2004年9月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「船の真鯛釣り・・・浅場でチャレンジ!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/28
(火)
6:00出港〜
13:30帰港

・真鯛
流し釣り

・おまけの
サビキ釣り

斎藤釣具店
「太平丸」
仕立て
17000円
(特別価格)
秋田県 男鹿市
「北浦漁港」


無風
無波

快晴
・船竿(2.4m30号)
片天秤 真鯛仕掛け
ハリス4号
(現場で手作り)
錘30号使用

・船竿(3.3m80号)
斎藤釣具店
オリジナルサビキ
(ハリス1.5号)
錘60号使用

餌(一人分で)
岩虫=1000円分
イソメ=1500円分


*仕掛け代(二人で割勘)
天秤3本=約400円

ハリス4号100m
1680円

針=海津15号13本入
海津16号12本入
(各170円)
・イナダ45cm
X1匹

・真鯛14〜16cm
X3匹

・アジ18cm
X2匹

・ベラ16〜22cm
X3匹


*以下は時間つぶし
北浦港でワーム釣り

・メバル13〜15cm
X2匹

・ソイ23〜15cm
X3匹
サワラ部長(私)

干物師さん

予約を入れた陸奥湾の真鯛釣りが船長の怪我で中止になったので・・・

私のリクエストで秋田県の男鹿「北浦」の真鯛釣りを予約!

朝の6:00出港で仕立船を手配した。
料金は仕立料金で20000円・・・

当初、私と干物師さんとカメさんの3名で「割勘」にするつもりだったが
カメさんが都合によりキャンセル。

二人で割り勘と・・・餌に仕掛け、ガソリン代におやつ代で・・・
かなり高額出費になりそうな気配(>_<)

これは釣りまくるしかない!気合を入れて北浦に向った。



出発時間は前夜の23:00・・・現場に早めに向って釣りの前に「北浦」で仮眠をする予定。

干物師さんのマンションに迎えに行き、いざ出撃へ!


夜の国道はハイペース!
片道150kmの北浦へは深夜の1:00には到着した。移動時間2時間・・・

現場の車内でビールを一杯やったら・・・盛り上がって中々寝れない(>_<)
結局、3:00〜4:00までの1時間しか寝れなかった・・・



4:00に目が覚め・・・それから軽くウォーミングアップとして?北浦港でワーム釣りに挑戦!
小魚が海面で騒いでいる・・・サバかアジか?


早速、仕掛けを落とすと・・・ソイやメバルが暇なく釣れる。
最大のサイズは・・・ソイの23cm!ドラグが鳴る♪

ワームのソイでは最大サイズ!引きも良く重さもあって嬉しい♪

30分くらいで5匹のソイ、メバルが釣れた。
釣れた魚は・・・船釣りがダメだったときの保険で・・・キープ!




5:00過ぎに釣具店に向う。チョッと早かったが間もなく開店!

仕掛けを相談すると・・・市販の真鯛仕掛けよりハリスと針を購入し船上で仕掛けを作った方がよいとアドバイスを頂く。
「針にハリスなんて結べない」と言うと・・・船頭がバッチリフォローしてくれるとの事。頼もしい(^_^;)


餌はイソメと岩虫を購入。
おすすめの量は・・・一人当たりイソメ1500円分と岩虫1000円分。

「仕掛け」に「餌」に「船代」でかなりの高額に・・・

二人になったことを釣具店の奥さんに話すと
船代を値引きしてくれた\(^O^)/ありがとうございますm(__)m


日の出とともに港に向かい早速出港!

今回の船は「太平丸」!前回、電気釣りでお世話になった船である。

この船に乗るのは3回目!船頭さんが親切で気分良く釣りができる♪
サービス業の心得を良く理解しており、とても楽しく釣りができる!


