2006年4月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「今年も挑戦!夏泊のボート釣り♪」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
4/23
(日)
5:00出港
12:00帰港
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

弱風
弱〜中〜弱波

曇り
時々晴れ
・船竿(2.1m)
電動リール

・ルアー竿(1.8m)
スピニングリール

・錘30号
・市販カレイ仕掛

イソメ1050円分
(サンワドー)
・カレイ
20cm〜27cmX18匹
さわら部長(私)


前日の予報は「晴れ」、波も「1m」、絶好の釣り日和♪
佐々木ボート店に前日夕方に電話すると「予報ではOK」との回答。

深夜の2:30に目覚めて3:00前に夏泊に向けて出発した。

いつも通りに1時間チョッとで現場に到着。AM4:00辺りは真っ暗・・・
大島の駐車場には既に10台以上の車が待機中。さすが日曜日!

車から降りてみると西風が強い・・・波もあり、怪しい雰囲気。
出船できるか心配だったが、大島の東側は風裏で穏やか。これは期待できる♪


お腹の調子がイマイチで、トイレに行くも、不発・・・何となく不安。



辺りが薄明るくなった頃、佐々木ボート店に行くと・・・既に受付を開始していた。

帳簿に名前を記入して料金を支払う。

店主に状況を聞くと・・・明るくなったら西側からボートを出すと言われる。


風は西風、ボートも西側・・・波は結構高い。
桟橋をくぐって東側に抜けないといけない・・・
(ボート店の都合でボート全て西側に・・・)


明るくなった頃(5:00前)に西側から出発!波が高くてチョッと怖い。
恐怖に耐えながら頑張って桟橋を目指す。

頑張って狭い桟橋を抜けて東側に出ると・・・“凪”状態。


さあ、釣りまくるぞぉ〜と思ったところで体に異変が・・・
お腹が急激に回転してきた(>_<)

大腸が活発に活動して・・・非常に危険な状態に(T_T)

前日、家族で焼肉を食って、ニンニクをバリバリ食ったら、
腸の調子が異様に良くなって・・・オナラがたくさん出ていたので嫌な予感がしていた・・・。


もう、丘に引き返す時間は無い・・・ギブアップ(-_-;)


最初のポイントに付くと、釣竿の準備の前に、
もっと重要な準備を・・・




船上トイレの方法を考えた・・・一生懸命考えた・・・
狭いボートの上で、どうやってしよう・・・

1・海に尻を出す?これは不安定で危険。しかも恥ずかしい・・・
2・ボートにしちゃう?これは後始末が大変。考えただけでも恐ろしい・・・


色々考えているうちに、タイムリミットが近づいて鳥肌がビンビンに立ってきた・・・
最終手段。もう我慢できない・・・

持参したビニールの水汲みバケツを利用し、海水を半分入れて・・・ここに発射!

狭いボートの上で、実に上手に処理ができた。ティッシュも箱で持っていたので一安心。
全てのストレスから開放された(^_^)v

その後・・・汚物を海面に流して・・・プカプカと流れる様子は・・・
他の釣り人に誠に申し訳なかったm(__)m




さてと、気持ちを切り替えて、釣りをスタート!

水深は30m・・・比較的浅い。

様子見で頑張ったが、10分経っても当たりが無いので即効で移動。


次のポイントは水深39m・・・深場からの駆け上がりかな?

ここでチョッと頑張ると・・・久々の魚の反応が♪
ゴツゴツと軽く引く♪無事にカレイをGETできた。

サイズは25cmくらいで手頃なサイズ。
しかし、その後が続かない。



頑張ってポイント移動を繰り返すが、一箇所で1〜3匹しか釣れてこない。

食いが悪く、置き竿には反応しない。

ゴツゴツと錘で海底をコズいて、カレイの微妙な当たりに上手く合せると何とか釣れる。
なんも難しい日だ・・・



周りを見渡すと、さすが日曜日。
ボート&船だらけ・・・

手漕ぎボートに、エンジン付きのゴムボート
そして、遊漁船まで何隻もいる。

全部で100隻はいたでしょう・・・


移動するにも全てのブイにボートが掛かっており、
次のポイントが選べない。




なんとか空いていたブイを発見して、疲労した筋肉にムチを打って激漕ぎしていたら・・・
エンジン付きのボートに直前でとられてしまった・・・むなし過ぎるぜ・・・非力な人力ボート・・・





穏やかな天気で、無波状態だったが
後半は西風がグルリと回って東風に・・・


風と同時に波も出てきた。


酔い止めを飲んでいたので体調は崩さなかったが
やはり波は怖いし不快なので、西側に移動してみた。







必死で漕いで桟橋を再度通過・・・西側に抜けたが
こちらは水深は10m・・・魚の気配を感じない。


11:00を過ぎていたので、体力的にもチョッと限界。

西側で10分頑張って終了・・・そこから帰港した。



海上は寒かったが丘に上がると暑いくらい・・・



大島の駐車場は釣人と観光客で8割程度も埋っていた。
カメラをもって大島に渡る方が沢山いた。

他の釣人、数名に釣果を聞いてみたら・・・みんな同じような結果だった。

良いポイントを見つけられなかったのか?日が悪かったかは不明だが
時期の割にはイマイチな釣果だった。

それでもノンビリとボート釣りを楽しめて、そこそこの釣果もあったので、私は大満足!


体力を使い果たした後の帰りの運転は・・・ヘロヘロでした。
途中、何度か仮眠しながら弘前に無事に帰り着きました(耐え切れずに高速を利用)









一人のボート釣りは・・・やっぱり寂しい。
移動の車中も一人だと盛り上がりに欠ける。


干物師さんと同行した日々が懐かしい・・・


次は5月末に予定している連休で、再度、夏泊ボートを計画!

今度はヒラメも狙える時季かな♪










釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る