2003年10月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「初挑戦!通りすがりの漁港=蓬田漁港」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/14
(火)
15:00〜
16:30
青森県
「北金ヶ沢港」

晴れ
小波
弱風
・万能竿(3.6m)
 キス投げ仕掛け

・ミニ竿(1m)
 キス投げ仕掛け

(イソメ=50g=300円)
・ハゼ
10〜20cmX17匹
・アイナメ16cmX1匹
・???15cmX1匹
サワラ部長(私)


船釣りを計画していたが仙台の釣れ釣れ大魔王が
仕事の都合でキャンセル・・・
一人で船に出撃も考えたが悪天候で出港不能に。

くすぶる気持ちは・・・小物釣りで発散♪

12:00前に家を出て、近所のホームセンターでイソメを300円分購入し
いざ出撃!・・・しかし、どこへ行こう?

新規開拓!時間にも余裕があったので小泊か夏泊でも行ってみよう♪

目的地を決めないまま北へと向かった。

青森市近辺まで来て悩んだ・・・
東(夏泊方面)へ向かうか西(竜飛方面)へ行くか・・・

結局、青森から西へ(竜飛方向)と向かい
途中で見つけた「蓬田漁港」、ここで挑戦を決意した。
(時間は既に13:30・・・一時間半も走ってしまった・・・)

天気は良かったが非常に風が冷たく、手先と耳が痛い・・・まだ10月なのに、この寒さ・・・
八甲田は雪が降ったとか・・・釣りには辛い季節になってきた。

ポイントは適当・・・他に、投げ釣りの方がいらっしゃったが釣れている様子は無い。
外海に投げるよりも港内で小物を・・・

早速、竿を2本準備しいつものキス仕掛け(小針=8号)にイソメを付けて落とし込む。
寒さでイソメも元気が無い・・・

今回は・・・何年か前に海底から釣り上げたチョイ竿1mに
釣りの師匠「釣り神様」からもらった、落とし込み用のリールを装着し使って見た。

コンパクトでしかも軽くて使い勝手が良い。


仕掛け投入後にすぐに当たりがあり、巻き上げると・・・狙いのハゼ20cmが釣れた。サイズも良く満足♪

その後もボツボツ釣れて暇をしない。
10cm位の小さなハゼが中心に釣れたが、これもリリースしないで持ち帰る。

ハゼはから揚げにすると10cm程度の小物でも十分に旨い。
骨が気になる大きなものより、小物の方が家族にも人気
さすがに10cmに満たないカレイはリリースしたが・・・

何度か海底に沈むカキの殻を釣り上げたが、殻の中には「ナマコ」が・・・
これは食えるナマコなのだろうか?
こちらへ転勤してきて、ナマコが食べられるようになったが
さすがに、この状態からでは食欲は湧いてこない^_^;
もちろんナマコはリリース・・・
(正月に樽で売ってるナマコをスーパーで見てビックリした・・・)

日没まで頑張った結果、ハゼを中心に20匹位の釣果。
十分満足だ。

これ以上は寒くて限界・・・防寒対策を強化しないと
この時期の夜釣りは・・・耐えられない。


夕方から近所の自転車中学生、
自転車おじさんが
私から丁度、向い側の突堤へ
向かって行った。
気が付くと10人くらいがそこで釣りをしていた。

投げ釣り、落とし込み、サビキで・・・
サビキでは小さなアジ?らしき魚が釣れている様子。

釣れるポイントだから人が集まるのだろうが
車から10分は歩かないと行けない場所、私には無理(;_;)

帰りの車の中で、くしゃみと鼻水がひどく、苦労した。
風邪?ひいちゃったかな?

一匹だけ謎の魚が釣れた。
鯛の口を伸ばしたような魚・・・サイズは15cm位。
一応、持ち帰ったが、謎の魚は食えなかった。

ハゼとアイナメは早速、帰宅後
から揚げに!

家族で全部、ご馳走になりました。

*家族の要望で小さなハゼでも頭を落とし内蔵は取る
頭を取った小さなハゼは・・・悲しいほど小さいが
一口サイズで実は旨い!酒の肴にピッタリである




*帰りも道路は混んではいなかったが、やはり1時間半・・・
さすがに往復で3時間は時間がもったいない。

小物釣りなのだから鰺ヶ沢、北金ヶ沢でも十分か?
大物のソイやアイナメ、ヒラメ等が狙えるなら遠征も良いが・・・

さて、次回はどこへ行ってみようかな?!



