2007年4月・5月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「牡鹿半島へ急遽出撃」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/22
(火)
9:10〜
18:50
宮城県

「牡鹿半島」

弱風〜
弱波

晴天
・ワームのみ ・ソイ 12〜22cm
  X2匹

・メバル 10〜15cm
  X3匹

・アイナメ 20cmX1匹

・ハゼ 15cmX2匹
さわら部長(私)



朝の4時に起きて車のグリル交換→洗車を実施(ワックスまで)

勢いがついてそのまま牡鹿半島まで急遽出撃。

75kmの道のりを走る・・・







最初の漁港(ここまでは35km)
ここでの釣りは・・・反応が無いので10分で撤収。





やはり実績のある鮎川まで向かう(牡鹿半島の最奥部)


10時頃に到着。
潮汐見表では良い時間(干潮の手前)


いつもの突堤で「チョイチョイ」

ちいさなメバルがヒット。これでボウズなし。一安心♪





しかし・・・この後が続かない。
周辺のポイントは全く駄目で、やむなく移動。

12:00頃にガソリンスタンド前で1匹メバルを釣るが
ここも続かない。

午前中で2匹と辛い立上り。




駐車場整理の方が、対岸側の堤防を進めてくれたので移動。







対岸側の堤防は・・・高さがある堤防で覗き込むだけでも怖い。



かけ上がりにのテトラにワームを落としたら・・・第一投目からヒット!

凄い引き!海を覗くと黒い魚影が根に潜っていった。


力ずくで根から引き離しても・・・再び別の根に潜られる・・・




ライトロッドはコントロールが難しい。

テクニックも無いので強引に巻いたら魚が浮かんできた。

22cmの太ったソイ(ベッコウソイ)


このサイズで、こんなに引くなんて・・・ライトロッドは面白い。


ここの防波堤はこれ一匹で終了。




ふたたび対岸のポイントに戻る。
大きな鯨が水揚げされていた(鮎川は昔からの捕鯨基地)



昼寝をしたりしながらマッタリと午後を過ごす。
(寝袋を車に常備中・・・この時期はエンジンOFFで快適な睡眠ができる)




ここら周辺でメバル、ソイの小物を数引き釣る。



ちょっと強いアタリで期待したら・・・20cmのアイナメ(クジメ)

30cmオーバーと格闘したいのに・・・なかなか釣れて来ない。

夕暮れの気配に撤収。













帰りにサーフと突堤があるポイントを攻める。

ハゼが1匹釣れたのみ。








帰り際、あきらめ切れずに始めて立ち寄る漁港に。
(漁港がたくさんあってポイントだらけ)

日没間際に頑張ってみるが・・・
アタリがあり魚影は見えるが食ってこない。

メバルかソイが潜んでいるのが見えるのに釣れてこない。


結局、ここで釣れたのはハゼ・・・


完全に暗くなったので終了とした。


朝から夕方まで牡鹿半島を満喫できた。

日焼けで耳裏がヒリヒリする・・・
(ワーム釣りは下の覗いているので後頭部の日焼けが危険)


時間 潮位
0:00 93.5cm
1:00 94.6cm
2:00 100.4cm
3:00 109.5cm
4:00 119.3cm
5:00 126.4cm
6:00 127.9cm
7:00 121.6cm
8:00 107.5cm
9:00 87.6cm
10:00 65.1cm
11:00 43.2cm
12:00 25.5cm
13:00 15.2cm
14:00 14.3cm
15:00 22.6cm
16:00 38.1cm
17:00 57.2cm
18:00 76.2cm
19:00 91.3cm
20:00 100.5cm
21:00 103.8cm
22:00 102.5cm
23:00 98.5cm
24:00 94.0cm

鮎川
緯度 38.18
経度 141.31
平均水面 88cm
中潮
満潮 5:42 (128cm)
  21:09 (103cm)
干潮 0:16 (93cm)
  13:35 (13cm)
日出 4:17  
日入 18:43  
月出 9:16 (22日)
月入 23:52 (22日)










































「ライトロッドで鯵ヶ沢に出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/18
(金)
16:15〜
17:15
青森県

「鯵ヶ沢漁港」

弱風〜
弱波

小雨
・ワームのみ ・ソイ 15〜10cm
  X30匹くらい
(入れ食い状態)


・メバル 15〜12cm
  X3匹
さわら部長(私)

妻(車で留守番)

杉山さんとSATOさんの魂がこもったライトロッドをお借りして・・・鯵ヶ沢へ出撃!





