが、様子をみて不安に感じたら取り外します。

今、思えば・・・ホイールを買うときに、ツライチのオフセットをもっと勉強すればよかった。


2008年9月11日 (木)

スカートリップ同色化

朝5:30に起きて・・・娘の学校まで早朝ドライブ。

朝練を頑張ってるそうです。

Cimg2574

天気が良いので洗車。

高速を走って虫だらけの車をキレイにしました。

前から気になっていたスカートリップの同色化。

ゴムに色を塗るのは難しそうなので・・・ビニールテープでチョッと実験。

Cimg2610 

脱脂もしないで、いきなり貼ってみました。

普通のビニールテープでは幅が足りず、二重に貼ったら違和感が・・・

即行で剥します。

Cimg2587

ホームセンターで幅があるビニールテープを購入。

Cimg2790

トイレに行きたいのを我慢しながら貼ったので、少々空気が入ったり曲がってしまった部分もありますが、まずまずの出来♪

色も偶然ですが合っています。

Cimg2778

リップに厚みが出てフロントのボリュームアップ。

しかし・・・カッコいいかは微妙です。

耐久性にも難がありそうです。自然に剥げてくる前に剥ぎます。

チョッとしたイメージチェンジになる小技です。

2分で出来ますので♪

Cimg2602

2008年9月10日 (水)

しまった・・・

ちょっと入札したら・・・落札しちゃった。

この品・・・使う機会はあるのか?

041400003



落札価格は・・・550円。送料の方が高い。

商品価格550円+送料950円+代引き手数料315円。

買ったからにはサス交換しないと!

柔らかいショックとサスをヤフオクで物色中。



バンパー修理完了

前から気になっていたバンパーの隙間・・・Po20080901_0001
















スバルから部品を取り寄せし、本日AM8:30〜近所の洗車場で作業開始!

Po20080901_0004















まずはハンドルを左に切って作業をしやすくします。

Po20080901_0007















手を突っ込んでメリメリとインナーフェンダーをめくります。

Po20080901_0011















中にグリップがあります。ちょっと固着していますがコツをつかむと簡単に外れます。

Po20080901_0012_2














グリップを外すとバンパーが外れてきます。
Po20080901_0014















破損した部品を交換。ドライバーでネジを外します。

アンダーカバーとバンパーを止めている下部のグリップ2個も外すと作業がしやすくなります。

ネジと爪で止まっていますが、爪がなかなか外れません。部品の構造を確認し裏側から押したり表から引っ張ったり・・・ちょっと苦労しましたが無事に外れました。

Po20080901_0018















・上が新しい部品

・下が破損していた部品

取付部分が改良されているそうです。
Po20080901_0020
















30分かからないで作業完了。

隙間もふさがってスッキリ!
Po20080901_0024















ホームセンターに立ち寄って・・・

高さ10cmの低い輪止めを買ってきました。470円なり・・・

これでバンパー直撃を防げそうです。

購入した輪止め・・・アスファルトに接着するか検討中。

Po20080901_0029













8/26サス交換完了

Po20080827_0014














朝の5:00に弘前を出発。秋田の実家へ向います。

3時間掛からずに秋田へ到着。

8:00頃から実家駐車場にて作業を開始しました。

Po20080827_0026














おきまりの車高チェック。前輪は地面からフェンダーまで69cm

Po20080827_0027














後輪は68cm



Po20080827_0050














前輪の左右両方を“ウマ”で上げて作業したかったのですが

ウマのポイントが分からないので1輪ずつジャッキで上げて作業しました。

ジャッキとウマで車重を分散させました。


Po20080827_0049














今回も、父にご協力を頂きました。

Po20080827_0030














前輪のサス取付部、ボルト2本+ABSセンサー

Po20080827_0032














反対側は・・・ブレーキホースを止めています。Po20080827_0046_2















ここのボルトはキャンバーを調整できるようにメモリが刻んであります。

印を付けておきました。

Po20080827_0036














かなりのトルクで締め付けているため、力が必要。

CRCを噴いて・・・鉄パイプで工具を延長し緩めました。

スタビの影響でボルトが抜けにくいため、反対側の前輪もジャッキで少々上げてあげたら楽にボルトが抜けました。

Po20080827_0038














取り外されたショックとこれから取り付けるショック。

私の車に付いていたショックはかなりのサビが・・・

冬場の高速道路走行による融雪剤が原因でしょう。

Po20080827_0040














ショックが取り外させてガランとしたフロント回り。

Po20080827_0041














ショックを抜いたら・・・筒抜けです。

Po20080827_0045















同じ手順でダウンサスが組み込まれたショックを入れます。

フロントはこれで完了です。

パワーが必要ですが、作業自体の難易度は低いです。

続きましてリアです。

Po20080827_0051














内装をバリバリ剥ぎます。グリップ3個で止まっているだけです。

Po20080827_0054














サスペンション上部の取付はリアは2箇所のみ。

Po20080827_0058














下部は1個所。締め付けトルクはフロントよりは弱いので

鉄パイプが無くても緩みました。

Po20080827_0060














下部のボルトが抜けません。サスペンションが上方向に力が加わっています。

ジャッキで開いてあげると簡単に抜けました。

Po20080827_0061_2














リアも激しく錆びていました・・・キレイならヤフオクで売り払おうと思っていましたが

これでは値が付かないでしょう。

Po20080827_0062














内装を剥ぐのは面倒ですが、リアの方が簡単です。

Po20080827_0066














フロントは67cm=2cmダウンPo20080827_0068
















リアは66cm=こちらも2cmダウン

Po20080827_0084















内装を止めているグリップを紛失しました。

ホームセンターとイエローハットに行きましたが扱い無し。

スバルのディーラーは定休日・・・

諦めきれずにリアシートを取り外して探したら・・・奥深部へ落ちていました。

無事回収♪

Po20080827_0072
















フロントの取り付けボルトも1個紛失。

Po20080827_0073_2















2店目のホームセンターで無事発見!3個入って100円なり♪

Po20080827_0115















リアはタイヤとフェンダーとの隙間が無し!

Po20080827_0108















フロントも絶妙♪たった2cmでも良い感じになりました。

Po20080827_0132
















言われなければ分からない程度の下がり具合ですが、

日常生活に支障がないギリギリのところだと思います。

Po20080827_0137















冬道と悪路、輪止めには注意が必要です。

Po20080827_0064















今回も活躍した鉄パイプ。DIYの必須アイテムですね♪

サス交換のインプレッションは・・・後ほど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)


2008年8月14日 (木)

ダウンサスGET!

ヤフオクで落札してしまった・・・

純正ビルシュタインショック+ダウンサスセット。

Yrf_23img600x4501216708279yndj3c555















ワゴンの「GTスペックB」A型6万キロ走行車から取り外された物。

私のレガシィと全く一緒のビルシュタインのショック。

SYMSのダウンサスが装着済み。

5年間で5回も仕様変更されているレガシィのショックの中で圧倒的に硬い品。

柔らかくなった後期型は高値で落札されているが、

前期A型は人気も無く激安にて入手できた。

発送はいつになるだろう・・・

アッパー装着済みなので交換作業はスプリングコンプレッサーも不要。

自分で交換が出来そうです。頑張って工賃を浮かせます。

さあ、事前のイメージトレーニングと実行日を決めないと!

(一人では不安なので実家秋田の駐車場で実行予定)

Cimg8248111


























車高は前2.5cm、後1.5cmダウンの予定です。

冬道走行の事を考えると・・・チョッと不安。

その前に、古川アパートの駐車場に入れるかが・・・もっと不安。

今でも輪留めにギリギリなのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

ブレーキ修理完了

車を確認すると・・・
フロントキャリパー、ローター、ブレーキパッドが新品に。

キャリパーはピストンを含めて全て新品に換えてくれたそうです。

普通に修理したら10万円コース?ほんとに助かりました。

Po20080717_0055













Po20080717_0052

























新しいキャリパー・・・シルバーの塗装が地味・・・

アタリが出ていないのか効きはイマイチ。100km程度は慣らしが必要かな。


「08/05/12」
『ガタガタ』

間もなく5年10万キロのレガシィ。
あちこちとガタが出てきた。


・室内灯が接触不良で時々消える。
・ナンバー灯も片方が点いたり消えたり(たたくと直る)
・燃費計が時々消える(たたくと直る)
・自作したクラッチ解除エンジン始動システムも接触不良で時々無反応
(スイッチのON・OFFで直る)

今日、午後から上記の部品をチョッとだけ分解してみたけれど・・・
具体的な改善策は思いつかない・・・
シリコングリスを接点に噴いて見たけれど(逆効果?)


加速感も衰えてきた気がするし・・・。

まずはブレーキパッドの交換か・・・。
メンテ費用が心配です。

愛着があるので5年目の車検は通します!



「08/04/24」
『空気圧アップ!』

タイヤの組み換え時に空気圧は2.4kで入れて頂いた。
この状態は乗り心地が良いしグリップも粘って非常に良い。

ピレリのNEROは「XL(エクストラ・ロード)規格」のタイヤらしい。
高い空気圧に対応できるらしいが・・・良く分からない。

試しに空気圧を2.8kにしてみた。



明らかにハンドルが軽くなり、乗りゴゴチがゴツゴツしてきた。

雨の中での安心感はあるが・・・接地面積が減った分、軽すぎるハンドルに不安も。

期待できるのは燃費の向上ですが、高速でのハンドルに対する追従性もイマイチになったので・・・
今度は2.6k位に落としてみようかな!


「08/04/21」
『暇つぶし』

今日は休日。
午前中に部屋の掃除をして・・・そのまま洗車に!

暇だし、体力を持て余していたので半年振りにワックスを施工。


車がきれいに輝いているので嬉しくてドライブ♪


いつもの公園は・・・桜が散りかけてました。




少しずつ緑が増えてきました。ワラビのシーズンが楽しみです。



誰もいない駐車場で記念撮影・・・



このアングルがお気に入り。
グリル、リップ、アイラインとお気に入りパーツが並びます。








マフラーも磨きました。
インナーサイレンサー無しでガオガオと呻らせてます。





車内も清掃。RECAROシートも磨きました。ロゴの白が若干復活。



写真を撮っていたら・・・雨が降ってきました。
洗車翌日に雨!なんて良く聞きますが・・・

洗車2時間後に雨です(通り雨でしたが)


「08/04/11」
『ピレリタイヤ』
タイヤ交換をして200kmほど走ったのでインプレを・・・




まずはロードノイズ。
擦り減ったSドライブよりは確実に静かになりました。
(タイヤが静かになると、風切音やマフラーの音が気になってきます)

新品時の「Sドライブ」や「RE−050」に比べても同等かな。


そして、乗り心地・・・
これが明らかに良くなりました。トレッド面のゴムは硬い感じがするのですが
サイドウォールが柔らかいのか段差での衝撃が減りました。
大げさに言うと「ガツン、ガツン」が「コン、コン」といった感じに。

空気圧もSドライブと同等なので、やはり軟弱なタイヤなのかもしれません。


そしてグリップ・・・
やはりサイドウォールの柔らかさが原因なのか高速でスラロームをすると、
一瞬テンポが遅れて反応します。
しかし、その後が粘るようにグリップし路面に張り付いているような感覚。

限界走行はしないので、これでも良いかと思います。


夏泊半島の峠を、荷物がぶっ飛ばない程度に攻めてみても、グリップが破綻しない。
超低速のヘアピンカーブでも、グリグリとグリップし、滑り出さずに頑張ってくれる。


雨の日は・・・
溝が多くて深い分、安心感はあります。水溜りに突っ込んだ時も衝撃が少なく
きっちり排水している感じ。

雨の高速でも期待できそうです。


強力なグリップもなく、ロードノイズも程々。平均的なタイヤのようです。
値段がハンコック並みなのでコストパフォーマンスは◎


特価で手に入るなら、次もこのブランドで良いかも?
あとは耐摩耗性と磨耗時の性能ですね・・・




『RS☆Rマフラー』
自分では爆音マフラーだと思っていたけれど・・・
ミカンさんに言わせれば、「全然OK!純正並みです!」と
力強い助言を頂きました。

安心してインナーサイレンサーを抜いていますが・・・
やはり爆音のような気が・・・

朝晩のエンジン始動に気を使います。

チョッと元気良く走るときには、排気音が気分を盛り上げてくれます♪

後ろから見たルックスも・・・チョッとやんちゃな感じで○

前からはリップにグリル、横からはアルミ、後ろからの見た目がイマイチだったので・・・
マフラーがチョッとしたアクセントになってます。

もう、欲しいパーツが無くなって来ましたので・・・後はメンテナンス費用かな。


「08/04/08」
『タイヤ交換&オイル交換』
久々のオイル交換を実施!開店時のABにお邪魔しました。
ミカンさん、大変お世話になりましたm(__)m


今回、交換したオイルは・・・「モービル1DE」
モービルは初挑戦です♪

以下、メーカーサイトより・・・



適合規格 API SM/CF
ACEA A3,B4,B3
Mercedes-Benz 229.3 / 229.1
Porsche, Volkswagen 502.00 / 505.00
推奨車種 大排気量車、スポーツ車、ヨーロッパ車
モービル1 5W-40はPAOを主成分とした高性能化学合成基油にエクソンモービル独自の添加剤システムSuperSyn? Anti-wear Technologyを採用することで、より苛酷な使用条件下においても優れたエンジン保護性能を発揮する化学合成油です。
速度無制限のアウトバーンに代表される長時間高速走行を目的として開発された高性能エンジンオイルで、優れた熱安定性と低温流動性により、ターボ車、高出力車の熱負荷からエンジンを守りつつ、優れた低温流動性により始動時のエンジン摩耗を防ぎます。モービル1 5W-40はターボ車を含む様々な車種に適合
するエンジンオイルで、特に大排気量車、スポーツ車、ヨーロッパ車に推奨します。




エンジン音も静かになりスムーズに回るようになった気がします。
1万キロ走った純正オイルよりは確実に良くなりました。



『タイヤ交換』
古川から持参したピレリタイヤを装着。





タイヤのパターンはコンフォート系に見えなくもない。
メーカーはスポーツタイヤと言ってるようですが・・・





溝が残っているうちに記念撮影を・・・

半年もしたら最初の溝が消えてなくなりそう・・・2年は持ってもらいたい。




サイズを215/45/18→225/45/18にサイズアップしたところ
直径が微妙に大きくなり、ハンドルを切るとインナーフェンダーにタイヤが若干擦ってる?
まあ、たいした擦り方ではないので気にしない。








リムガードがなく、なんだか丸っこい感じ。
サイドウォールのデザインはイマイチ。



インプレッションは後ほど・・・・


「08/03/31」
『化女沼テストコース』
一ヶ月ぶりのフリーの休日。
昼まで寝た。スッキリした♪


午後から床屋に行って散髪。
その後は予定無し。



暇なので、塗装したマフラーのインナーサイレンサーの
有無比較してみることにした。

向かった先は「化女沼公園」

不気味な名前の沼であるが、バス釣りでは有名な場所らしい。


沼を一周する道路が攻めやすくて面白い。

以前、行った時は、人影もまばら、交通量は皆無だったので
走行テストをしようと思ったら・・・

意外に人や車が多い。
散歩やジョギングをしている方がいるので
エンジン全開で元気よく走ることは出来ない・・・


ダッシュボードにデジカメを固定して動画撮影。


普通に走っているだけの動画・・・面白くも何とも無い。
サイレンサーを装着しないで走っているのでマフラー音がうるさい。


化女沼走行動画へのリンク(うまく再生できるかは???不明)





人気の無い駐車スペースでマフラーへサイレンサーを装着。



黒に塗ったおかげでサイレンサーが少しは目立たなくなった?
ススで真っ黒になれば、更に目立たなくなるでしょう。


マフラー動画へのリンク


ひとりで車で遊んでる自分が・・・少々憂鬱。



「08/03/27」
『マフラーを交換した感想を・・・』

・まずはインナーサイレンサー無し状態。
見た目は迫力があり、このまま使えれば良いのだが・・・

予想通り音がうるさい。重低音で図太い音が低回転からする。

1500〜3000回転が最もうるさく感じる。

冷間始動時のアイドリングは1800回転近く回るので、間違いなく近所迷惑である。


800回転くらいまで回転数が下がれば、それほど気にならない音量だが
フロントガラスが寒さで凍ったときにはアイドリングは必要。

雪国で真冬にアイドリングゼロは不可能。



走り出しても2000回転〜3000回転の常用回転数で“こもり”音が発生する。

耳鳴りみたいで非常に疲れる。長距離運転では苦しいでしょう。


抜けが良い分、高回転では良い感じ!

