2005年6月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「夏泊へ・・・ヒラメ3連発なるか?!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/13
(月)
出港
4:30
帰港
11:00
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

弱風
弱波

曇り

穏やかな海上
・船竿(3.3m)
電動リール

・船竿(2.1m)
両軸リール

・ルアー竿(1.8m)
スピニングリール

・錘30号
・オリジナルカレイ仕掛
・ヒラメ仕掛け

活イワシ(頂き物)
(20匹程度)
イソメ一人500円分
(サンワ堂)
干物師さんと
2人の合計

カレイ
15〜28cmX27匹

ハゼ・カジカ・カサゴ系
14〜18cmX6匹
サワラ部長(私)

干物師さん


中途半端に眠れないので、寝ないで出撃を決意。
干物師さんと夜中の1:00に集合!現場へと向った。

今回も干物師さんが運転手を引き受けてくれた。
干物師さん、ありがとうございますm(__)m

2:30には現場へ到着。風も無く、寒くもない♪
絶好のボート日和か?

日の出まで時間があるのでビールを数本飲んで上機嫌に!
釣り話で盛り上がる。

辺りが明るくなった4:00過ぎ頃、佐々木ボート店に向うと・・・
早速出港の準備をしてくれた。


ヒラメの餌イワシを20匹位わけてもらい早速ポイントへ!

今回は、石でできたアンカー(錘)をボートに装着しているので
ポイントが自由に選べる。

前回、前々回とヒラメが釣れたポイントを狙ったが・・・
反応が全く無い。

2時間以上も粘ったが全然反応が無い。カレイも狙ったがダメ。
何も釣れない状態が続く・・・

痺れを切らして場所を移動。



船を流しながらヒラメを狙い、カレイも同時に狙ってみる。。

流れが弱く、ゆっくりとボートが動くので仕掛けは底を取りやすい。

流してると・・・ようやくカレイがボツボツと釣れてきた。カジカ系の小魚は今回も釣れる。


今まで来た事のない遠くの定置網まで流してみた。

ここまで流してカレイ+小魚で10匹くらい。
厳しい釣果だ。

干物師さんはヒラメ狙いオンリーだった為、ここまでの釣果がなし。厳しい釣りだ。

それから大島の近くまでボートを漕ぎ、カレイ&アイナメを狙う。大型のアイナメを釣って見たい♪
必死で頑張るが・・・釣れない時間が続く。

何処で頑張っても反応が鈍い。干物師さんも3匹くらいしか釣っていない。
どうにもならない状態で完全にあきらめモード。

10時頃に限界を感じて撤収を決意。干物師さんは仕掛けを片付け・・・残ったイソメも海中へ・・・

私は最後の悪あがきでイソメ&ブラーを使ってみた。

「赤の18号ブラー」・・・
ここからが奇跡の始まり!

仕掛けを落として底を取ると・・・
コツコツとアタリが♪

慎重にあわせると!カレイが釣れた。

微妙でダイレクトなアタリが面白い。

再びブラーを投入すると・・・次々にカレイが釣れる!

合わせるのが難しいが釣れたときのダイレクト感がたまらない。


連続で釣れるので面白くなって・・・
タックルケースに入っていた金色10号のブラーを干物師さんへ!

金色ブラーでもボツボツと干物師さんが釣っているが、明らかに赤色ブラーのほうが反応が良い。待ち時間無しで釣れる。

赤ブラーを干物師さんへ渡して・・・私はブラクリで釣って見た。
ブラクリでも釣れる。さっきまでの食い渋りは何だったんだろう?何でも釣れる状態。

しかし・・・圧倒的に赤ブラーの反応がよい。何故だろう?新発見だ。カレイには赤ブラー(゜o゜)

餌が無くなるまで釣り続け、二人で30匹位釣って、何とかストレスを解消して終了。

時間が良かったのか、ブラーが良かったのかは不明だが、色々挑戦してみるのも楽しいかも!

干物師さんはブラーで10cmも真鯛の稚魚も釣っていた。(餌盗り真鯛だが、小さな口に良くぞ食わせた)


最後の30分、ブラーでの釣りが楽しかった。

コツコツしたアタリ、微妙に合わせないと釣れないし
ほっといてると餌だけ食われる・・・。

ブラーでカレイ。新しいスタイルを発見!次回も実践してみよう♪









今回の釣果。ヒラメが釣れなくて残念。

一番大きなカレイは干物師さんがブラーで釣ったもの。
それ以外は小型が多かった。

次の釣りの目標が無い・・・
ヒラメで粘るか、カレイは気合が入らないし・・・
七里長浜のアジも・・・

さあ、次回は何処の海を攻めようか?!




