2004年6月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る

トップページへ戻る


「アジ狙い!束釣りなるか?!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/25
(金)
15:00〜
19:00
青森県
「七里長浜港」

「鯵ヶ沢港」
(わんど前)

「鯵ヶ沢港」
(突堤)

「七里長浜港」

中風、弱波
・万能竿(5.4m)
サビキ
ピンクスキン

・ルアー竿(1.8m)
ワーム

アミコマセ160円
・アジ13cmX4匹

・アイナメ13cm
X1匹

・ハゼ13cm
X5匹
サワラ部長(私)

干物師さん


久々の午後からの出撃!七里長浜港に寄って見る。

現場は・・・作業船が業務中で鯵ポイントには近づけない。

外海側の防波堤でワームをするが・・・

ミニアイナメがワームを突くだけ。釣れてこない。
ブラクリ+イソメでリトライするがそれでもダメ。

周りが全然つれていないので嫌気が差して鯵ヶ沢港へ移動。

以前、メバルが簡単に釣れた「わんど」前で挑戦。
ここもミニアイナメが食いついてくるが針を食わない。
ハゼが簡単に釣れるが・・・


それ以上の期待ができないので鯵ヶ沢漁港へ移動。

ここも状況は同じ。アイナメは突くだけ。

ハゼが4〜5匹釣れた程度(さすがにリリース)

突堤の先端で鯵を狙おうと思ったら地元の名人が占拠。

狙う隙間なし・・・


悩んでいると・・・干物師さんが鯵ヶ沢港に登場!七里長浜港へ戻ろうと話し合う。



車に戻って・・・チョッと(かなり)ショックだったのがボンネットにガムがベッタリ。
誰かの嫌がらせ・・・。

ガムを取ろうとしたが頑固に引っ付いて取りにくい。
車を洗い立てでウキウキしていたのに一気に気分はブルー。

ガムを頑張って取り除いて七里長浜港へ再度向う・・・。

(傷を付けられたりボンネットを凹ませられるよりはマシだが・・・)

ひどい人がいるもんだ。振り返ると車が見える場所で釣りをしてるのに!




七里長浜港に戻ると・・・ちょうどこれから夕マズメなのに
皆さんは帰るところ・・・もったいない。


釣り場を考える・・・いつもの鯵ポイントは相変わらず作業船で進入不可。

他の場所では鯵は釣れる気配がないので
鯵ポイントの近くで様子を見ながら作業が終わるのを待って進入しよう!

18:00過ぎに作業船は業務終了。

ごくわずかな鯵ポイントに干物師さんと私、熱心な釣り人2名の
合計4名で陣取る。


さすが鯵ポイント、早速、数匹豆アジが釣れ気合が入る。

しかし・・・釣れて来るのは単発的で
私が1時間で豆鯵4匹、干物師さんが3匹

他の二人が10〜20匹位の貧果。(さすがに我々より地元衆がうまい!)

結局、19:00過ぎの薄暗くなった頃に撤収。

豆鯵4匹では・・・晩飯にならないので干物師さんにもらってもらう・・・

ゲートがあり車がポイントまで近づけないので夜釣りも辛い・・・


さあ、定番の鯵ポイントがなくなった。

新規開拓で鯵の束釣りを早く達成しないと・・・


釣れたての鯵の刺身は・・・何時になったら食えるのだろうか・・・














「再び出撃!夏泊半島のボート釣り・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/25
(金)
出港
5:00〜

帰港
10:30

2〜3人用
ボート
4000円
青森県
「夏泊半島」

ボート釣り

曇り〜小雨
無風〜中風
無波〜中波
・船竿(2.4m)
カレイ・キス仕掛け
2本針〜3本針

・ルアー竿(1.8m)
ヒラメ仕掛け

イソメ1000円分
鰯(生餌)500円分
・カレイ14〜23cm
X12匹

・アイナメ20cm
X2匹

・ハゼ10〜18cm
X5匹

・メゴチ20〜22cm
X4匹
サワラ部長(私)

