2000年10月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


ワラサは上がるか!エンゼル初挑戦!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/24(火) 17:00〜22:00 男鹿 船川港
エンゼル
¥8000乗合
晴れ
波無〜大波
船竿(330−80)PE6号
サビキ(ハリス10〜12号)
イカ短
イナダ(40cm)3
サワラ(50cm)2
アジ(15〜25cm)33
フグ(20cm)4
サワラ部長(私)
スズキ名人
カメムシ仙人
ヒラメ名人
釣れ釣れ大魔王

15時生協集合も気の早い我々は当然15分前に集合完了!
エンゼルの船長からイカを1人1パイ持ってこいとのアドバイスで生協で刺身用生イカ(超うまそう!)
を5匹購入1人200円の出費に・・・。ヒラメ名人の車とスズキ名人の車でイザ船川港へ!
予定通り約1時間で到着しローソン・釣具屋「海風」にて時間つぶし、
船着場に行ってみると肝心のエンゼルはまだいない。
ガソリンスタンドの給油トラックも来て後はエンゼルを待つのみ!

4:40頃、湾内にエンゼル登場!早速 荷物を積み込み準備完了、メンバーは我々5人と初心者2名・船長と
アシスタントのオヤジである。右側の一番前で準備をし船長に竿掛けはないかと聞くと、
不安は的中!穴があるから大丈夫???なんて訳わからん事言ってごまかしてるし・・・。
結局、竿掛けなしで体力勝負の釣りになりそうな気配・・・。

気を取り直して餌のイカのさばき方を聞き、まな板と包丁をかりてイカ2杯を5人で使うことに。
残った3杯は持ち帰り食卓行きか?!そんなこんなであっという間に出港の時間。
厚着でモコモコして少し暑いくらいだったが、船が動いて風が当ると丁度いい気温である。

約20分でポイントに着き船をロープでブイに固定。海は全く波が無く幸先の良いスタート
となったが船の明かりはイマイチである。光量で言えば龍勝丸が一番か!
廻りにカメムシや蛾、カモメやトビ魚などが中々集まらず不安になるが、アジは順調に集まり
次第に釣れ釣れになってきた。廻りのみんなにもバランスよく釣れてるようで、期待は
イナダ・ワラサ・ヒラメが来る事のみ!

気合まんまんで頑張っていると待望のイナダが私にヒット!棚はやはり中間か!
さらに頑張っていると またまたイナダがヒット!隣のヒラメ名人の顔色が変わる。
調子も良くこれからが本番と気合を入れていると・・・。

突然、北西の強風が海上を通過した。その2分後、波が大きくなり、しまいに壁のような
大きな波に変わっていった・・・。なにかにつかまっていなくてはとても立てないような状態になり
かなりヤバイ感じでの釣りに変わった。竿掛けが無いのが辛く感じる。
大波のゆれに耐えながら頑張っていたがついにムカムカ、ゲロゲロタイムに・・・。
隣ではヒラメ名人がなんと日本酒3本を飲み干しながら、大波に喜んでいるではないか!!
三管神経が無い男・・・。かれがその人のようだ・・・。

後ろの三人の様子を見に行くとスズキ名人、釣れ釣れ大魔王も大波にやられてダウン寸前。
が、しかし、しかしである。前回、ノックアウトのカメムシ仙人がおにぎりをバクバク食べながら、
ビールをガンガンのんでいるではないか!!!恐るべし、カメムシ仙人!
(後から聞くとおにぎり4個食ったそうだ・・・。)

時々、竿を出しながらなんとか頑張っていると、今度は怪しいい引きがやってきた。
下や、横に走るのではなく上に上がってくるような変なサバ系の引きが!
しかし、サバに比べると引きはかなり強力で、期待感が高まる。釣り上げてみると・・・。
見たことの無い怪しい魚である。体はサバでややマグロを細くしたような感じで、見るからに
怪しい魚・・・。顔は歯が強力そうなタチウオ系・・・。50cmはあるこの魚の正体は!
(翌日調べたらサワラ(鰆)でした。魚種はさすがに豊富である)

その後も何本かイナダ、サワラを上げたが、カメムシ仙人と釣れ釣れ大魔王に待望のワラサが!
しかも、前回の私のよりも大型の、あとちょっとでブリサイズではないか!!
気合が再度入り具合が悪い中頑張ったが、タイムアウトである。

やっと陸に帰れると安心していたら船長からブイに結んだ縄を外す係りに私とヒラメ名人が
指名された。吹っ飛びそうな大波の中 船の先端に立たされて、全力でロープを
引かされ、命がけの大作業だった。まさに漁師の気分を満喫させてもらった。
(まさに、映画「パーフェクトストーム」の気分である。

ようやく船のロープも回収し帰港となったがその帰り道が又ハードなものだった。
船が転がるんじゃないかってほどの大波をアクセル前回で突っ走り、荷物や私達は
船の中でゴロンゴロン転がりもう限界!再びバケツまで這いつくばって行き、ゲロゲロ
タイムの再開である。
なんとか帰港し無事に船釣り終了である。

みんなの釣果は----スズキ名人・・・アオ三本
カメムシ仙人・・・ワラサ一本・アオ一本
釣れ釣れ大魔王・・・ワラサ一本・アオ一本・サワラ一本
ヒラメ名人・・・アジ・サバ・フグ・・・。 

カメムシ選任のリベンジ達成と、ヒラメ名人の悔いが残る そんな船釣りだった。

青物シーズン全盛期!くるか大物!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/14(土) 17:00〜24:00 男鹿 船川港
鯛将丸
¥8000乗合
晴れ
中波
船竿(330−80)PE6号
サビキ(ハリス10〜12号)
冷凍アジ
メジマグロ(50cm)2
アジ(20〜25cm)20
サバ(25cm)4
イワシ(15cm)1
イカ(30cm)1
フグ(20cm)2
サワラ部長(私)
スズキ名人

くろまつ丸に予約を入れ 気合満々で その日を待っていると何だか天気予報の状態がイマイチで、
前日に予約済みのくろまつ丸に電話をするとやはり中止という最悪の結果に・・・。
メラメラ燃えた釣り魂は静まることなく急遽 その日の電気釣り「すし丸」に予約を入れた。
幸い釣りの当日は波も収まり出航は可能とのこと。スズキ名人に15:30に迎えに来てもらいいざ船川港へ
(当日の朝、車が壊れて実はショック!燃料ポンプ交換で5万円!!)