りんごの花と菜の花が満開。
天気がよければ見栄えがしたでしょう。














16:00過ぎに鯵ヶ沢へ到着。小雨が降っているが気にしない。

妻は一歩も車から降りずに待機。
(30分だけ釣りをすると説明)









このロッド・・・とっても軽い。しかもすごく柔らかい。

スペックは(後日記入します)


ワームを細かく、しかもソフトに動かすことが出来る。






早速、ソイがヒットする。サイズは・・・とっても小さい15cmクラス。
しかし!これが良い引きをする。

ライトロッド・・・面白い♪

魚のアタリにも敏感でヒットさせやすい。



しかし・・・ワームを咥えた魚は直ぐに藻に飛び込む。

これを素早くあわせて潜らせない様にするのだが
ロットが柔らかいので魚の動きをコントロールしにくい。
(力任せに引き離せない)








こんな小さな魚で手こずっているのでは・・・
万が一、30cmオーバーが釣れたら大変でしょう。

根に潜られるだろうし、タモなしでは引き抜く事も出来ない。


確実に釣り上げるなら長めでハードなロットでしょうが
釣りを楽しむにはこのライトロッドは面白いです☆






鯵ヶ沢漁港は小さなメバル、ソイが入れ食い状態。

いつものポイントでは・・・
落としたワームに4〜5匹のソイが群がるのが見える。

簡単に釣れすぎて・・・なんだか飽きてきた。
(今回もすべてリリース)



サイズアップを求めて港内を探る。

しかし・・・釣れて来るのは10〜15cmのミニサイズのみ。



妻からの3回の催促に耐え切れずに
1時間の釣行で終了。

ちょっと不完全燃焼。










今度はSATOさんから頂いたワームを試したいなぁ〜


杉山さん、SATOさん、ありがとうございましたm(__)m





鯵ヶ沢
緯度 40.47
経度 140.13
平均水面 20cm
大潮
満潮 5:11 (27cm)
  14:28 (35cm)
干潮 9:04 (23cm)
  22:25 (-2cm)
日出 4:19  
日入 18:52  
月出 4:48 (18日)
月入 21:01 (18日)

時間 潮位
0:00 6.8cm
1:00 12.9cm
2:00 18.8cm
3:00 23.4cm
4:00 26.3cm
5:00 27.4cm
6:00 27.0cm
7:00 25.7cm
8:00 24.2cm
9:00 23.4cm
10:00 24.1cm
11:00 26.4cm
12:00 29.6cm
13:00 32.8cm
14:00 34.9cm
15:00 34.8cm
16:00 32.3cm
17:00 27.5cm
18:00 21.0cm
19:00 13.6cm
20:00 6.5cm
21:00 1.0cm
22:00 -1.9cm
23:00 -1.7cm
24:00 1.5cm






「再び牡鹿半島へ!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/14
(月)
1:00〜
16:30
宮城県

「牡鹿半島」
各漁港

弱風〜
弱波

晴れ
・ワームのみ ・ソイ 21cmX1匹

・メバル
  15〜12cmX3匹

・ハゼ 16cmX1匹

・アイナメ
  サイズ不明X1匹
さわら部長(私)




前回の好釣果で気合が入り・・・再び牡鹿半島に出撃!

仕事を終えて、24:00過ぎに古川を出発。
途中、吉野家で豚丼を購入。夜食にしよう♪



牡鹿半島入り口にある最初の漁港には1時間チョッとで到着。

風が強くて車を降りることなく移動。




次の漁港は・・・5分だけ挑戦。

静まり返った漁港に船が揺れる音が響く。

一瞬、強い風が吹き・・・辺りがざわつく。
怖くなって退散。




















前回、好調だった鮎川まで到着(2:00)
24時間使用可能な水洗トイレ、たくさんの自販機と街灯があり心強い。

ライトを持って、前回実績のあった突堤へ・・・

しかし・・・やはり暗闇は怖い。
5分耐えられずに車に退散。

持参した寝袋に入って仮眠をした(気温が適度で快適に寝れた)





1時間チョイ仮眠して明け方より釣行開始!




