2004年7月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「夏泊ボート釣り!4回目♪ヒラメよ来い!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/28
(水)
出港
5:00〜

帰港
9:00

2〜3人用
ボート
4000円
青森県
「夏泊半島」

無風

晴れ
(日差しが暑い)
・船竿(2.1m)
カレイ・キス仕掛け
2本針

・ルアー竿(1.8m)
ヒラメ仕掛け

イソメ一人500円分

鰯(生餌)
二人で500円分
・カレイ13〜22cm
X4匹

・アイナメ28cm
X1匹

・メゴチ21cm
X2匹
サワラ部長(私)

干物師さん


干物師さんと今週の出撃場所を相談・・・

鯵ヶ沢周辺も考えたが、やはりヒラメの屈辱を晴らすために?
私の希望で再び「夏泊」を選択!気合が入る。

ここで負けるわけにはいけない。一人で戦闘体制に!
(気合と寝不足で目がつり上がってたかも?)


前夜はプレッシャーで?眠れずに・・・睡眠時間はたったの2時間。
AM3:00過ぎに家を出て干物師さん宅へ向う。

いつも通りに浅虫まで1時間、夏泊までは1時間半で到着。
天気も良さそうだし波もない。

西側と東側・・・どちらでも出られそうな雰囲気。

いつもの「佐々木商店」へ向う。


早速、最近の動向を聞くと・・・
あまり良くないらしい。ヒラメのシーズンは終了?。カレイもイマイチらしい。

真夏の夏泊は・・・あまり釣果は期待できないと・・・

シーズン終了宣言にチョイとショックながらも餌のイワシを購入し気合を入れて出港!


駐車場から船着場が近く、前回の実績もある西側からの出発にする。


海は・・・予想通り波が無く・・・湖状態。これなら船酔いの心配も無い。
しかし・・・前半は潮の流れも全く無くチョイと不安。


早朝のマズメ時&イワシの元気なうちにヒラメを釣り上げておきたい。

前回と同じポイントでヒラメを探る・・・
そう簡単にヒラメは釣れない。そう思っていると・・・

釣り始めて30分、(5:30頃)なんと干物師さんのヒラメ仕掛けに当たりが!

ヒラメ40・・・我慢できるか?!と思ったら
明確なあたりに思わず巻き上げる干物師さん!

無事に針掛し、ヒラメが海面に。
サイズは小さいが「ヒラメ」だ!

タモ網なしで引き抜いたがボート上で針が外れた・・・

無事に釣り上げることができたが小さくてもゴボウ抜きはせず
「タモ入れはしたほうが良い」学習した。


さあ、前回に続きヒラメを上げられて気合が入る!
ヒラメは夫婦で潜んでるのか?前回のように連発するか?

頑張って元気の良いイワシから投入するが・・・


結局、ヒラメはこれっきり。
一度、ヒラメ竿にガツンと当たりがあったが・・・巻き上げるとイワシのみ食われたのか?いなくなっていた。

少ないチャンスを確実に成果につなげる干物師さんのテクニックに脱帽・・・




ヒラメ以外は・・・カレイがボツボツ上がるが、数もサイズもイマイチ。

干物師さんが30cm近いカレイを数匹釣っていたが私は最大でも22cm。

唯一アイナメの28cmが釣れたので晩御飯の刺身は確保できた。


日差しが強くなってきて暑くて大変だったのと
午後からの予定もあったので、早めの9:00に撤収とした。

たぶん、これ以上粘ってもアイナメとカレイ、メゴチが
チョこっと増えるだけだろう・・・
(ヒラメの気配が無くて傷心状態)


あまりに早い沖上がりに
ボート屋さんの店主もびっくりしていたが無事に帰港。

店頭のイケスで季節はずれの「ナマコ」を発見。
2匹で300円ちょっと・・・思わず購入。

「ここのナマコは硬い」と言われたが・・・
晩飯時に食ってみたら・・・強烈な歯ごたえだった。

*長期?イケスで飼われていた為か?ナマコの腹の中は空っぽだった。





帰りは黒石まで高速を利用。

黒石→弘前も道路は混んでいたが1時間半で帰宅できた。

今回もヒラメ対決で敗北・・・しかもシーズンは終了気味?
さあ、このウップンはどこで晴らそうか???