16:30に船川港に着くと、すでに沢山の釣り人がすし丸の周りで準備をしていた。
すし丸の隣にはなんと同じ大きさの船「鯛将丸」が並んでいた。
早速船長らしい人を探すがそれらしき人が見当たらない・・・。
すると日通(運送屋)のシャツを着たオヤジがなんだオメーみたいな感じて話し掛けてきた。
こいつ誰だ!と思ったらすし丸の船長だった。日通オヤジの指示ですし丸ではなく鯛将丸に
船伝いに乗り込みあっという間に出航の時間となった。
大型の船だったが全部で9人が乗り込み、右側の一番前に私、となりにスズキ名人、後ろにもう2人、
という感じでポイントに向かった。

後ろのオヤジ2人は1人2本も竿を出していてなんだか間隔が狭いような・・・。
約20分でポイントに到着し早速アンカーを下ろし準備完了。
仕掛けを速攻で下ろしたが皆に当りが全然なく約15分でポイントの移動となった。

移動が完了し再び釣りを再開するが何か様子が変!そうです水中ライトを入れないんです。
なんだか外した感じがしながらも釣りを続けていたがイマイチ釣れ釣れにならない。
時々良い形のアジがあがるが魚もカモメも集まらずなんだか やな雰囲気に。潮の流れがあり皆、仕掛けが流されて
スズキ名人と隣の親父が何度もお祭りをしていた。気の毒なスズキ名人・・・。
隣の親父もしつこく竿を2本出しつづけ何だかイラついてきたぞ!

20:00過ぎくらいになって船長が船の先端に水中ライトを2個沈め、何とか電気釣りの雰囲気になってきた。
(はじめっから入れろよなー!)しかし前回の龍勝丸に比べると前々迫力がない!
水中がバスクリン色にならないのだ。そのままアジを釣りながら冷凍アジを餌に大物を狙うが、
冷凍アジは食われるのになかなかヒットしない。期待は持てるがフグに食われているようなきもする・・・。

船中大物が上がらない中、なんだか不自然な当りが!下に潜るのではなく横に走るような引きが!急いで巻き上げると
後ろの方と(女性)お祭りに!仕掛けの先をみると銀色に光る魚体が!
前回の釣れ釣れ大魔王よりも小ぶりながらメジマグロをゲットしました。
すばやくお祭りをほどき、血抜きをし再度仕掛け投入。一気に気合が入ってきた!
(ちなみに釣れたイワシをそのまま下ろしていると途中で当りがあった)

つかさず冷凍アジを投下し続けると再び同じような当りが!同サイズのメジマグロが又釣れてしまった。
後ろのオヤジからはブーイングが飛び、水中ライトの場所を変えろとか船長に言っている!
なんかむかつくやつ!
冷凍アジがポイントと自慢してやった!後はイカやサバ、アジがポツポツ釣れたが退屈な時間が過ぎていった。

スズキ名人も釣果が思わしくなく、なんだかブルーが入っている・・・。やばい空気だ。しまいにスズキ名人はコマセをまくし、
寝てしまうし・・・。一気にトーンダウンが感じられる。船中でワラサ一匹とイナダ3匹は確認したが皆、不満そう。
潮の流れが悪いと船長。23:00頃、そろそろ沖上がりの時間になってきたころ急に風と波が出てきて怖いくらいに。
徐行で帰り無事に帰港。ヘロヘロに疲れたが一応マグロがゲットできたんで気分は良し。

スズキ名人が元気がなく、帰りの車の中もなんか寂シー感じ・・・。
今回はクーラーに塩水を少々入れ冷凍ペットボトル・保冷材を入れたおかげで鮮度抜群で魚を持ち帰れた。
ちなみに24:30に帰宅し早速大型アジを2匹とイカを刺身にしビールを一杯!
格別である!白いご飯がなくて残念だったがまあよしとしよう。
次が多分、今シーズン最後の船となりそうなので気分を高めて挑もう!ちなみに次はエンゼルを予約済み!


日中、火力排水口・夜はマリーナに出撃!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/4
(水)
23:30〜
1:30
マリーナ
晴れ
波なし
白竿(5,4m)
  トリックサビキ4号針
緑竿(5.4m)
はげ皮 船サビキ12号針
餌コマセ
豆アジ(10cm)32
中アジ(15cm)11
サワラ部長(私)
カメムシ仙人

日中、火力排水口に出撃するも不発(一時間頑張ってぼうず)、夜 カメムシ仙人の誘いで23:00過ぎに
マリーナへ出撃。豆アジにはトリック仕掛けが最近調子がよく、冷凍コマセに擦り付け仕掛けを投入。
トリックの効果は絶大で早速つれつれタイムで、休む間なく釣れつづけた。時々 中アジも上がり、
楽しい一時であった。早めの撤収となり帰宅後、中アジのタタキで一杯!格別である。
←日中出撃した火力排水口から見る男鹿半島
←次回の電気釣に向けて確保した豆アジ。頑張って大物の餌になってくれ(-_-;  


釣り日記トップへ戻る     トップページへ戻る