早速、釣れたのがメバル。15cmと小さいが、坊主を逃れられて安心。
前回好調の突堤で釣れたのは結局メバル2匹のみ。残念・・・。


















港内を歩き回ってポイントを探る。
意外な場所で釣れたのが21cmのソイ。

浅場の潮の流れが悪そうな所で釣れた。


近辺を念入りに探ると・・・ワームを追う魚影が見える。
チョッと大きいぞ!
食えッ!食えっ!クエッッ!と3回念じたら無事にヒット♪

30cm未満のアイナメが釣れた。
ヒットさせただけで満足なので・・・
海面を泳がせて少々引きを楽しんで写真を撮ろうと思ったら・・・バレた。

身体測定する前に逃げられた・・・チョッと残念。
リリース前提の釣りなので何が何でも釣ってやろうという気がしない。
(ホントは持ち帰って刺身で食いたいのに・・・調理道具もないし、食べてくれる家族もいないので仕方が無い)




























その後は・・・ハゼが釣れた程度。


実績のあるポイントを捨て切れなかったが・・・ここで漁港を移動。




サーフと防波堤がある穏やかなポイント。

釣りをしている地元の方がいたが釣果なし。
(最近心がけていること=漁師さんと釣人には挨拶を100%実施)



ワームで15分くらい探って休憩。
魚影やアタリは一切無し。






磯やけの原因?ウニが大量に発生。
デッカいウニも多数見られるが身が入っていないらしい。








車内に寝袋を敷いてゴロリ♪
リアのハッチを空けておくと気温も丁度良く
快適に昼寝が出来る(虫さされに注意)

気がついたら昼近くになっていた。

















満潮に向けて釣果が上がると思い、再び最初のポイント(鮎川)に戻った。


港内をアチコチ探って・・・
魚の反応があるポイントを発見。
頑張ったが釣れたのはメバル1匹のみ。

ワームを追うが食ってこない。












ぜんぜん釣れないが、天気がよいので気持ち良い。
半島をあちこちと移動して・・・その後も4箇所の漁港を攻めるが釣果は無し。

気持ちが良くて昼寝も数回♪




どの漁港もすばらしいポイントに見えるが・・・狙いどころが定まらない。
通い続ければ状況が見えてくるかな?

釣っている時間より、寝ている時間と運転している時間のほうが多かったような気がする。






今回も潮汐表でチェックしたが・・・
ポイントを渡り歩いたので何とも言いがたい。

鮎川
緯度 38.18
経度 141.31
平均水面 88cm
中潮
満潮 1:05 (118cm)
  14:09 (114cm)
干潮 7:41 (28cm)
  19:39 (62cm)
日出 4:24  
日入 18:37  
月出 2:22 (14日)
月入 15:36 (14日)
時間 潮位
0:00 113.3cm
1:00 118.2cm
2:00 114.4cm
3:00 101.9cm
4:00 82.8cm
5:00 61.6cm
6:00 43.0cm
7:00 31.3cm
8:00 29.3cm
9:00 37.6cm
10:00 54.2cm
11:00 74.6cm
12:00 94.1cm
13:00 108.4cm
14:00 114.5cm
15:00 111.4cm
16:00 100.9cm
17:00 86.7cm
18:00 73.4cm
19:00 64.7cm
20:00 63.4cm
21:00 70.3cm
22:00 83.8cm
23:00 100.3cm
24:00 115.4cm







































「牡鹿半島の奥地まで出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/9
(水)
15:00〜
18:30
宮城県

「牡鹿半島」
鮎川

弱風〜中風
弱波

晴れ
・ワームのみ ・ソイ 30cmX1匹
・アイナメ 35cmX1匹
・アイナメ 27cmX2匹
・ハゼ 17cmX1匹
さわら部長(私)


スカッと晴れて気持ちのよい天気。

昼からドライブに出撃!目的地は牡鹿半島。














最初の漁港に到着。
ここまで来るのに1時間30分。やはり海までは遠い。

風が強くてここでの釣りは断念。


更に牡鹿半島の奥まで進む。











牡鹿半島の一番奥にある町、「鮎川」に到着。

金華山までの連絡船が出ている観光地で
あちこちにお土産屋さんがある。


大きな捕鯨船が展示しているホエールセンター










15:00過ぎから釣りを開始!


潮通しのよさそうな突堤を攻めてみる。

他に釣り人は見当たらない。良さそうなポイントが
多数あるのに、釣り人がいないのは釣れないから?
チョッと心配になる。










突堤で直ぐに釣れたのが小さな「ハゼ」
久々のお魚の感触だ(おっと!今年の初獲物だった)











さらに突堤で頑張っていると・・・
なんだか凄いアタリが!固めの竿が海面に引き込まれる。


ワーム釣りを始めて以来、最大の引き!