*釣りから帰った後に・・・炎天下の中、娘と大鰐でテニスをして・・・
なぜが夕方に勢いで岩木山麓のマス釣堀場に出撃。

ニジマスを5匹追加した。


アイナメの刺身、ニジマスの塩焼き&唐揚げ、カレイの煮付け
ナマコの酢の物で晩御飯を頂く予定が・・・

魚を捌いたら力尽きて・・・眠ってしまった。
目覚めたら次の日の朝。やっちまった(~_~;)








「夏泊ボート釣り!三回目♪」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/13
(火)
出港
5:00〜

帰港
11:00

2〜3人用
ボート
4000円
青森県
「夏泊半島」

中強風

曇り・霧雨
・船竿(2.1m)
カレイ・キス仕掛け
2本針

・ルアー竿(1.8m)
ヒラメ仕掛け

イソメ一人500円分

鰯(生餌)
二人で500円分
・カレイ9〜14cm
X8匹

・アイナメ16〜20cm
X3匹

・ソイ17cmX1匹

・メゴチ15〜19cm
X3匹
サワラ部長(私)

干物師さん


朝の3:30・・・干物師さんに自宅まで迎えに来て頂き
三度目の夏泊ボートに出撃!

寝不足が続いていたので干物師さんが気遣って運転手をしてくれた(^_^;)


現場へはいつも通り、一時間チョッとで到着。天候は・・・曇り空。

風が東側(大島に向って右側)から吹き付けており東側の海は荒れている。


いつも西側から出ているボート屋さんにお願いしたが・・・
今回は東側の船着場を案内された。(両側にボートを置いているのね!)
駐車場から近いので、いつも荷物が多い我々には助かる♪

ボート屋さんから・・・「風向きと潮の流れから大島近辺での釣りは困難」とアドバイスを頂く。

そうすると・・・定置網の回りしかポイントがない・・・東側のように
ブイが沢山ないのだ。初めての西側・・・どう攻めるか?!


前回の反省から活餌の「カタクチイワシ」は出港してすぐに網(100円均一)に移す。

(それでも数時間でほぼ全滅・・・やはり大きめの衣装ケースにエアポンプで
頑張らないとダメかな?次回はイワシの鮮度管理に力を入れよう!)


最初のポイントで・・・カレイを狙う!

・・・ミニカレイとミニアイナメばボツボツと釣れるが
サイズも小さいし数も出ない。なかなか気分が盛り上がらない。

なにより天候が悪い。ハッキリ言って寒い!

Tシャツ+長袖+雨ガッパ+ライフジャケット・・・
これだけ着ているのに寒いなんて・・・
しかも霧雨が時より・・・この状況では・・・ビールがうまくない。

7月も中旬になるというのに・・・この寒さ。
さすが北の町。この地域に猛暑はあるのか?


釣りの話に戻って・・・

カレイがイマイチなのでヒラメに期待する。

ホントに釣れるか半信半疑だがとにかく挑戦!
餌の鮮度が良いうちに釣り上げたい♪

カレイを釣りながらヒラメ竿の様子を見ていると・・・
何か怪しい引きが!

ついつい巻き上げてみたら一瞬、強い引きを感じ・・・
それっきり。早合わせだった。
なんと、ヒラメ釣りの定番「すっぽ抜け」

イワシの腹にはガリッと歯型が・・・悔しい!!!


ヒラメの気配を感じ再び挑戦!すると・・・今度は生餌を巻き上げている途中に
再び当たりが!・・・しかし、巻いている途中である。待つこともできずに・・・

再びイワシには歯型のみ!残念。


ヒラメの気配があるが後が続かずポイント移動。

干物師さんは30cm位の良型のカレイを上げる。

今回の干物師さん、数は釣らないがサイズが良い・・・

小物ばかりよりは大物ポツポツの方が良いか!



しばらくして・・・ついにヒラメの当たりが干物師さんに!

ヒラメ狙いの竿が大きくしなる。しかし・・・あわせたら良いのか更に待てばよいのか
二人とも初心者なのでわからない。目を合わせてお互いに苦笑い。

こらえきれずに干物師さんが巻き上げる!
見事に針がけ成功!ガリガリと巻き上げる。

水面に出てきたのは・・・35cmクラスのヒラメ♪これは嬉しい!



