2004年10月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「秋の夏泊ボート・・・何が釣れる?

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/18
(月)
7:00〜
13:30
青森県 

「夏泊半島」
ボート釣り

弱風
無波

快晴
・船竿(2.4m)
カレイ仕掛け
(3本針)

・ルアー竿(1.8m)
ブラー10号(金)

・万能竿(3.6m)
サビキ(船サビキ)


・青イソメ(極太)
1000円分
・アイナメ
26cmx2匹

・真鯛
9cm〜13X10匹

・メゴチ
18cmX1匹

・イイダコ
全長17cmX1匹

・ラグビー
12cmX1匹(リリース)

・アジ15cmX2匹
(そのまま餌に)
サワラ部長(私)

干物師さん


今年5回目の夏泊のボート釣り!前日、近所のホームセンターにイソメを買いに行ったら・・・
なんと20:00閉店に変更になっておりイソメを購入できなかった(T_T)

AM5:00に弘前を出発予定だったので・・・
現場へ向う途中の青森「そふえ釣具店」で購入することにした。

干物師さんの自宅まで迎えに行き・・・予定通り5:00に出発!

青森の釣具店に着いたのは5:50分。

ちょうど開店準備中で店頭で一服し開店と同時に店内へ!

イソメ購入のお客さんが早々に10人くらい来店・・・

「餌が安い」を売りにしているだけあって凄い人気。

日曜日は午前中に餌が完売したらしい。
毎日どれくらい仕入れているんだろう(~_~;)

イソメ購入時に「太い」のか「細い」のか聞かれ・・・
他のお客さんが皆、「太いの!」と言うので
釣られて「太いの」をお願いすると・・・

すごい太い、でかいイソメが・・・
1パック1000円で凄い量・・・30cm近い?イソメが沢山・・・


何だかんだで現場に着くのが遅れ7:00過ぎにボートを出す。


天気も良く、寒くもない・・・
波も全然無く、まさにボート釣り日和♪

ボート店の店主に聞くと、今時期釣れるのは真鯛のみ・・・
沖に出るのが良いらしい。


さっそく巨大イソメをちぎって仕掛けに装着!

・ルアー竿には初挑戦のブラー
・船竿には3本針のカレイ・キス仕掛け・・・


期待の第一投・・・

干物師さんに15cmくらいのカレイが釣れる!
カレイは年中釣れるのか?!
(結局カレイはこれっきり)


私は・・・張り切って当たりを待ったが・・・中々こない。

しばらくすると・・・ブラーになんだか大きな当たりが!
しかし全然引かない。

引かないけど重い・・・嫌な予感!

途中で急に軽くなり・・・バラした。

ブラーを回収すると、針がチギれていた。間違いない「フグだ・・・」


その後・・・針を食いちぎるフグをGET!でかい・・・


中々釣れずに・・・最初の獲物はなんと「イイダコ」・・・
イソメに食いついていた。専門に狙えば沢山釣れるかも?



その後も・・・全然釣れない。当たりも無い。

ブラーに来るのはフグの当たり。

カレイ仕掛けには・・・時より小さな当たりがあるが釣れるのは金魚サイズの鯛。

ブラーもカレイ仕掛けも金魚サイズの真鯛やメゴチくらいしか釣れない・・・

途中、ちょっと良い当たりがあり、釣り上げてみると26cmのアイナメだった。

このサイズのアイナメを2匹GET!なんとかお刺身サイズ・・・


昼頃に深場に出ると・・・チョッとしたアタリが続いた!
金魚真鯛がボツボツと釣れ、良い感じになってきたが・・・

しかし・・・私も干物師さんも餌切れ間近・・・


変な当たりがあったので巻いてみると
私には「アジ」(カレイ仕掛けに・・・)

干物師さんには「サバ」が釣れた!青物が回ってきている様子。



餌切れとなったので仕掛けをサビキに交換し青物を狙う(^_^;)


干物師さんのサビキにはサバが!
私のサビキには金魚真鯛が!