4000回転以上でパワフルに感じる。
レッドゾーンの7500回転まで元気に回るようになった(ような気がする)

2000回転〜3000回転のトルクが痩せた(ような気がする)ので
街乗りでは乗りにくい。
(昔のインプレッサのような、どっかんターボに似た感じ)

低速でトルクが落ちた分、高回転が元気に感じるのか?
単に高回転のパワーが上がったのか???良く分からない。




・インナーサイレンサー装着時は音量が確実に下がる。
純正マフラーよりは太い音がするが、車内のこもり音や不快な耳鳴りは無くなる。

冷間始動時は若干うるさいが、800回転位に落ちたアイドリングでは純正マフラーと大差なし。


2000〜3000回転でトルク感があり乗りやすい。
高回転ではスッキリした感じない。純正マフラーの時のようなフィーリング。


社会的にも爆音マフラーは許されないでしょうし、近所迷惑になるので
常時インナーサイレンサーを取り付けることになるでしょう・・・


『インナーサイレンサー塗装』
装着したマフラーが爆音のため、インナーサイレンサーの装着は必須。

サイレンサー装着時の見た目を改善するために塗装を決意。

ホームセンターで耐熱ペイントと紙やすりを購入。
耐熱ペイントは1250円・・・高い。


塗装面をシリコンオフで脱脂し、紙やすりで整える。


そして耐熱スプレーをシュシュっと吹き付ける。

狭い玄関で実施したので喚起は必須。
ラリッちゃいそうなくらい臭い。

塗装が周りに飛ばないように、段ボール箱の中で塗装を実施しました。


耐熱塗装は、塗装後に焼きを入れることで皮膜が硬くなる。らしい。

乾燥したらキッチンのガスレンジで炙ってみようかな?!

(無理に塗らなくても、常時使用していたら、マフラーのススで黒くなりそうですが・・・)

「08/03/25」
『マフラー交換』

午後から父を誘ってマフラー交換に挑戦!
天気も良くて作業日和♪


まずは格好から!父とおそろいの「つなぎ」を着て気分を盛り上げる。
(汚れても良い服装は作業効率が大幅アップ)


純正マフラー。特に不満無し・・・静かで良いマフラーです。



最初の難関、錆びて固着したボルトを緩める。


事前にCRC−556を吹き付けておく。




限界の力で頑張ったら緩むボルトもあった。が、どうしてもダメなボルトには
鉄パイプを使って工具を延長して緩めた。

全て計画&イメージ通り。




マフラーが外れたところ。車体裏がスカスカ。



マフラー無し状態。




ゴムのハンガーにはシリコンスプレーを噴いて滑りを良くする。
(CRCはゴムを傷めるらしい)






父がテンポ良く作業を進めていく。
ほとんど父が作業をしてしまった気がする・・・

父上、サンキューですm(__)m



マフラーを比較。大きさは半分以下。
重さは同じくらいかな?

実家の小屋に、純正マフラーをこっそり置いてきたので重さ量ってません。





40分くらいで2本のマフラー交換が完了。
親子のチームワークで素早い作業が出来た!って喜んでいたら・・・


外したはずの古いガスケットが1枚足りない。
古いガスケットを外さないで新しいガスケットを挟み込みマフラーを組み付けしたみたい。
(父と私の相互確認不足が原因のミスです)


まあ、排気漏れもないし、ガスケット2枚挟んでも支障はないでしょうから気にしない事にします。





バンパーとの隙間もバッチリ。見た目もなかなか良い。


右側テールの若干の変形が気になるが・・・
気にしないように努力する。





いよいよエンジンに点火!もっともドキドキする瞬間・・・


エンジンを掛けてビックリ・・・予想通り“爆音”だった。



住宅密集地での作業だったため、爆音は困る。近所迷惑だ・・・
すぐにインナーサイレンサーを装着。

サイレンサーを装着すると音量が下がり、許せる範囲くらいに音が下がる。
(許せる範囲も人それぞれでしょうが・・・)



しかし・・・インナーサイレンサーを取り付けると・・・「カッコが悪い」
音は許せる範囲に下がっても・・・格好が許せない・・・

インナーサイレンサーの装着は悩む・・・


耐熱塗料で艶消黒に塗ったら見栄えも良いかな?
いや、もっと悪くなるか???


艶消し黒で塗ったらこんな感じにならないかなぁ〜
なるわけないなぁ・・・



「08/01/31」
『ブースト計取付』
朝からアパート前の駐車場で取付作業を実施。

気温が1℃と野外作業には厳しい寒さ・・・


9:00スタート!

まずはエンジンカバーを取り外し。



車内に配線を引き込む穴を確認。インタークーラーの奥にあります。





タワーバーが邪魔して手が入りにくい場所ですが・・・
比較的簡単にフタのゴムが外れます(裏と表)





そして秘密兵器!クリーニングのハンガーを伸ばした針金。
これを穴に突っ込んで車内まで貫通させます。


しかし・・・思ったとおりに行かない。針金は奥まで入るが、車内に出ない・・・
クラッチの脇から出る予定が、別の場所に入り込んでしまい先端が確認できない。


しばらく頑張ったがこのままでは無理と判断。
やむなく面倒ですが内装を分解。

悪戦苦闘しながらも、手を突っ込んだら針金の先に触れることができました。




先端が出てきた!感動♪



車内に引き込む配管を「ハンガー針金」にタイラップで止めて引き込む。
が・・・案の定、タイラップだと簡単に抜けてしまい、せっかく貫通させた針金から外れてしまった・・・ショック・・・

仕方なく・・・再度、貫通作業に取り掛かる。




今度はビニルテープでしっかり巻きつけ無事に車内引き込み完了!

これだけの作業に30分以上消費。寒くて手がかじかんできた。





ここで重大な忘れ物に気づく!!!

なんと先に外したゴムキャップに配管を貫通させるのを忘れていた・・・

30分かけて引き込んだ配管を、抜いて入れなおす気力が無く・・・ゴムを思い切ってカットした。ハァ〜



カットでも無事に装着できました。完璧じゃないけど一安心。
経年劣化でボロボロになりそうですが、気にしないようにします。







さあ、いよいよ苦手な電源の処理。

アースとイグニッションはレーダー探知機に使った電源からエレクトロタップで分配。

今度はヒューズからイルミを取ろう!と思ったら・・・
なんと、事前に購入しておいた「ヒューズ電源」が・・・違う種類だった。致命的なミス・・・





イルミからの電源取りを中断し、オートバックスに「ヒューズ電源」を買い直しに行く・・・
無駄な時間だった・・・





電源も取り終え、最後はブローオフバルブからの配管をカットし圧を取る。
三又から抜ける心配は無さそうですが、タイラップで補強。
(配管はカッターで簡単に切れた)


*この作業は最後が良いでしょう・・・最初に実施したら、作業がある程度完了しないと
エンジン掛けられないし、不足部材の買い出しにもいけない。







配管の劣化防止、熱対策として配管カバーを使用(使う必要無さそうでしたが・・・)



キレイに取りまとめて、エンジンカバーを復元して取付完了!




ドキドキの通電。

キーを回すと無事に起動。
オープニングの針が振り切る演出もレガシィの純正メータと一緒。




スモールONでブルーのイルミネーションが点灯♪
ヒューズボックスのILMからの電源引き込みは間違いではなかった(安心)

このメーターは「GEKKO」シリーズ。
ブルーのイルミネーションが由縁かな?「GEKKO=月光」


取付作業は2時間。途中でオートバックスに買い物に行ったロスタイムが痛かった。
それでも無事に取付できて良かった。なんとかなるもんだ。




アイドリング時は約−0.7
エアコンをONにすると負荷がかかり約−0.6になる。

最大ブースとは・・・なんと1.1をチョッとオーバー!かなり高圧(ピーク表示機能あり)
(オーバーシュートして1.1、その後1.0に安定)

ステッピングモーター採用で、ものすごく早く針が動く。デジタル感がよい感じ。



*メーターの質感はイマイチ。プラスチック感があり安っぽい。
シルバーのメーターリングも透明な表示部もプラスチック。

オープニング時には針が動く音が「カタカタ」言う・・・。


装着場所は・・・レーダー探知機も右隅にあるので統一感もスッキリ感も無くなった。


ピラーに穴を開けてしまったので今更場所は変えられないし・・・
レーダーを移動するか?!



さあ、気分が良いのでドライブにでも♪(ブースト計に気を取られて、追突とかしないように注意)



<追加>
夜の画像・・・怪しく光るメーター。
レーダーの液晶が鮮明すぎて、ブースト計がイマイチはっきりしない。

純正メーターの自発光タイプがやはり見やすい。




外から見ると・・・コネクター・配線が丸見え。スマートじゃないですね・・・
せめてブラックボディだったら良かったのに。





「08/01/30」
『無事到着』
予定通りにブースト計が到着。
遅い時間の配達を運送屋さんにお願いしたので
無事に受け取ることができた。









まずは部品確認。






別売りで購入したAピラー用のステー・・・
純正の両面テープ貼り付けのステーでも良かったかも。




明日、朝から装着予定。
外は寒いので・・・今のうちに出来る事を部屋の中で実施。




車にAピラーを外しに行って・・・
適当に穴あけ位置決めて室内に戻る。
(Aピラーは2秒で外れる=力で引っ張るだけ)

もう後には引けない・・・穴あけるのって勇気がいりますね。





この位置がベストかは???
良い感じで取り付けできそうな感じ♪






このゴム管とのジョイントに苦戦・・・
なかなかゴムに連結金具が入らない。



頑張ってグリグリしても入らない。オイルを塗ると抜けてきそうなので・・・力と根気で頑張った。
指の皮が剥けそうになった・・・

1時間くらい頑張って何とか完成。


さあ、後はイメージとレーニングのみ。


明日の最高気温は1℃・・・午後からは雪になりそう・・・
屋外作業はキツイ。雪も降りそうなので、洗車場で作業しようかな?!





「08/01/29」
『事前準備』
明日〜明後日に「ブースト計」が到着するので
取付方法のイメージトレーニングを実施。



まずはエンジンカバーを取り外し
配管の場所、車内への引き込み場所を確認。



インタークーラー右側のブローオフバルブ?
多分、ここの配管をカットし圧を取る。






車内への配管の引き込みは・・・
インタークーラーの奥。多分ここのゴムに穴を開けると・・・車内につながるらしい???

ストラットタワーバーが邪魔をして手が入りにくそう・・・大丈夫か?





久々にボンネットを開けたので色々とチェック!

エアコンのコンプレッサーから大量の鉄粉が。周りが鉄粉で茶色に変色。
いずれ壊れるでしょう(ディーラーでは毎年「異常なし」との回答)




ボンネット裏には・・・なぞの粉が噴いている。
よくバッテリーから出る粉・・・そんな感じの粉・・・。

なぜかバッテリーとは全然違う場所に多く見られる・・・原因は???
気になる。





これが6mmのホースから圧を取る三又。
ブースト計の付属品は4−4−4mmで使用できないので
別途、買わないといけないらしい。

やむなくイエローハットで購入。



イグニッションとアースは賛否両論の「配線コネクター」を使って取る予定・・・
レーダー探知機を取り付けた時の配線から引く予定(ヒューズボックスのナビ・オーディオから)

イルミの電源が何処から取ったらよいか分からないので・・・
ヒューズボックスの「ILM」から取ってみる予定。これがスモールと連動する電源かは???
駄目なら別途考えます。





配線処理用のチューブを購入。どれくらいの太さの配線・ホースが入ってくるか不明なので
適当に7mmを購入。エンジンルーム内と車内で使用する予定。




別売り1,000円の「ピラーステー」を使って
ブースト計をAピラーに取り付けする予定なので
穴あけ用のドリルとヤスリも購入(ダイソー)


今晩もイメージトレーニングと情報収集に励む・・・。


準備品計 2110円

オークション計 11893円
総合計 14003円

ブースト計 9,650
送料 700
小計 10,350
ピラーステー 1,000
決済手数料 543
合計 11,893
準備品 2,110
総合計 14,003

予想外の出費・・・ガソリン代と食費を削って穴埋めしよう・・・。


「08/01/27」
『ブースト計落札』
酔った勢いで?下調べをしないうちに、PIVOTのブースト計に入札(未開封・新品)





http://pivotjp.com/product/flame-gekko.html


定価は24,990円。特価でも15,000円以上する品だったので適当に上限金額を設定して
入札してみたら・・・


今晩、落札してしまった。



これは想定外。電子式のブースト計を取り付ける自信が無い。

ちょちょっとネットで調べると・・・何とかなりそうでしたが電源の取り方が心配。


必要な部品、知識、工具、時間の準備ができたら取り付けしてみよう・・・




*ほんとは取り付けが簡単な  http://pivotjp.com/product/flame-x3.html  が、欲しかった・・・
しかもブースト、水温、タコメーターの切り替えができる優れもの・・・

さあ、困った・・・落札した品は取り付ける前にヤフオクで売り払うかも?!



反省・・・よく調べてから入札しましょう・・・(レーダー探知機の時もこうだったなぁ〜)


「08/01/23」
『ナンバーフレーム到着』

なんとなく落札してしまったスバル純正のナンバーフレーム。

装着すれば見えなくなる部分に汚れはありましたが
全体的にキレイな品でした。
(前のオーナーのナンバーが推測できそう)



「LEGACY」の文字が夜光になっていて光ります。


フロント用とリヤ用があるのかな???
同じ作りのようですが・・・LEGACYの夜光の光り方が
明らかに違います(強く光る方と弱く光る方があります)


落札価格は1600円+送料740円+振込手数料108円で・・・合計2448円


1分で装着完了。今、使っているネジが短く・・・チョッとしか締められません。
チョイと緩んだらナンバー飛んでいきそう。

取り付けしてみたけれど・・・微妙。

無いほうはシンプルで良かった気がする。
でも、フレームがあると・・・ゆがんできたナンバーがシャッキリするし・・・。


1枚しか使わないので、もう一枚は出品?!






