2005年5月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「夏泊手漕ぎボート・ヒラメシーズン突入?!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/30
(月)
出港
5:30
帰港
10:45


出発
3:50
帰宅
12:30
青森県 
「夏泊半島」
(ボート釣り)

弱風
弱波

曇り
濃霧
・船竿(2.1m)
電動リール

・ルアー竿(1.8m)
両軸リール

・錘30号
・市販カレイ仕掛
・ヒラメ仕掛け

活イワシ500円分
(30匹以上?)
イソメ1500円分(2人で)
(サンワ堂)
ヒラメ
50cmX1匹

カレイ
18〜28cmX37匹

カジカ・カサゴ系?
16〜18cmX3匹
サワラ部長(私)

干物師さん



干物師さんと調整し早朝4:00に集合予定!
3:50に外に出ると干物師さんが既に迎えに来てくれていた。

薄暗い中、弘前を出発し情報収集と仕掛け購入の為
青森の「そふえ釣具店」に立ち寄る。

釣具店の奥さんによると・・・
前日の夏泊は強風で出港できる状態ではなかったと・・・
不安がよぎる。

そこで見つけてしまったのが・・・なんと480円のルアーロット!
おもちゃ仕様だが、あまりの価格に思わず購入(^_^;)
この前に折ってしまった980円ロットと大差なし!


現場に近づくと・・・濃霧発生中。沿岸に濃い霧がたちこめる・・・
天気予報は晴天で、日焼け止めを持ってきたのに意味が無さそう。

現場には5時過ぎに到着!手漕ぎボトは既に10隻程度出発している。
大盛況だ・・・

風向きの都合とヒラメ狙いから今日は西側から出港!
佐々木ボート店のサービス件が15枚たまって2000円値引き=一人1000円でOK!通いつめて今回で9回目のボートだ(^_^;)

ヒラメを狙うなら一個目の定置網、カレイを狙うなら2個目の定置網近辺が良いとアドバイスを頂く。

生餌としてカタクチイワシを500円分購入。30匹以上バケツに頂いた。

エアポンプ(ブクブク.。o○)が無いと相談すると特別に1台貸して下さったm(__)m

ヒラメを狙うならブイにボートを繋ぐよりアンカーがあったほうが良いと言うので頼んだら・・・
なんと10kg程度の石をロープで縛った物を用意してくれた。

これでホントに船が流されないのか?!心配だ。

西側はポイントが近いので楽々。すぐに最初の定置網近辺に到着。
周りに4〜5隻のボートがいる。

石アンカーを沈めると・・・潮の都合で定置網近辺にボートが流れた。

定置網の海底ロープで釣り難いので場所を移動し定置網から20mくらい離れた所に石アンカーを沈める。
水深は15m。意外に浅い・・・

船が安定したので仕掛けを投入!ヒラメ仕掛けにイワシを着けてアタリを待つ。


次に準備した竿はカレイ仕掛。早朝のヒラメが釣れやすい時間と、イワシの鮮度(活き)を考えて始めはヒラメ狙いに専念。
無理やりカレイ仕掛けにイワシを鼻掛けにして竿二本でヒラメを狙う。


10分も待っただろうか?カレイ仕掛け+イワシの竿に強烈な引きが!
竿が落ちそうになる位の強烈な引きに思いきってあわせると・・・

間違えなくヒラメの引き!ドラグがなって中々巻けない。
ドラグを締めて力で巻くと・・・

徐々に巻けて来る。海面を除くと・・・大きなヒラメが目視できた!水深15mは浅い。直ぐに海面まで到着。

カレイ仕掛けにヒラメ・・・ハリスは細いし針も細い・・・
無理して巻いて・・・緊張する。

直ぐそこにヒラメが見える!しかも大きい・・・しかしタモが無い。

仕方がないので自分でハリスをつかんで一気に船に引き上げると、見事なヒラメをGET!
無事に船上に上げることが出来た。

嬉しさと緊張でヒザがガクガク(^。^)

カレイ仕掛け+イワシでヒラメを釣ってしまった。
運が良かった♪針は伸されていたが口にシッカリ針掛りしており、何とか無事に釣り上げた。

開始早々の大物にその後の戦意が・・・



ヒラメは夫婦で潜んでいると雑誌情報や実際の実績がある。(2匹連発)

「もう一匹、近辺にヒラメがいるぞ!」と干物師さんと気合をいれて頑張っていると・・・
すぐさま干物師さんのカレイ仕掛け+イワシにアタリが!