「電気釣りには厳しい満月の夜・・・釣果は?!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/9
(木)
16:30出港〜
24:30帰港

和丸
乗合
10000円
(一人)
秋田県
男鹿市
北浦沖
(入道崎沖)

晴れ
小波→大波
・船竿(3.3m80号)
ハリス10号
サビキ仕掛け

・船竿(NEW)
(2.4m200号)
極太ロングサビキ

イカ短=白、ピンク、赤
・ワラサ3匹
(63〜70cm)

・真鯛 1匹
(27cm)

・アジ11匹
(18〜25cm)

サワラ部長(私)
カメムシ仙人


前回、天候悪化で途中切り上げした北浦沖の電気釣り・・・
今度こそワラサをGETするために事前準備を万全にし北浦に向けて出発!

素晴らしい天気で期待に胸膨らむ。
カメさんと一緒に約4時間かけて北浦のいつもお世話になっている
「斎藤釣具店」へ到着!

16:30位に出港しようと相談し、釣具店の休憩所で待機。
船長の釣果情報に期待感が膨らむ
(先週マグロが何本上がったとか、前日真鯛の80cmが上がったとか!)
唯一の気がかりが「満月」・・・月夜は魚が電気に集まらないと・・・

少し早めに船着場に行き、竿や仕掛け、竿掛けの準備を実施。
これはポイントに着いてからだと酔ってしまうので
出船前に準備しておくと安心♪

沈み行く夕日を眺めながら約40分でポイントに到着
日暮れと同じタイミングだ。


空を見上げると月が昇り始めている・・・やはり満月は明るい。


←昇り始めた月

船の周りを見渡すと・・・
真っ先に集まってきたのが
テレビ等でも話題になった「越前くらげ・・・」

とうとう秋田沖まで北上してきたか・・・物凄いデカさに圧倒される。
こんなのが漁師の網に大量に入ったら大変だろうなぁ・・・

今回の仕掛けは通常のハリス10号サビキに錘100号を使用。
ワラサが釣れる時は200〜300号の錘でお祭りを防止するらしいが
体力的にも竿にも大きな負担になるので100号の錘で様子を見る。

予備竿で300号の錘対応の竿を購入し持っていったが
こちらはハリス14号の極太仕掛けを着けて放置・・・大物専用に!
(結局、予備竿に大物の当たりはなしでした・・・)


仕掛けを投入し当たりを待つが・・・
調子の良いときは一発目から釣れ始めるのだが
最初の当たりがなかなか来ない。

それでも30分位でアジがポツポツ釣れ始め一安心。
アジのサイズは中アジで20〜24cm位。


アジがチョットしか釣れてこない代わりに
30cm未満の子サバが良く釣れてくる・・・

もちろんサバは、そのままワラサの餌で
針にかけたまま底へ落とす。
ワラサ、ブリ、真鯛、ヒラメ・・・何が来るか分らないところが
電気釣りの醍醐味!

釣り始めて1時間位経った頃か?
サビキについているサバが激しく暴れる・・・???

その瞬間!強烈に竿が海面に刺さる!
ワラサ登場!ドラグを緩めていたため、巻いても巻いても上がってこない。
ドラグをキツメにし手動で上げる。

物凄いパワーで竿を押さえる左手はプルプルしてくる。
竿も見たことが無いくらい、しなっている。

水深46Mから巻いてきても海面ギリギリまで強烈に引き込むワラサ。
船長にタモを出してもらい無事にGET!

やっぱり他の方とお祭りしてしまったが硬竿と大錘ではこの引きは楽しめない。

サビキの針を見てみると・・・伸びている。
もうちょっと強引に巻いていたら針が伸されてバレていたかも・・・

船長の竿にもワラサが当たり、船中も活気が出てくる。

アジが釣れ、当たりがあったので電動で巻き上げていると・・・
キタァー水深20m程度のところでアジがワラサに代わった!

これも踏ん張って手動で巻き上げ無事にタモ入れが出来た。
しかし、この時もサビキ針は伸されていた・・・

3度目の当たりも来たが海面ぎりぎりでバレテしまった。
原因はワラサと力勝負をして針が伸されたため・・・

ドラグか竿でパワーを逃がせば良かった(~_~;)
あと、タモを用意するのが間に合わなく、これも大きな敗因・・・

ここでサビキを丈夫な針の仕掛けに交換。
4度目の当たりも巻上げ中に来た!