『タイヤ到着』
春にはまだ早いけれど・・・通販で購入したピレリタイヤが到着。

発送先の会社の住所は今回もなし。
特価の通信販売は怪しい・・・


サイズは純正より1cm幅広の225・・・直径アップ、幅アップで無事に収まるのか?
純正サイズでもインナーフェンダー内側に擦りそうなのに・・・

車検は???フェンダーからのはみ出しは???・・・気にしない事に・・・。

回転方向の指定は無いが、内側と外側の指定がある。
一度組み込んだらローテーションは自由自在。

内側は排水性を高めるために溝が多い。
外側はグリップを出すために溝が少ない。

排水性重視なのか全体的に溝も深く、4本の太い溝が縦に入っている。


チョッと気になっていた製造年週は2007年08週。製造から1年以内のタイヤで一安心。


リムガードが無いタイヤ・・・丸みを帯びた感じになっている。
デザイン的にはイマイチ好みではないです。
(Sドライブはパターンもサイドもカッコよかった)

部屋に置いているのも邪魔なので・・・夏用アルミに組んでしまおうかとも思っていますが・・・

今、組んでいるSドライブとの比較もしたいので、春先はSドライブを履き潰して、初夏に交換?
(磨耗したタイヤと新品タイヤの比較は辛いものがあるけど)

きっと、NEWタイヤが楽しみで雪が解けたら履き替えちゃう確立90%!


ちなみの重さは11.5kg・・・重いのか軽いのかは不明。


それにしても・・・ピレリタイヤがハンコックなどのアジアンタイヤと同等価格で買えるなんて・・・
一昔前はピレリブランドとして高級タイヤのイメージがあったのに・・・



再び室内に出来上がったタイヤの塔・・・これは良くない。何とかしないと・・・



磨耗したSドライブ・・・まだいける?
雨の日に高速走行をしていると、水溜りでヒヤッとしますが・・・

オークションで・・・売れるわけ無いか(売れたとしても心苦しい)


「08/01/15」
『ウェザーストリップ取付』
コインランドリーで洗濯をしている合間に・・・
先週、手配しておいた「トヨタ ウィンダム」用のウェザーストリップを取付。

ドアの形状に合わせて一部カット(ハサミで適当にチョキンと)


そして脱脂用にシリコンオフを購入・・・
小さな缶で580円・・・




脱脂をしたら貼り付け開始。

あっと言う間に完成。

フィッティングもバッチリ。





「取付前」と「取付後」・・・不自然な感じはない。









上段が貼り付け前・・・下段が貼り付け後。

ほとんど見た目の変化は無い。


期待していた開閉音は・・・
「バンッ」→「ボフゥ」って感じになった。

密閉性が上がったかは不明。静粛性にも特に変化はなし。


新車の時のような静粛性、ドアの開閉音の復活には程遠い・・・
超高速で走ったときの風切音も最近は気になるし・・

小技を使っても、経年劣化には・・・かなわないですね。


「08/01/11」
『格安タイヤ探し』
春のタイヤ探しを実施中。

純正サイズは215/45/18・・・

しかし、上記のサイズは普及サイズではないので価格が下がらない・・・
225の太さにサイズアップすると、品揃えの幅が大きく広がる。

国産タイヤより安く買えるのがピレリ・・・

評判はどうだろう?


タイヤ銘柄 単価 数量 金額 送料 合計
ヨコハマSドライブ 13,700 4 54,800 2,000 56,800
ピレリNERO 11,150 4 44,600 3,000 47,600
ピレリNERO 10,900 4 43,600 3,000 46,600
☆ピレリNERO☆ 11,000 4 44,000 2,400 46,400

ヤフオクでの新品価格ですが・・・
送料に注意して一番安い店舗を探す。

5万円を楽々切って購入可能。春から値上げの噂もあるので・・・今のうちに買っておくか?!

安すぎるタイヤ・・・チョッと心配だけど、前回のSドライブもヤフオクで買ったので
問題ないでしょう・・・

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m52028313


「08/01/08」
『ウェザーストリップ』
ネットで仕入れた情報。トヨタウィンダム用のウェザーストリップがレガシィに流用できるらしい。

ドアを閉めるときの音が良くなるらしい。


左右あわせて1000円くらいで購入できるらしいので車で10分の「トヨタのパーツセンター」に行ってみた。


生憎、在庫が品切れ中で・・・10日くらいで入荷するらしい。

なんとなく楽しみ♪




『空気圧』
先日、イエローハットでスタッドレスタイヤを交換し、空気圧調整を頼んだら・・・
前後2.1で調整してくれていた。

2.1だと乗り心地も良いし凍結路面でも効きそうでしたが・・・

古川は雪も積もらないし、高速移動が多い私にはチョッと不満。

スタンドで前を2.6、後ろを2.5に加圧した。

乗り心地が激変し、ゴツゴツと派手な乗り味になってしまった。
硬いのが好みなので良いとしよう。





『ポジション調整』

RECAROシートのポジションを変更。

尻下がりのセッティングがイマイチで
後ろ側を1穴上げてみた。

ヒップポジションが1cmあがって良い感じになった。

ひとまずこのポジションで様子を見てみよう。














ネットで購入したエアランバーサポート。
フィッティングもバッチリで良い感じ!

長距離で疲労してきたらシュポシュポと空気を注入すると
腰の辺りが膨らんでスッキリする。

エアーで微調整できるので便利♪今度の長距離が楽しみです。



「08/01/05」
『センターキャップ』

やはり無難な両面テープ案を採用。
3箇所だけなのが気になる・・・
住友3M両面テープよ頑張ってくれ!




センターキャップ取付前と、取付後の比較・・・
同じワークのセンターキャップなので恥ずかしくはないかな?






センターキャップのカラーもマッチしているような気がする。





それにしても・・・両面テープ止めで大丈夫か?
ホイールは超高温〜超低温、乾燥や湿気、ホコリや衝撃、高速回転・・・

気が付いたらすっ飛んで無くなってそう。

何か良い方法が無いか・・・考えよう!



密かにヤフオクで狙っているホイールナット。
色がブラックでロックナット付き。値段は特価の2250円!

素材は残念ながらスチール製。軽いアルミやジュラルミン製は高くて手が出ない。

落札するか???来週まで考えよう。



「08/01/04」
『タイヤ交換』

落札したスタッドレスタイヤを装着。

年末年始の疲労で自分で脱着するパワーなし。イエローハットに持ち込んだ。

工賃は1400円。なんだか前回より安いような?

フィッティングは問題なし。地味な感じになってしまいました・・・
なんだか純正アルミみたい。

やはりゴールドメッシュが好み。





センターキャップが装着できないのも気に入らない。


純正ナットを使っているが・・・見た目がイマイチ。

このホイールにはブルーのナットで止めるのが流行らしいが・・・
私はガンメタが黒のナットが欲しい。



今まで使っていたアルミから外したセンターキャップ。
同じワーク製品なので改造して取り付けできないかと検討中。

サイズは微妙に合わない・・・

両面テープで貼り付け?!
気が付いたら外れていそう・・・何か良い方法はないかなぁ〜






扁平率が45→50でサイズアップしたため車高も1cm上がりました。
毎日、縁石に擦っていたのが解消されます♪

メーター誤差も改善されるでしょう。



『オークション出品』


廃棄処分も考えましたが、まだ使えそうなのでヤフオクに出品。
売れると良いなぁ〜
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u21009489


「08/01/02」

『到着』

落札したRECARO用のエアーランバーサポートが到着。




早速開封・・・
やはり血圧計の部品を改造したものでした。

カットしたエアーの詮は折り曲げて結束バンドで固定。
雑に見えるがエアー漏れはなし。よく考えたものだ。

手間賃はタダ同然。部品を格安で仕入れられれば
2000円で販売しても利益を出せそう。

パソコンチェアで腰の部分に入れて膨らませてみたら・・・
これは良い!

エアーで微調整が出来るので長距離ドライブで疲労した腰には
良く効きそう。

明日、シートに装着してみよう♪




『修復』
深夜にタイヤを取り出しタッチペンで修復実施。

タオルで磨いたら、かなりキレイになったホイル。スタッドレスの溝も十分。





一番大きな塗装剥げ。これをタッチペンで修復。

色がそこそこ合っていて、簡単に目立たなくなった。
塗装が乾いたらバッチリに仕上がるかな?!


残り3本は暇なときにチェックしてみよう。




「07/12/31」
『ホイール用タッチペン到着』


ヤフオクで落札したアルミ用のタッチペン。本日無事に到着。
メール便で頼んだら・・・切手を貼った封筒(郵便)で来た。

メール便って言うからヤマトのメール便と思ったら(汗)

それでも無事に到着したので一安心。

今度の休みにでもアルミのリペアをしてみよう。


「07/12/29」
『落札』
RECAROシートのエアーランバーサポートを落札。

RECAROの純正品は12000円以上するらしいが、
今回は自作品で料金は2150円。
送料と振り込み手数料を合わせても2500円以下。

血圧計のポンプとゴム風船を利用して自作されているようですが、
純正品とサイズ、仕組みが一緒なので問題はないでしょう。


シートの裏に挿入し、ポンプで空気を送り込む。微調整ができるのが利点。

効果が楽しみです。





「07/12/27」
『今度は夏タイヤ選び』
スタッドレスの次は・・・夏タイヤの準備が必要。

今まで履いていた「YOKOHAMA・S.Drive」は溝が無くなって限界なので・・・
春には買い替えが必要。

Sドライブに不満は無いのだが・・・もっと安いタイヤをヤフオクで物色中。

候補は・・・
215〜225/45/18で探して・・・
(1本当たりの価格)


・YOKOHAMA・S.Drive=13700円

・ダンロップ・DIREZZA DZ101=12900円

・グッドイヤー・レブスペックRS−02=12750円

・ピレリ・P−ZERO−NERO=11150円

送料等の負担は別途あるが、ヤフオク(新品)は安い。



びっくりするくらい安いのがピレリ。これだけ安いと気になります。

送料込みで5万円でお釣りが来る品を探しています・・・




本当はポテンザRE050やレグノなどが欲しいのですが・・・
4本で10万円以上になりそうなので無理です。

セカンドグレードのスポーツタイヤで我慢。


「07/12/26」
『タイヤ置場』

落札したアルミ。部屋に仮置きするにも場所が無い。

夏タイヤの上に重ねたら・・・2mくらいの高さに・・・
凄い圧迫感だ。

早く装着して場所を空けないと。



『タッチペン落札』
落札したアルミは・・・状態もよく、新品同様の品だった♪

しかし、一箇所だけ塗装が欠けている場所を発見。

下地が白なので目立つ・・・ 

ネットで調べたら、色剥げが良くあるアルミらしく、それようのタッチペンが発売されていた
送料込みで1500円。

早速落札して、塗装をしてから装着することにしよう。

ちなみにスタッドレスタイヤの溝は・・・9mmくらいあり、まだまだ使える状態。
現在装着中のスタッドレスよりも溝は深かった。

状態が良いアルミに溝もまだまだあるスタッドレス。
しかもサイズがドンぴしゃり!価格も特価。
良い買い物ができました。




「07/12/22」
『スタッドレスタイヤ落札』

何気に覗いていたYAHOOオークション。

スタッドレスタイヤとホイールの中古品が安かった。
サイズが215/50/17=このサイズがレガシィスペックBのインチダウンには最適なサイズ。

今、履いているスタッドレスは45サイズなのでサイズが小さくなりすぎてメーター誤差が酷い。
(ノーマルタイヤでも5%ほど誤差があるのに、スタッドレスだと10%も誤差が出ている)

タイヤの直径ダウンで走行距離も実走行以上に増えるので過走行に拍車がかかる・・・。


試しに入札してみたら・・・競争が少なく、今晩落札してしまった・・・





■WORKエモーションCR‐kai&215/50R17スタッドレスタイヤ4本セットの中古品となります。
■ホイールには大きな破損やエア漏れは見当たりません。全体的に綺麗な状態だと思います。
■ホイールサイズ:17×7JJ 5H-100 OFF47
■タイヤサイズ:215/50R17 ダンロップGRASPIC(DS-2) 5〜6分山


-----------------------------------------------------------------
そこそこブランドのホイールに、スタッドレスは・・・私のDS−1よりは新しいDS−2。
溝が5部山との事で・・・私が履いているスタッドレスと同等程度か?

ホイールのリフレッシュとタイヤの直径アップができるので一石二鳥!

ホイールの程度が気になる・・・
(エモーションKaiにはセンターキャップが装着できないのも気になる・・・)


偶然にも出品地が秋田市の卸町なので、直接、引取に行っても良いかと交渉中。
(振込手数料と送料負担が浮くが、ガソリン代金が同額程度発生する)
今度の弘前帰省のときに立ち寄ろうかと企てています。




落札価格は30500円!これは格安。
再出品したら5万円は行けそうな予感♪


このタイヤを装着して・・・今はいているスタッドレスを売り飛ばす。

4シーズン目のスタッドレスタイヤ+ガビガビのホイールに値が付くかは不明・・・
見た目を気にしなければまだまだ使えるけれど・・・。
1万円くらいで入札してもらえれば、差額2万の負担で済む。


さあ、楽しみができた!
おっと資金繰りが・・・この前のRECAROシートの引落しも未だなのに。


年末調整で還付金があることを願う。


「07/12/19」
『修理』
今日、会社に行く前に(会社の駐車場で)
リヤバンパーを修理。



ウェットティシュで汚れを落として、タッチペンでチョイチョイ。
色ムラや盛り上がりもできるでしょうが気にしないようにします・・・。

それにしても・・・いつ付いた傷だろう???


「07/12/4」

『RECARO取付』
病院の駐車場、一番端っこで作業開始。天気は生憎の吹雪。
しかし!気合が入っているので寒くない(笑)


まずはシートを後ろにスライドさせ、前のボルトを2箇所緩める。


父からラチェットを借りてきたので作業が捗る♪





今度はシートを前にスライドさせて・・・保護用のプラスチックカバーを外す。
(このカバーは手で簡単に外れる)



ここのボルトも緩める。メガネだけでは大変。やはりラチェットレンチは必須かな。


4箇所のボルトを外すとシートは外れます。
電動シートのコネクターとシートベルトのコネクター、足元照明のコネクターを外すと
シートは完全に分離。


車内の傷防止のため、純正シートのシートレール角はエアパッキンでグルグル巻きに。
(純正シート・・・予想通り重い。一人で作業するのはチョッと大変)

外したシートは後シート畳んでおいて、ラゲッジルームにひっくり返す。
ワゴンで良かった。大きなシートを前ドアから出すのは苦労するので
後ろから降ろすと楽チン。




RECAROシートにスライドレールを固定。ここは5mmの六角レンチを使用。
前に7mmのスペーサーを入れたが・・・体の収まりが悪かったらスペーサーを外そう。




シートを外すと・・・車内は広々。
(ゴミが少々あり、掃除機をかけたかったが・・・病院の駐車場じゃあ無理か)






そしてベースフレームを固定。穴の位置もピッタリ♪






スライドレールとベースフレームをドッキング!ここは6mmの六角レンチを使用。


ここで問題発生。穴の位置が合わない・・・
ベースフレームを車体に本締めしていたのがいけなかった。

全てを緩めて、スライドレールとフレームをドッキングさせてから本締め・・・基本ですね。



このスライドレール、固定の穴が3箇所あり、これでスペーサーが無くても
高さを前後3段階に変えられる。

このシートレール・・・前オーナーは中間の位置で使用していた後がある。
この中間の穴で使用すると、純正シートより10mm座面が高くなるらしい。

一番下で使うと純正シートと同等の高さかな?

