2003年9月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「久々の夜釣りでアジ狙い!釣果はいかに?」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/30
(火)
2:00〜
5:30
(夜釣り)
青森

「七里長浜港」
時々強雨
激強風
@万能竿(5.4m)
サビキ仕掛け
(赤スキン)

A船竿(2.1m)
 キス投げ仕掛け

(イソメ300円分)
(アミコマセ)
・ミニアジ10cmX6匹
サワラ部長(私)
干物師さん(見学)

久々にアジを食いたくなりコマセとイソメを購入し深夜に七里長浜へ出撃!

弘前市内も時々強い雨が降り心配ではあったが天気予報は回復気味と判断し決行。

現場に向かう途中の岩木山の横では大雨で前が見えないほど・・・

七里長浜に到着してビックリ!
物凄い強風が吹き荒れる・・・
弘前市内は風は無かったのに海沿いに出て
急激に風が強くなっている。

それでも七里長浜港には釣り人が既に5人(゜o゜)サビキで挑戦中・・・
全く釣れている様子はなかったが
他の釣り人がいたのが心強く即座に準備!

サビキで頑張ったが全然反応なし・・・いくら待っても反応なし・・・

風で竿が暴れて当たりも分らない・・・時々竿を上げてみると
稚魚サイズのアジが釣れている。

時々降る激しい雨にも戦意喪失・・・

明け方に期待したが風が強くどうにもならない・・・
ミニアジが釣れて竿を上げると風で煽られ
アジが飛んで行ってしまいそう・・・

干物師さんも登場したが結局竿を出さずに
明け方、辺りが明るくなったころ撤収となった。

せっかく買ったイソメ君は1匹しか使わずにお持ち帰り・・・
今度、釣りに行くときまでは持たないでしょう・・・



*辺りが明るくなり外海を見に行ったら・・・
怖ろしいほどの高い波が!

西側の堤防を大波が越えているし
北側は→画像の通り・・・

あの、高い防波堤の足元まで高波が来ている。
物凄い速さで迫ってくる波に恐怖を感じた・・・

釣りの結果はイマイチだったが
大迫力の波を見れたほうが印象的・・・
(危険ポイントには近づかないようにしましょう・・・)






こんなに小さなアジ・・・食べたことが無いが
干物師さんが頭ごと唐揚げにすると美味いと
言うので是非挑戦してみよう・・・

酒のつまみにはなりますな・・・









「北金ヶ沢で気合の夜釣り!しかし・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/19
(金)
1:00〜
6:00
(夜釣り)
青森

「北金ヶ沢港」

弱風
@万能竿(3.6m)
サビキ仕掛け
(赤スキン)
キス投げ仕掛け

A船竿(2.1m)
 キス投げ仕掛け

(イソメ300円分)
(オキアミパック)
・鯛=12cmX2匹
・アジ18cmX2匹
・アイナメ14cmX1匹
サワラ部長(私)

 
会社帰りにホームセンターでイソメを購入!
食事をして風呂へ入り、明け方から釣りに行こうと
思っていたが、眠くならないのでそのまま出撃・・・

明け方の天気予報は雨・・・しかし、カッパを用意し準備万端
ポイントは・・・前回好調の北金ヶ沢にしよう!


しかし、北金ヶ沢の夜釣りは初めて・・・
きっと、釣り人は誰もいないだろう・・・夜の漁港、一人ぼっちは怖い・・
丁度、ネットで「怖い話特集」を見たばかりだったので、
一人で車を運転していると「怖い話」を思い出してしまいそう・・・

気を取り直して24:00に出撃!ガソリンスタンドで給油し現場へ向かう。
途中、七里長浜港に寄ったら釣り人が1名・・・
釣れてる気配は無かった。

北金ヶ沢に着くと、やはり釣り人は誰もいない・・・日中も人が少ないのに
夜に誰かがいるわけがない・・・
誰もいない堤防に一人ぼっち・・・やはり寂しい(怖い)

何故か気温は高く、半袖でTシャツでも問題がない・・・
気温と風からも雨の予感が・・・

アミコマセを準備していなかったが
サビキに挑戦!パックに入ったオキアミ(2Lサイズ)を
サビキに付けて強力懐中電灯で海面を照らす。

サヨリとアジがすぐに寄って来たが中々食ってこない。とイソメの
30分経っても何も釣れない・・・嫌な予感。

もう一つの竿には投げ仕掛けをセット→イソメを付けて落とし込み!
しかし、こちらの竿にも生命反応なし・・・
30分後に引き上げてみると・・・「ヒトデ」であった。ショック!

