2005年8月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「久々の夏泊ボート釣り!結果は惨敗」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/29
(月)
5:15出港
8:00帰港



青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

弱風→強風
弱波→中強波

晴れ→曇り

穏やかな海

中荒れ
・船竿(2.1m)
両軸リール

・ルアー竿(1.8m)
スピニングリール

・錘20号
・オリジナルカレイ仕掛
・ブラー(赤)

ボート2000円
イソメ1000円
メゴチ18cmx1匹

サバ18cmx1匹

イイダコ5cmx1匹
サワラ部長(私)

干物師さん


干物師さんのお誘いで久々に「夏泊ボート釣り」に出撃!

前日の夕方、サンワドーにイソメを買いに行った干物師さんから
まさかの連絡が!
「イソメを買い占められて品切れになった!」と・・・

一足先に釣り売場にいたお客さんがイソメを全部買ってしまったと・・・

ビックリな話だ。






計画を練り直す。
夜中に弘前を出て、青森港近辺で仮眠。
明け方に「そふえ釣具店」でイソメを購入し
現場に向うスケジュールとした。

前夜の24:00に自宅を出て干物師さんを迎えに行き、青森港へ向う。
天気も良くて星空がきれいだ。

青森港近辺を探検して浅虫近辺の漁港で仮眠。AM4:00に「そふえ釣具店」に向った。

そこでショックなことが再び・・・

なんと、「そふえ釣具店」が営業していない。

「夏場は4:00から営業している」と、この前に行った時、聞いていたのに・・・

イソメ手配に翻弄・・・

干物師さんと相談し、早朝営業していそうな釣具店を探す。

ネットで馴染みのある「北島渡船」ならやっていそう!
現場に向うと・・・やはり営業してた。5:00に出港する遊漁船の船宿だ。

無事にイソメ1000円分を購入した(二人で2000円分)


野辺地側から夏泊半島に侵入し、無事に大島に到着。

ボート店に挨拶に行き、ボートを準備してもらう。

今は真鯛狙いが中心で、ヒラメはダメ、カレイも厳しいらしい。
アイナが頑張れば釣れるらしい。

*前日に他店のボートが転覆して沈んだ話を聞いた(゜o゜)


東側から出港し最初のポイントで様子を見る・・・

今回は二本竿を準備@=カレイ仕掛け・Aブラー仕掛け

しかし・・・釣れない。気配がない。1時間頑張って何も釣れない。




何とか釣れたのが干物師さんの15cmカレイ1匹と10cmくらいの真鯛1匹
私のメゴチ1匹と、ヒトデ1匹のみ。

厳しい状態に移動を決意。更に沖へ出る。


そこで頑張るも・・・反応なし。

微妙なアタリに巻き上げると・・・
途中で明確なアタリに!

釣れてきたのが「イイダコ」と「サバ」のダブル・・・凄い不思議な組み合わせ。



干物師さんは釣れてきたサバを餌にフィッシュイーターを狙うと
ヒラメ仕掛けで挑戦!


しかし、ココからが辛かった・・・

西側から向ってくる雨雲・雷鳴。

ヤバそうな雰囲気が漂ってきた。

雨を警戒していると・・・突然、西風が強く吹いてきた。

過去の経験では・・・風の1分後には波がくる・・・



・・・案の定、大き目の波が襲ってきた・・・
手漕ぎボートに波は危険。

即行で島側に避難しようとボートを漕いだ。
5〜6隻のボートが出ていたが、皆、危険を感じて避難開始。

しかし・・・漕いでも漕いでも思った方向に進まない。
風と潮の流れがバラバラで体力的にも厳しかった。
ボート漕ぎには自信があったが、自然のパワーにチョッと焦る。
(一人じゃなくて良かった)