メーカーサイトにあった「一番下で使用する場合はスライドレールの下をカットする」って・・・
その必要は全く無かった・・・なぜ?


<RECAROのメーカーサイトよりシートレールについて>

カーメーカー SUBARU / スバル
車名 レガシィ
年式 2003/05 -             
型式 BL・BP5、9・BPE・BLE
備考 セダン、ワゴン。アウトバック含。サイドエアバッグキャンセラー付属。
特記事項 着座位置は純正シートの最下端位置より約10mm高くなる(ST−JJ真中穴使用時)。シートオフセットドア側約15mm(レカロがドア側へ寄る)。シートポジションを一番低く取り付ける場合は、フロアにスライドレールの足が干渉するためスライドレールの足をカットする必要があります。サイドエアバッグ装着車はエアバッグ警告灯消灯作業要。
ポジション 新構造フレーム。3段階高さ選択可能(一部車種は装着ポジションによりスライドレールの足をカットする必要があります、取付前に仮合わせをお願いします。)



作業開始から1時間でシート取り付けと後片付けが完了。


ワクワクしながらシートに座ってみると・・・シートが硬めで沈み込みが少ない為か?座面が高く感じる。
(バックミラーの目線から見ると、少々純正より下がっているみたいだが)


包み込まれる感じでホールド感は良いが、もっと脇腹と肩が狭くても良いかも。


前側にスペーサーを入れた為、クラッチを踏むときに股の裏側がキツイ。
後ろ下がりになっているため、尻が下がりすぎになっている気もする。


15mmセンターからズレているらしいが、ぜんぜん気にならない。


シートと内装との干渉はなく、不自由は無さそうだが、リクライニングのダイヤルは
右側はセンターピラーとスレスレで手が入らない。

左側だと何とか調整できるがキツイ場所にある。
リクライニングをするのは一苦労。
仮眠するときは素直に助手席か後部座席に移動したほうが良さそう。


乗り降りも予想通りサイドの張り出しが大きいので大変。
サイドサポートの変形、破れも時間の問題かな?


走ってみると、シートが硬いので路面のゴツゴツ感が今まで以上に体に伝わる。
不快な感じはない。


日没前に、再度分解し、スペーサーを抜いたら良いポジションになりました。



200km、3時間の秋田からの帰路は・・・純正シートのように尻も痛くならずに
快適にドライブができました。


300km、5時間コースの古川⇔弘前で快適に乗れるか楽しみです。


純正シートの重さは27kg=RECAROがレール込みで19kgなので
8kgの軽量化ができました。


「07/12/2」
『RECAROシートレール到着』
佐川にシートレールの配送予定時刻を確認すると、予定は本日の午後だという。

早く欲しいが、今日は午後から22:00まで仕事。その後は飲み会・・・

会社に届けてくれと頼んだら、快く対応してくれた。
佐川急便さん、ありがとう(ドライバーはいつも会社でお世話になっている方でした)




到着したシートレールは・・・
新品同様のキレイな品でした。












なによりシートレールバックルが装着しているのが嬉しい。

シートバックルを止めているネジがゆるゆるでしたが、モンキーで締めておきました。





RECAROの文字も♪


スライドレールとベースフレームを止めるネジは六角の6mmでしたが、
スライドレールとシートを止めるネジは5mm?家にあるレンチでは合いませんでした・・・





シートをスライドレールに仮付けすると・・・微妙に隙間が。

ここで4個だけ付属していたスペーサーを入れてみた。



こんな感じでよいのかな?

シートレールの重さが5kgあったので、シートとあわせると19kg。
レールがやはり重い。


まあ、車両に取り付けてみないと何ともいえないので、今晩はこのへんで・・・


「07/11/30」
『シートレール落札』
RECAROシートを取付するためには・・・シートレールが必要。
RECARO純正が一番でしょうが、価格が高い(定価18,900円)

ミカンさんに手配をお願いをしてもらおうと依頼していたところ・・・

ヤフオクに目的のシートレールが中古ながら6,000円で出品されているのを発見。
しかも、シートベルトバックルまで付属している。


シートベルトバックル=本来は純正シートから取り外すもの。
外すには☆型の特殊工具が必要らしい(トルクスレンチ50サイズ)


シートバックル付きの、この品ならポン付けでシート交換ができそうな感じ。




ミカンさんに断りを入れ、この中古レールに入札。


他の入札者も現れず!今夜、無事に6,000円で落札。

これに送料1,650円や消費税、代引き手数料が入って
8,000円チョッとかな。


これで14mmのスパナと六角レンチ(何ミリかは不明)を用意すれば
直ぐにでも取り付け可能?


しかし・・・取り付けの時間を割けそうな日が無い・・・
夜にでも懐中電灯で照らしながら作業しないと、今度の弘前帰省までには間に合わないかも。



ミカンさん、依頼したり断ったり・・・大変申し訳ございませんでした。
発注前でしたよね(汗)
今度、謝罪にお伺いします♪


「07/11/29」
『レカロ到着』

本日無事にレカロが到着。

程度は予想以上に良く、ウレタンの潰れや
目立った汚れや穴、ほつれ、擦れは見当たらなかった。

シートの座面に汚れがあったが・・・掃除すれば落ちそうな感じ。




早速、室内で座ってみた。

フォールド感はあるが・・・もう少し腰のサポートが
キツいと身体のぐらつきを防げるかも。

肩の部分も、もう少し・・・
(それじゃあ、フルバケットシートにしろってね)



身長170cm、体重55kgの私には・・・
もうチョッとタイトな感じでも良いかな。

MADE IN W GERMANYとあるので
正規品ではなく並行品かも?
(現在の正規品は日本で作られているらしい)

ドイツ人仕様で大きいのかな?


のけぞると・・・後頭部がシートベルトを通す穴(プラスチック部分)に当たって痛い。
もうちょっと座高があれば問題ないのでしょうが・・・
追突されたときに後頭部が痛そう。

シートの質感は××
RECAROの入門モデルで一番安い仕様なので高級感が全く無い。
毛羽立ってくるのも早そうだし・・・

まあ、値段相応でしょう。
(レザーカバーに興味あり)

重量はレールなしで13.9kgと軽い。
電動シートとの交換で10kgくらいの軽量化になるかな?
純正シートを外したら重さを測ってみよう。







よく見ると・・・「RECARO」の文字が汚い。

白じゃなくなっている。これは見苦しい。
(はじめっから真っ白じゃないのかな?)










ホームセンターで「シートクリーナー」を購入。
これが◎!良く汚れを落としてくれる。

座面の汚れは完全に落ちた。


しかし、RECAROのロゴの汚れは・・・ぜんぜん落ちない。
刺繍になっているのでゴシゴシ擦るのも気がひける。

まあ、中古なので我慢しよう。






おっと、忘れていた。
落札価格は25,000円(平均価格よりは安く落とせた)
振り込み手数料と送料1,575円を合わせると・・・27,888円


更なる悩みが・・・シートレール。

RECAROの純正レールは2万円位するみたい。
ヤフオクで売っている社外品のシートレールは底値で8,500円だけれど・・・

良く分からないのでミカンさんにシートレールは相談中。




レガシィのシートレール付き新品同様、正規品のRECAROシートが40,500円で
落札されていた事があったので・・・このようにレールつきを狙えばよかったかも・・・
(いつも、衝動買いをして反省をしている学習能力が無い私・・・)


「07/11/24」
『レカロ落札』
ついつい衝動買い。
本当は・・・カラーがブラックタイプのシートが欲しかったけれど・・・

出品数が圧倒的に多い「SR−3」のルマンカラーを勢いで落札。


中古の助手席使用ということで・・・状態が良いことを期待します。



これを装着するためにはシートレールが必要。これもネットで買うか?
それとも取り寄せでカー用品店に頼むか・・・急がずに考えよう。

さあ、支払い方法を考えねば・・・(小銭貯金は15千円しかないし)



純正シートを外したら、保管はどうしよう・・・しまっておく場所が無い。
電動シートは電源がないとリクライニングも出来ないだろうし・・・

寝かせた状態で押入れに入れるか?!


「07/11/21」
『物欲』
ネットオークションで狙っている品(見ているだけ?)

@駐車場の輪留めにリップが擦るので・・・

1500円まで入札したが、負けました。

明日、ホームセンターで代用品を探して見ます。



A冬用アルミにしようかと・・・
現在、価格が10千円・・・好みではないが程度は良さそう。
20千までならチャレンジ?!



B現在、価格は20千円。25千円までならチャレンジ?



C現在35千円・・・予算を完全にオーバー(でも、BBSには憧れる)



Dこれは欲しい!かなり欲しい!
11円からスタートしていたが、既に15千オーバー・・・
30千までならチャレンジ!
(落札しても取り付けが大変か・・・)




E現在11円!入札者なし。
しかし・・・スプリングコンプレッサーがないので自分で取り付けは不可能。
工賃が高そうなので無理は出来ない。





F現在14千円・・・20千まではチャレンジ!





G現在15千・・・これも20千まではチャレンジ?!



結局・・・予算不足で入札できそうな品は無し。


冬用アルミ、マフラー、ダウンサス。
どれか欲しいなぁ〜


追加
H現在500円!これならいけるか?!
(新品を買った方が満足度は高そう)




「07/11/19」
『タイヤ交換』
昨晩の雪と、11/25夜の帰省に備えてタイヤ交換を実施。

1本20kgのタイヤを部屋から車まで積み込み、近くの洗車場へ向かう。

固着したボルトを緩めるのに一苦労。105%の力で踏ん張ったら、腰が痛い。

4シーズン目のスタッドレス。残り溝は7mm。何分山だろう?
5年は頑張ってもらわなくては・・・


昨年、ヤフオクで落札したアルミ・・・腐食が更に進んで、あちこちがガビガビ。

見る度に苦痛。
新しいアルミが欲しい。

このアルミを購入して反省した。「安物買いの銭失い」と・・・

と、言いながらも、新たなる17インチのアルミをオークションで物色中。
(予算は無いけど)




18インチ→17インチ化で車高が下がり、輪止めとの隙間はゼロ・・・
せっかく新しくなったリップ下のゴムが擦ってます(泣)



走行距離・・・81748km



夏タイヤは限界に達していました。春に買い替えをしなくては・・・




「07/12/24」
『代車』
リップスポイラー、バンパー交換のためレガシィを修理に出して・・・
代車として借りたのが「新型のインプレッサ」。

走行距離が1600kmしか走っていない7月登録の新車♪


走り出して2秒で分かった・・・。
遅い。加速しない。エンジンがガサツ・・・これは1500ccだ。間違いない・・・


静粛性とボディの剛性は◎。
足回りは柔らかいので路面のギャップはしなやかにこなす。が、中立付近のハンドリングはフニャフニャ。
しかし、速度を上げても腰砕けにはならないので安心感はある。

荒れた路面でガツガツと揺れるレガシィより、街乗りは快適で楽に乗れる。

フロントオーバーハングが長く、今時のデザインではないかな。
リアのオーバーハングよりフロントのほうが長くないかい?



全体的なデザインは悪くないと思うけど、フロントグリルとクリアーテールはイマイチかな。




↑斜め後ろからのデザインはけっこう好み。





クリアーテールとメッキのガニッシュがヤンチャ?




ライトは良いけどグリルが××。もっとシンプルなデザインだと良かったかな?





タイヤは乗り心地重視のサイズかな(195/65/15)





内装は・・・デザイン、質感ともに価格相応かな?
センター下方に向けてにギュゥっと集まり込んだ感じのデザインは好みではない。











LEDのブレーキランプ。
スバルとしては初の?窓枠つきのドア。







室内は広い。リアシートの足元はレガシィより広いかも?
荷物はワゴンほど積めないが、釣りに行くにも問題なさそうなレベル。





ボンネットを開けてみたら・・・やはり1500cc。



ボンネットのダンパーは・・・レガシィにも欲しい。
(レガシィはアルミボンネットだから無いのかな?)



3ナンバーサイズ+4WDで重量は1350kg。こんな重たい車に詰まれるエンジンが1500ccの110PS。
これはチョッと無理がある。

軽く加速すると直ぐにシフトダウンするし、上り坂では即、失速。
エンジンをぶんぶん回さないと交通の流れに乗るのも辛い。
追い越しするのには、それなりの覚悟が必要。

エンジン以外は良い車なので、2000ccモデルだと快適そう。


価格は1500ccが160万円〜。2000ccNAモデルで190万〜
その上にターボ付きと、300PSオーバーのSTIモデルも控えている。


スバルの代車比較だと、インプレッサよりもフォレスターの方が好み。


「07/10/02」
『ショック!弘前帰省』








仕事を終えて、23:00前に古川を出発。

いつもの通り、高速を使わずに北上。

4号線の混雑を避けて、広域農道を走行中に事故は発生・・・



タヌキ様の直前横断・・・

今までも帰省のたびに、タヌキやキツネを轢きそうになって
急ブレーキで避けていたのですが・・・

今回は視界にも入らないくらいの近距離から車を目掛けてタヌキ様が突っ込んできました。


バリンと鈍い音がして・・・衝撃が車の正面〜下を転がって通過する感じ・・・


恐ろしくて、事故現場に止まることはできませんでした。



しばらく走ってコンビニに立ち寄り・・・恐る恐る車を見てみると・・・・

案の定、リップスポイラーがブラブラに。ナンバーもチョッと曲がってる。


タヌキの尊い命を奪ってしまったショックと、ぶっ壊れたリップスポイラーのダブルショックで
一気に疲労感が。





ショックでヘロヘロになりながら走行を続けていると・・・

なんだかゴリゴリ、ガリガリ音がする。

窓を開けてみると・・・私の車から聞こえてくる。


降りて見てみると、リップスポイラーが、風圧で下がって
道路に擦れていた。




再びコンビニに立ち寄り、ビニールテープで応急処置。

深夜のコンビニで車のバンパーを直したり、記念撮影をしている私は・・・周りから見ると変人?

うん、これなら大丈夫。

多少飛ばしてもリップが落ちることはありませんでした(汗)







途中、睡魔に襲われ仮眠をしてしまったため、弘前到着はAM3:42・・・
肉体的にも精神的にも疲れた帰省でした。


「07/08/01」
『クラッチ解除システム完成』

朝一番にオートバックスへ出撃!

必要な部材を揃えたら・・・なんと2300円オーバー。

切り替えスイッチが必要なければ200円で済んだのに・・・
チョッとのこだわりが出費につながってしまった。



帰宅して早速、組立てを実施。

電工ペンチを使っているのに、ギボシの圧着がうまくいかない。
圧着するとボロリとギボシを圧着した所がチギれてしまったりもする。

何でだろう?と思ってネットで調べると・・・


「圧着ペンチ」と「ターミナルペンチ」の2種類が
あるらしい・・・

用途に合わせて使い分けるらしいが・・・

私が実家からもらってきたのは「圧着ペンチ」
ギボシを圧着するのには適していないらしい。

それでも8割ほど完成しているので、このまま作業続行!