干物師さん


前回のボート釣りですっかりハマッてしまい、干物師さんと再度出撃!
今回は30分出発時間を遅らせてAM3:30に出発。

一時間チョッとで現場へ到着しAM5:00には出港できた。(今回も東側)
どんよりした曇り空で日焼けの心配は無いが雨が降りそうな怪しい天気。

釣り始めは潮の流れも無く波も全く無い状態。
実に快適にボートが漕げる♪

*今回はヒラメ狙いで生餌の鰯を購入。500円分で20匹以上頂いた。
しかし・・・エアーポンプを持っていなかったのでバケツの中で10分後には
半数が死んでしまった(~_~;)
慌ててガゴ網に入れて海中に入れると・・・生きていた鰯は復活。
予想以上(予想通り?)に鰯は弱かった・・・


竿1本でカレイ、もう一本でヒラメ?を狙ったが・・・
ポイントを何箇所か周っても・・・釣れない。

前回のように暇しない程度にとカレイやアイナメが釣れて来ない。

移動を繰り返しても時より釣れるメゴチに・・・危機感を。(チョッと良いサイズのメゴチ)


島の先端、灯台付近まで頑張って漕いで・・・なんとかカレイが釣れ始める。
サイズ的には前回より一回り大きくなり20cm超えが比較的多い。

15cmクラスを沢山釣りよりは・・・数が少なくても一回り大きいほうが良い。

時より小さなアイナメやハゼも釣れて来る。

ショックだったのが・・・長年使っていた船竿を折ってしまった事(-_-;)
根掛りしたので竿で煽ったら・・・繋ぎ目からボッきりと折れてしまった。
かなり傷んでいた竿なので仕方ないが・・・自分の不注意で折ってしまったのは
やはり悲しい(3000円位の特価の竿だったが思い出が沢山・・・)

しかし・・・ここから悪夢が続く。
風がだんだん強くなり、波が出てきた。しまいには白波が立つほどに・・・
釣りに支障が出るほどではないが・・・
なんと「船酔い」状態に(>_<)

慌てて酔い止め薬を飲んだが時、既に遅し・・・
コマセを口から・・・


ショックである。手漕ぎボートで船酔いするとは・・・

周りを見渡すと・・・釣りボートが一隻もいない。
波風に限界を感じ撤収したらしい。

干物師さんは全然元気だったが「ギブアップ宣言」を伝え
沖上がりさせてもらった。


帰港途中にわかったこと・・・
西側が強風で釣りにならないので皆は東側?(島に向って左側)に
移動していた!桟橋の下を通過して移動してよいのだと・・・

東側は・・・無波状態。沖上がりの前に東側への移動を考えていればよかった。


10:30に沖上がり・・・5時間は頑張ったが・・・昼くらいまでは
挑戦したかったのに・・・
釣果もイマイチで(食べるには丁度良い量か)不完全燃焼。

干物師さんもチョッと物足りなそう(申し訳ないm(__)m)


帰りに・・・店屋の店頭で「引っ掛け釣り」に挑戦!
300円でホタテは10匹、イカなら5杯、魚は1匹の
どれかを選んで釣る(引っ掛ける)システム

小さなイカがとても美味そうだったので
迷わずイカに挑戦。

(激細ハリスで魚は釣れそうに無い・・・巨大なヒラメや鯛が泳いでいたが
釣れる可能性は0%・・・間違いない!)

イカは・・・釣り上げると抵抗して水を吐く「ピューッ」
その吐く水が・・・実にうまく釣ってる人間を狙ってくる。

何発も水鉄砲を浴びてしまった。
イカも注意して釣らないと、ハリス切れが発生する。

なんとか上限の5匹を釣って終了・・・
かなり楽しかった。これなら家族でも楽しめるな♪




帰りは今回も高速を使って帰宅。
しかし・・・高速を使っても一時間半近くかかってしまう。

もしかすると日中でも空港道路をショートカットの方が早いかも???


教訓@=鰯は弱い。○o。.エアーポンプ.。o○は必需品

教訓A=竿の扱いは丁寧に・・・

教訓B=波が出たら反対側へ桟橋をくぐって移動する

教訓C=手漕ぎボートでも船酔いする

教訓D=イカの水鉄砲には気を付けろ!

2度目のボート釣り・・・勉強になりました

このままでは終われない・・・来月もボートに出撃するぞ!