北浦港から入道崎方面に走り、第一投・・・

イソメと岩虫を房掛けにしボリュームたっぷりな餌!
当たりを待つと・・・すぐにコツコツ当たりがある。

コツコツ当たるのだが食い込まない・・・餌は食われている。
かなり手ごわい・・・

鯛の当たり?らしいが食わないのでわからない。

合わせのタイミングがつかめずに・・・

時間がどんどん過ぎ、餌の消化が進む・・・



ようやく食わせたと思ったら・・・
なんと金魚の様な真鯛が釣れた。

10cmくらいの真鯛・・・防波堤で群がる稚魚サイズ。

良くぞ大きな針に、こんな小さな真鯛が掛かったものだ・・・
(さすがにリリース)

それを見た船頭は・・・少し沖に出てみた。
(30m程度で手巻きでのギリギリのライン?)

そいこでも当たりはあるがすぐに餌がなくなる。

あまりに釣れないので船頭さんがサビキ仕掛けを1セットくれた。


斎藤釣具店オリジナルサビキ!

ハリスが1.5号で激細で針も小さく釣れそうだが大物には心配。

しかしサビキも真鯛も両方釣れない・・・

ようやく釣れたと思っても「ベラ」や20cm以下の「真鯛」・・・

餌とりはフグにかわり針ごと何度も食われる・・・

二人で針を14本使用・・・市販の仕掛けでなく
現場で手作り仕掛けなのでコスト的には有利。船頭や釣具店のアドバイスを
聞いておいて良かった(>_<)

干物師さんの釣果も同じような感じでベラや小鯛が数匹のみ。

餌もどんどん無くなり・・・嫌な雰囲気・・・


それでも天気も良く波も全然無い、年に数回しかない凪状態。
のんびり海を漂っているのも楽しい♪



もう釣果はあきらめ、この雰囲気を楽しんで終わりかなと思っていた頃・・・
潮の流れが出てきて・・・当たりと合わせが取りやすくなってきた。


船頭さんが干物師さんの竿を手に取り、小さな当たりを瞬時にあわせると・・・
足裏サイズの真鯛が釣れた・・・

釣れないのは我々の腕のせい?

流れが出てきて良い雰囲気になったが餌切れとタイムオーバーで終了となった。


あまりの貧果に同情した船頭さんが帰りにチョッとサビキ釣りをしようと言ってくれた。
(斎藤釣具店オリジナルサビキをサービス!)

漁礁を廻り・・・魚探で魚を探して船頭の掛け声と同時に
一気に仕掛けを落として魚を釣る。

非常に忙しい釣り・・・


しかし・・・これが凄い。

仕掛けを落とすとすぐに当たりが!



干物師さんが40cmオーバーのイナダを3連発で釣っている。

私は・・・焦る・・・焦るほど釣れない(>_<)

小型のアジを2引き釣っただけ・・・ますます焦る・・・

漁礁は根が荒く・・・落とすたびに根掛りし針数が減る
ついには仕掛けがダメになってしまった。

タックルケースに入っていたハリス3号のサビキ仕掛けに交換し
ようやくイナダ(45cm)をGET!良い引きを楽しんだ♪




数回漁礁を廻り・・・サビキ最後の1投で・・・干物師さんはメバルのトリプルを!
20cm〜30cmオーバーのメバルを一度に3匹も・・・

一番大きいサイズは・・・見たことが無いくらい大きかった。


小鯛のサイズ、数でも干物師さんに負け
サビキでも完敗・・・

夏泊のヒラメでも負けたので・・・負けっぱなしだ(^_^;)

やはりキャリアと腕の差か・・・


ラスト30分のサビキ釣りで大変盛り上がり
十分満足した釣行となった。





帰りの弘前までの移動時間は3時間・・・

17:00に家に帰り、釣れた魚を捌く。

釣果の悪かった私は・・・干物師さんからイナダ(45cm)とメバル(22cm)を各1匹頂く・・・

ちょっと悔しいが食べ頃サイズで嬉しい。干物師さんありがとうm(__)m



その日の晩御飯はイナダとメバルの刺身!
イナダは鮮度が良すぎてコリコリと歯ざわりが良いが、旨みは少し足りない。

メバルは・・・コリコリした歯ざわりと甘みがあり、臭みもなく実にうまい!