しかし・・・失敗が何回かあったので完成間近でギボシの数が足りなくなった。


仕方なくホームセンターへ購入に向かう。

ホームセンターの帰りに屋根付きの洗車場へ向かう。
(この炎天下で・・・屋根なし、直射日光サンサンの車内作業は厳しすぎる)



追加購入したギボシでシステムを完成させ、いよいよ装着開始!



内装を分解し、パネルを何箇所かはずして
運転席足元、クラッチ周りを覗いてみる。

狭いし暗いし配線だらけだし・・・これは大変。

クラッチの根元に「踏み込み」を感知するスイッチがあり
それをたどって行ったら目的のコネクター(2極コネクター)
があった。



しかし・・・コネクター自身がボディーに固定されていて
なかなか外れない。


運転席の足元に仰向けに潜り込んで頑張るが・・・
手が入りにくくて一苦労。

格闘すること30分。汗だくになりながら、なんとかコネクターを外して
先ほど作った「クラッチ解除システム」を割り込ませる。



ここで正しく機能するかテスト!(自分で考えた配線図を基に組み上げたシステムなので心細い)



・スイッチOFF状態でキーを回してもエンジンは掛からない。
クラッチを踏んでキーを回すとエンジンが掛かる。
(これは今までどおり。問題なし!)


・スイッチON状態でキーを回す。
クラッチを踏まなくてもエンジンが掛かる!予定通り♪チョッと感動した。




バラした内装を組み上げ、スイッチの場所を考えて・・・
なんとか無事に完成。



スイッチは窓から手の届く場所に設置しました。
(レガシィはキーレスの操作で窓が開けられるのでこの位置が便利)

これでシートに座ってクラッチを踏んでからエンジンをかける儀式をしなくても良くなった。
(真夏や積雪時には助かります)

安全装置の解除には抵抗もありますが・・・
駐車時にギアをローやバックに入れておく習慣が無いので問題はなさそうです。


スイッチにカバーもつけたので配線も目立たず、スマートに取付できた。

スイッチのON・OFFが必要かどうかは???
無意味なスイッチだが、満足度は高いので良いとしよう。


配線システムを作るのに30分、車体に取り付けるのに1時間近くも掛かってしまった。

通販(ヤフオク)で同じシステムが1800円位で売っているので、
買った方が安かったかもしれないが、自分で作ると知
識にもなるし
愛着もわくので・・・作ってみてよかったかな♪

しかし・・・断線してエンジンが掛からなくならないか心配・・・(車両火災はもっと怖い)



「07/07/31」
『クラッチ解除システム』

明日は久々の休み。
電工ペンチも手に入ったのでクラッチ解除システムを作ってみようかと。


ON/OFFスイッチを入れて解除、非解除をコントロールしようと思います。

エクセルで配線図を作ってみましたが・・・こんな感じで良いのかな?

2極コネクター、トグルスイッチを購入すれば完成しそう。
(スイッチを入れなければ簡単に出来そうなのですが、なんとなくスイッチに興味が♪)

面倒になったらスイッチなしで組み上げよう。




「07/7/10」
『レーダー探知機取付』

レーダー探知機の電源確保のためにチョッと分解。




電工ペンチもないし、電源の取り出し方法も良く分からないので
ヒューズから電源を取り出す事に。
(シガーやキーシリンダーから取るのが一般的らしいですが・・・)



まずはヒューズボックスを確認。なんだか良く分からないが
小物入れの裏側にヒューズの説明が。

もし失敗しても走行に支障がない「シガー」か「オーディオ」で検討。



カー用品店でヒューズボックスから取り出せるシガーソケットを購入。924円なり。
(「連続8時間以上使わないでください」のコメントが不安を煽る)


このシガーソケットの規格が15Aになっていたので、取り出しヒューズは「オーディオ」に決定。

ヒューズの差し替えは簡単に出来た。




アースは↓のネジから取ろうと思ったが・・・
ネジが固すぎて緩まない。



↓100円均一のダイソーに走ってソケットレンチを購入。






無事にアースを取付できた(土台がプラスチック部分なのが少々気になる)


大量に余った配線はかなりの長さ・・・
バンドで軽く縛ってガタガタいわないように固定。

この長い配線をインパネ内部に押し込むのは少々抵抗が・・・。大丈夫か?

スッキリ収まって一安心。






取り付け位置を微調整。ギリギリ端に寄せてみる。
マジックテープでの取り付けなので少々心細いがガタガタはしない。


リモコンを貼る場所が見当たらなくて困った。




ステアリングの根元にスペースがあったので
付属の両面テープで貼ってみた。

リモコンの取外し、取付けが簡単に出来る場所でGood!






無事にレーダー探知機を装着し、嬉しくって市内をチョロチョロと走り回ったが
レーダーが反応したのは・・・「警察署の前を通過します」のお知らせだけでした。


高い投資だったが、一度でも救われれば投資した価値はあるでしょう。





「07/7/8」
『レーダー探知到着』


早くもレーダー探知機が早くも到着。
嬉しくって早速開封♪





やはり・・・ボディは大きい。これは設置場所に困りそうだ。



設置方法は3種類

@サンバイザーへ
A専用ステーで取り付け
B直接取り付け(付属のマジックテープ)


@サンバイザーは液晶が見えにくくなるので却下。


A専用ステーで取り付けようと思ったら・・・高さが増すのでフロントガラスに当たってしまう。
フロントガラスを避けると奥行きが足りない。


Bマジックテープでの直接貼り付け・・・
これでギリギリ装着できた(それでもエアコンの吹き出し口にギリギリ被る)

エアコン吹き出し口からは冬場は温風が出るでしょうから・・・
なるべく奥に貼り付けた(フロントガラスとのクリアランスは1cmもない)


もうすこし右(Aピラー側)に寄せたいのですが、これが限界(電源のメインスイッチも右端にあるし)
マジックテープでの取り付けなので、外すのは簡単だがガッチリと固定するわけでもない。


配線処理は今度の休日に実施するとして・・・
とにかくシガーソケットに接続し電源を入れてみた。



比較的早くGPSを認識して機能開始。

リモコンでの操作になるが使い勝手は良かった(画面を見ながら感覚的に操作できる)



液晶もハッキリと良く見える。
晴天の日中は少々見難くかったが、問題なし。


数キロしか走っていないので性能は???
スピード表示はメーターと大差がなく正確でした。



チョッと触った程度の感想。

<プラスポイント>
・液晶が大きくて見やすい。
・リモコンで感覚的に操作できる。
・案内音量が大きく、音楽を聞いていても聞き逃しはなさそう。
・スピードメーターが正確。
・データーの更新が2回まで無料で出来る(メーカーへ送付・2008年末まで)

(誤警報や性能は走り込んでから評価します)





<マイナスポイント>
・デカイ(これは私の機種選択ミス)
・ソーラー電源だけでは半分も機能が活かされないのでDC電源での接続は必須。

・通常時の画面表示が面白くない(年月日・時計・方位・スピードだけ)
通常画面は・・・方位よりは標高(機能なし)、時計よりは電圧(機能なし)
年月日よりはGPS感度などの情報のほうが面白そうなのに・・・

・価格が高い(オークションでも込みこみ23千円、店頭では40千円もする販売店も)

・後は・・・使用しているうちに「液晶焼けが発生するのは仕様です」の警告・・・これは怖い。



今度の休みが楽しみです♪隣町のオービスまで行ってみようかな!
(オービスよりも覆面や白バイ、ネズミ捕りが怖いのだけれど・・・)

配線処理も考えないと(オートバックスに直行し部材を買わないと!)


「07/7/7」
『レーダー探知機落札!』
急な物欲から欲しくなったレーダー探知機。

もう、落札してしまったので今更、他の機種をチェックしても仕方がないのですが・・・


ネットや量販店で現状のレーダー探知機をチェック。

<条件>
大型液晶モニター付き+GPS+カーロケ+データ更新可能+その他すべての機能を網羅の最新型



セパレートタイプがスッキリしていて良さそうだが、価格が跳ね上がるので一体型で妥協。

レーダーの知識はほとんどなかったので、上記の条件に見合った商品を探してみた。



メーカーシェア(勝手な推測)
NO1=セルスター
NO2=ユピテル
NO3=コムテック
NO4=マルハマ



大型液晶を採用しているセルスター・ユピテル・コムテックで候補をリストアップ!



セルスターの下記3機種は基本性能は一緒で・・・ボディ形状の違い。

・サンバイザー取り付け可能モデル(AR-210)
・ダッシュボード上モデル(AR-200)
・ソーラなしコンパクトモデル(AR-230)



セルスター・AR−210
見本をカー用品店で見たが・・・ボディが「デカイ」ちょっと大きすぎ。スーパージャンボサイズ。
サンバイザー取り付け可能。



セルスター・AR−200
上記よりも一回り小さいが、やはりジャンボサイズ。




セルスター・AR−230=ソーラーパネルを取っ払い常時電源接続モデル。
おかげでボディはコンパクト!魅力的な機種
上記2機種より1〜2割くらい高額・・・





コムテック・GL−917
ボディサイズはセルスターよりコンパクトでデザインは一番カッコいい!
性能もセルスタート同等で液晶は「焼け」が発生しないTET
高度計などの機能もあり面白そう。常時表示する項目の選択パターンも多い。
オークション落札価格は最安で19800円程度





ユピテル・S33RMI
レーダースコープが斬新で人気も高いが液晶が少々小さくて
デザインもチョッと好みではない・・・
価格も高めでオークション落札価格は25000円程度







店頭価格は34800円〜42800円・・・かなりの高額商品。

YAHOOオークションの平均落札価格は2万円〜28千円。
オークションで店頭価格より、かなり安く買えそう。






一番の候補は「コムテック・GL−917」

オークション価格も19800円と手頃。

実機を見た感想も・・・一番かっこよかったし機能も申し分なし。

もうチョッと調べて、これに決めようと思っていた。






2番候補はセルスターのAR-230だがオークション価格が25000円程度の様子。
送料や手数料を含めたら予算外なので残念ながらあきらめる。



残りの候補はセルスターの「AR−200」or「AR−210」

AR-210はデカすぎるのでチョッと敬遠

しかしオークションの出品数がAR−210が圧倒的に多い。
人気ランキングでもNO1らしい。




ユピテルは・・・液晶が一回り小さいので却下。






チョット試しに出品数が多い「AR−210」に入札してみた。


普通のオークション終了時間は23時頃ですが、夜は競争率が高いし、
酒を飲んだライバルが勢いで頑張ってしまうので・・・日中に終了するオークションを狙らってみた。



上限を20,500円にして様子を見たら・・・

なんと、ライバルが少なく、そのまま20,500円で落札してしまった・・・

軽率な行動に少々反省。


ボディの大きさに少々不満があるが落札してしまったものは仕方がない。
サンバイザー取り付けも可能なので、到着したら装着場所をじっくりと考えてみよう!






*今、ノーマークだったマルハマをチェックしてみたら・・・
ワンセグ搭載モデルが発売になるらしい・・・

詳細は不明ですが・・・これってカーナビに接続できるチューナー内蔵のレーダーって事?

もっとチェックしてから購入するべきだったな。

マルハマGMD-828V
ワンセグ搭載
セパレート型レーダー探知機






「6/29」
『スカートリップ修復』

暇だったのでリップの下につけているスカートリップを修復。



ホームセンターで切り売りしている両面テープつきのスポンジ(3cm幅)を勇気を出して3m分購入(1740円なり)













冬に欠けた真正面・・・。



チョッと前に縁石で擦った左横・・・。



今回のスポンジは幅3cm。スカートリップが2cmチョッとなので
完全にスカートリップを隠せる。



スポンジには両面テープが貼り付けしてあるので作業は楽々。

脱脂もしないでいきなり貼ってみた。




意外に良い感じ♪

厚みも少々増してボリュームもアップ!
(ますます擦りやすくなるでしょうが・・・)








キレイになってスッキリした♪

途中で剥げないかが心配。
消耗品と割り切って駄目になったら直ぐに剥ごう。



斜めのナンバーステーは元に戻しました。
うぅ〜ん、斜めナンバーも実は良かったかも?!




「07/6/21」
『ショック・・・』

今日は仙台出張。
雨が降っていたので駅まで歩きたくない・・・
今日も車で仙台まで出発。


家のそばの最初の交差点。
V型に曲がらなければいけないキツイ交差点。


信号が青に変わり、普通に曲がったら・・・曲がりきれずに縁石に乗り上げた。

左前輪が縁石に乗り上げて、「ゴリゴリ」、「ガッタン」といった。

びっくり!毎日曲がっている広い交差点でスピードも出ていないのに縁石に乗り上げるなんて・・・


ゴリゴリいったので、アルミホイールのガリ傷を覚悟した・・・1本4万円の出費か?



恐る恐る車から降りて見てみると・・・

ホイールは無傷♪助かったぁ〜




しかし、リップスポイラーの下のゴム製品「スカートリップ」が傷だらけになっていた。



このスカートリップのおかげでリップスポイラー自体は守られた。



被害が少なくて安心♪




しかし・・・よくよく見て見ると・・・
リップの一部に塗装割れが・・・リップ裏のネジが縁石に乗り上げた時に押し上げてしまい
塗装に割れが入った様子。
(割れは5ミリくらいで、言われても分からないくらい?)






さらに・・・バンパーのアーチにも微妙な変形が。

インナーフェンダーもズレていたが手で引っ張ったら直った。


フェンダー部には変形は見られなかった・・・助かった♪



縁石にバンパーの角から突っ込んで乗り上げた割にはダメージが少なかった。

純正バンパーとSTIリップの強さに関心。さすが純正オプション♪



緊張感が無くてぶつけてしまったが・・・被害が少なくてよかった。



しかし・・・なんで縁石に乗り上げたのだろう?今でも良く分からない。


傷だらけのスカートリップ、交換すれば部品代金だけで1万円・・・さらに工賃もかかるだろうし・・・

このままにしておくにも傷は気になるし・・・

ゴム板をホームセンターで買ってきて、端から端まで貼り付けようかな?



「07/5/29」

『グリップ注文』
(携帯のカメラで・・・)

エンジンルームのカバー関連を止めているグリップが2個紛失している。
(いつの間にか無くなっていた)

昨日スバルに買いに行ってきた。


初めて行った古川のスバルでは「取り寄せになります」との事。

本日の午後に入荷するとの事で、本日仕事を終えた後に買いに行ってきた。

2個で110円なり・・・






『光軸調整』
洗車場でエンジンカバーのグリップを取り付けて・・・
勢いでヘッドライトの光軸を調整。

光軸は・・・
車検に出した後から光軸が極端に下がって・・・夜道が怖かった
(頻繁にハイビームを使用してごまかしてました)


ネットで作業手順をチェックしていたので早速実施。




運転席側は吸気用のインテークボックスを外しての作業。





助手席側はバッテリーカバーとウォッシャー液ノズルをずらしての作業。




洗車場の壁を利用してグリグリと光軸を上げる(助手席側が高くなる)

壁の位置で10cm光軸を上げて作業完了。





パーツを戻して街を走ってみた。
そしたら・・・かなり光軸が高い。




運転席にある光軸調整ダイヤルで一番光軸を下げても・・・
今までより光軸が高い感じ。
これは世の中に迷惑をかける。

再び洗車場に戻って光軸を下げる。
完了して走り出したら・・・なんか変。

助手席側が上がりすぎ?


