2007年8月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「豆アジ釣りに・・・出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/23
(木)
七里長浜港
AM3:00
〜5:45


鯵ヶ沢港
AM6:00
〜6:20
青森県

七里長浜港
鯵ヶ沢港


晴れ

中風→弱風

・サビキ
2セット使用


・ひらめ仕掛け


・ワーム



・アジ 15cm〜10cm
30匹くらい

・鯛(稚魚)10cm
10匹くらい
(リリース)

・シマ鯛(稚魚)10cm
1匹
(リリース)

・サヨリ(稚魚)10cm
1匹
(リリース)

・ウグイ25〜35cm
2匹
(リリース)

・ヒラメ27cm
1匹


・一人釣行

時間が取れたので深夜(明け方)に急遽出撃。

ターゲットは・・・ルアーやワームで探る気分でもなかったので
無難にアミコマセを使ったサビキ。

アジか何かは釣れるでしょう。

七里長浜港にてチャレンジ



いつものポイントには先客が1名。
先客がいて一安心。挨拶を交わして、いざ挑戦!
(一人の夜釣りは怖い)


強力懐中電灯で海面を照らしてアジを集める。
すぐにアジが釣れ初めて、頑張れば何匹でも釣れそうな状態に。



豆アジばかり釣れすぎても困るので、アジを生餌に泳がせ釣りを・・・
(過去の実績ではヒラメやマゴチが釣れたけど)





明け方になると、アジ以外の小魚が群れてきた・・・。




真鯛やシマダイ、サヨリの稚魚が・・・

みんな10cmくらい・・・これじゃ食えない。稚魚はリリース。
大きくなってから釣られてね!










アジの泳がせ釣りで放置していた竿がピクピクと反応している。
不明確なアタリが続く。

気になって巻き上げてみたら、小さなヒラメが
食いついていた。

引きもイマイチで無抵抗で上がってきた。

30cm未満・・・リリースサイズだ・・・







その後は・・・小魚&ウグイのみ。





小魚ラッシュで満足感が得られず、6:00過ぎに鯵ヶ沢港へ移動。


ワームで探るが・・・アタリ無し。20分で飽きてしまって撤収。



ヒラメは小さかったけれど持ち帰って刺身に。
アジは小さくても3枚に卸してカラ揚げで。
数匹持ち帰った豆鯛は、塩焼きにしてお茶漬けのダシにしたら美味かった。


うぅ〜ん、なんだか満足できない。大きな魚を釣りたいな・・・




「2年ぶりの出撃?男鹿の電気釣り」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/8
(水)
18:00出港

AM2:00帰港

「大平丸」
秋田県

男鹿
「北浦沖・電気釣り」


曇り→晴れ

無風→強風

凪→中波
・サビキ
3セット使用


・片天秤
+イソメ300円分



電気釣り乗り合い
10,000円

・アジ 20cm〜33cm
(ほとんど30cmオーバー)
30匹くらい

・サバ 30cm〜35cm
10匹くらい

・メバル 23cm
1匹

・ワカシ 20cm
1匹

・サワラ 55cm
1匹

・ワタリガニ甲羅幅15cm
1匹(頂き物)

・私

・仙台のSさん親子

・他1名


仙台のSさんからのお誘いで、急遽決まった電気釣り♪

しかし・・・天候は生憎の雨。しかも土砂降り・・・更に雷までも。



午後から弘前を出発し、16:00に男鹿に到着。

海を見たら・・・波は無いようだが激しい雨で視界が悪い。



予報は夜〜回復という事なので
天気予報が当たることを祈った。







18:00出港で時間が余っていたので「斎藤釣具店」で時間潰し。


電気釣りの近況を聞いてみたら・・・台風後は予約もなく、電気釣りが出ていないそうだ。
台風前は40cmクラスのアジが、好きなだけ釣れたらしい。


今日の目標、「40cmクラスのアジを数匹釣る!」

ワラサの引きも楽しみたいが、次期が少々早いかも?との事
(ポツポツ釣れてきているらしいが)





18:00チョッと前に
仙台のSさんが息子さんと到着!
(中学三年生の息子さんが船釣りデビュー)