↑見えにくいが30cm定規が下に・・・







「台風通過後の鯵ヶ沢港・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/22
(火)
11:00〜
13:00
青森県
「鯵ヶ沢港」

曇り時々雨
強風
・ルアー竿(1.8m)
ワーム
・メバル12〜18cm
X13匹

・ハゼ12cm
X2匹
サワラ部長(私)

大型台風の通過で天候は・・・少々荒れ気味。
低く暗い雲が流れている・・・

風が強く、雨が降りそうな雰囲気だったが
海の様子が気になり出撃!


様子見で七里長浜に行くと・・・
いつものアジポイントには・・・砂山が(>_<)

しかも向風でとても釣りができる状況では無かった。
風を避けて外海側には釣り人が数名・・・

外海側は・・・
後ろから強風に押されながらの釣りも怖いので
すんなりあきらめて鯵ヶ沢港へ!

ここも風が強いが「水揚げ場」の建物の陰に回ると
なんとかなりそうな感じ・・・

早速ワームを投入する。

仕掛け投入後、3分で最初の1匹目をGET!
釣れて来たのは・・・やはり「メバル」

キツイ風の中、頑張って数匹のメバルを釣る事ができた。

突堤の先端に行くと・・・魚は釣れるが風が強くて
怖いくらい・・・潔く引き上げて休憩。

海の駅「わんど」でイカ焼きを食べ・・・
帰ろうと思ったがチョッと欲が出て新規ポイント開拓。


ちょうど「わんど」のすぐ出たところで挑戦。

ここも中々良い♪メバルがボツボツ釣れる。

メバルしか釣れないのでワームを一回り小型のものに変えてみる。

すると・・・釣れて来たのは「ハゼ」

それ以外の当たりもあるが中々食わない。
どうもジグの針が大きすぎて小物のアイナメ(クジメ)が
食わない様子・・・


チビアイナメがワームを追って食らい付く瞬間は確認できるのだが
どうしても飲み込まない・・・

一回り小さいジグ(そんな小さいのがあるのか?)にすれば
チビアイナメもいけそう!


チビのメバル、ハゼだけの釣果だったが
十分楽しめた。


今度は・・・サビキでアジを狙いたい。
七里長浜は場所の確保が大変そう^_^;


来週の休みは・・・深夜に出かけて
アジの朝マズメを狙うか?!






チビのメバルは・・・

揚げ物はカレイで飽きてきたので
煮付けにでもしてみよう・・・












「夏泊ボート釣り初挑戦♪」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/11
(金)
出港
5:00〜

帰港
12:30

2〜3人用
ボート
4000円
青森県
「夏泊半島」

ボート釣り

晴れ
中風〜弱風
・船竿(2.4m)
カレイ・キス仕掛け
2本針〜3本針
カレイ胴付仕掛け

・ルアー竿(1.8m)
カレイ・キス仕掛け
ブラクリ

イソメ1000円分
・カレイ14〜24cm
X46匹

・マコカレイ?
18〜20cmX3匹

・アイナメ24cm
X1匹

ハゼ12cmX1匹
サワラ部長(私)

干物師さん

初挑戦のボート釣り・・・海にボートで出るなんて・・・
普通なら「危険」、しかし、ここ夏泊半島では普通らしい。
よほど潮の流れ、波が無い場所なのか??

会社の方々やmelbinさんから情報を収集し、いざ出撃!

夜中の3時に干物師さん宅へ迎えに行き・・・
暗闇の中、夏泊半島へ向かった。

空港道路を経由し4:30には現場へ到着!
朝日も見えて・・・天気も良さそう。

夏泊半島の先端には・・・民宿?や、お土産屋さんが
10数店連なっている。

釣りの待ちの方々が10名くらい待機している様子・・・
時間的にまだ早いのか?