再び分解して調整・・・そしたら・・・今度は助手席側が下がりすぎ。


4度目の分解でなんとか許容範囲に。

何だか訳が分からなくなってきた(ーー;)


あまり長時間、洗車場にいると不審者だと思われるので本日は終了・・・


今度の帰省でライトの具合をチェックして、駄目なら再び調整しよう。
(分解が面倒だが・・・対向車や歩行者に迷惑をかけられないし、かといって直前しか照らさないのはキツイ)



「07/5/29」
『ナンバー灯の接触不良』


後ナンバー灯が接触不良。
叩くと点灯するが、しばらくすると消えている・・・
分解して組み直ししてみたが改善されず。

叩くと直るなんて・・・昭和中期のテレビか?!




『マジックで塗装』

メッシュグリルから見えるシルバー部分(ネジの頭)

気になるので油性マジックで塗ってみた。

マジックはゼブラのマッキー・・・
普通のマジックだ(タッチペンを買うのがもったいなかった)

グリルを外そうと思ったら・・・
何故か頑固にグリルが噛み合っていて外れない。

仕方が無いからグリル上部から手を突っ込んで無理やり塗った。

なんとなくスッキリした。


塗装後の画像は・・・撮り忘れた。




『エンブレム取り外し』


バックをスッキリさせたくて・・・エンブレムを外してみた。

案の定、両面テープ後が頑固だった。

30分も爪や雑巾、ワックスで擦ってようやくキレイに取れた。

微妙にエンブレム後が分かる。塗装が盛り上がっているような・・・
(光を反射させると微妙にLEGACYの文字が判別できる)



















『ナンバーステー取り付け』

ちょっと気になっていたナンバーステーを購入。980円なり!

これをつけると5歳若返られるヤンチャなアイテム。

これからの季節は、高速走行時に虫が大量に張り付くので
少しでも軽減できれば◎




取り付けは簡単。ナンバーを外してステーを付けるだけ。

外したナンバープレートを良く見たら・・・けっこう痛んでいた。
プラスチックのナンバーカバーを付ければこれ以上痛まないでしょうが・・・。




取り付けしてみた感想は・・・イマイチ・・・

純正の方が圧倒的にフィッティングが良くスマートだった。


取り付けしたら・・・5歳どころか10歳若返るようなヤンチャなフェイスに。
はっきり言ってアホッぽい。


これは・・・取締りの対象になるのかな?
(前方方向からは普通に見えるので問題なさそうですが、真上から見ると結構傾斜が・・・)


これは・・・外すことを前提に様子を見てみよう。
(アイラインに次ぐ微妙なパーツだ・・・)





「07/2/22」
『グリル装着』


待ちに待った休日。

夜明けとともにグリル交換実施。

こんな時には早起きが可能!
(AM4:00過ぎに近所の洗車場へ)








まずは純正グリルを外す。

上部の4個のピンと4個のツメで止まっているだけなので
取り外しは簡単!と思っていたら・・・

下側もツメではまっていて外れない。



ちょっとしたコツなのだろうが・・・
5分間格闘して何とか外した(コツをつかんだら楽々でした)







湾岸のグリルを装着。取り付けは4個のピンのみ。
下部に噛み合わせがあるのでガタはなくフィッティングも問題なし。

しかし・・・装着してみると・・・微妙に色が違う。
こればっかりは仕方が無い。まあ、我慢できる範囲内かな。



ちょっと気になったのが・・・ボンネットのキャッチャー部分。
メッシュの向こう側にシルバーの部分(ボルト)が見える。

これが結構気になる。


マジックかタッチペンで黒く色を塗ろうと検討中。
(本来であれば、この部分をかくす内側のパーツが付属するのですが・・・落札したグリルには付属していなかった)







シンプルになって良い感じ♪かなり気に入っています。

FRPで出来ているので高速を多用する私には飛び石が心配。
飛び石で「塗装カケ」するのが目に見えている。

メッシュ部も虫だらけになって腐食しそうだし・・・
お手入れもサボらないようにしないと!


ちょっとシンプルすぎるのでメッシュ部にエンブレムでもつけようかな???







よく見ると・・・さすが純正品。作りがしっかりしている。
これを改造してメッシュグリルを作成するのが流行りらしいが・・・
時間も技も無いので無理はしない。

しまっておく場所が・・・(ワンルームのアパートは収納場所に困る)



「07/5/20」
『グリル到着』
本日無事に到着。早速中身を確認してみた。


汚れも傷もなくキレイな品でした。
中古とは思えない状態の良さ♪

メッシュの部分も凹や汚れも無くパーフェクト!
色も違和感が無く同一色でした。

取り付けが楽しみです(純正グリルの取り外し方法をチェックしないと)



「07/5/19」
『グリル落札』


結局・・・無茶な投資をして落札してしまった。
落札金額22500円+振込み数量1125円+送料着払い1580円・・・

もうちょっと頑張ったら新品が買えたかも。
商品は5/20に到着予定(5/20不在通知が来ていた)

キレイな商品だったら救われますが、これで使用感ありありの
傷んだ商品だったらショックです。

家族には内緒・・・
とても「今日の出来事」には記入できない(~_~;)

物欲に我慢できない自分に反省・・・
今日から生活費を再び引き締めよう!


「07/4/11」
『オイル交換』
前回のオイル交換は12月に実施した車検。
ディーラーで無料で入れてくれた安オイルを入れて以来でした。

無料サービスのオイルは・・・いつも使っている量販店用のスバルオイルよりも更に質が悪いらしい。

あれから4ヶ月・・・8000km近く交換していない。

弘前のオートバックスでオイル交換をしたかったが、毎回時間を作れないので
古川のオートバックスで実施した。


スバル純正オイルが品切中で・・・手頃で良さそうなものを物色。



20分悩んで候補を二つに絞った。

BPとMobil・・・

どちらも4リットルで6000円前後。

100%化学合成でオイルの硬さも5w−40で同等。

Mobilがディーゼル兼用だったのに対して
BPストラーダはガソリン専用。

これだけの理由でBPに決めた。

入れてみた感想は・・・特に変化なし。
アイドリングが静かになった?ふけ上がりが良くなった?

気のせいに違いない






以下はメーカーサイトから・・・








フリクションを抑え、低温から高温まで安定した油膜を保持。ヨーロッパ標準の粘度規格をもち、耐熱性能、金属保護性能に優れ、スポーツタイプの高性能国産・欧州車に最適です。

スポーツドライブ
エンジンを高回転まで回すことが多く、スポーツドライビングを目的としたクルマに最適。

耐熱性能
高回転下での連続使用など高温にさらされる条件の下でも、抜群の耐熱性能、酸化安定性能を誇ります。

金属保護
エンジン内の金属を、強い油膜が焼き付き・摩擦・錆などから守ります。

スムーズ&パワー
少ないオイル抵抗で、ストレスフリーのスムースな回転とパワーを引き出します。

ベースオイル エステル+PAO
ポリ・オール・エステルとポリ・アルファ・オレフィンを配合した、耐久性に優れた理想的なベースオイル。

API(米国石油協会)マーク
米国石油協会の定めるオイルの品質規格。現在はSMが最高級グレードです。API規格に合格した商品にはすべてAPIマークが表示されます。




API SM/CF
ACEA A3,B4,B3
Mercedes-Benz 229.3 / 229.1
Porsche, Volkswagen 502.00 / 505.00
大排気量車、スポーツ車、ヨーロッパ車
モービル1 5W-40はPAOを主成分とした高性能化学合成基油にエクソンモービル独自の添加剤システムSuperSynTM Anti-wear Technologyを採用することで、より苛酷な使用条件下においても優れたエンジン保護性能を発揮する化学合成油です。
速度無制限のアウトバーンに代表される長時間高速走行を目的として開発された高性能エンジンオイルで、優れた熱安定性と低温流動性により、ターボ車、高出力車の熱負荷からエンジンを守りつつ、優れた低温流動性により始動時のエンジン摩耗を防ぎます。モービル1 5W-40はターボ車を含む様々な車種に適合するエンジンオイルで、特に大排気量車、スポーツ車、ヨーロッパ車に推奨します。







「07/4/3」
『タイヤ交換実施』

今日は久々の休日。
タイヤ交換をすると意気込んでいたら・・・

新しく配属になった部署の人員不足で
朝から会社に・・・


昼には会社を脱出してタイヤ交換をしようと思ったら・・・

悲しいことに雨が降ってきた。







それでもタイヤ交換がしたくて・・・
イエローハットに行ってみた。

交換工賃は1400円。安い♪

ここでお願いしようと思ったら・・・
夕方4:00過ぎにならないとピットが空かないと言う。


残念ながら時間に余裕がないのでお断りをして
他のカー用品店へ向かう。







オートバックスに行くと・・・
オイル交換会員の期限が切れているので
更新するのに525円かかると言う。

更にタイヤ交換の工賃が18インチだと
2352円かかると言う。


それでもタイヤ交換がしたくてお願いをした。






無事にタイヤ交換は終了。


帰宅して気がついた・・・オートバックスで言うのを忘れていた。
溝が深いタイヤ2本を前輪に装着してほしいと。

恐る恐るタイヤを見てみると・・・

左側は「前輪の溝が深い」が右側は「前輪の溝が浅い」・・・


きちんと言わないと適当に付けられるのね(気配りを期待するほうが間違いか)

うぅ〜ん気になるが、直すのはめんどくさい。このままで良い事にしよう。





『パンク修理』
外したスタッドレスタイヤを洗車場で洗った。

「アルミホイール洗浄剤」を使って汚れを取って
ジェットスプレーで放水しキレイにした。

そしたら・・・「アルミホイール洗浄剤」のパワーが強すぎて、
痛んでいたホイールの塗装がボロボロと剥がれてきた。
(ゴールドの塗装が剥げて腐食したアルミの下地が・・・)

ちょっとショックだけれど元々ボロのアルミなので気にしないことにしよう。




もっとショックだったのが・・・
タイヤに釘が刺さっていた



この釘を抜いたら空気が抜けることは間違いない・・・

直すのは来期にするか?今日のうちに直すか???悩む。


自動車保険の付加項目に「パンク修理を保障」と書いてあったのを思い出した。

保険会社に連絡すると・・・
領収書を添付して書類を送ると後日、口座に修理代金を振り込んでくれるという。
なんだか得した気分。


近所のYOKOHAMA系のタイヤショップ「タイヤガーデン」にタイヤを持ち込んで修理を依頼した。

タイヤの外側から直す簡易修理と、料金は高いがタイヤの内側から直す確実な方法があると言う。

料金は保険会社もちなので当然、内側から直す。
料金はタイヤを外してバランスの取り直しをして3150円。意外に安い。


以前にパンクした夏タイヤも内側から直せばよかったなぁ〜(保険を使うのも気がつかなかった)



「07/02/26」
『アイライン装着』



通販で購入していたアイラインを早速装着。


両面テープもシリコンオフも同梱されていたので
貼り付けるだけ!

30分も掛からないで無事に取り付けできた。

はっきり行って「微妙」なパーツ。

妻は付けた事に気が付かないし、娘は「変」の一言。
私は気に入っているので・・・まあ、良いとしよう。





フィッティングは良いしカラーも違和感がなくて◎

チョッとしたイメージチェンジになりました。今度は・・・メッシュグリルに興味が・・・





『ドライブ』
天気が良かったので妻とお出かけ♪
岩木山がキレイに見えていたので・・・つられて岩木山のほうへ。








嶽方面に抜けて岩木山のスキー場の駐車場で
チョッとイメチェンした車の写真をパシャパシャ。


妻は暇そうに・・・車内で寝ていた。















←ここは・・・なんでしょう?


冬季閉鎖中の「足湯」です。
完全に埋まってました・・・

暖冬とはいえ、山にはチャンと雪が積もっています。







「07/01/26」
『オーディオ故障』


何気にCDを取り出そうと思ったら・・・
ギコギコと怪しい音が・・・

なかなかCDが出てこない。
6連装で6枚とも出てこないし再生もできない。

MD中心でCDはあまり聞いていなかったので
いつ壊れたかは不明・・・


「ERROR99」なんて怪しい表示が出てしまった。





3年の保障期間が切れて一ヶ月も過ぎないうちに壊れるなんて・・・タイマーでも仕込まれているのか?


車検時に「延長保障料1万円」を支払って延長保障に入っていて良かった。
危うく、突発的な出費になるところでした。


今度の帰省時にディーラーに見てもらおう。


「12/4」
『車検完了』
無事に車検が終了・・・
点検項目をチェックすると・・・ほとんどチェックのみで異常なし。
実施した項目はブレーキ関連の分解清掃くらいかな・・・

施した内容は・・・エンジンオイル、エレメント、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキオイルの交換と
エンジン下回り洗浄、サビ止め塗装くらいかな・・・

最初の車検は、格安車検やユーザー車検でも問題は無さそう・・・

(車検費用+法定費用)138800円+追加料金(ミッション+デフオイル交換)6720円
+延長保険料金10500円=156020円の出費・・・

更に来月は任意保険の8万5千円の支払いが・・・恐ろしい・・・


車検証とフロントガラスに貼るシールは後日、宮城へ郵送で・・・
それまではフロントガラスに左記のシールを張っていないといけないらしい。

なんとなく、各オイル交換でリフレッシュして車が元気になったような気がする・・・
(タイヤの外形サイズダウンと気温低下で加速は素晴らしく良い♪)

*エアコンコンプレッサーの鉄粉は・・・問題無しで流されて・・・
ボンネットダクトの破損は虫が原因!なんて言われました。
ボンネットダクトは交換すると3万5千円以上の出費。
そのままソッとしておきます(>_<)





「12/1」
『タイヤ交換』

明後日の弘前帰省に備えてタイヤ交換を実施。

近所のコイン洗車場の駐車場を借りる。


タイヤは重いし、ナットは硬いし・・・
一苦労・・・


頑張ってタイヤ交換をして、1シーズン頑張った夏タイヤをキレイに洗った。








スタッドレス用のホイールは・・・
イマイチかな(^_^;)

レガシィ用はオフセットの都合でディスク面がリムが同じくらいまで出ている。

オフセットとのデザイン上、逆ハの字に見えてしまう。

17インチなのでサイズも小さくなり、フェンダーとの隙間も広がってるし・・・。






スタッドレスのゴツゴツ感と、ホイールのリムについている黒いボルトのおかげで「濃い」感じ・・・

3.8万円近い投資をして買ったホイールだけれど・・・劣化も進んでいるので・・・安物買いの???かな。


今までの冬ホイールよりは気に入っているので良いとしよう!











夏タイヤは2万キロ近く走ったので磨耗も進んでいる。
最初に出てくるスリップサイン(ローテーションサイン?)がもう少しで出てきそうなくらい磨耗している。

来シーズンで寿命が来るでしょう・・・走りすぎだ・・・












ホイールは傷も無く無事に1年過ごせた。
裏面までキレイに磨いて室内保管実施。

再び装着するのは4ヶ月後かな。


*夏タイヤの重さを計ったら19kgあった。
17インチのスタッドレスと同じ重さでした・・・

スタッドレスが重いのか夏用ホイールが軽いのか???














