2006年7月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「久々の七里長浜!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/25
(火)
七里長浜港
AM3:00
〜5:30

鯵ヶ沢漁港
AM5:45
〜6:45
青森県 
「七里長浜港」
「鯵ヶ沢漁港」

中風→無風
弱波

曇り
・万能竿(5.4m)
ダブルサビキ
(赤アミ1ブロック)

・ルアー竿(エギ竿)8ft
ワーム
・ソイ15〜18cm
X10匹

・ハゼ系10〜15cm
X10匹

さわら部長(私)



深夜に目覚めてAM3:00過ぎに現場に到着。
久々に訪れる七里長浜港。

先客が2名頑張っていたが、全く釣れていなかった。

風も強く、嫌な予感・・・

アミコマセは昼から解凍しておき“食べ頃”に・・・準備は万端なのに・・・


コマセを撒いても、サビキで誘っても・・・全然反応が無いので車で睡眠。


気が付いたら明るくなっていたが、反応の無い時間が続く。

隣の常連さん?も、全く釣れていないので、早々に諦めて撤収。

















このまま帰るのも悔しいので・・・

こちらも久々の鯵ヶ沢漁港へ移動!


風も収まり気温も上がり、穏やかな天気に。


ワームでチョイチョイしていると、メバル、ハゼ系が飽きない程度に釣れてくる。




先客の方は・・・クロダイを狙っている。

いつもの突堤で、頑張ればクロダイが釣れるらしい。





1時間くらい頑張って終了。

サイズが小さいので満足度は低いが・・・

いつものポイント、いつもの時間、いつもの装備だと・・・このサイズ以上は厳しいのかも。

夜釣りでのワームや、ポイント開拓を考えないと・・・



小物でも楽しめるように、軽量、極柔らかロッドを購入したいなぁ〜
(ある程度、長さがあったほうが、釣れたときのやり取りが楽な気がするけれど・・・)



































「夏泊ボート合宿」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/19
(水)
AM5:00出港

〜8:30帰港
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

中〜強風
弱波

曇り
時々雨
・船竿(2.1m)
電動リール

・ルアー竿(エギ竿)8ft
スピニングリール

・錘30号
ヒラメ仕掛け

・ブラー
(赤・15g)

イソメ525円(2人で)
(サンワドー)
・カレイ
20cmX1匹

・シャコ
10cmX1匹

・メゴチ
20cmX1匹
さわら部長(私)

干物師さん



前日の夕方から札幌在住の干物師さんと合流。
夏泊へと向う♪

大雨・洪水警報が発令され・・・ボートは厳しいかと思われたが
天候は何とか持ちこたえて5:00頃に無事出港。

(佐々木ボート店のご主人に名前を覚えてもらっていたのが嬉しかった(^_^)・・・)


ボート店にヒラメ狙いで生餌を頼んだら・・・「マイワシ」しかイケスにいないと・・・
やはりヒラメには「カタクチイワシ」が良いらしい。

途中で「カタクチイワシ」が船上で買えるというのでボート店で「マイワシ」を少量頂いて出撃!


いつもの実績のあるポイントへ直行!早速、ヒラメ仕掛けを用意してマイワシを投入!
竿2本、干物師さんと合わせて4本の竿でヒラメを狙う。

しかし・・・反応が・・・なかなか無い。

湿度100%、雨が降っていなくても体が濡れる。風が強くて体が冷える・・・

釣れない時間、寒さ、濡れ、風で体力が消耗する。

場所の移動もしないで、ひたすらヒラメのアタリを待つ。










途中、定置網からカタクチイワシを上げる作業船が来たが・・・
まだ、マイワシが手作りイケスで泳いでいたので購入はしなかった。
(ここでカタクチイワシを買わなかったのが間違えだったかな・・・)


ヒラメのアタリが無いままに・・・時間が過ぎていく。


ヒラメ狙いで頑張っていたが・・・
我慢できずに1本の竿にブラーを装着、イソメをつけてカレイも狙っちゃおう(~_~;)


しかし・・・イソメも不発。

アタリがあるが食わない・・・餌取りの正体は???