店屋の軒先には釣堀コーナーやヒラメの活餌「カタクチイワシ」が
泳いでいる・・・

凄かったのが・・・引っ掛け釣りコーナーで
80cm位の巨大ヒラメや食べ頃サイズの真鯛、ソイやアイナメが泳いでいる水槽・・・

80cmの巨大ヒラメ・・・引っ掛けて釣れるのか?
仕組みがわからないが釣れたら量り売りなのだろうか???
買ったら相当高そうだ(>_<)

会社の「磯釣り名人」から聞いた貸しボート屋「佐々木商店」を見つけ
店内に入る・・・店主のおやっさんが寝ながら店番をしていた。

受付をして(名前と電話番号を記入)、ライフジャケットを借りて・・・
料金は「4000円」・・・15枚集めると1回無料になるサービス券をもらう・・・

沢山の荷物を船着場に運んで・・・無事に出港準備完了!
(電動リールやバッテリー、竿掛けなど必要ない物で両手両肩がいっぱい)

*教訓=竿は一人2本が限界。電動リールは必要なし。装備は・・・
仕掛と竿、餌にクーラーがあれば十分^_^;
途中、腹が減るので食料は必須。トイレ対策にペットボトル?があると
良いらしい=波が無かったので普通にトイレはできたが・・・


初めてのボートで少々手こずったが5:00頃に無事に出港できた。
(この日、一番の出港チームだったらしい)

初めは島の東側、桟橋沖で挑戦。
様子を見ながらポイントを探ることにした・・・

必死で漕いで目的のブイを決めたら・・・
船に備え付けのロープをブイに掛ける。

これが中々難しい・・・目的のブイに近づかないのが悔しいが
これも、楽しみのうち♪
干物師さんと笑いながらボートを漕ぐ。息が合わずに
ジタバタしているが・・・これが又、楽しい♪


最初のポイントは・・・水深20m位か?意外に浅い。

しかし仕掛け投入後・・・早速、当たりが♪
小さいながらもカレイが釣れる!

干物師さんにはダブルで釣れている♪
さすが陸奥湾、魚影が濃い。


しかし・・・サイズが小さい。小さいサイズばかりポツポツと釣れる。

チョッとすると・・・干物師さんの竿に良い引きが!
巻き上げてみると35cmクラスの「アイナメ」が釣れていた。

2号のハリスが船に引き上げたと同時に「ブチン」と切れた。
危なかったが干物師さん、無事GET!(次回はタモが必要?)


同じポイントで二人で10匹くらい釣ったら当たりが止まった。
近辺の魚は釣り尽くしたか???

初の場所に移動を実施。今度は少し沖に出てみる。
水深は40m位に一気に深くなる。

ブイを移動し最初の1投は良く釣れるが
その後が続かない・・・釣れなかったら、すぐに場所移動・・・
これを繰り返す。

釣りも楽しいがボートを漕ぐのが・・・これまた楽しい。
目的のブイに向かって進むのが中々難しいが童心に帰ってボートを漕ぐ。
ついついハシャいでしまう・・・

明け方は風が強かったが、日が完全に昇ると風も無くなり
過ごしやすい・・・キレイな景色を見ながらの釣り・・・
のんびりマッタリと良い雰囲気♪

ブイを転々としながら大島の先端付近まで進む。

ここで・・・良いポイントを見つけた。オレンジのブイが目印♪
中型のカレイが入れ食い状態。
2本の竿を交互に下ろすが、その都度1〜2匹釣れくる。

ここは凄い。休む間もなく釣れて来る。

一気に二人で50匹は釣っただろうか?
もうこれ以上、中型、小型のカレイはいらない・・・
大物を目指して再び移動を実施・・・

*あまりの入れ食いに・・・3本針に「カレイ」「ウニ」「カレイ」がトリプルで
釣れる事も・・・(画像参考)

ウニは合計5匹くらい釣れた。

ウニが釣れるなんて・・・「茶色いウニ」と「黒いウニ」
黒いウニを割って食ってみたら・・・塩味が効いて美味い!チョッとしたつまみに♪

その後、場所を転々と変えたが・・・ボツボツとしか釣れなかった。

やはり遠くに行けば行くほど良いのか?

ポイント探しが一番重要なのがわかった。

*仕掛けの違いは、ほとんど無し。どんな仕掛けでも釣れる所では釣れる。
但し・・・胴付の仕掛けはイマイチだった。


昼過ぎに体力の限界?釣り過ぎでクーラーも限界?で
陸上がり。

帰りは「みちのく有料道路」と「東北道」を使って
ぶっ飛ばして帰ってきた。
この有料道路・・・料金は片道800円かかるが
夜なら1時間で夏泊半島に行けるかも?!