今日乗り込む船は「大平丸」

今まで斎藤釣具店に依頼した釣船は8割がこの船だった。
船頭さんが親切&優しくて大好きな船です。







予定通り18:00に出港。

雨は止んで、西の空が晴れてきた。

今日のメンバーの中に強力な晴男がいるみたい。
(私は雨男です)



沈む夕日に向って30分船を走らせポイントに到着。
水深は60m

2本竿を持って行ったので、1本はサビキ、

もう一本は片天秤の真鯛仕掛け(イソメ房掛け)でチャレンジ。


潮が速く、船長の判断で150号の錘を使用。
やたらとリールが重いし、魚のアタリも鈍くなるので、
重い錘の釣りは好みではないのですが・・・


<錘150号って・・・>
錘が150号なのでサバが暴れても仕掛けは絡みにくい。
魚が暴れないので他の方とのオマツリも少ない。

しかし、錘が重くて仕掛けがピンピンに張ってるのでアジなどの口が柔らかい魚はバレやすい。




仙台のSさん最初の一投で、アジを一度に3匹釣り上げた。
サイズは小さかったが幸先のよいスタート♪



しかし・・・その後が続かなかった。


2時間頑張ったが私が釣った魚は、鯛仕掛けのイソメに食いついたメバル1匹のみ。

「厳しい釣り」になりそうな気配を感じた。



普段、移動などはしない電気釣りだが、20:30、船頭さんの判断で急遽場所移動。

水深40mまでお引越し。
この移動が大正解!



40mで頑張っていると・・・徐々に海が騒がしくなってきた。

船の強力なライトによる集魚効果で「サヨリ」などの小魚が集まり・・・

サヨリを狙ってワカシ(20cmくらいのイナダ)が群れで寄ってきて・・・。
(カモメの数もドンドン増えてきた)

その頃から、アジが釣れ始めた。
30cmオーバーの良いサイズ。

退屈しない程度に良いサイズのアジが釣れてきて一安心。




23:00を過ぎたくらいから、船の周りが更に賑やかになってきた。


トビウオやワタリガニ、1m位のサヨリみたいな魚(ダツ?)も集まっている。

ワタリガニは船長がタモで何匹かすくって、我々にプレゼントしてくれた(さあ、どうやって食おうか?)




終盤になると食いが良くなり、中層でサバ、底でアジが釣れる。
入れ食い状態で、仕掛けが下に沈まない。

アジ狙いで頑張っても、中層でサバが数匹釣れて暴れまわるのでアジが釣れない・・・

サバをリリースしながらアジを探る。



途中、サワラが1匹、上層(水深15m)で釣れてきた。
サビキのハリスがプチプチ切られる原因はコイツ。

55cmとサワラにしては小さいサイズ。


サワラよりワラサが欲しい・・・


好きなだけ釣れる「入れ食い状態」が続いたが、25:00過ぎに終了!



ちょっと前の自分なら・・・アジ・サバも釣れるだけ釣ってしまう悪い癖があったが、
最近は食べる分しか釣らなくなった。

近所に配るところも少ないし、冷凍にしても、そのまま放置されるケースも多かったし・・・

せっかく釣った魚が可愛そうに感じ(資源保護も含めて)釣り過ぎにならない様にコントロールしています。




・Sさん親子もアジ、サバを適量釣っていたので
息子さんも楽しめたでしょう(150号錘の手巻きは筋肉痛間違えなし)
(後半、波が大きくなってきましたが、船酔い者ゼロ!)



・同乗の天王のSさん(初対面)はルアーとサビキを頑張っていた。
ルアーはバラシが数回あったらしいですが、ルアーでの釣果はゼロだったと。

サビキでワラサ1匹とサワラ1匹を釣っていた。後は我々と一緒のアジ・サバ・ワカシ


ワラサを釣り上げていたのが羨ましい。




AM2:00に漁港にて解散。
実家の秋田へ魚を半分置いて、それから弘前へと帰宅。


途中、何度も眠気に襲われて・・・仮眠しながら帰ってきました。



仙台Sさん、また誘ってくださいね!

日焼け(電気焼け)は大丈夫ですか?
私は顔の側面と手の甲が真赤ッかに焼けちゃいました・・・



釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る