2006年5月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「夏泊ボート、本年2度目!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/30
(火)
5:15出港
12:30帰港
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

弱風
中〜弱波

曇り
時々晴れ
・船竿(2.1m)
電動リール

・ルアー竿(8f)
スピニングリール

・錘30号
市販カレイ仕掛

・ブラー
(赤・25〜15g)

イソメ1050円分
(サンワドー)
カレイ77匹(18〜34cm)

アイナメ2匹(18〜20cm)

カジカ系1匹(20m)

なまこ1匹
(特大サイズ!20cm以上に伸びた)
さわら部長(私)


会社から連休を頂いて・・・
今期2度目の夏泊。

天気予報は〇、天気も波も穏やかな予報。

AM4時前に家を出て・・・いつも通り、1時間チョッとで到着。

だいぶ明るくなってから現場に着いた。
予報に反して天気がイマイチ。雨もパラパラ降っている。


佐々木ボート店にて受付をし、ヒラメの状況を聞いたら
ボツボツと釣れてきている様子。


近海にイワシは数日前から入ってきていると!

しかし、佐々木ボート店で網を入れたのが前日なので水槽にはいないと・・・
(他の店舗の水槽にはカタクチイワシが泳いでいた)

今回もカレイ狙いに専念して頑張ろう!


出港するころには雨もやんで、風も弱く穏やかな海に・・・。


今回は東側から出港。

浅場で良型が釣れるとの情報をもらい、いつもとは違い、大島方面ではなく、東側の海岸線に向って進んでみた。


水深15m〜探ってみる。

仕掛けは・・・1本は電動リールにカレイ仕掛け、もう一本はルアーロットにブラー(赤の15g)

釣りはじめて10分くらいで最初の一匹目をGET。
25cmくらいの食べ頃サイズ。

しかし、その後が続かない。30分で場所移動。

今度は水深18mに・・・
ここで調子よく釣れはじめた。

大き目のカレイが結構釣れて楽しめる♪

15gのブラーでは流れが強く、底がとれないため、は25gのブラーに変更。
針が大きくなるので、小物は釣れない。



このポイント(水深18m)ではサイズが良いが、数が出なので更に移動。


今度は水深25mに!一気に深くなっているかけ上がりのポイント。
(チョッと移動しだだけで水深が一気に深くなる)



ここから入れ食いタイムが始った。

カレイ仕掛けにはダブルで休む間もなく釣れてくる。

ブラーも当たりに合せるのが難しいが針が大きい分、小物が掛からず、大物が釣れる。
ブラーの方が、針も飲まれないし、当たりもダイレクトなので効率も良く楽しめるかな?!






ドンドン超過が増えていく・・・釣れ過ぎで疲れてきた。


波風は時間とともに更に弱くなり、天気も回復。
快適な気温でコンディションは◎!













ここで思わぬ獲物が・・・

なんと巨大な「ナマコ」伸びると
20cmオーバーで重さも十分!これは食うしかないと、天然ナマコをクーラーへ
(帰宅してから勇気を出して食ったら、ちょっと硬かったけど普通に食えた・・・量が多すぎて半分も食いきれなかった)




更に深い場所(水深30m)へと移動してみたが、サイズが良くない。


ここでも入れ食いタイムは以前続くが、サイズが小さいので再び「かけ上がり」に移動(水深25m)





アチコチで30cmオーバーのカレイが何匹か釣れたが、比較的、浅場の方が大物が良く釣れた。

MAXは34cmで、このサイズになると引きも強く、ドキドキできる♪



途中で濃霧になり陸が一切見えなくなったり、イルカが集団でやってきたりして怖かったが、
一人のボートにもだいぶ慣れてきた。

昼過ぎにはクーラーが一杯になったので終了。
クーラーが重くて持てないくらいに釣ってしまった・・・


陸に上がると気温が高く、暑い!さあ、頑張って帰らないと・・・


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

帰りの高速で居眠りをして、激突しかけた・・・大反省・・・
気が付いたらガードレールスレスレを走っていた。

高速の出口(浪岡)で危険を感じて仮眠して帰宅。
(楽しい釣りが台無しになるところだった)



今回は・・・カレイを釣りすぎた・・・
撮影するにもテーブルに乗り切らないので
一部だけ撮影・・・


職場が弘前にないので、釣り過ぎても
お裾分けする相手がいない・・・

今回は、前職のビルメンテナンスの方々に頂いてもらった。
久々似合う皆様は、皆元気そうでなにより。


さあ、今度はヒラメを釣りに行かないと!(休みが取れるかが問題だ・・・)