釣り過ぎたカレイは・・・
会社へ持って行き半分消化。
残りは唐揚げで食べさせてもらった。

メバルの唐揚げの次はカレイの唐揚げ・・・

唐揚げ続きで家族の顔色も鈍る・・・

さてと・・・更に残った分は冷凍にするか・・・^_^;
(冷凍にすると・・・一生、冷凍庫から出てこない場合が多い)


今時期の夏泊はカレイが過ぎてヒラメ狙いがピークらしい?!
休みがあったらもう一度行ってみたい。
今度は装備を少なくして・・・身軽で行こう・・・
















↑干物師さんの釣果!30cmオーバーのアイナメが♪
良いサイズでした!






「雨の中・・・ワーム初挑戦&夏泊半島初出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/8
(火)
出発24:30〜
帰宅14:30

夜〜
翌日昼
青森県
「浅虫の船着場」

「茂浦漁港」

「浅所?の漁港」

「茂浦魚港」

「浦田?の漁港」

「稲生漁港」

晴れ
弱風〜強風
〜弱風
・「新竿」
ルアー竿(1.8m)
ワーム釣り

3.5g
(白色ジグ・鉛色ジグ)

リングキックテール
グラスミノーM
・メバル14〜18cm
X26匹

・ハゼ12〜27cm
X14匹

27cmのハゼ?
12cmのハゼ?
同じ魚???
サワラ部長(私)

天気予報は曇り一時雨・・・0:30に雨の中出撃!
空港道路を使用したところ・・・1時間で浅虫水族館の前に到着した。

時間もあったので・・・夏泊半島を一周!
道も狭く海岸あり、峠あり、民家前ありで一周するのに1時間もかかった。
夜なので海の様子も景色も何も見えない(~_~;)

再び浅虫に戻る・・・

雨は止む気配がないので
車の中で仮眠Zzzzz

明け方(4:00)目覚めると雨は止んでいない。
傘をさしながらチョッとワームに挑戦!

魚が見えるが食い付いて来ない・・・
しつこくアピールしていたら「ハゼ」が釣れた。
記念すべきワーム初釣果♪

同じポイントを攻めていると・・・今度は「メバル」!
ワーム・・・釣れるじゃん♪




辺りが完全に明るくなったので・・・ポイント探しに
夏泊方面へ出撃!降り続けた雨は止んだ♪

早速、最初の漁港「茂浦漁港」で挑戦・・・

ホタテの養殖が盛んな所で辺り一面に養殖カゴが・・・
臭いし異常な数のハエに焦る・・・
(半島全部がハエだらけ・・・どこの漁港に行っても一面ハエの世界)

突堤を見つけて早速ワーム投入・・・
その瞬間、すぐにメバルが追ってきて「パクッ」いい感じで釣れた。

同じポイントに落とすと・・・再び「パクッ」と食ってくる。
これは楽しい!突堤を歩き回って入れ食い状態が続く。

餌もいらないし仕掛けも単純なので手返しが良い♪
20匹以上 メバルが釣れた。

さすがに20匹も釣れるとワームも痛んでくる・・・その時、気がついた・・・予備のワームとジグ「家に忘れてきた・・・」
釣れ釣れタイムが続いていた時だけにショック。

手持ちのワームが一個だけだと心配・・・根掛りしたらどうしよう・・・
と、思っていたら・・・
チョッと強い当たりがあり・・・一呼吸おいて巻き上げると・・・
なんと根に潜られ「ウンともスンともいわない・・・」

一服して・・・出てくる様子もないのでラインを掴んでヌゥ〜と引っ張ったら
「ブチン!」ライン切れ。たった一個のジグとワームを失う・・・ショック!

仕方なく・・・ブラクリにワーム(3年前に買ってタックルケースに眠っていた変なワーム)
を使ってみた・・・しかし、・・・これだと全然釣れない。
魚が追ってきても、すぐに「プイッ」と見切られてしまう。

夜間に半島を周った時・・・国道沿いにチョッと大きな釣具屋さんがあったのを思い出し、買いに行くことを決意。
大きなロスタイムとなった。

時間は7:00チョッと前・・・営業しているか心配だったが
行ってみると・・・営業していた♪

いつもは7:30開店らしいが今日に限って7:00に
店を開いたとの事!