サビキもいける!?と思ったがこれが最後・・・


13:00過ぎに終了とした。


ずいぶん沖まで出てしまったが
波も無く、潮の流れも穏やかで
一気に船着場まで帰ってきた。

ボートの操縦・・・ホントに上手くなったもんだ(^_^;)





今回の敗因は・・・太くて長すぎるイソメと
良いポイント、良い時間を見極められなかった事かな?


*今回、お世話になったボートは・・・
二人乗りなのに、いつもより小さい。

チョッと狭苦しい感じがした。

オールを備え付ける金具も壊れかけていたし・・・

たまにはメンテナンスしてくれよ(>_<)










帰りに駐車場に着いてビックリ!
BPレガシーがなんと3台もならんで・・・

左から「2.0R」・「アウトパック」・「スペックB」









アイナメは刺身に(1日冷蔵庫で熟成させたら旨かった)

真鯛は・・・味噌汁のダシに・・・
(リリースしなかったので罪の意識が・・・)

タコはゆでて食ってみた(^_^;)

一匹だけ残ったメゴチは・・・勢いで刺身で頂いた。
白身で旨いような???小さくてよく分からなかったが・・・



ボート店で買ってきた「ナマコ」・・・
これは非常に硬くて・・・硬いのが好きな私も食べきれないくらい硬かった
(前回も購入して硬いのは分かっていたが・・・)










「久々のサビキ釣り!アジは釣れるか?!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/14
(木)
15:30〜
17:30
青森県 

「七里長浜港」

弱風
無波

晴れ
・万能竿(5.4m)
サビキ=ダブル
(ピンクスキン・サバ皮)

・ルアー竿(1.8m)
ワーム(青)

・アミコマセ
1ブロック
・アジ11〜18cm
X10匹
サワラ部長(私)

干物師さん



サビキでアジ狙い!欲を言えばアジでイナダを・・・
コマセを購入し七里長浜港へ午後から出撃!

さすがに日中は移動に時間が掛かる。

15:30に現場に到着するが・・・すごい人出。

ざっと見ても100人の釣り師はいる。


幸いにも、いつもの「角」近辺は隙間があり入り込む。



朝マズメにイナダが釣れたとの噂も耳にするが・・・
周りの皆はアジやサバが少々釣れているだけ。


早速、サビキを投入し、コマセを・・・
しかしコマセが融けてない(>_<)

寒くなってきてコマセが融けない。海水をかけて少し溶かす。


暇つぶしにワームをするが魚の気配は無い。


しばらくするとサビキに当たりが来て・・・

上げてみると18cmクラスの中アジが釣れる!

このサイズなら文句は無いのだが、後が続かない・・・


16:00頃に干物師さん登場!

一緒にサビキをするが反応はイマイチ。


干物師さんは胴付仕掛けに冷凍えびを付けて
挑戦しているが・・・餌取りの「フグ」がうるさくて釣りにならない様子。

夕マズメになり・・・辺りが暗くなってくると・・・周りの方々にアジが釣れ始める。

浮きを付けての「投げサビキ」が有利の様子。

「私のスタイルは長い竿で浮きなし」

ちょっと浮気して浮きを付けてみたりしたが
やはり、自分のスタイルに合わないので浮きはすぐに外した。


しかし・・・浮き釣りの方が釣れるみたいで釣果に差がつく。

干物師さんは浮き釣りで釣果を上げていたが・・・ピークタイムに
仕掛けをバラシ、タイムロス(~_~;)


辺りが真っ暗になった所で撤収とした。


釣果はアジ10匹のみ・・・

2時間の釣行だったが・・・ちょっと不完全燃焼。


アジは帰宅後・・・大きいもの5匹を刺身で頂く♪プリプリで美味い!