頑張って島側に避難していると、ボート店の店主さんが迎えに来てくれた。

帰りは何と!店主さんのエンジン付きボートに引っ張ってもらいながら帰港した。
エンジンの力を見せ付けられながら楽々帰港。

エンジン付きの機動力に関心。


結局、2時間チョッとの釣りで終了。


ボート釣りが不完全燃焼だったため
帰りに漁港でチョイ釣りに挑戦するも・・・ココでも惨敗。

ハゼを一匹釣っただけに終わった。


帰りの運転は睡魔が襲いヘロヘロだった。
干物師さんが必死で声をかけてくれるが
危険な運転だったかも(^_^;)

無事に帰宅できて一安心。
干物師さん、助手席でご心配をおかけしましたm(__)m

今度の釣りの目標を再び失ってしまった。何を狙ったら良いのだろう・・・





「娘とワームでチョイ釣り」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/20
(土)
14:10開始
15:00終了

ワームで
チョイ釣り
青森県
鯵ヶ沢港 


弱波
弱中風

快晴
(日差し強烈)
・ルアー竿X2本
(1.8m)
(ワーム)

娘と釣り対決
カニX1匹
(甲羅が10cm位)
サワラ部長(私)


娘と2人でワームでチョイ釣り。

鯵ヶ沢の「はまなす公園」からの防波堤で挑戦。

はまなす公園は海水浴を楽しむ家族連れで賑わう(土曜日だものね!)


足元を見ると、小魚は目立つが・・・ハゼやアイナメの姿がない。
小魚にワームを落としても・・・口が小さくてジグを飲めない。


暑くて辛いし釣れないし・・・娘は既に「飽き飽き」モード。




ヘチに張り付く「カニ」を発見したので
ワームでイタズラをしたら・・・なんと釣れてしまった。
けっこう良いサイズ。

結局、今日の釣果はこの「カニ」のみ。

一時間も頑張れないで終了としてしまった。

カニは地元のチャリンコ学生さんにプレゼント。


釣果はなかったが、海辺を楽しめたので良かったことにしよう。

*釣りの目標が見当たらない・・・次は何を狙ったらよいものか・・・




「太平洋での初釣り!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/10
(水)
16:40開始
17:00終了

ワームで
チョイ釣り
青森県
八戸市・鮫漁港 


弱波
弱風

晴れ
・ルアー竿(1.8m)
(ワーム)
クジメ
13cm〜15cm
X4匹

ハゼ
13cm〜15cm
X2匹程度
サワラ部長(私)

娘・妻


八戸の「蕪島」へ立ち寄ったついでに・・・

チョッとだけ家族に時間をもらって釣りを開始!

ポイントは駐車場から一番近い場所。

釣竿一本にワームを持って出撃♪
どこでも釣れそうな雰囲気だった。


ワームを投入すると・・・

すぐさまクジメが追いかけてくる。


5秒で一匹目をGET!
周りに群がるカモメ(ウミネコ)さんの夕食にしてあげた。

第二投目でも簡単にクジメが釣れる。
これまたカモメさんの夕食。

家族から魚がかわいそうとのクレームがつく・・・


魚がワームにスレていないので、簡単に釣れる。

しかし・・・娘に竿をバトンタッチすると、全然釣れない。
魚がワームを追いかけてくるのは見えるのだが食ってこない。

私がヤルと釣れる。娘だと釣れない。

娘は・・・魚がワームを追いかけてきた時に食わせようと
動きを止めてしまうのが良くない様子。

アワセも悪く、釣れかかっても落としてしまう。


これは慣れが必要だ。私も知らない間にうまくなってきたのかも知れない♪

クジメは口が小さいので、ジグのサイズを小さくしてみたら・・・
ワームの沈む速度が遅くなって、魚に見切られてしまう。

なかなか難しいもんだ。

その後もハゼやクジメを数匹釣って・・・時間もないので終了とした。

私は6匹VS娘は1匹。
わたしの完全勝利♪


もっと、時間をかけて大物がいそうなポイントを探せば
良型や数も釣れたでしょう・・・


魚影が濃くてスレが進んでいない八戸の漁港。

釣りに来るには遠すぎるか・・・













「のんびりと船でキス釣りの予定が・・・大忙し♪」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/3
(水)
7;00出港
14;00帰港