今晩はダメだ、夜明けまで待とうとライトを消すと・・・
何故かすぐにアジがヒット!
18cm位で少し大きくなってきた様子!
これから釣れ釣れタイムかと思ったら・・・後が続かない。

そうしているうちに・・・やはり雨が・・・
仮眠をして朝に備えよう・・・

辺りが明るくなり始めた5:00過ぎに
雨の中頑張ってイソメ君を付け直し
朝マズメの釣れ釣れを待ったが・・・

全然ダメ、10cmチョットの鯛の子が
2匹とこれまた小さなアイナメが1匹釣れただけ・・・
イソメは沢山残っていたが釣れ始める気配が無く
6:00には撤収・・・一晩頑張ったが散々な釣果(~_~;)

七里長浜でアジを狙ったほうが確実だったか???




*帰りはいつもと違う道・・・
岩木山の南側、「嶽きみ」を買って帰ろう♪
魚が釣れなくてつまらないのでトウモロコシで我慢?!

途中の上り坂を攻める!
毎晩、峠を攻めて遊んでいた昔を思い出す・・・
今の車は非力だがマニュアルミッションを多用して気分はWRC?

この車では4輪を滑らして走るなんて出来ないが
ボディーも軽くてそこそこ走る。
タイヤとサス、ブレーキを替えたらけっこうイケルかも?!




とうもろこし屋さんは・・・
朝の7:00と早朝ではあったが
1/4のお店は営業中♪

1000円で7本入りを購入したらオマケで1本「ゆできみ」を頂いた。
(家で数えたら7本購入の予定が8本入っていた♪)

帰りの車で「ゆできみ」をムシャムシャ食べながら帰宅。朝からトウモロコシ・・・消化に悪そう(^。^)

しかし、ここのトウモロコシ(嶽きみ)はホントに甘い。
焼きトウモロコシも良いだろうがこの甘さを味わうなら
やはり「ゆできみ」が一番・・・

しかし合計9本も買ってきて
食べきれるのだろうか・・・




今日の獲物はこれだけ・・・
アジとアイナメは無理やり刺身に捌いて頂いた。
鯛も味噌汁で出汁をとらせて頂いた。

残りのイソメを使い切るために
今度の休みも出撃しようかな?!







「魚種豊富!北金ヶ沢は毎回好調♪」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/16
(火)
16:00〜
18:00
青森

「鰺ヶ沢港」

「北金ヶ沢港」
晴れ
弱風
万能竿(3.6m)
 キス投げ仕掛け

船竿(2.1m)
 胴突き仕掛け
キス投げ仕掛け

(イソメ300円分)
・鯛=20cmX1匹
15cmX1匹
14cmX1匹
13cmX2匹
・黒ソイ16cmX1匹
・カレイ17cmX1匹
・アジ16cmX1匹
・タコ15cmX1匹
・メゴチ14cmX1匹
サワラ部長(私)

あまりの好天に釣り魂が・・・
15:00前に出撃を決意!
近所のホームセンターでイソメ300円分を購入し
七里長浜へ向かった。

気持ちの良い天気の中、岩木山を眺めながら
りんご畑の中を突っ走る。
(台風の被害、大きかった様子・・・)



七里長浜について様子を見ると・・・
沢山の車・・・釣り人で賑わっている。

釣れてる気配も無いので七里長浜は取りやめて
鰺ヶ沢港へ向かった。

早速準備をし、いつもの突堤へ・・・
先客がサビキで金魚のようなアジを釣っていた。

今回は小さな針の「投げ仕掛け」に
もう一本の竿には「胴突き仕掛け」を使ってみた。

実績のある場所で様子を見るが・・・
反応が無い。いつもなら最低5分で最初の1匹が
釣れるというのに・・・
釣れる気配が全く無い。

30分頑張ったが小さな当たりも無いので
この場所を早々とあきらめて更に場所移動。

小物釣りではいつも実績がある北金ヶ沢へ!
17:00前には到着し周りの様子を見る・・・

サビキ釣りをしている方々が何名かいるが
相変わらず人が少ない。快適だ!