「餌はナシ!ワームで何が釣れるかな?!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/7
(木)〜

10/8
(金)
23:30〜
8:00
(夜〜朝)
青森県 

「鯵ヶ沢漁港」

「七里長浜港」

「夏泊・茂浦漁港」

「夏泊・稲生漁港」

「夏泊・茂浦漁港」


無風
無波

晴れ
・ルアー竿(1.8m)
   ワーム(白・茶)
・サバ22cm
X2匹

・アイナメ15〜17cm
X2匹

・ソイ11〜17cm
X10匹

・ハゼ12〜14cm
X2匹
サワラ部長(私)


一ヶ月振りの防波堤釣り・・・しかも夜釣り。出撃場所は・・・悩んだ挙句、鯵ヶ沢港へ向う。

夜道をのんびりと走っていると・・・後から急接近の車が!マツダのアクセラ・・・(ミラー越しのライトで判断)
○20kmペースでもピタリと付いてくるので、○40kmまでペースアップ!気持ちよくブッチギった。
(夜の広域農道・・・カーブも少なく飛ばしやすい・・・取締りと野生動物に注意・・・)

石渡(弘前市街の街外れ)のローソンから→鯵ヶ沢のローソンまで・・・なんと20分で到着。
無茶な運転に反省・・・


鯵ヶ沢に到着すると・・・まずは「わんど」前の突堤でチャレンジ!
魚の気配はなし。真っ暗闇での釣りは・・・怖い。

5分で見切って移動、漁協前にて再挑戦。先客が二組・・・浮き釣りで何を狙っているのだろう?

ここで30分頑張るが当たりはナシ。時間が悪いのか腕が悪いのか・・・

明け方まで待とうと思ったが、時間はまだ1:00前・・・わんど前の駐車場で一服してたら
パトカーが来て職務質問・・・

それから七里長浜港へ移動し5分だけ挑戦・・・ここも魚の気配がないのですぐに移動
(先客2名がルアーとサビキをしていたが釣れてる気配なし)

明け方まで時間もあったので気合で夏泊に向った。

鯵ヶ沢から五所川原に向かい津軽道で浪岡インターへ!
浪岡から高速で青森東まで・・・高速料金は半額の400円♪
(2ヶ月間限定の社会実験)

夏泊半島に到着し「茂浦」の漁港で挑戦!気温は低いが風もなく、そんなに寒くは感じない。

真っ暗な海・・・良く見ると海底がボンヤリと光っている・・・謎の光。

浅場でワームを投入すると、コツコツと当たりがある!これは良い気配。
ちょっと探っていると小さなソイが釣れた。このソイ・・・釣り上げたとき海面で光った!

海面を覗いていると高速で泳ぐ謎の魚も・・・これもボンワリと光っている。
魚が発光するのか夜光虫が魚の動きによって光っているのかは不明だがフシギな体験だ。

ここの漁港で2匹釣ったところで移動。今度は稲生漁港へと向う。

ここは調子が良い!灯台側の防波堤が好調で飽きない程度に釣れる。

朝のマズメ時だったので良く釣れたんだろうが、一時は入れ食いに!
サイズが小さくてチョッと悲しいが・・・。

辺りが完全に明るくなるとアタリも止まり
餌取りが大量発生。

フグにシマダイ、真鯛にカワハギ・・・
ワームもボロボロになってしまう。


見切りをつけて再度移動。再び、茂浦漁港に戻ってみる。

夜間停泊していた漁船が全て出港中で釣りやすい。


海面が何やらザワついているのでジグを投げてみると・・・
ガクンと当たりがあったが外れた。

同じ所に投げてみると・・・今度はヒット!
けっこう横に走る。大物?一瞬期待したが釣り上げてみると
22cmの中型のサバだった。

面白いので何度か投げたら・・・再びヒット!
ジグで投げ釣り=ルアー感覚で巻いている途中にヒットすると
かなり楽しい♪





ここで釣りは終了。かなり疲れた。

釣りの疲れより200km走った運転疲れ?

道の駅「浅虫」の駐車場で1時間仮眠をして
帰りも高速を使用・・・10:00に帰宅して午後まで寝た。











釣った魚は晩御飯に頂いた。

サバも含めて全魚フライに・・・
金曜日だからフライデー(~_~;)


初めて、釣ったサバを食べた・・・
フライにしたら意外に美味かった。
(船で釣った大サバは全てお裾分けで消化していた・・・)

今度は味噌煮でも作ってみようかな?






釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る