斎藤釣具店
「太平丸」

キス流し釣り

仕立て
20000円
秋田県
男鹿市・北浦 


弱波
弱風

晴れ一時雨

・ルアー竿(1.8m)
(キス仕掛け)

・船竿2.1m
(ヒラメ仕掛け)


イソメ一人1000円分
@船釣りでの釣果
・キス11cm〜25cm
X130匹程度

・マゴチ53cm
X1匹

・メゴチ15cm
X6匹


A港で時間つぶしで
釣れた小魚
(リリース)
クジメ
13cm〜15cm
X5匹

ハゼ
13cm〜15cm
X30匹程度
サワラ部長(私)

つれつれ大魔王さん

ゲスト1名

3名で仕立て


仙台の「つれつれ大魔王」さんと調整し
秋田県の男鹿は北浦へ出撃!

毎年、数回お世話になっている斎藤釣具店へ
数日前に船の予約を入れておいた。

仕立て(貸切)で予約したので出港時間の調整がつく。
つれつれ大魔王さんと私の都合で
朝の7:00出港でお願いした。

興奮して前夜は寝れないだろうから
夜のうちに現場に向う。

家を出たのが23:12
北浦の漁港に着いたのが1:39
2時間27分で到着。

あまり飛ばさなくても、夜は交通量が少ないので2時間半で到着。
途中、近道のつもりで入った道が・・・細くて辛い道だったので
普通に行けば2時間コースかな?


北浦の港について・・・仮眠をしようと思ったら車外に動く物体が!
野生の「タヌキ」が漁港をブラブラしていた。

おつまみで用意していた「あたりめ」をあげたら・・・喜んで食っていた。
品疎な顔をしていたが、オドオドした仕草がかわいかった。

暗い内、ワームで港内を探ってみたが・・・反応はまるでなし。

1時間ほど仮眠して明るくなるのを待った。



日の出とともに再びワーム!
すると・・・今度はバンバン釣れる。休む間もなく「ハゼ」や「クジメ」が入れ食いに!

サイズは15cm程度で小さいが、食いついてくるのが見えるので面白い。

クジメは警戒心が強く、しかも口が小さいので喰わせるのが難しい。
ワームを小さくし、ツインテールの物にしたら反応が良くなった。

ジグも小さくしたら、もっと小物が楽に釣れるかも?

短時間に30匹以上を釣ることができた。(全てリリース)




6:00過ぎに「つれつれ大魔王」さんへ電話をすると
既に釣具店前に到着していると言うので、ワーム釣りを終了し釣具店へ向う!
久々の再会!つれつれ大魔王さんも元気そう!(元気すぎ?)

釣具店へご挨拶をして、「船頭おすすめ仕掛け」を購入。
イソメも一人1000円分、用意してもらう。

現場で仕掛けを揃えるのが一番良いと思う。
サビキなどでは仕掛けの差が釣果につながるので「船頭おすすめ品」が一番確実。
(今回はキス仕掛けなので何でも良さそうだが・・・)

錘は10号・20号・30号を中心に流れ具合で調整するそうだ。

船を紹介してもらう釣具屋さんで餌や仕掛けを揃えるのがマナーだ!と、私は思う。


今回の船頭さんは・・・今まで4回位?お世話になっている「大平丸」の船頭さん。
面倒見が良く、細かい気遣いもしてくれて、とても親しみやすい船頭さんだ♪
「釣らせてやるぞ!」というオーラーが出ている。


天候も良く7:00チョッと前に出港!

出港して15分くらいで現場に到着。
波も無く、のんびりとした良い雰囲気。

480円のおもちゃのようなルアー竿に20号の仕掛けを付けて早速挑戦!