「本日、2度目の出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/12
(金)
PM3:00
〜3:30

海辺を3箇所

各10分程度
宮城県 
「奥松島」
(ワーム釣り)

弱風
弱波

晴れ
・ルアー竿(8F)
スピニングリール

(ワームのみ)
・ハゼ
10cmX2匹
さわら部長(私)


ホームセンターで釣竿を購入。8Fのロット・・・エギ仕様ってなってるけど・・・
なんとなく購入(2980円なり)

重さもそこそこ、使い勝手も悪くない。何より安い。

チョイ投げのアイナメ釣りに使おうかな!


なんて考えていたら、うずうずしてきた。

14:00に家を出て・・・今度は奥松島へ出撃!

ココは片道30kmチョッとで着く。
あまり飛ばさなくても40分で最初の海辺に到着。

観光客が沢山いる嵯峨渓の遊覧船乗り場があるポイント。

チョッと狙ったら・・・ハゼ?っぽい魚が釣れた。
新しいロットの最初の獲物は超小魚(~_~;)・・・ここで2匹釣れた。





10分くらいで次のポイントへ!



ここは道路沿いの小さな突堤。
良さそうな気配はあったが釣果ゼロ。ここも10分で移動。













その後・・・道路沿いで10分挑戦。小魚がワームを追ってくるのが目視できるが、それだけ。
メダカサイズの何かの稚魚が沢山泳いでいる。水温も上がってきたんだろうなぁ〜

ここでの釣果は「カキ」のみ。さすがカキの産地。
ヘチにはカキがビッシリと張り付いている。



奥松島はこれで終了。30分くらいしか頑張っていない。

帰りは石巻の港によってポイントを探すもイマイチ。
更に渋滞に巻き込まれて帰宅したのは暗くなる頃だった(>_<)


それにしても・・・1日で2度も出撃。200km以上も走ってガソリンも空っぽ。
しかも釣果はイマイチ・・・

一回の釣行でガソリン3000円は結構痛い。近場に海があったらなぁ〜
弘前より海が遠いじゃん!!!


今回も移動が多すぎた。飽きっぽい性格だから・・・

良さそうなポイントを見つけたら、じっくりと攻めたいものだ・・・

この次は生餌を持っていって、ポイントを絞って挑戦したいな。



「夜中に目覚めて急遽出撃」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/12
(金)
AM5:30
〜7:30

漁港廻り

各漁港
10分〜30分
宮城県 
「牡鹿半島」
(ワーム釣り)

弱風
弱波

晴れ
・ルアー竿(1.8m)
スピニングリール

(ワームのみ)
・メバル
10cm〜15cmX13匹

・ハゼ
10cmX2匹
さわら部長(私)


夜中の3時過ぎに目が覚めて・・・
4時過ぎに出撃を決意!5時前には家を出た♪

明け方の道路は快適!高速道路以上にぶっ飛ばしたら石巻まで30分で到着。


夏泊半島の最初の漁港(初挑戦)までは50分で到着した(距離にして50km・・・遠い)

5:30釣行!


大きな港で良さそうな雰囲気。釣り人は・・・防波堤の先端に数名発見。
先端まで歩く気がしないので岸壁のヘチ狙い。





頑張って探っていると・・・

なかなか釣れない。

すると・・・遠くから猫ちゃんが「ニャんニャん」鳴きながら近づいてくる。

明らかに催促している「早く魚を釣れ」と・・・


しばらく隣で釣りの様子をみて、釣れないのを見切ったのか去っていった。



しばらくすると待望の当たりが!、何度か同じ場所を探っていると無事に10cm位のチビメバルが釣れた。

それを遠くで見ていた猫ちゃんが・・・物凄い勢いで走ってきて・・・魚をおねだり(~_~;)

釣った魚を進呈したら・・・ムシャムシと食っていた。





その後は、猫ちゃんが隣でずっと付き合ってくれた。


2匹目をメバルを釣って、猫にあげたら・・・

くわえたまま何処かに行ってしまった。
(秘密の隠し場所があるのかな?)