針が強かった為、難なく取り込み3匹目GET!

しかし、これ以上、ワラサが連発すれば竿を持つ手が麻痺して
釣り上げられなくなるでしょう・・・

*背合わせの席で頑張っていたカメさんも2度のバラシがあったが
3度目の当たりでGETしたのがなんと「サワラ!」

しかも1mクラスの大物である。サワラは私の定番なのだが(ToT)
船長によると卸値はワラサよりサワラの方が物凄く高いらしい!

(高級魚サワラをGETしてもカメさんは嬉しくなさそう・・・
サワラは我々の中では不人気魚なのだ・・・)

その後、カメさんもワラサをGETし
船中では船長が5本のワラサを釣り上げ
合計9本のワラサをGETできた。

後半は小さいながらもサビキに「真鯛」があがり
チョット嬉しい。

我々二人の船長の他にもう一名の方が
乗られていたが鯛の一本勝負で
30cmクラスまでの鯛を数匹上げていた様子。

真鯛狙いも楽しそう!




月が真上に上がってくるとサバの当たりも
無くなってしまい、23:30には終了となった。

帰港後は釣具店の休憩所で記念撮影
夜遅くなのに顔を出してくれた釣具店の奥さん。
暖かいお茶、ありがとうございましたm(__)m
反省会をして弘前の帰路へとついた。


目的達成で十分満足の釣行となった。

来週も仙台の釣れ釣れ大魔王と出撃するぞぉ〜!






天候・・・
今回はポイントに到着したときは風も無く
波も全く無かったが、1時間位して
急に風が出てきた。
風が出ると5分後にくるのが・・・おおきな波(~_~;)

風速が6m、7m、8m、9mと上がってきり
それに伴って波も大きくなり、一時は立っているのは
困難なくらいまで揺れた。
船酔い寸前までいったが何とか気力?でカバーし
体調良く釣りを楽しめた。

しかし・・・寒さ対策は重要。かなり厚着をしたが
それでも体の芯まで冷えた。

この寒さで雨など降ったら最悪だ・・・次週の好天を祈ろう・・・




「疲れていても気合で出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
10/7
(火)
15:45〜
17:30
青森

「北金ヶ沢港」
晴れ
弱風
@磯竿(5.4m)
サビキ仕掛け
(ハゲ皮)

A船竿(2.1m)
 キス投げ仕掛け

B万能竿(3.6m)
 キス投げ仕掛け

(イソメ=先週残物)
・ハゼ15cmX3匹
・メバル10cmX1匹
・メゴチ15cmX1匹
サワラ部長(私)


連続出勤と前日の徹夜で疲れてはいたが
冷蔵庫の中のイソメが誘ってる・・・

前回の釣行から丁度1週間・・・
イソメの寿命も今日が最後か?!

昼まで寝て、3ヶ月ぶりに床屋に行き
スッキリとしたところで北金ヶ沢へ出撃!夕マズメを狙う!

天気は気持ちよく晴れ、風は冷たいが釣りには丁度良さそうな気温。

現場に着くと地元小学生が堤防の先端付近で釣りをしている。

私はいつものポイントに陣取り早速仕掛けを投入。

イソメ君たちは元気でとても1週間前のモノとは思えないくらい。
買った時より小さくなっているような???(痩せたか^_^;)

調子の良いときは仕掛け投入後すぐに当たりがあるはずだが・・・
なかなかヒットしない・・・

なかなか釣れないので竿が2本、3本と増えていく・・・
ようやく釣れてきたと思ったらハゼ・・・少しサイズは大きくなってきたか?

その後が続かない・・・日暮れ時のアジの回遊を期待しサビキも狙ったが・・・

見事撃沈。最後にメゴチが釣れて暗くなったので終了。
2時間頑張ってハゼにメバル、マゴチ・・・もう一つ何か釣りたかったなぁ・・・



北金ヶ沢から見る岩木山と月

満月は電気釣りには不利・・・

10/9出撃予定の電気釣り・・・
天気と釣果はどうだろう???



















帰りにスーパーで買ったイナダ・・・丸々と太っていて198円
安かったので買ってきて捌いた。
口の中から豆アジが2匹(゜o゜)

刺身にして食ってうまかったが釣った時のようなプリプリ感は無かった。
(釣れたての鮮度抜群イナダは皮引きが大変・・・あと、血抜きは必須)







釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る