ビールを飲んだら・・・睡眠不足の為か・・・食後すぐに爆睡してしまった。

深夜に目覚めて・・・残った魚を全て捌いて冷蔵庫にストック。


次の日にペラやアジ、メバル、ソイの唐揚げを頂いた。

初めて食べたベラ・・・しかし!予想外にベラの唐揚げがとても美味かった!
フワフワの身は絶品。

船頭さんも干物師さんもベラは美味いと言っていたのは本当だった。
食わず嫌いはいけない・・・


二日目、三日目に食べたイナダは・・・旨みも出て更においしくなっていた。
冷蔵後で熟成すると・・・刺身はうまくなる。

釣りたてのコリコリ感と二日目、三日目の旨み・・・釣った魚はおいしく食べねば♪














←干物師さんが釣り上げたデカメバルと真鯛・・・
30cmオーバーのメバルは迫力があり旨そう!

サビキ釣り・・・忙しそうな釣りだが面白そう・・・








「今年初の船釣り!電気釣りでワラサGET!

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/4
(土)
17:00出港〜
2:00帰港

「電気釣り」

太平丸
乗り合い
10000円
秋田県 男鹿市
「北浦漁港」

入道崎沖


弱風
弱波

晴れ
・船竿(3.3m80号)
ハリス10号サビキ仕掛
(2セット使用)

錘100号〜150号使用

・船竿(2.4m200号)
片天秤真鯛仕掛け

イカ短=赤
イソメ=1000円分
・ワラサ60cm
X4匹

・ワラサ50cm
X1匹

・イナダ30〜40cm
X14匹

・アジ17〜22cm
X4匹キープ

*釣れたアジ、サバは
ワラサ釣りの餌として使用
サワラ部長(私)


待ちに待った電気釣り!
前日は・・・ワクワクして当然ながら?眠れずに・・・
寝れたのはAM4:00過ぎ。

4時間も寝ないうちに目覚め、家族と一緒に9:00出発で秋田市へ向った。

釣具屋さんへお土産の「嶽キミ」を買いに岩木山麓経由で秋田に向ったら・・・
実家に到着したのが14:00過ぎ。

途中、食事を取ったりしたが移動に5時間は・・・土曜日の日中は道路も混む。

娘、妻を秋田に残し北浦へ直行!

15:30には北浦の「斉藤釣具店」に到着!
休憩室で仮眠をさせてもらう事に・・・(30分のみ)

16:00過ぎには「和丸」の船頭さんと「太平丸」の船頭さんも到着。
他のお客さんも沢山来て釣り話で盛り上がる。


17:00には2船に分かれて出港。
(和丸=4名のお仲間で)
(太平丸=乗り合いで、「私」+一人で来た方+3名のお仲間の5名で乗船)


船頭さんや同乗した皆さんは話しやすい方々で雰囲気も良い♪
(太平丸さんへは昨年も真鯛釣り→電気釣りで乗船)


港からポイントまでは30分以上かかる。
波はそんなに高くなかったが、船が跳ねながら進んでいたので中波位か?
船酔いするほどの波では無いと思っていたのだが・・・

ポイントに到着し船が止まる・・・


竿を出す前に・・・来たぁ〜!「船酔い」が来たぁ〜(>_<)
乗船前に飲んだ液体の「酔止薬」も効かなかった(-_-;)

船酔いだけなら我慢できても・・・なんとお腹が回転し強烈な腹痛が・・・
船に乗る緊張感で?お腹が・・・


<ここからはチョッと下品な話で恐縮です・・・気分を害する恐れがありますので飛ばして下さい>

初めて船上で○○○・・・
トイレ付の船でよかった。
が、トイレの流し方がわからない・・・

トイレ内を見回すと・・・英語&イラストで書いてある説明書のシールが貼ってある。
早く流さないと狭いトイレ内は自分の○○○で臭し、船酔いで口からも○○も発射・・・

上下ダブルパンチでフラフラ・・・

トイレの流し方はポンプタイプになってるようで
レバーをシュコシュコとポンピングし流れる仕組みらしい。

頑張ってポンピングし無事に処理完了。船酔いも全て出し切ったら?少し回復気味。

席に戻り、釣りをやっと始める・・・・





下品な話に脱線した。釣りの話に戻って・・・



通常は、現場についてライトを付ける前から釣れたりするのだが
この日は中々釣れてこない。

仕掛けはハリス10号の極太サビキ。
細いサビキで前半アジを狙おうと思ったが、仕掛け交換が面倒なので
初めから10号ハリスで挑戦!


