2000年12月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


まさかの釣果。サワラ名人健在!


日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
12/1(金) 16:00〜22:30 船川港発 エンゼル
 ¥8000乗合
晴れ・波無
船竿(330−80)PE6号
サビキ(ハリス10号)
イカ短・冷凍ワカサギ等
サワラ(50cm) 1
アジ(15〜25cm)2
サワラ部長(私)
スズキ名人

休日出勤で暗い気分の中、仕事をしていると スズキ名人から連絡が。
今年最後の電気釣りにいきてー!と意気投合し頭の中は釣り一色に。
仕事を昼で片付け、早速 釣り船探しに。(通常の三倍の速さで行動に移る)
準備の時間と移動時間を考えると可能な船は男鹿の船川港のみ。
この時期まだ営業しているのは「エンゼル」だけ?で、TELをすると出港の予定が
運良くあるとの事。が、しかし この時期は日暮れが早いため通常より一時間早い
16:00に出港すると言う。ヤバい時間が無い!
速攻で仕事を片付け、帰宅&準備にかかる。

かあちゃん(妻)に話すと、猛反発。以前から約束していた買い物に付き合う話を
すっかり忘れていた・・・。釣りと買い物を天秤にかけると答えは一つ・・・。
険悪な空気の中、マッハで準備をすませると約束の時間通りの15:00にスズキ名人が
迎えにきてくれた。
かあちゃんのお見送りなしでの寂しい出発となった。
(さすがに一日おきに乗船は庶民の財布には厳しい!家族よすまん!)

普段は安全運転のスズキ名人も、時間を気にして少々飛ばしぎみ。
なんとか16:00前に船川港に到着し無事に乗船完了。
左前に場所を決め(スズキ名人は右中央)準備をしているとスグに出港の時間に。
約20分でいつものポイントへ到着となり仕掛け投入となった。
期待がどんどん膨らみ竿先が絞り込まれる瞬間を待っていると・・・。
なかなかこない、全然来ない・・・。全く来ない・・・。
廻りの皆にも当りが無く悲しい時間が過ぎていく。

2時間くらい過ぎたところ、右前のオヤジに時々アジが上がり始め、その後
黒メバルやソイなど意外な魚が釣れ始めた。
このオヤジなかなかヤルな!負けてられないぜ!っと思っていると
スズキ名人の竿が唸りを上げた。サワラとイナダを続けて釣り上げ、船中に活気を
与えてくれた。

その頃 私はと言うと・・・。アジすらこない。全然ダメで、色々用意した仕掛けも
全然効果なし。(イカ短、タコベイト、冷凍ワカサギなどなど)
サビキをダブルにしたり、予備竿でメタルジクを投げてみても反応はない。
(メタルジグ初挑戦でした。)

終盤になり廻りの皆にも当りが無く途方にくれていると ついに私にも当りがきた。
強い引きだが上へ、上へと上がってくるこの引きは・・・。
船長がアオだアオ!とタモを持ってくるが明らかに・・・サワラの引きである・・・。
釣り上げてみるとやはりサワラで恥ずかしい思いをした。サワラ名人健在・・・。

すると右側がなんだか騒がしくなっている。
見に行くとスズキ名人の竿が海面に突き刺さっている!
やられたぁーと思いつつ見ていると大型の魚影が!ワラサか!?と思ったら
なんと大型のスズキである。釣れたアジを一飲みにしたらしい。80cm近いサイズの
スズキを釣り上げスズキ名人はご満悦である。川でも海でもスズキを釣り上げるとは!
恐るべしスズキ名人!

ちなみに100m先で同じく電気釣りをしている「龍勝丸」に船長が携帯で釣果を
聞いてみると青物は全然ダメでイカが結構釣れてるとの事。
早速イカ仕掛けを出した人は何匹かイカをGETしていたが、仕掛けの無い私は、
ただ指をくわえて見ているだけである・・・。その後上州屋でイカ仕掛けを購入したのは
言うまでも無い。

結局このまま時間が過ぎタイムアウト。過去最悪の船釣りの釣果となった。
電動リール購入後2回連続で超不振。チームメートの呪いがかかっているのだろうか??(泣笑)

翌日スズキ名人にイナダを刺身でご馳走になり、さらに翌日スズキをご馳走になった。
スズキはバター焼きで食べたら最高にうまかった。こんなうまい食べ方があったとは
思わなかった。
私のサワラはそのまま冷凍庫で日の当る時をじっとまっています。

次回こそは!と心に誓い(毎回)日々研究を重ね皆をアッと言わせてやるーーー!
リベンジに燃える今日この頃である。


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る