「今年初・・・七里長浜へ小鯵狙い!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/6
(月)
開始
2:00
終了
6:30
青森県 
「七里長浜港」
(朝マズメ)

無波
無風

曇り

・万能竿(5.4m)

・万能竿(4.5m)
(250円の竿)

・ルアー竿(1.8m)
(480円の竿)

・サビキ
・カレイ投げ仕掛け
・ブラクリ

・アミコマセ
(昨年の残り)

・アミコマセ
追加購入(170円)

・イソメ(前回の残り)
アジ
13〜20cmX30匹

ソイ
17〜18cmX2匹

アイナメ
12〜15cmX3匹
(リリース)

メバル
12cmX1匹
(リリース)
サワラ部長(私)

干物師さん


干物師さんのお誘いで七里長浜へ出撃を計画。

朝マズメ狙いでAM4:00に現地集合とした。が・・・

帰宅して、飯を食って風呂に入ったらもう24:00過ぎ。
中途半端に寝れない時間・・・

久々の岸壁釣り。装備を整えて、徹夜で出発!


1:30に家をでて2:00過ぎには現場に到着。先客が一名おり準備をしていた。

風も全く無く、波も無し。ジャンパーを着ていると暑いくらい。良い季節になってきた♪


半年前のアミコマセを再利用し、早速仕掛けを投入

仕掛けはピンクスキン、ハゲ皮サビキのダブル。長い仕掛けで棚選びの心配は無し!
仕掛け投入後、直ぐにアタリが♪久々のアジの引きだ。

20cm程度のアジが釣れ、サイズも満足♪

海面を強力ライトで照らすと、凄い数のフグが集まっている。その下にアジの気配も。
フグを交わしながらアジがボツボツと釣れる。

なんか調子が出ないと思っていたら・・・「コマセこすり器」が無いのだ。昨年、海にドボンして
新規購入を忘れていた。

コマセカゴにコマセを入れて空針で釣るのは・・・なんだか自分のスタイルではないので・・・気分が出ない。
七里長浜の皆がやっている、浮きを付けて投げるのも、あまり好きではない。
微妙なこだわりかな(^_^;)



暗いうちに20匹程度釣り、明け方に干物師さんが到着。
(お隣の、自称初心者のおじさんは2匹しか釣れていなかった。なんだか寂しそう・・・)


2人で朝マズメを狙うが・・・コマセが足りない。

5:30過ぎに餌を買い足しに出撃。

七里長浜港の入り口にある釣具屋さんが朝の3:30から営業していると聞き、アミコマセと、コマセこすり器を購入。

急いでコマセを解凍して頑張ったが、いまいち釣果が伸びない。
投げサビキの方々はボツボツ釣っているが、投げない私は明るくなってからは10匹程度アジを追加したのみ。


暇つぶしに夏泊で余ったイソメを使ってブラクリに挑戦。
明け方に小さなメバル、ソイ、アイナメが数匹釣れた。

ビックリしたのがブラクリの2本針に二匹のソイが釣れたこと!

小さなブラクリの小さな針に、無理やりと二匹掛かっている。
思わず記念撮影・・・


完全に明るくなると小フグが湧いてきて釣りにならない。
コマセを付けるとフグの大群が群がり、スレで何匹もサビキに掛かってしまう。

頑張れば頑張るだけフグが釣れてしまう。



周りの方々を見ても釣れているのはフグとウグイ、時々アジ・・・
こんな感じになったので終了とした。


久々の七里長浜港の夜釣りでのアジ釣り。数もソコソコ釣れたので楽しかった。

夜間、車のライトを点けっ放しなのは不経済。
地球にも優しくないので頭に付けるLEDライトでも買おうかな?








「ヒラメを狙え!再び夏泊へ」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/4
(土)
出港
6:10
帰港
11:00
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

強〜中風
弱〜中波

曇り

風が強く
出船遅れる
・船竿(3.3m)
電動リール

・船竿(2.1m)
両軸リール

・ルアー竿(1.8m)
(480円の竿デビュー)

・錘30号
・オリジナルカレイ仕掛
・ヒラメ仕掛け

活イワシ500円分
(20匹程度)
イソメ500円分
(サンワ堂)
ヒラメ
47cmX1匹

カレイ
16〜27cmX7匹

カジカ系
14〜18cmX3匹
サワラ部長(私)


前回のヒラメ釣りの感動が忘れられずに再び出撃を決意!