しかし、痛恨のバラシ。フッキングしなかった。
それから数分後、再び干物師さんのカレイ仕掛け+イワシにアタリが!

しかし・・・今度もバラシ・・・カレイ仕掛けで食わせるのは難しいのかも・・・


それから間もなく、3度目の正直で干物師さんのヒラメ仕掛けに強烈なアタリが!

干物師さんが迷わずあわせると!柔らかい竿が強烈にしなる♪
太ハリスのヒラメ仕掛けを信じてガンガン干物師さんは巻き上げる。

海面に大きなヒラメの魚影が!私が釣ったのより明らかに大きい!


タモが無いが・・・サポートするのは私しかいない。しかしタモ網が無い。どうしよう・・・

自分が釣り上げた以上に緊張し干物師さんの仕掛けをつかんで一気に引き上げた!

無事に大型ヒラメをGET!一安心ヽ(^o^)丿責任重大だった。

私が釣ったヒラメより全長は3cmくらいしか違わないが
明らかに大きいひらめ。肉厚で重みがある。

私が釣ったのがメスで、干物師さんが釣ったのがオスだろう。

産卵前の夫婦を2人で釣ってしまった・・・複雑な思い(゜-゜)


それからヒラメ狙いでしばらく頑張るが日が上がってくると反応も気配もない。



天気は・・・依然、霧がたちこめて湿度100%状態。体が濡れる。


イワシも弱ってきたので、無理やりイワシ餌を使いきってカレイ釣りに転向。

ヒラメのポイントでもカレイが数匹釣れたが、そこから50m位
流した場所で挑戦したら入れ食いだった。

水深は25m。浅場で巻上げがラクラクだ!

サイズは20cm〜25cmが平均サイズで良い感じ。
休む間もなく釣れ続け・・・

イワシを入れていたブクブク.。o○付きのバッカンは
カレイで一杯に♪

私は2本竿、干物師さんは1本竿で頑張ったので
若干釣果に差は出たが、干物師さんは20匹以上
私も30匹以上カレイが釣れた。


正直、私も干物師さんも狙いの大ヒラメを釣ってしまったので
カレイ釣りには気合が入っていなかった。

場所移動もヒラメポイントから一回だけだったし・・・



10時30頃には満足して帰港。

ボート屋の店主さんも、あまりの早上がりにビックリしていた。

先にボートから丘に上がった人と話をしたら・・・
ヒラメどころかカレイも小さいサイズがチョッとだけしか釣れなかったと言う・・・
タイミングとポイントは重要ですね・・・


干物師さんも私も狙いのヒラメを釣り上げ、お土産のカレイも数を釣ったので大満足!