錘は100号を使用。
ワラサ対策でお隣は300号とか準備しているらしいが、
それでは手巻きでは無理。しかも私の電動リールでは苦しい重さ。
魚が釣れても引きを楽しめないし・・・


餌は自宅の冷凍庫に1年前に作った「イカ短」があったが
解凍しても水分が抜け半ミイラ状態だったので
スーパーで冷凍イカを購入し、食紅で赤に染めた「赤イカ短」を新規で作成。


余裕があれば真鯛狙いで・・・もう一本竿を出し、片天秤に一本針+イソメ餌で挑戦しようと思い青イソメ1000円分も現場で用意。




19:30頃・・・ようやく最初の当たりがあった。


錘が100号と重いので“ククン”とした小さな引きしか感じられない。


引き上げてみると・・・中アジと小アジのダブル・・・
船サイズとしては小さい20cm〜15cm。

ワラサの餌サイズ・・・アジを付けたまま海へ再投下。


しかし・・・その後が続かない・・・釣れない時間が続く。

釣り始めてから4時間が過ぎ21:30頃にようやく当たりが来た!

アジの数倍の当たり!しかし突き刺さるような大物の当たりではない。




引き上げてみると・・・イナダのダブル。

35cm位のかわいいサイズ。
食ってもうまく無さそうな「ワカシ」。

それでも活シメ=血抜きをする。
小さなサイズでも大量の血が出る。
これが残っていたら生臭くて食えないだろうな・・・



周りの様子は・・・あまり釣れていない感じ。

反対側の後方(左舷・トモ)で手のひらサイズの真鯛が「1本針の鯛仕掛け」で釣れているとの事。

私も予備竿に片天秤と真鯛仕掛けと装備しようと思ったら・・・
細かい作業に再び船酔い・・・(全て出し切って、もう吐き出すものがない)

根性でイソメを房掛けにして一度だけ仕掛けを投入したが・・・それっきりで真鯛狙いは終了した。




22:00を過ぎてくると・・・船の周りに小魚が集まってきた。
小サバらしき魚が海面に跳ねる。カモメも寄ってきた。

水深50mポイントの中層(25m前後)で中アジや小サバがボツボツと釣れるようになってきたので
中アジや小サバは釣り、引き上げないでワラサの餌として放置。




チョッとすると竿が「ガク ガク ガク・・・」と震える。生餌になっているサバが大物から逃げ回っている現象(たぶん)


すると・・・「きたぁ〜!」竿が一瞬持ち上がった後、海面に刺さる!強烈に引きこみラインが出る。

電動リールはパワー負けし全然巻けない。ドラグを締めて手動で引き上げる。水深25mとヒットした棚は浅かった。
力任せに巻いていくと・・・海面にワラサの姿が!

船頭さんがすっ飛んできてタモ入れをしてくれる♪
無事に釣り上げたワラサは60cm!食べごろサイズだ!


釣り上げたワラサは船頭さんが素早く血抜きをしてくれる。

*ホントに親切な船頭さんで、大物がヒットしたり、お祭りがあると
すぐに駆けつけて対応してくれるしワラサは血抜き処理をしてくれる。

*血抜き→私は適当にエラに包丁を入れていたが
船頭さんに聞くと・・・尾びれの付け根とエラ付近の骨を
切断し体中の血を一気に抜くと・・・

一撃でエラ付近の脊髄をブスッと切る。船頭さん!手馴れた手つきだ。


それからが良い時間帯。

中層ではイナダ(30cm〜40cm)が飽きない程度に釣れ
ダブルでイナダが釣れる事も数回あり。

棚をこまめに探っていると・・・再びワラサが来た!

2度目は少し余裕ができてワラサパワーをドラグと竿で吸収しながら、他の方とお祭りしないように
素早く取り込むことができた。


ワラサのダッシュでお祭り防止の為、錘は150号に変更!