ここでワームとジグを購入し・・・

今度は釣具店から近い「浅所?の漁港」に行ってみたが
全く反応なし。10分で見切って・・・再び「茂浦漁港」へ戻る。


新しいワームで再び挑戦・・・
しかし、ワームのサイズが一回り大きくなった為か

当たりがあるのに食いが悪い・・・
チョッとチギッてサイズダウンしたら良く食いだした。


突堤の一番浅い場所・・・水深50cm位の所で・・・
突然強い引きが!「30cm近いハゼ?カジカ?」が釣れた

口の大きさがタバコの箱くらい飲み込みそうな大きな口・・・
これは一体・・・
(唐揚げで食ったら美味かった。身がプリプリしていて・・・明らかにハゼとは違ってた)




「茂浦漁港」で満足し・・・次のポイントを探した。

次に見つけた漁港は・・・
「浦田?の漁港」。ここもホタテの船と工場、ホタテカゴで臭い。
ハエの数も物凄い・・・

釣り人が2名いたが・・・釣れてる気配がなかった。

堤防を先端まで歩いていくと・・・一番奥に釣り人を発見。
投げ釣りでカレイを狙っている様子。

竿を5本以上出し、気合が入っている(地元の名人か?)
話しかけても返事はない・・・


かごの中を見ると・・・良型のカレイが10匹以上。
30cmオーバーも見える。

感心していると・・・名人は私の目の前で
40cmオーバーのアイナメを釣り上げた!
50cm近くある大物・・・初めて見た。
名人に「凄いね」と話しかけても「無視」・・・耳の具合が悪いのか???

私のワームには・・・反応が全くないのですぐに移動・・・



次は「稲生漁港」
ここも水深が浅い岸壁が良く釣れた。

明け方に釣れていたメバルが・・・今度はハゼに変わった。


釣れて来るのはハゼばかり。
ハゼも比較的大きめで楽しい・・・食いついてくる瞬間が
見えるのでたまらない♪
(大きい魚は警戒心が強くワームを追ってくるが食わない・・・)

ハゼばかり15匹位ボツボツと釣れた。


13:00過ぎまで頑張って「夏泊の初釣り」は終了とした。

帰りは1時間半の道のり・・・眠くてつらかった・・・




















左=ブラクリにワーム・・・全く釣れない。


中央=白玉のジグに小さめのワーム
食いも良くメバルがバンバン釣れたが
家に忘れて・・・竿に付けといた1セット使ったのみ・・・


右=現地調達したワームとジグ(鉛色)
小さな魚には大きすぎて?食いが悪かったが
チギッて小さくして対応・・・





















































「さあ、待望の6月だ♪アジは来たかな?」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/3
(木)
23:30〜
16:30
(夜〜翌日夕方)
青森県
「七里長浜港」

「鯵ヶ沢港」

「北金ヶ沢港」

「深浦港」

「七里長浜港」

晴れ
弱風〜強風
・万能竿(5.4m)
サビキ(カラースキン&ピンクスキンのダブル)

・万能竿(3.6m)
投げ仕掛け

・船竿(2.4m)
ブラクリ

イソメ(315円X2)
赤アミx1
・アジ12cm(豆アジ今年の初物)X2匹

・カレイ19〜27cm
X2匹

・メバル14〜17cm
X13匹

ソイ12〜20cm
X5匹

アイナメ17〜20cm
X5匹

アイナメ13cmX14匹

ハゼ12cmX1匹
サワラ部長(私)

久々の休み、しかも連休♪
晩飯を食って、風呂に入って・・・23:00に家を出た。
いつもの道を30分・・・七里長浜港に到着。
現場に釣り人は・・・ゼロ。チョッとさびしい。

風もなく寒くはない。早速、サビキと投げ仕掛けを準備。

中アジは来てるかな?!期待が膨らむ。

今の時期だと休むまもなくアジが釣れるはず!
しかし・・・悲しいことに当たりは無い。

1時間待っても・・・竿先に当たりは無い。
満月の夜がいけないのか???