海面に魚影が見える・・・
仕掛けが切れることも無いだろうし、竿も硬めなので一気にごぼう抜き。


丸々としたアイナメでした。

サイズは35cm。


古川のアパートには包丁もないし・・・まな板も小さいので
釣った魚はリリース。

コンクリートには下ろしたくないので
吊るしたまま写真を撮って、サイズを測って
海にお帰りいただいた。






↑サイズを表現しにくい画像・・・
小さく見えますが35cmありました・・・

ヒットしたワームは「シングルテールの白」






その直ぐ後にも・・・
落としたワームを黒い魚影が追う!

「食えっ」と念じたら見事ヒット!
釣り上げた魚は「ソイ」の30cm

小さく見えるけれど・・・伸びた口の先から尻尾までで30cmありました
(口がデカくて、重かった)


連続で大物が釣れて大満足!
こちらのソイも素早くリリース。



魚影が濃くてサイズも良い。牡鹿半島なかなかGood!



それから他のポイントに移って釣りを続けるが・・・
全然、釣れる気配が無い。


広い港のアチコチのポイントを攻めてみたが
アタリは無かった。
















夕方に再び最初の突堤に戻ってみた。



すると・・・ワームを追う魚影を発見。
しかし「ミニサイズ・ツインテール白」のワームは見切られてしまいヒットしない。


昼にヒットした「シングルテールの白」が無くなっていたため
「シングルテールのブルー」で挑戦。


すると・・・一発でヒット!
今度は27cmのアイナメでした。






その先でも再びアタリが!
これも27cmのアイナメ。


なんだか吊るした状態で写真を撮ると大きさが伝わらない・・・
魚にダメージを与えずに一人で大きさを表現できる写真を撮る良い方法はないものか・・・



暗くなる前に帰宅。



ワームでは小物しか釣ったことがなかったのでこのサイズには大満足!

いろいろなポイントを歩いたが
釣れた場所は、最初と最後に立ち寄った突堤のみ。

釣れたワームも「シングルテール」のみ。
ツインテールは不発だった。


ワーム選びとポイント探しが重要ですね・・・


牡鹿半島の奥までは片道75kmの道のり。
チョッと遠すぎです・・・。




<釣れた時刻と潮を分析>

15:19(ハゼ)
15:24(アイナメ35cm)
15:31(ソイ30cm)

17:13(アイナメ27cm)
17:36(アイナメ27cm)

時間 潮位
0:00 95.1cm
1:00 94.3cm
2:00 96.5cm
3:00 101.8cm
4:00 109.1cm
5:00 115.9cm
6:00 119.4cm
7:00 117.2cm
8:00 107.8cm
9:00 92.1cm
10:00 72.6cm
11:00 52.6cm
12:00 35.1cm
13:00 22.4cm
14:00 16.4cm
15:00 18.1cm
16:00 26.6cm
17:00 40.1cm
18:00 56.1cm
19:00 71.9cm
20:00 84.9cm
21:00 93.7cm
22:00 98.2cm
23:00 99.4cm
24:00 98.1cm
鮎川
緯度 38.18
経度 141.31
平均水面 88cm
小潮
満潮 6:09 (119cm)
  22:54 (99cm)
干潮 0:49 (94cm)
  14:16 (16cm)
日出 4:29  
日入 18:32  
月出 23:58 (8日)
月入 9:38 (9日)

































「海を見に・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
4/19
(木)
10:40〜
10:55
(15分のみ)
青森県

「鯵ヶ沢港」

強中風
弱波

晴れ
・ワームのみ ・釣果なし さわら部長(私)

















午前中、チョッとだけ時間が空いたので海に行ってみた。

天気が良くて気持ちが良い♪


久々に走るいつもの農道。交通量も少なく飛ばし気味。
こんな日は取り締まりに注意。






鯵ヶ沢の港に到着。風が強くてガッカリ。

釣竿をもって港内を散歩。

潮が澄んでいて底まで見える。
ここまで澄んでいる日は珍しい。

小魚が泳いでいる・・・何の稚魚かな?
こんなに小魚が多かったら、ソイやメバルは餌には不自由しないだろうなぁ。



ワームを落とし込んでみるも反応はなし。

他に釣り人もいない。

寒かったので15分で撤収。




道の駅「わんど」で焼イカとオニギリ、ドーナツを購入。

もうちょっと時間があったので七里長浜に向かってみる。



投げ釣りをしている方が数名。寒いので車を降りることなく撤収。



ぜんぜん気合は入らなかったけれど、久々に潮風を浴びて元気になりました。

夜か朝マズメを攻めたいなぁ〜(アジはまだ先か・・・)


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る