ヒラメはペアで潜んでいると雑誌で読んだと干物師さんが言う。

これは期待できる!生餌やルアーで誘うが・・・なかなか私には
当たりが無い・・・なんだか焦る(^_^;)


そして・・・なんと再び干物師さんのヒラメ竿がしなる!

今度も少々待ってから引き上げると!さっきより更に引きが強い。
干物師さんの「おもちゃリール?」では巻ききれず・・・手でハリスを手繰る!

そして見事、先ほどより一回り大きいサイズのヒラメを釣り上げた♪


干物師さん、見事2連発!ペアで釣り上げた。

2匹目のヒラメ・・・サイズは先ほどのより一回り大きいのだが
肉厚で重さは二回りくらい重い!これは良い型。食い応えがありそう!


その後・・・干物師さんのヒラメ竿に、もう一度当たりがあったが
残念ながらバラシ・・・しかも餌のイワシはもう・・・死んでしまっているのに!


夏泊のヒラメ。魚影が濃い!


結局、寒さと霧雨、餌の全滅で昼前にタイムアウト。
私は小物を少々、干物師さんはヒラメ二枚に良型カレイを数匹。
完全に私の敗北(>_<)


餌もチョッと残っていたので帰りに漁港でチョイチョイと!

ワームでミニアイナメとミニソイを釣ってストレス解消?!






ヒラメは一匹お裾分けしていただき晩御飯へ!

なんだかヒラメを捌くのも上手になってきた。
さすがにエンガワを取るのは難しいが5枚卸しと皮引きはバッチリ!

2柵を我が家で頂いた。

ヒラメの胃袋からは・・・
消化していないイワシが一匹!餌に使ったイワシと同サイズ。

もしかして釣ったときに使った餌?
微妙に消化しているので・・・真相は不明。









・・・残る2柵とカレイの唐揚げをもって、なかなか休みが合わずに釣りに行けない
「カメムシ仙人」さんの自宅へ自転車でお届け!


干物師さんと3人で飲み会(釣りの反省会)を実施♪


日本酒を飲みすぎて・・・
泥酔し?帰りに自転車で転倒!

ヒザと手に擦り傷が・・・痛い・・・全治一週間かな・・・(>_<)


次の日は二日酔いで最悪だった・・・(久々の日本酒で完全に参ってしまった)
























干物師さんから届いたヒラメ画像!
小カレイ→中カレイ→良型カレイ→ヒラメ!


今度は私も大物を釣るぞぉ〜!





「小泊まで行ってワーム釣り!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/9
(金)
11:30〜
15:00
青森県
「小泊港」

弱中風

晴れのち
曇り・霧雨
・ルアー竿(1.8m)
ワーム
・メバル12〜13cm
X2匹

・アイナメ14〜15cm
X3匹

・ハゼ12〜20cm
X6匹
サワラ部長(私)


サビキの「アジ釣り」とワームの「小物釣り」も
ちょっとマンネリ状態。


刺激を求めて・・・釣り場の新規開拓を!



何故か勢いで「小泊」まで来てしまった。


日中の移動は時間がかかって大変な場所・・・


コマセもイソメも持ってきていないので
手軽にできるワーム釣り。

装備がシンプルなので気が向いたら挑戦し

釣れなかったら直ぐに場所移動できる手軽さがマイブーム!



小泊の漁港は・・・

磯の隣が直ぐに防波堤・・・素晴らしい環境だ。

何箇所かまわったが、どこも魚影は濃い感じ。

すぐに小さなアイナメがワームを突いてくる。

いつもの魚(メバル・ハゼ・アイナメ)はボツボツと釣れてくる。

(足の裏サイズの「エイ」も釣れた・・・引っ掛け釣りで・・・)



しかし・・・小物釣りも飽きてきた。

なにか目標を見つけないと、集中力が湧いてこない。

















途中、釣りをしてると・・・ヘリコプターが駐車場に突然着陸!

物凄いプロペラ音とエンジン音にビックリ。


青森県防災ヘリ 「しらかみ」


海難救助の訓練があるらしい。
しばらくすると・・・ヘリコプターの周りは人だかりが!