仕方がないので投げ仕掛けでヘチを狙う。

落とし込みの要領で・・・仕掛けを落とすと・・・
怪しい引きが!

何かがイソメを食いちぎっている。
一呼吸待って巻き上げると・・・15cm位のメバルだった。

サビキは放置し根魚を狙う。
(この頃、隣に釣り人が1名到着。缶コーヒーを頂く)

ボツボツとメバルが釣れ始め、明るくなる頃には6匹のメバルと
チョッと大きなソイ20cmが釣れた♪

サビキには・・・なんと豆アジが釣れた。合計2匹・・・
時期的には中アジが釣れて、夏とともに豆アジになる予定が・・・

いきなり豆アジである。嬉しいけどチョッとショック。







4:00過ぎに根魚狙いで鯵ヶ沢港へ移動。
到着してすぐに釣れ釣れタイム!

2本竿で1本がブラクリ。もう1本は投げ仕掛け・・・

ブラクリで魚を釣った事がなかったが
今日は違った。仕掛けを落として棚を探り・・・チョンチョンと
ブラクリに動きを加えると・・・面白いように釣れる。

投げ仕掛けには27cmカレイも♪忙しい・・・
ここでソイ・アイナメ(クジメ含む)を中心に20匹くらい追加。

鯵ヶ沢は8:00前に餌がなくなって終了。

ブラクリ釣りにハマッて・・・
今度は餌(イソメ300円分)を補給し
北金ヶ沢に向かった。

眠さも限界で・・・竿を出した後、車の中で仮眠。
しかし・・・天気が良すぎて暑い。
とても車の中では寝てられない・・・30分くらいしか寝れなかった。

潮が澄んでおりブラクリとイソメの動き、そして魚の動きがよくわかる。
どう動かせば、どう魚が反応するのか・・・勉強になった。
食いつく瞬間は・・・ドキドキして楽しい♪

気合で釣りを続行し、ここでもアイナメを数匹GET。


勢いが付いて再び場所移動・・・今度はさらに南下した。
12:00過ぎには深浦港へ到着。

ポイントがわからないので適当に探る。
ここでもブラクリ・・・仕掛けがシンプルなので準備がすぐできるし
餌持ちも良いので楽である。

深浦港の漁協前と役場裏の2箇所を攻めて
ここでも10匹くらい小さなアイナメを追加した。

*深浦と北金ヶ沢では鯉より大きいような?ボラがたくさん回遊していた。
イソメには見向きもしなかったが・・・

疲れてきたので深浦を後にして・・・鯵ヶ沢方面に向かう。



途中、深浦と鯵ヶ沢の間で警察がネズミ捕りをしていた(>_<)
先頭ではなかったので捕まらなかったが
レーダー探知機には反応しなかった。
標的を定めてスイッチONで電波を出すのでしょう・・・
アブナイ、アブナイ・・・

15:00過ぎに再度「七里長浜港」へ寄った。
サビキ釣り師がたくさんいるが釣れてる気配なし。
風が強くなっており、砂が舞う・・・コンタクト使用者には辛い(>_<)

ここでもブラクリでアイナメを5匹くらい追加し・・・16:00過ぎに終了。
ものすごい疲労感・・・ろくに寝ないで釣りをやりっぱなし。
天気が良すぎて首筋が日焼けでヒリヒリする。

17:00前に無事帰宅。

釣れた獲物を気合で捌く。
魚の骨が嫌いな家族のために・・・15cm〜20cmの魚は全て3枚卸しに・・・
それ以下のサイズでも頭は落として内臓もとる・・・非常に細かい作業だ・・・
アイナメ、ハゼ、ソイはフライにして頂き
豆アジは我が家のペット「カメ」にお刺身で食べて頂いた(これまた3枚卸し)

メバルは明日、煮付けにしよう。



*ブラクリ釣りにはまって・・・ホームセンターで特価のルアー竿セット998円を購入。

ブラクリはイソメが必要だが、要領をつかめばワームでも釣れそうなので
ワームも勢いで購入・・・次回挑戦してみよう♪



釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る