2匹釣ったところで場所を移動。

細い山道を通って次の漁港へ。





小さな漁港。ここも初挑戦。

突堤が良い感じ!。


突堤の浅場でメバルが釣れた

次々にメバルがワームにアタックしてくる♪

サイズは小さいが、ここで10匹も立て続けに釣れた。

15cm以上が釣れないので、ここは終了。

次の漁港へ・・・














ここの漁港は・・・海草が胞子を出している?
変に濁っていて釣りにならない。ぐるっと回って移動。















前回、調子の良かった漁港に到着。

ここの海草も胞子を吹いていた。


ここでメバルを一匹とハゼを少々釣って終了。

日が上がってきて気温も上がり気持ちの良い天気だったが
今日はホームセンターでベットを買うので帰宅することにした。



釣果よりも、新緑と青空が気持ちよく、ドライブ中心のチョイ釣りとなった。

帰宅は道路も混んで1時間半もかかってしまった・・・


「牡鹿半島へ急遽出撃」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/3
(水)
AM1:47
自宅出発

ポイントめぐり

各漁港
10分〜30分

12:00
帰宅
宮城県 
「牡鹿半島」
(ワーム釣り)

弱風
弱波

晴れ
・ルアー竿(1.8m)
スピニングリール

(ワームのみ)
・メバル
10cm〜15cmX10匹

・カジカ
20cmX1匹

・ハゼ
10cmX1匹
さわら部長(私)



夜中の1時過ぎに急遽出撃を決意。目指すは牡鹿半島。
道路が空いている夜中は、海までは1時間チョと。


牡鹿半島はカキの養殖が盛んで、いたるところに漁港がある。

最初の漁港に向ったが・・・山道で車がすれ違えないくらい狭いし、
タヌキは走ってるし、路肩に鹿が立ってるし・・・

真っ暗な山道と海は怖いので、明るくなるまで漁港で仮眠する事にした。


4時過ぎに目覚めて早速チャレンジ!

しかし、個々の漁港は濁りがキツくて生体反応も無い。
日の出前で寒さもあり・・・10分頑張って直ぐに移動。


次の漁港・・・

潮通しも良く、先ほどの漁港よりは澄んでいる。


ワームを落とすと魚の反応が!

魚がワームを狙っているが、魚のサイズが小さくて、ワームを呑まない。

頑張って誘い続けたら、メバルが釣れた。


久々の魚の当たりを楽しむ。
サイズは15cmくらい・・・チョッと寂しいサイズ。





その後も頑張るが、食ってこないので
ワームとジグを小型のものに変更。

そしたら、ハゼや、メバルはサイズダウンして10cm程度がボツボツと釣れてきた。

ここで30分くらい頑張って、次の漁港に移動。
















ゴールデンウィーク中ということもあり、各漁港には数名の釣り人がた。

皆はイソメを使った投げ釣りと、私と同様にヘチ狙い。

釣れてる様子は無かった。



















天気も良いくなり、気分もよい。
釣りは半分で残りは観光♪

牡鹿半島の小道を走り、漁港を次々と回る。


全く魚の反応が無い所と、メバルがチョロチョロ釣れる場所があるが・・・
どこも同じような漁港なのに釣果に差が出る。

良さそうなポイントをチェックして次回の参考にしよう。

















喧嘩をする猫ちゃん・・・猫に道路を通してもらえなかった(>_<)





今回は頑張って、牡鹿半島の一番奥まで攻めて見た。

「鮎川」近辺は観光地として活気があり、金華山へ向う観光船が船着場から出ていた。

朝の8:00だというのに混雑し、駐車場の誘導因果あちこちに10人以上もいた。
GWで、もうチョッとするともっと混雑するんだろうなぁ〜


魚の直売所やお土産屋さん、ホエールランドがある。
アチコチに鯨の販売店や料理店がある。

鯨で有名な町だったのね・・・。知らなかった。



















その後、牡鹿から女川へ移動。

そのまま海沿いを走って、漁港を数箇所攻めていたら・・・

チョッと大きなカジカが釣れた。

20cmくらいの大きさと、チョッと楽しめる重さがあった。

今回は、釣った魚はすぺてリリース。

食えるサイズの魚を釣りたい・・・








帰りは睡魔と闘いながら北上側沿いを走って帰宅。
12:00過ぎには家について・・・夕方まで寝てしまった。

「赤い線」今回走った所。
漁港へ繋がる細い道は・・・夜は本当に怖かった・・・


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る