帰宅してヒラメのサイズを測ると・・・49.5cm
自称50cmでOKとした。

干物師さんのカレイは53cm!
サイズ以上に重さの違いがあった。

会社の方へカレイを配り、ヒラメは・・・
自分で捌こうと思ったが良型にビビッてしまい
魚屋の知人の所に持ち込んだ。

さすがはプロの魚屋・・・ヒラメを3枚に卸した。
普通は背骨に沿って捌いて5枚卸でしょう・・・


3枚卸から5枚卸にして皮を引いて・・・見事にエンガワも取れた。
やはり私が釣り上げたのはメスで・・・大きな卵を抱えていた。


その晩にヒラメを刺身で頂いたが・・・
なんとも味が薄くて旨みがない。
歯ごたえは良いのだが・・・

ヒラメは釣り上げてから冷蔵庫で熟成させて
2〜4日目がうまいと良く聞く。魚屋も言ってた。






*次の日に同じく刺身で食ったら!全然味が違う。
旨みがのってて実に美味。

私も、妻も、娘までもが認めた味の違い。

教訓その1=「釣ったヒラメは冷蔵庫で熟成されるべし!」

まだ2柵残っているので料理方法を考えないと・・・

4日連続で刺身はキツイかも(^_^;)嬉しい悩みだ♪




教訓その2は=ヒラメが釣れやすい時間帯は早朝の朝マズメ・・・
5:00前に出港できるなら、その方が良いでしょう。

教訓その3=生餌のイワシはブクブクがあっても1時間でほとんど死んでしまう。
大き目の衣装ケース等の入れ物(水槽代わり)があったほうが良いかも。


教訓その4=タモ網はあったほうが良い。大物がヒットした時に焦る。

教訓その5=カレイ仕掛け+イワシの活き餌は無茶がある・・・




ヒラメはこれからがシーズンらしい!
6月中にもう一度は行ってみたいと計画中♪




「ドライブついでに海の様子を・・・

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
5/11
(水)
午後〜 青森県 
「七里長浜港」
(通っただけ)

「鯵ヶ沢港」
(10分だけ)

「北金ヶ沢」
(15分だけ)

強風
中〜強波
曇り
・ルアー竿(1.8m)
竿先折れてる・・・

ワーム
なし サワラ部長(私)

ドライブメインで釣りはおまけ・・・
『今日の出来事より・・・』

予定がない休み♪妻とドライブ。

午前中から出かける。

道の駅「西目屋」でタラの芽を購入!
沢山入って200円!安すぎ♪

さすが山菜の宝庫だ。スーパーでは見られない価格で山菜が並んでいる。

既にワラビが店頭に・・・。どこで採れるんだろう?
山中を探しながらドライブしたがワラビの気配はなかった。(タラの芽は少々目撃)




それから意味もなく「乳穂ヶ滝」へ立ち寄った。
真冬の氷柱の状態とはだいぶイメージが違う。

マイナスイオンをたっぷりと浴びてきた♪
水量は少なかったが反りかえった崖から落ちる滝は迫力がある。


それから市内に戻って「すき屋」で昼食。
「にんにく牛丼セット」を頂いたが・・・

これが凄いニンニク臭・・・この臭い、二日は消えないな。













それから・・・妻を乗せたまま日本海側へ移動。

久々の「七里長浜港」へ行ってみる。

外海側へ投げ釣りをしている方が結構いたが風が強くてつらそう・・・
釣れてる気配はなし。寒かったので車から降りなかった・・・










それから「鯵ヶ沢港」へ移動。
途中で「速度取り締まり」をやっていた・・・
対向車線でよかった(^_^;)
(ここもレーダー探知機は一瞬しか反応しない)

鯵ヶ沢港での釣り人は3名、全然釣れていない様子・・・
ここも強風で激寒・・・
妻は車から出てこない。
15分くらいワームを落としてみるが反応がない(気配もない)
風に耐え切れず、すぐさま撤収。





それから勢いで「北金ヶ沢漁港」へ移動・・・
ここも風が強い。釣り人は防波堤側に1名のみ。

ここでもワームを15分くらい落とすが・・・ここも生体反応なし。潔く撤収
(釣りをしない同乗者がいると・・・釣りは楽しめないな・・・)


北金ヶ沢に向う途中にショックだったのが・・・
結構なスピードで走行中、道路の真ん中に「ワイヤーのかたまり」が落ちていた。

対向車もきていたので避けきれずに・・・「ガコン・・・」と
バンパーに当たって車体の下を引きずって後ろに抜けた。
工事現場にあるような極太ワイヤー(鉄筋に入っているような)をひいた。

バンパー割れたと思ったが・・・後から見てみると擦り傷がついている程度だった。
塗装欠けもない。意外に強かったリップスポイラー!良く耐えたな、リップ君(^o^)丿


結局、家に帰ったのが夕方で160kmも走ってしまった。
道路が何処でも空いているのでドライブが気持ちよい♪


草木が芽生える目覚めの季節。
天気が良かったら新緑が栄えただろうに・・・


早くワラビ採りポイントを開拓しないと!


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る