錘負荷80号の竿・・・150号だと苦しい。

この錘の重さだと、アジ、サバの当たりは微妙。巻き上げてみても魚の重みが伝わらない。
ホントは軽い錘で楽しみたいが乗り合いだと少々、気も使うし(^_^;)



それからはコツをつかんで調子が良い!
・アジ、サバの棚を探して釣り、それから大物の釣れそうな棚へ移動。

・竿の「ガクガクガク・・・」が釣れる前兆、心の中でカウントダウンをすると、予定通り?ワラサヒット!

・当たりがあったら電動リールを一気に高速で巻くと針掛が確実(その後は手動)

・サバが海面まで上がってくると中層で釣れるし、イナダの釣れるポイントよりチョッと底でワラサが釣れる。

・イナダはイカ短でも釣れるがワラサはアジかサバが付いていないと来ない(ような気がする)

・釣れる棚が、すぐに変化するのでマメに探るのがポイント。



長い仕掛けでも取り込みは大変だが、棚を探るのには良いかも・・・
(船頭も長い仕掛けを使っていた=8m位の長い仕掛け)



1:00チョッとまで延長してくれ、当たりが止まったところで終了。



ワラサは私(右舷ミヨシ)が5本、私の隣の方(右舷胴の間)が2本、左舷トモの方が2本の合計9本?だったと思う。

イナダ、ワラサを1本も釣れなかった方がいる中で一人で釣りまくった感じ。



左舷トモの方は・・・なんと手のひらサイズの真鯛を20枚も釣っていた(゜o゜)

後方(トモ)は真鯛仕掛けを使っても、船尾側に仕掛けが流れるので
お祭りしにくく鯛釣りには向いているかも?

私の鯛仕掛けと青イソメは無駄に終わった・・・狙いたくても船酔いで狙えなかった真鯛・・・
竿掛けも一つしか持ってないので竿2本出すなら、もう一個必要かも・・・


なによりワラサを沢山入れることができる大型クーラーが一番欲しい(^_^;)
私のクーラーでは5本入れたら満杯になってしまい少し折れ曲がってしまう・・・





←隣で頑張っていた「和丸」
我々よりも遅くまで頑張っていた・・・
何時まで頑張っていたのだろう?










港に帰港したのは2:00過ぎ・・・

帰り支度をして・・・秋田の実家に着いたのは3:30!
氷を追加し魚をキンキンに冷やして晩飯?を食って寝たのが4:30・・・


弘前→秋田→北浦「9時間の船釣り」→秋田で泊り・・・

超ハードスケジュールでヘロヘロ。

翌日は10:00過ぎまで寝かしてもらい
実家でワラサ3匹を捌いて1.5匹お裾分け。
イナダも5本無理やり置いてきた。

3引きも捌くと5枚に卸して皮を引くの上手にできるようになった♪







弘前に戻り干物師さんと磯釣名人Aさんに
ワラサ、イナダをお裾分けし無事に魚を消化できた。


ワラサの刺身はうまかった。明日は切り身を照り焼きにしてみよう♪
(昨年10月に釣ったワラサの方が脂はのっていたような・・・)


今シーズン、もう一度くらい船釣りに行きたいよぉ〜
時間と天気の都合が合わないと無理なのが辛い
(料金もチョッと高いので・・・ためらっちゃいますが・・・)













秋田の実家の「もみじ」・・・先月に通過した台風の塩害で
茶色に焼けていた。柿の木も全滅で今年は実り無し。

山の木々も茶色に焼け、田んぼの稲も変色していた。
凄い被害になっていそう・・・













*連続休暇中で時間があったので長文になっちゃいました(^_^;)
読まれた方、ごめんなさいm(__)m





「北金ヶ沢港・・・イソメを持って出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/2
(木)
13:30〜
18:00
青森県
「北金ヶ沢港」

中強風

晴れ
・万能竿(5.4m)
サビキ(船サビキ)
大物狙い

・万能竿(3.6m)
キス・カレイ仕掛け

・ルアー竿(1.8m)
ワーム・ルアー

イソメ315円
・シマダイ22cm
X1匹

・真鯛18cm
X1匹

・キス16〜17cm
X2匹

・シマダイ小物
10cmX20匹位

・フグ7〜12cm
X30匹位
サワラ部長(私)


何にも予定が無く、天気も良かったので・・・
ついつい釣りに出撃!