水深は3mから5m・・・底が見えるくらい浅い。

仕掛けを投入すると・・・早速アタリが!サイズは小さいがキスが簡単に釣れた。
仕掛けを投入するたびにバンバン釣れる。

準備してきたオニギリを食べる暇もないくらい良く釣れる。

ダブル、トリプルは当たり前で、ドンドン釣果が増えていく。しかし・・・サイズが厳しい。

小物が多く、ポイントを何度も移動したが、良型は・・・なかなか釣れない。
10匹中、5〜6匹が小さいサイズ、残り4匹が普通サイズ、1割以下の確率でジャンボキスが釣れる。

時々釣れる20cmオーバーのキスは引きも強くて楽しい♪

20号の錘だと「あたり」が不明確なので、多少流れがあっても錘を10号にサイズダウンしてみた。

すると・・・キスのブルブルしたアタリがダイレクトに伝わる。アタリは取りやすいし、引きも強く感じる。
バラシも少なくなる。錘を10号に錘を換えて釣果が更にアップした。
(流れが早くて底を取れない時は20号へ臨機応変に変更)

10号錘でジャンボサイズのキスが釣れると、ドラグもカリカリ鳴って結構楽しめる。


前半から、船頭さんも「俺も釣る!」と言うので、仕掛けと餌を提供し頑張ってもらう。
さすが船頭さん手返しが良い。
大物こそ釣っていなかったが100匹くらいは釣っていた。


昼前・・・私に大物がヒット!キスの引きにアワセを入れたら・・・急に竿がしなった。
リールを巻いても、緩めのドラグの為・・・なかなか巻き取れない。

最初はヒラメかと思ったが、チラッと見えた魚影は「マゴチ」でった。嬉しい外道である。
ハリス1.5号、小さな針のキス仕掛けで緊張したが・・・タモを出してもらい無事にGET!
50cmオーバーの良型だった。

捨て竿で、もう一本ヒラメ仕掛けを出していたが、結局こちらはアタリすらなかった・・・。


途中、通り雨にも遭遇したが、天気も良く、かといって暑すぎずも無く
快適な釣りだった(日焼け止めは必須)

結局13:30過ぎまで頑張って餌のイソメも無くなり、撤収宣言をした。


6時間以上も船頭さんに頑張ってもらい、良い釣果に大満足。
(餌があったら、まだまだ付き合ってくれそうだった)

おまけに・・・船頭さんが釣った100匹も頂いてしまった(~_~;)
(つれつれ大魔王さんと山分け・・・)



14:00頃に帰港して、釣具店にお邪魔して、茶を飲みながら釣り話をして・・・
弘前への帰路へついた。


14:24に北浦を出て、弘前に着いたのが17:47・・・3時間23分の移動時間。疲れた・・・

前日の睡眠不足で、途中2回ほど15分の仮眠をとったが、日中はやはり時間がかかる。

つれつれ大魔王さんが仙台に着いたのは何時頃だったんだろう?・・・
大魔王さん、楽しかったですね!来年も一緒に船に乗りましょう♪(今年の秋、電気釣りも期待してます!)


ジャンボキスは刺身にして
小〜中サイズは全て3枚に卸して「天ぷら」で頂いた。

揚げたてのキスの天ぷらは臭みも無くて実にうまい。
家族にも大好評でした。

船頭さんから頂いた分は・・・今回、多忙で参加できなかった
「干物師」さんへお裾分け。

それでも余った分は冷凍庫にてカチンコチン・・・
冷凍にした魚は・・・いつも放置され冷凍庫の肥やしなっちゃうので心配・・・。



↑11cmのミニサイズと25cmのビックサイズ。
同じポイントにいるので大物だけを狙って釣るのは難しい。




↑53cmのマゴチ!卵を抱えていました・・・
冷蔵庫で熟成させて翌日に刺身でおいしく頂きました。
見た目はグロイが味はヒラメ以上?の高級魚!




釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る