「11/22」
『タイヤの入れ換え』
オークションで落札したタイヤを本日YHに持って行って入れ換え作業をお願いした。

・落札したホイールからタイヤを外し、タイヤを廃棄

・手持ちのスタッドレスタイヤをホイールから外す

・外したスタッドレスを落札したホイールに組み込んでバランス取り・・・

タイヤの廃棄料を合わせて5480円の料金。予想より安い!と思っていたら・・・
計算誤りで追加で2940円を徴収された。

合計8420円の出費。これでも工賃が3割引になっているそうです。
(イオンカード提示で宮城県内のイエローハットはタイヤ交換工賃が3割引になるそうです)

車にタイヤが入りきらずにイエローハットまで4往復して無事に完了。何度も行ったり来たりで疲れた。

車両への装着は、経費削減のため、後日、自分で実施予定・・・


余ったホイールはオークションに出品!
初めてのオークション出品でドキドキ。
値段が付くとは思えないけれど、何となく期待♪

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e61518420













「11/20」
『ホイール到着』

酔った勢いで?落札した冬タイヤ用のアルミホイール。

本日無事に到着した(愛媛から)

落札代金や送料、振り込み手数料で3万円近い出費になった。


付いてきた夏タイヤは溝なし。このタイヤは廃棄予定。

廃棄するのにも費用が掛かる・・・

スタッドレスに入れ替えるのにも出費が・・・









写真ではキレイに見えるが、
ガリキズや塗装の浮き、色褪せが見られる。

まあ、中古なので想定内。

期待していたより程度が悪かったが
まあ・・・こんなもんでしょう。


エアー漏れがなければ良いですが・・・




*重量を測ってみたら、タイヤ付きで20kg・・・軽いのか重いのかは不明。









「8/17」
『タイヤ溝』
タイヤ溝が気になり測定器を購入・・・お値段は399円なり。
各タイヤを測ってみたが・・・どれも6〜7mmの溝がある。

後輪が7mm近くあり、前輪が6mm程度(曖昧)
なのでローテーションにはまだ早い?

購入時、何ミリの溝があったか不明なので、減り具合は良く解からないけれど
1万2千キロ走っているので、それなりに磨耗しているでしょう。

純正のポテンザが3万キロ持たなかったので、それに比べればロングライフなタイヤかな。

*タイヤ溝測定器を購入したカー用品店でワックスコーナーを見ていたら・・・
なんと弘前で3360円で購入した高級ワックスが・・・

見切りか何か知らないが1980円で売っていた・・・ショック!


「8/14」
『高級ワックス』


melbinさんからの紹介で高級ワックスを購入。

普通のワックスが300g位入って980円位なのに対して、
このワックスは100gしか入っていない。

チョッとしか入っていないに、価格は3360円・・・これは超高級☆
値段の分、効果は期待できる?!
(320g入りは7000円以上したので買えなかった)


同梱されているワックス用のスポンジは、化粧用のパフと同じ素材らしい。
チョッとした「こだわり」でしょう。





購入した翌日に、朝の5時過ぎに起きて早速ワックス掛けを実施!


まずは作業性のよさにビックリ

・洗車後の濡れたボディにそのまま使える。

・物凄く伸びが良いので極少量で塗り広げられる。

・完全に乾かす必要が無いので、拭き取りも直ぐにできる。

・薄く塗っているので拭き取りも簡単、汚れカスもほとんど出ない。



普通の固形ワックスの半分以下の時間で作業終了♪



ワックス後のボディの「艶」、「ぬめり感」は申し分なし。

但し、普通のワックスのようにコンパウンド等が入っていないので
「キズ消し」や「水垢、汚れ落とし」ができない。

*コンパウンドも入っていないし伸びが良く拭取りも楽なのでゴシゴシこすらなくても良い。
ボディには一番やさしいでしょう!(黒い車には最適)



洗車時に鉄粉や汚れ、水垢を良く落としてから施工しないと、出来栄えに差が出そうです。



後は耐久性があれば更に良いのですが・・・これは様子を見ないと解かりません。



今、手元にあるワックスと使用感を比較してみたら・・・

メーカー・商品名 作業性 艶・手触り 汚れ落とし・キズ消し 価格
WILLSON
「チタン防水」

ホワイト用
(ハンネリ)
・伸びは普通
・拭き取りも普通
・チョッとでも濡れてるとダメ
・スッキリとした艶
・スベスベした感触
・水垢や汚れが良く落ちる
・キズはとても目立たなくなる
・普通
SOFT99
「艶王」

ライトメタリック&パール用
(固形)
・伸びが悪い
・拭き取りも大変
・拭取りカスが大量にでる
・チョッとでも濡れているとダメ
・深い艶
・ヌメヌメした感触
・水垢、汚れはあまり落ちない
・キズは艶で目立たなくなる
・普通
シュアラスター
「マンハッタンゴールド」
全色対応
(固形)
・伸びはとても良い
・薄塗りができる
・拭き取りが楽々
・濡れたボディに使える
・半乾きで拭き取り可能
・拭き取りカスもほとんど無し
・深い艶
・ヌメヌメした感触
・水垢、汚れはホトンド落ちない
・キズは艶で目立たなくなる
・高い

どれも一長一短あり・・・

・「チタン防水」は汚れや水垢は良く落ちる。傷も目立たなくなる(ホワイト車用でコンパウンドが入っている?)

・「艶王」は仕上がりは良いが作業が一番大変。汚れは落ちにくい。(メタリック車用でコンパウンドが少ない?)

・「マンハッタン」は作業性がダントツで良い。仕上がりは艶王と同等。汚れは落ちにくい。キズは一番消えない(コンパウンドが全く入っていない?)


作業性の良さで、シュアラスターが今後は活躍するでしょう・・・(洗車中に水垢落としを使って下処理をしっかりとして・・・)



この「マンハッタン」シリーズより後に発売になったmelbinさんも使っている「ブラックレーベル」シリーズも気になります・・・

「シュアラスター マンハッタンゴールドワックス ジュニア」

↓メーカーホームページより
http://www.surluster.com/jp/index.php

コスメティックカルナバ蝋使用。艶・光沢を極めたワックス。
ツヤ・光沢を極めた本物の“こだわり派”にお薦め。
良質で純度の高い天然カルナバロウを高度な技術でブレンドした、他の追随を許さない傑作です。





「6/17」
『フロントストラットタワーバー装着』

YAHOOオークションで偶然落札。

自動更新7100円で放置しておいたら、他の落札者が7000円で断念して・・・私が最終落札者へ。

商品7100円+送料1160円+振り込み手数料420円

合計8680円でした。

「クスコのタワーバー」=新品が15千円くらいだからお買得?

送られてきた商品は新品同然でキズや変形もなく一安心。

パイプはアルミで軽いのだが、ストラットの輪部分が重い・・・総重量は3kgくらいありそう・・・

アパート前の駐車場で装着開始。

弘前に遊びに来ていた実父から工具を借りて、簡単に装着できた。
使用工具は=8mmの六角レンチ・12mmラチェットレンチ・12mmと17mmのメガネレンチ

時間にして10分チョッと。

ナットの締め付けトルクが2kなのだがトルクレンチが無いので適当・・・
(緩めた時の手ごたえと同じ感覚で締めた)

不安になったら、車検の時にディーラーで増し締めしてもらおう!





ボンネットを開けたときの見た目も良くなったが、走りの変化も体感できた。

<微妙な変化=言われなければ装着後の変化が解からないレベルだけれど・・・>

・ボディー剛性が上がったというより、フロントの足回りが硬くなった感じ。

・荒れた路面ではガツガツいって乗り心地はチョッとだけ悪くなった。

・車線変更等で効果を体感。ハンドルを切ると反応が素早くなり、回頭性が良くなった(気がする)
ロールが減ってキリッとした感じになった(スタビライザーを太くした感じ=太くしたことが無いけど・・・)

・高スピードでの深いカーブもハンドルに対して忠実に曲がるようになった(気がする)
とにかく、装着した当日〜翌日はカーブが楽しかった♪


結局は「気がする」レベルだが、全てにわたって良くなった(気がする)

何故、純正で装着しないんだろう?デメリットもあるのかな・・・





「5/8」
『エアクリーナー交換』




今まで使用のブリッツのエアクリ(青)を交換。前回の交換からは18000kmも走ってた。

さぞかし汚れていると思ったら・・・とってもキレイ。

虫やゴミは入っているが、汚れは少ない。

汚れが少ない=汚れを吸い込んでいる?

吸気効率が上がった分、集塵能力は低いんだろう・・・

エアクリーナーの奥側にも汚れが見られたのはショック・・・
エアフィルターの役目を果たしてないのでは???


今回はアペックスのエアクリを装着。
太陽に透かしてみると、ブリッツよりは光を通さない。吸気抵抗はブリッツより悪そう。
それでも集塵力は高そうなので良いかな?
(結局、純正が一番いいかも・・・)


ブリッツでは吸気音が変わったが、アペックスでは純正なみに戻った。
まあ、気分転換のパーツだからこれで良いかな?!




「3/11」
『エアゲージ購入』

今日は予定も無いのでブラブラして・・・
天気が良いので洗車した(気温16度♪)

明日の予報は雨なのに・・・

それから・・・
ホームセンターでペンシルタイプの
エアゲージを購入

お値段は345円と格安。

先日のパンク事件もあるので空気圧が
気になってしまう・・・


今まであったエアゲージと比較しても・・・場所もとらない、数値もはっきりわかる。
使い勝手も良いので◎


ちなみに精度はどちらも一緒でした。




タイヤを購入して組んだ時は標準空気圧で入れてもらった。
ゲージで計ったら、前2.3・後2.1(標準通り)

この時は、乗り心地が良く、段差の振動もしなやかに吸収してくれた。
激しく走るとタイヤがよれる感触があったけど・・・



それからパンク事件があって・・・
スタンドでは空気圧を高めで入れてくれた。
(高めが良いと言われて・・・)


今の空気圧が前2.6・後2.4
跳ねるような感じと、乗り心地の悪さがチョッと気になる。

段差の吸収も悪いし・・・よれる感じは無くなったが、曲がりやすいわけでもない。


空気圧の差で「乗り心地」と、「走り」が結構かわった。

今の空気圧はチョッと高すぎるような気もするので、もう少し抜いてみようかな・・・


「2/28」
『パンク!』
近所のガソリンスタンドに行ってガソリンを満タンしに・・・今晩の弘前帰宅に備える!

帰宅して左後輪のタイヤを見たら・・・ビックリ!ペチャンコになっている(>_<)

エアゲージで空気圧を計ってみると・・・測定不能。全く空気が入っていない状態。

近所のガソリンスタンドに戻って見てもらうと・・・
なんと大きなビスがズッポリ刺さっていた(~_~;)


いつからパンクしていたんだろう?
全然、気が付かなかった。

パンク修理をしてもらい復活したが、いきなり修復暦有のタイヤになっちゃった・・・
(後輪のトレッドなのでイタズラは考えにくい。明らかに走行中に拾ったんだろうなぁ〜

気が付くのが早くてよかった。ショルダーも無事でショルダー側のイボイボも残っているので問題なく今後も使えそうです。

パンク修理代金2,415円なり(~_~;)


「2/23」
『タイヤ交換』


タイヤ交換の前に朝の8時から洗車♪
洗車機の様子をみると・・・何か変?

なんと・・・お金を入れなくても「水洗い」と「洗剤」が出るモードになってる。
心苦しいが使わせてもらった(早起きは三文の徳?!)

どんなに使っても無料なんて・・・凄いサービスだ(^_^;)
車を洗って、タイヤとホイールを積んでYHへ!



古川のYHが臨時休業で営業していないので
20km以上も離れた街のYHまで遠征した(富屋町)




タイヤ交換が済んで古川に戻ろうと思ったら・・・

「やられたぁ〜」

YHのスタッフがタイヤを下ろす際に“汚れ”をつけてくれた・・・
(ハンドルやシートにカバーをかけて作業する気配りがあるのに・・・)

しかも、そのまま放置かよ(ーー;)

帰宅してからゴシゴシ拭いて何とか汚れを落とした。手強かった(>_<)















YHでロックナットが品切れ中だったので、古川のABへ向う。

ベーシックなロックナットが1380円で売っていた♪
上は1万円クラスの物もあるが、低単価のこれでも少しは盗難防止になるでしょう・・・

タイヤの外形がスタッドレスより大きくなったので家の前の輪留めにも擦らなくなった。
これでリップスポイラーがガサガサになる心配が少し減った。



メッシュのホイールは・・・イマイチ大きく見えない。
18インチにとても見えない。感覚的には17インチ?くらいに見えちゃいます。

しかもオフセット52だと・・・まだまだフェンダーに余裕があり、ツライチには程遠い。
5mmのスペーサーを噛ましたいが、安全上の不安もあるので、ひとまずは様子見。

スバルといったらゴールドホイール!と思っていたが、やはり派手。シルバーでも良かったかな?



タイヤのフィーリングは♪

磨り減った純正ポテンザに比べると明らかに静か!スタッドレス並みのロードノイズ。
今まではスタッドレスから夏タイヤに戻すと、うるさくて大変だったが、これなら快適。

100km/h程度の速度域だとスタッドレスよりも静かで、今まで感じなかった風切音や吸気音などが聞こえてくる。

乗り心地も良くなった。道路のつなぎ目や荒れた路面でもタイヤが吸収してくれる。
サイドがポテンザより柔らかい感じ。かといってフニャフニャ感はない。


肝心なグリップ力とウエット性能は・・・一皮剥けてからとしよう。

*チョッと山道をハイスピードで走ったら・・・
ポテンザみたいにベタベタと張り付くような感覚は無かったが、ハンドルに対して忠実に車の向きが変わる。

カーブで無理にハンドルを切り込んでもグリップが抜けることも無く踏ん張ってくれる。

タイヤの限界を超えるような走行はしないのでコレで十分ですね!満足♪


「2/22」
『ホイール』
アルミホイールも無事に到着!
センターキャップやバルブ、ナット、ロングアダプターも全て予定通り・・・
通信販売はドキドキします・・・

部屋に置場が無いので、明日タイヤ交換に行く予定。
古川では春の気配をバリバリ感じます♪

通勤に車を使っていないので、雪が降っても困らないし(~_~;)


タイヤの組込工賃をアチコチに聞いてみた。

店舗名 タイヤ組込・バランス・交換工賃
AB 10,080円
YH 5,600円
TG 8,400円
スバル 14,000円

物凄い価格差・・・これは酷い。持込での作業はやはり高い。

YHが割引価格でお買得。イオンカード又は生協カードを持っていると
割引価格で5,800円になると♪

イオンカードを持っているので、偶然にもお買得!(工賃が3〜5割引らしい)


明日はYHに行こう!

ハブリングやロックナットも購入しちゃおうかな?!




会社レガシィ乗りの方から聞いた話では・・・
タイヤを2回盗難にあったらしい。しかもスタッドレス&夏タイヤ・・・

同じマンションの方は、ランドクルーザーの車両盗難にもあったと・・・

危険だ。ロックナット、やっぱり必要かも・・・











「2/20」
『タイヤ到着』
タイヤが無事に到着した。

出荷先は・・・オークション出品者の携帯の番号に
インターネットショップの名前が・・・住所も記載無し。

通常ルートでの販売ではないことは確か・・・怪しい・・・

しかし、商品は新品でサイズも注文どおり!激安で市場の4〜3割引で買えたので良いとしよう♪

製造年と週は・・・3本が05年の24週。残り一本が05年の13週・・・
まあ、そんなに古くも無いのでOK。

仮置きする場所も無いので、部屋に入れたが、ゴム臭いし、部屋が狭くなるし・・・
はやく何とかしないと。

私の部屋は・・物が少なくてシンプル!
良い空間を作っていただけにこのタイヤはキツイ。

アルミホイールが到着したら直ぐにでも履き替えようか・・・

履き替えたらスタッドレスタイヤは早急に弘前に運ばないと・・・
(弘前でもタイヤ置場はない。使わなくなった純正夏タイヤの上に重ねるか・・・)


今日、オークションの評価をして気が付いた。
同じ商品が送料で500円、タイヤが400円
合計で900円、さらに安く出品されてる!