細かいアタリに合せて、頑張って釣り上げたのが、メゴチ・・・餌取りの正体か(>_<)

その後に釣れたのが「シャコ」食っちゃうか(~_~;)

そしてようやく釣れたのが「カレイ」・・・しかし20cmくらいの小物。


干物師さんもメゴチを1匹釣ったのみ。



完全に敗戦ムード・・・生餌のマイワシも無くなり・・・場所を移動してカレイを狙うも不発。


全然気合が入らないまま、早期切り上げとなってしまった。
(全てリリースして、お土産は無し・・・)


見事に夏泊合宿撃沈。釣りを出来た事に対しては満足だが、釣果が・・・

反省ポイントは・・・
カタクチイワシを追加購入しなかった+寒さ+風+雨で体力消耗・・・


積極的な場所移動をしなかったのも良くなかったか?
又、イワシの追加購入(岸に戻ってでも)をすれば良かったかな・・・


全てリリースし、手ぶらで帰宅するのも辛かったので、帰る途中に漁港に立ち寄る。

私は眠くてダウン・・・熟睡している間に干物師さんが頑張ったが、ここでも釣果なし。





岸壁に張り付くウニを数匹とって晩御飯の確保をした(泣)


釣果はダメだったが、干物師さんと再会できたこと、ボートに乗れた事、
ヒラメを狙っているときのドキドキ感を楽しめた事・・・

釣果に関係なく、楽しい釣りだった♪

干物師さん、わざわざ来てくれてありがとうヽ(^o^)丿





(夏泊の海上は・・・携帯をDOCOMOの「mova」から「foma」へ変更したので電波が弱くて精神的に不安)



「突然出撃!朝マズメを狙う・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/7
(金)
AM3:30
〜6:00

漁港を3箇所

各漁港1時間

30分程度
宮城県 
「牡鹿半島」
(ワーム釣り)

無風
弱波

晴れ
・エギ竿(8F)
スピニングリール

(ワームのみ)
・メバル
15〜10cmX15匹

・ソイ
18cmX1匹

・アイナメ
13cmX1匹
さわら部長(私)


時間と体力に余裕があり、急遽出撃を決定

仕事を終えてから、寝ないで出発!

AM2:30に家を出た。

牡鹿半島までは普通に走っても夜だと1時間で到着。
距離にして50kmチョッと。

最初の漁港に到着したのが3:30・・・辺りが明るくなってくる頃。

街灯もある漁港なので怖くもない(~_~;)




前回、実績のあるポイントでチョッと試してみると・・・

早速反応有!

チョイチョイやっていると、メバルが次々と釣れてきた。

サイズは・・・15cm程度の小物。
前回よりは少し成長してきたかな?


キャッチ&リリースでメバル釣りを楽しんでいると・・・





前回同様、猫ちゃん登場!


前回はイマイチ釣れなくて2匹しかあげられなかったが、
今回はメバルが立て続けに釣れたので5匹くらいご馳走してあげた。


猫ちゃんは、その場で食わないで何処かに咥えて持って行き、
食い終わったら戻ってくる。


一度、針の付いたままの魚を猫にキャッチされ焦った。
大声を出して叱ったら、魚を放してくれたので猫を釣らなくても済んだけれど・・・(^^ゞ





辺りが明るくなってきたので、灯台のある突堤まで歩いてみた。

カレイの投げ釣りが盛んなポイントらしく、仕掛けやヒトデ、ゴミがたくさん落ちている。
頭上の電線にも、絡んだ仕掛けが大量に・・・

突堤の真下は浅すぎてワームでの落とし込みは不可能。
次のポイントへ移動した。





















次は前回、調子が良かった小さな漁港。



魚の姿は見られるが食ってこない。
辺りが明るくなりすぎたかな?



ワームとジグを小型のものに変更。

ココで釣れたのは「ソイ」
メバルよりチョッと大きくて18cmくらい。




このサイズでは、竿が長くて硬いので、
イマイチ引きは楽しめない。
























30分くらい頑張って、次のポイントに移動。

日差しが強くなってきて暑くなりそうな予感。


移動中、道路に鹿が3匹飛び出してきた。

危なく轢くところだった・・・












最後のポイントは・・・

先客が2名いたが釣れている様子はなかった。




風も波もなく穏やかな天気。
気持ちが良いが、気温がドンドン上がってくるのを感じる。








ココでは小さなアイナメとメバルを少々釣った。


ワームを追って来る魚影は多数見えるが・・・食ってこない。

ジグが軽くてワームの落下速度が遅いから?
直ぐに見切られてしまう。


ジグやワームを変えて様子を見ようと思ったが・・・

暑くなってきたので終了。








道路が混雑する前に帰宅して・・・午後まで寝てしまった。


小魚を楽しむためにも、軽くて柔らかいロッドが欲しい。













釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る