久々にイソメ(300円分)を購入し
北金ヶ沢港まで出かけてみた。

自宅から1時間コース=13:30に現場到着した。

先客は5名程度・・・
サビキでサバが釣れていた。

投げ仕掛けにイソメを付けた早速投入!
すると・・・一瞬にして「餌取り」にイソメを食い尽くされた。


餌取りは・・・「フグ」「シマダイ」「カワハギ」「金魚のような真鯛」・・・

これは手ごわい!仕掛け投入後、「餌取り軍団」が仕掛けに群がり、どうにも釣りにならない。

それでも餌取りをかわして海底まで仕掛けを落とすと・・・
手のひらサイズ(18cm)の真鯛が釣れた!ちょっと良い引き♪

そういえば昨年のこの時期も良く小鯛が釣れていたっけ・・・



しかし・・・その後、釣れて来るのはフグと10cm位のシマダイのみ
小さなシマダイは・・・さすがに食えないのでリリース。

餌と仕掛けが見る見るうちにフグの餌食になっていく・・・


あまりの餌取りの手強さに、イソメでの釣りは夕方まであきらめて
ワームで根魚に挑戦!


しかし・・・ワームもフグの餌食になり
あっという間にボロボロにされてしまう。

完全にあきらめモードで餌取りが去るのを祈った。



日が傾いてきた頃・・・お隣の「サビキ釣り師」の釣ったサバに・・・30cm位のイナダが追ってきた。
餌が大きいのか食わないが釣れたサバを狙って何度も追っかけてくる。

面白そうなのでルアーを投入!しかし・・・追ってくるのは見えるが食わせることが出来ない。

頑張ってルアーを投げ続けるが・・・カモメが寄って来てしょうがない。
ルアーが海面に着水すると・・・すぐにカモメさんのアタックが!

カモメを釣ったら大変。怖くてしょうがないのでルアーも中途半端に・・・



隣の「サビキ釣り師」からアジを1匹貰ったので
船サビキに浮きを付け・・・アジを餌にイナダを狙ったが・・・

結局これも空振り・・・難しい、イナダ釣り。


餌取りの勢いもなくなってきた夕方に再びイソメを餌に投げ仕掛けを投入。

しかし・・・日中ほどではないが、やはりフグがうるさい。

仕掛けを放置していたら・・・ちょっとフグと違った引きが!

巻き上げてみると「キス」が釣れていた♪今年初のキスである!






調子に乗って投げ仕掛け
(投げると藻に絡むので岸壁真下のヘチ狙い)
を続けていると・・・

今度は竿が海に落ちそうになる位の強い引きが!

巻き上げてもリールのドラグが鳴って
なかなか上がって来ない。

海面に光る魚影・・・白くてへらべったい!

ヒラメ?しかしイソメの投げ仕掛けだし???


もうちょっと巻き上げてわかった。

「シマダイ」の大きなやつだった(22cm)
鋭い引きを楽しんで、ようやく釣り上げる!
20cmオーバーだとシマダイでも食えるだろうとクーラー行き決定!


その後は・・・キスが1匹追加されただけで疲れ果てて日没頃に終了とした。



反省=フグの猛攻を考えていなかった。
イソメ300円分と投げ仕掛け1セット(2組入り)ではどう頑張っても
夕マズメまで持ちこたえられない状態だった。

仕掛けの予備と餌の量(500円分位)を準備するべきだった。






帰宅して・・・シマダイと真鯛を刺身にしてビールを頂いた。

シマダイは・・・トゲ(背びれ)が痛いし、エラで指を切るしで・・・捌くのが大変だった。
真鯛は小さすぎて、これも捌くのが大変(^_^;)

刺身の味は・・・真鯛が美味かった。シマダイはコリコリして歯ざわりが良かったがチョッと?癖があるような・・・。


残るキス2匹は・・・どうしよう。2匹だけで天ぷらはキツイので・・・塩焼で食ってみようかな?!





釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る