凄い安さだ・・・一般市場では値上げになってのに!
ますます怪しい(~_~;)






「2/15」
『振込み』
YAHOOオークションで落札したタイヤ代金と楽天で購入したアルミホイールの代金を本日振り込み実施。

タイヤ送料込62,000円+振込料金630円
アルミホイール(ナット・センターキャップ・バルブ付き)送料込96,390円+振込料金630円

合計159,650円

無事に商品が届くか?!それだけが心配。

(タイヤは2/20着で発送してもらった。アルミは在庫が確保できれば22〜23日くらいに到着する予定)


「2/12」
『見積り』
タイヤとアルミの見積りに各量販店を回ってみた。

タイヤはYOKOHAMAのSドライブ(214/45/18)
アルミはRAYSのメッシュタイプ(A/X MM−X 7.5J−18)

どこも同じような料金だった(接客応対にはバラつきがあったが・・・=AB、YHは◎)

店舗名 タイヤ価格 ホイール価格 工賃 合計 備考
AB 10,1600 114,400 4,680 220,680円
値引きで20万円
接客応対◎
YH 96,000 115,200 2,800 214,000円 工賃激安!
AR 87,680 114,660 4,200 206,540円 接客応対×
TR 明細なし 明細なし 明細なし 200,000円 ザックッと計算して20万円
通販 62,000円
(送料込み)
96,390円
(送料込み)
YHに依頼?
2,800円
161,190円 タイヤが激安!
送料込みでも一番安い♪

20万円は予算オーバーなので、ネットの見積り次第でメッシュタイプのホイールは断念。

5本スポークだと・・・通販で高くても123,000円(送料込み)組み込み工賃を合せても13万円で収まる。

メッシュはあきらめてスポークかなぁ・・・



「2/4」
BBSがぁ〜
171,000円まで頑張ったが5分前で離脱(T_T)
落札できなかった。

結局19,900円で誰かに落札されてしまった・・・

あと三万円・・・頑張れなかった(>_<)

次の機会を待とう(-_-;)


「2/2」
結局・・・前回のオークションは45,500円まで価格がつりあがったので断念。


しかし、今度は最強のアルミ「BBS=LM 18インチ」を発見!
美品で目立ったキズなし
タイヤは最高峰のレグノ9部山。しかも専用ナットつき。
新品の定価だと50万オーバー、量販店で買って35万〜位かな?!

現在の価格が127,000円♪
このアルミなら15万〜位まで頑張っちゃう(・へ・)

しかし・・・最終的には20万以上になりそうな予感。
憧れのブランドアルミの落札は厳しそうだ(T_T)

2/4(土)の22:00がオークション終了時間。


「1/30」
オークションで発見・・・

昨日、散々悩んで落札をやめたアルミホイール。
こんどは、中古ですが、こんな商品を発見した。



現在の価格が4本で12,500円・・・

1本にガリキズがあって、タイヤのブランドも不明。
タイヤの溝はあるがオマケ程度に考えて・・・

35千円くらいまでなら頑張るか?(送料合せて4万円くらい)



落札終了時間は勤務中なので・・・

明日の夜に自分で出せるMAX金額まで入札して
あとは運任せにしようかな。

























































「2006/1/26」
『アルミ』
安くてお気に入りのアルミをネットで発見!

レイズやプロドライブ、YOKOHAMAやBBS等のブランドアルミは4本で20万以上するので買えない・・・
タイヤを合せたら30万円コース(>_<)

インターネットで新品18インチが4本で62千〜程度で売っているのが下記のアルミ。
通常に店頭で買っても100千程度・・・

色が5色もあって益々悩む・・・

ガンメタリックが一番、気になる・・・
(レガシィに履いた現車を見たことがあるが、大きく見えて迫力があった)






このアルミに、YOKOHAMAのタイヤ「Sドライブ」を装着して・・・
タイヤ込みで14万円程度で装着できれば良いけれど。

うぅ〜ん、悩む。












さらに同じメーカーで定価がもっと安いアルミがある・・・
これも魅力的!

世間ではスタッドレス用に履かれているみたいだか
デザイン的には◎♪


春までに良く考えて答えを出そう!

資金が無くて買えなければタイヤだけで我慢(>_<)・・・

メーカーサイト  http://www.naxack.co.jp/




「05/12/4」
『総合ユニット交換&24ヶ月点検』

代車の都合がつく本日、ディーラーに車を持ち込んだ。

代車は「インプレッサワゴン」
大きなボディーに1500ccはパワーが無いが・・・
エンジン音も室内も静かだし、乗り心地も良い。
4WDで圧雪も安心。ボディーもシッカリしていて良かった。
走行距離3000kmの新車の香りがする車だった。

修理、点検内容は・・・エンジンが掛からなくなる不都合の為に
コンピューターの「総合ユニット」の交換を実施。

それから・・・通常の24ヶ月点検と、オイル、エレメント交換。

その他に見てもらった所が・・・


@灰皿が使えない・・・=新品灰皿に交換(禁煙成功で灰皿使わないけど)

A運転席の窓を開けると、時々縁が巻き込まれる・・・(分解して清掃したので様子を見て欲しいと)

Bアイドリング時にエアコンのコンプレッサーが回ると不快な振動が・・・
(アイドルアップ・ファン回転で嫌な振動が伝わる)
朝一番でアイドリング時にACコンプレッサーの電磁クラッチが繋がると“ガツン”と衝撃がある・・・
(外気温にもよるが、頻繁にACコンプレッサーが回ったり止まったりでうるさい=酷い時は10秒間隔)

*ディーラーが言うには外気温センサーの情報が総合ユニットに読み込まれていない可能性がある。
総合ユニットを交換したから大丈夫でしょう・・・(て、ホントかよ・・・変化は見られないけど・・・)


午前中に車を出して、完了の電話が来たのが17:00・・・


「05/11/21」
『スタッドレスに交換』

そろそろ夏タイヤも限界・・・
釣りにもいけないし、朝晩の妻子の送り迎えも出来ないと困るので
ようやくスタッドレスタイヤに交換。

天気も良いし、時間もあるので自分で挑戦。
(ディーラーで頼むと工賃2100円・・・)

重さ18kgのタイヤをアパート2階の部屋から車まで運ぶのが重労働。
階段を4往復(冬タイヤ下ろしと夏タイヤ上げで8往復か)でチョッとヘロヘロに(運動不足)

自宅駐車場は車の出入りが激しいのと、傾斜があるので
近所の洗車場で作業させてもらった。

タイヤ交換のついでに洗車もして・・・久々に車がきれいになった(1ヶ月ぶりの洗車?)

タイヤの空気圧を計ると・・・1.8〜2.0kまで減っていたい。
自転車用の「空気入れ」で気合で入れる・・・

1輪に空気補充するのに100回以上のポンピングが必要
(スタッドレスのフニャフニャ感が嫌なので圧雪になる前は2.5kまで入れる)

4輪で500回以上ポンピングした。これで体力を完全に失い・・・力尽きた。

タイヤ交換→洗車→空気入れで3時間コースでした(天気が良くて暑いくらい)



『ショック!』

タイヤ交換後にショックな事件が発生!

お世話になった夏タイヤをキレイに洗ってあげようとしたら・・・
これが間違いだった。

壁に立てかけて、チョッと目を放した隙に、タイヤが倒れた・・・
しかも表側から倒れたので・・・当然、アルミに傷が入った(>_<)

十分注意していたのに・・・何故倒れた?!
振り向いた時には既に倒れていた(T_T)


それほどのキズではないが、神経質な私には「大きな傷」
スポーク数本に潰れ傷が・・・

アップで見ると辛い状態。
タッチペンで修復できる状態でもないので、このまま放置するしかない。

前に作ったガリキズがあるホイルとあわせて4本中、2本が傷物。

来年春の夏タイヤ購入時に「社外アルミ」を買っちゃえとのお告げかな?

(ネットオークションで新車外しの「純正新品アルミ&タイヤセット」が安かったら競り落とそうかな・・・)

来春のタイヤ購入予算は7〜10万円。
タイヤとアルミで10万円では絶対に収まらないだろうなぁ〜






「05/11/3」
『再びエンジンが掛からなくなった』

前回同様のエラーが発生。エンジンが掛からない。

今回は冷静に異常事態を分析してみた。

・運転席側のロックが反応しない(助手席から乗り込み運転席のロックを解除)
・運転席で集中ドアロックをかけようとしても無反応。
・キーレスは運転席以外は反応するが、反応音が違う。
・エンジンを掛けると・・・一瞬エンジンが掛かるが、すぐにストップ。
・メーターにはエラーコメントが・・・
・3分後に、キーレスが正常に作動し、エンジンも普通に掛かる・・・




前回と同じ場所で同じトラブルが発生した。
電波障害?それとも???

エラーコメントを携帯写真で撮ってディーラーに持ち込んだ。

「Err 1U」は総合ユニット異常(ネットで調べた通り)

ディーラーでは、総合ユニットを注文して交換してくれるそうだ。

もし、今後エラーが発生したら、20秒ほど放置し、それからキーを
アンロックすると復旧するらしい・・・

原因は不明だが、部品交換で治るらしいので一安心?


「05/9/22」
『リコール通知』
以前、リコール対策を実施してもらったのにリコールのハガキが来た。
前回は該当車両じゃなかったのに点検してもらい・・・
今回、新たにリコール対象の車両になったみたい?

以前、点検を受けているから放置しても大丈夫か?
(でも・・・走行中に後ドアが開く可能性があるのは恐ろしすぎる・・・)



「05/8/20」
『エンジンが・・・キーレス&イモビライザー不都合』
夜の20:00過ぎ、近所のスーパーで買い物をして車に戻ると・・・

キーレスの反応がおかしい・・・
反応はしているが運転席のロックが解除されない。
他のドアはロック、アンロックが反応している。

助手席から運転席のロックを解除して・・・
運転席に乗り込みエンジンをかけようとしたら・・・

一瞬エンジンが掛かったと思ったらそのまま停止。
何度繰り返してもエンジンが掛からない。

マルチディスプレーには「Err」表示が。

チョッと焦った・・・。スバルに電話したが土曜の八時過ぎ・・・当然誰も出ない。

運転席のドアを開けたらセキュリティーが反応してクラクションが鳴った・・・

それを解除してエンジンをかけてみたら・・・何事もなかったかのようにエンジンが掛かった。

一体原因は???

山の中や海でエンジンが掛からなくなったら大変だ!

近々ディーラーに相談しに行こう・・・



「05/7/21」
『エアコン添加剤』
昨日、ネットを見ていて「エアコン添加剤」を急に入れたくなったので量販店を回った。

いつも利用しているオートバックスで男性店員さんに「オイル添加剤はありませんか?」と聞いたら
「ありませんね」の一言・・・返す言葉も無く撤収。

直ぐ側のイエローハットに行ってみたら・・・入り口近くで空箱を山積みして紹介していたが・・・
店員さんに聞いたら・・・なんと在庫が無くて、お取り寄せと・・・ココも撤収。

出社の時間もあったので余裕が無い。
ラスト一店舗「タイヤ館」に声をかけたら
「○△□製の×○△が一個だけあります!」との回答。
(メーカー名、製品名は聞き取れなかった。と言うより覚えられなかった)


メーカーはどれでも良かったので早速、入れてもらうことにした。

料金は3150円(工賃無料)

10分くらいで作業終了。


ついでにタイヤの溝点検、空気圧調整、エンジンオイル点検、ワイパーブレード点検と
簡単な日常点検をしてくれた。

タイヤは右前輪が一番減っていてビックリ。一輪だけ磨耗にバラつきがあった。
空気圧が220〜230kPaに減っていたので250kPaに補充してくれたそうだ。
(タイヤの空気圧アップは微妙に体感できた)


肝心なエアコン添加剤の効果は・・・???

10秒置きにコンプレッサーが回ったり、止まったりする症状はそのまま(レガシィのエアコンの仕様かな?)
エアコンON(コンプレッサー回転)でのアイドリングも微妙に変化する。

しかし・・・コンプレッサーの回転は軽くなったような“気”がする。
エンジンもエアコンONでも軽く吹け上がるようになった“き”がする。
騒音や振動も減ったような“気”がする。

エアコン添加剤を注入してチョッとしか走ってないので何ともいえないが・・・
メリットはあってもデメリットは無いと思うので、入れてよかったと思ってます。

気温が上がったらエアコンの効きの確認もしてみないと!


後からネットで調べたら・・・
NUTEC(ニューテック)というオイルメーカーの“NC−200 Comp BOOST”(コンプブースト)
だったような気がしないでもない・・・


確かに・・・こんな感じの色だったし、こんな感じの名前だったような気がする。

メーカーのサイトを見たら、取り扱いショップが訪問したタイヤ館になってたし・・・

うん、これに間違いない!










「05/7/18」
『フロントリップ取り付け』
事故でバンパー交換と同時に「STIフロントアンダースポイラー」と「STIスカートリップ」を注文。

5/26に事故をおこして注文し、納品されるまで一ヵ月半以上かかった・・・。
スカートリップの納品が遅れたらしい(新発売で製造が追いつかず、バックオーダーを抱えていらたと・・・)







本来フロントアンダースポイラーは、「つや消しブラック」のまま装着する部品だが、
ボリューム感を出す為に、ボディ同色化してチョッと差別化。

飛び石や雪道で塗装が剥げない様に注意しないと・・・
(微妙にバンパーと色が違う気がするが満足の仕上がり♪)














「アンダースポイラー」の保護とボリューム感を出す為に「スカートリップ」も装着。
*ディーラーでもスカートリップの装着は初めてらしい。
両面テープとビスで取り付けだが、左右でバランスが微妙に違う。両面テープが微かに見える場所も(>_<)
(ゴムっぽい柔らかい素材なので衝撃には強そう。)

リップ装着で地面とのクリアランスが少なくなり・・・段差で擦る可能性が大!雪道が今から心配だ・・・


ボディーとの隙間を埋めるためのゴムパッキンが黒のままなのが気になる。
「影」程度にしか見えないので気にしないようにしよう。
(時間があったらタッチペンで同色化を試みようかな?)







今回は、車両保険の対応で無料で装着できた♪

通常料金は・・・
アンダースポイラー 40950円
塗装・取り付け代(推定) 30000円?
スカートリップ 10500円

合計81450円・・・

塗装に30000円はかからないかな?


以前、装着していたリップには満足していなかったが、今回の仕上がりには大満足!
さすがメーカー直径の「STI」。フィッティングとバランスは抜群だ♪




「装着前」と「装着後」・・・アンダースポイラーは派手過ぎないデザインで気に入ってます。
スカートリップは黒色で見えにくい・・・微妙なパーツです




魚心トップページへもどる           レガシィのページトップへもどる