天気予報も回復に向かい波は1m→0.5mの予報♪
大島灯台の風速が14mと強いのが気になった。

世間はサッカーの日本戦で盛り上がっているだろう時に
私は釣りの出撃前で興奮していた。

AM1:45に家を出る。(早く出て夏泊の駐車場で仮眠予定)


夏泊に着いたのが3:00過ぎ、サッカーを車で見ながら仮眠。(無事に勝利!一人で盛り上がるのも寂しい)


明るくなった4:00過ぎにボート店へ寄ってみると・・・
中で8人ぐらいが釣り話で盛り上がっていた。
民宿に宿泊したお客さん?&常連さんらしい。


風が強いが西側は波も無く、直ぐに出船できると思ったら・・・
もう少し様子を見て、風が収まったらボートを出すと(T_T)

マイボートの皆さんはドンドン出船しているのに・・・
(慎重で安全に気を配る姿勢は素晴らしい!ボート店の店主にチョッと関心)

今週、同じような状況でエンジン付きのゴムボートが
風に煽られて転覆したらしい・・・
スピードを出して前が浮いたところに向い風でフワッと(゜o゜)

手漕ぎボートに助けられて無事だったらしいが・・・
(一人乗りの手漕ぎボートで助けるのは、自らも転覆の恐れがあるので危険らしい。でも見捨てられないだろうし・・・)


6:00過ぎにようやく出船許可がおりる。風が強くてやはり辛い。
波が無いので危機感は無いが、やはり海上は寒い。



今日のために用意した新作の「イワシ用生命維持装置」

大型バスケットにブクブク.。o○を装着、ビニール袋を二重にして
イケスを作った。

バッカンに比べて3倍くらいの水が入るのでイワシの酸欠防止になりそう。

今回は、イワシの数が少なかった。

どうせ酸欠で死んでしまうので沢山の数はいらないのだが、
前回と同じ500円分なのに半分も入っていないような・・・
(これくらいが適量だった)




追い風に押されながら楽々と最初のブイに到着。

イワシをヒラメ仕掛けに掛け。第一投目!

次の竿を準備しようと思ったら、さっき仕掛けを投入したばかりの竿が
ガクガクとしなってる。

???やけに元気なイワシだと思っていたら
竿が海面に絞り込まれた(゜o゜)

ビックリして巻き上げると・・・
なんとも良型のヒラメが食いついていた。

タモ網を船に積んでいったので一人でタモ掛けし無事に釣り上げることができた。
(タモ網購入3年目で初めて活躍したかも・・・)

開始1分での好釣果!
初っ端から調子が良いと思ったが・・・その後が続かない。

ヒラメの反応は全然無く、カレイも不発、ボツボツと釣れる程度。


途中、エンジン付きのボートが寄ってきて状況を聞いたら・・・やはり厳しいらしい。
イワシを入手できなかったと言うので、5〜6匹分けてあげた。
過去に、70cmオーバーのヒラメも釣り上げたことがあると・・・
さすがマイボートオーナー、気合とキャリアが違う。

その後、頑張って西に漕ぎ進み、2個目の定置網のブイも攻めるが、海中のロープが邪魔で釣り難い。
主要なブイは他のボートで埋まっているのでポイント選びがほとんど出来ない。(西側はブイが少ない)

アンカー(石で作ったイカリ)を装備してもらえれば前回のポイントも攻められたのに・・・


結局、中盤〜後半はカレイも全然釣れずに、睡眠不足と一人でもボート漕ぎに疲れ果てたので
11:00頃に撤収とした。

周りの皆さんもカレイ、ヒラメともに不振と話していた。


ちなみにヒラメは流し釣りが良いらしい。
定置網のロープを避けてボートを流しながらポイントを攻める。

挑戦してみたが意外に面白い。
潮に流されないように狙ったポイントに停止しているのはテックニックがいるが
ボートの扱いもだいぶ慣れたので仕掛けを真っ直ぐ落としてそれを維持できる。
(流されると仕掛けが斜めに)

今度は流しながらドンドンポイントを移動してみよう!




*ヒラメ狙いの名人も流しながら探っていた。
装備も凄く、衣裳ケースを改造したイケスを装備、ボートの左側から海水をポンプでくみ上げ、
右側に排水する。イワシの元気を維持できる装置だ・・・凄い!


帰りは眠気と戦いながら無事に帰宅し。今回は自分でヒラメを捌く。
魚屋の5倍くらい時間がかかるが、エンガワも無事に取れて一安心。

刺身ばっかりではなく、料理方法を考えないと・・・



釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る