30分くらい経って再び飛び立ち、小泊の湾内で救助訓練を実施していた。


頭上を低空飛行でヘリに飛ばれると・・・

これまた釣りの集中力が湧いてこない・・・



結局、どこのポイントも適当に探って・・・そこそこ釣って終了とした。

頑張ればもっと釣れると思うが・・・小物ばかりだと寂しいし(~_~;)



最後のポイントでは20cmのハゼが釣れた。
ワームを追って来たミニハゼ、それを横から飛び出して
「バクッ」と食ってきた。

頑張れば大物が釣れるのか?!


20cmオーバーのメバルやソイ、アイナメを釣りたい。

夜釣りの方が根魚狙いは良いのかな?!







































「鯵ヶ沢でアジ狙い!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/2
(金)
15:00〜
18:00
青森県

「鯵ヶ沢港」
(わんど前)

「鯵ヶ沢港」
(突堤)


中強風
・万能竿(5.4m)
サビキ
ピンクスキン

・ルアー竿(1.8m)
ワーム

アミコマセ168円
・アジ12〜14cm
X15匹

・メバル14〜17cm
X11匹

・アイナメ12〜14cm
X3匹

・ハゼ10〜13cm
X6匹
サワラ部長(私)


前日の飲み会をサラリと切り上げ、今回の休みも釣りへ出撃!

天気も良くて気分も良い!
昼に洗車をして・・・午後から出撃を試みた。
(駐車場の桜の木から虫の糞と樹液が毎日大量に投下される・・・)


今回は、七里長浜港をパスし鯵ヶ沢港へ一直線!
道の駅「わんど」で魚屋さんを見て・・・市場価格調査。

「わんど」の駐車場でおにぎりを食べて準備完了!






今回も「わんど」前の突堤を攻めてみる・・・
現場を見てショック。油が浮いている・・・こりゃいかん。一気に戦意喪失・・・


先端付近ではファミリーが浮き釣りを楽しんでいた。

油を避けながらチョイとワームを頑張ったら・・
やはり釣れるのはハゼのみ・・・

ミニアイナメは餌を追いかけるが中々釣れない。


油臭さから嫌気が差して鯵ヶ沢の漁協方面へ移動。






ここは・・・いきなり調子が良い!ワームの一投目から
メバルが釣れた!しかも17cmといつもの14cmより引きが良い♪

防波堤の内海側を攻めると面白いように小魚が釣れる。
ジグを加工して小口のアイナメも狙う!
アイナメは・・・追っても食わなかったがクジメは釣れた。

小顔のクジメが釣れるのにアイナメはダメ・・・難しい。

大きなメバルがワームを狙うのが見えるが・・・中々食わない。

一回りサイズがアップすると、警戒心は二回りアップするみたい・・・
人生経験豊富は大物はそう簡単には騙されないか(~_~;)

小魚も20匹も釣ったので十分満足!








17:00からは突堤でアジを狙う。
アミコマセに・・・前回の使いまわしのサビキ(ピンクスキン)

コマセカゴを付けるか?浮きを付けるか?悩んだが
今回は浮きなし、カゴ付で挑戦。

仕掛けを投入し・・・10分くらいで当たりがあり!
巻き上げると3匹の豆アジが♪

これは釣れ釣れタイムの始まり?!気合が入る。

潮の流れが行ったり来たりで流れがキツイが
サビキにアミコマセを擦るとやはり食いが良い。
頑張ればバンバン釣れる。


防波堤の先端に輪留めが無いのコマセ擦器?が置きにくいのが不便だが
適度に頑張って適量のアジを確保!

もう少し頑張ればアジももっと釣れたと思うが長時間の釣りと風の強さで
疲れてきて・・・18:00過ぎに撤収とした。


帰りは・・・車のボンネットが虫だらけにならないように低速?で走行。っと努力したが・・・

家に帰って車の前部を見ると・・・やはり虫だらけ。

前部は釣りの往復で虫だらけ。後部は桜の木からの樹液と虫の糞でガビガビ。

休みの度に車を洗わないといけない?!






釣れた獲物は!

メバルは煮付けにし・・・

アジはなんと!すべて三枚に卸して皮を剥いで!
刺身用へと加工した。かなり大変な作業だった。

頑張って三枚に卸しても・・・取れる身は一口分。
その小さな身の皮を剥ぐのが又・・・虚しい。

でも、久々の釣れたてアジの刺身は美味かった♪


頑張って捌いたので家族に味わって食うように指導した(^_^;)

小物でもボツボツと暇なく釣れるのが、やはり楽しい!









釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る