海面にはすごい数のサヨリといつもの油が・・・
漁船から流れてると思われる油・・・
海を汚すのはいただけない・・・そこで釣りをするのも精神的にも良くない・・・

気を取り直して釣り再開!
ここでも竿を2本用意!

仕掛けを落として直ぐに最初の当たりが!

メゴチである・・・
食ったことがない魚だが
まあ良い、から揚げにして食ってみよう・・・

そうしているうちにもう一つの竿(胴突き)にも当たりが!
しかし針のサイズがデカイのか、なかなか食い込まない。

キス仕掛けを使った落とし込みには抜群の反応!
次に釣れたのはカレイ17cm。

次々に当たりがあるが餌取り→フグも沢山いる様子・・・

そして3匹目は!なんだかいつもと違う引き!

下へ下へと潜る引き・・・
釣り上げてみると20cmの鯛である。防波堤で釣れた鯛では最大サイズだ(~_~;)

キス仕掛けが好調で釣果を上げていると針にフグが食いついてハリスをブチ・・・
2本あった針はフグのおかげで全滅・・・

仕方なくタックルケースにあった一回り大きな針を使った「投げ仕掛け」に交換。

胴突き仕掛けは当たりがあるが一向に食い込まないので
こちらも投げ仕掛けに交換・・・

針のサイズが大きくなったが次々と当たりがあり面白い。
小さな鯛からソイ、そしてタコまでが食いついてきた。


だんだん暗くなり餌のイソメも尽きて
終了の時間・・・

*オキアミパックを持っていったが
全然食わない・・・唯一、アジをオキアミで釣った・・・
やはりイソメが万能な餌だ・・・

1時間チョット頑張っての
この釣果に満足♪

18:00には撤収をした。
最近、ほんとに日が沈むのが早くなったなぁ〜

今度は頑張って朝マズメを攻めてみようかな?






家に帰ってビックリ!
タコとソイが元気に活きていた(゜o゜)

タコは残酷にも活きたまま塩で揉んでヌメリを取り
ゆでタコにして食した。

ソイは水を入れたボールに入れたら
普通に泳ぎだした・・・

捌こうにも暴れてトゲが危ないので
そのまま冷蔵庫へ・・・


結局、本日食べたのはタコとアジだけ・・・(小さくてしかも1匹だが刺身に・・・)

鯛はどうしよう・・・エラと内臓を取ったので
明日、ウロコを落として鍋にしようかな・・・
カレイとソイはから揚げだ!

明日は早く仕事を終わらせて帰宅しよう♪


「初挑戦!北金ヶ沢の漁師の船!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/9
(火)
10:00〜
18:00

広福丸
仕立て
20000円
(3人割勘)
青森県北金ヶ沢
風合瀬沖

晴れ
中波→小波
・船竿(3.3m)
ハリス3号
胴突仕掛け

イソメ(1500円X1)
それでも不足・・・

上記餌=一人分

イカ短=白、ピンク、赤
ほとんど未使用

パックオキアミ=320円
ほとんど未使用
・花鯛(チダイ)11匹
(27〜15cm)

・カワハギ 4匹
(23〜25cm)

・真鯛 1匹
(18cm)

・その他
ベラ、メバル、謎の魚
計20匹


サワラ部長(私)
カメムシ仙人さん
干物師さん

手頃な価格で楽しめる近場からの釣り船を探していたところ
干物師さんがインターネットで見つけてくれた「広福丸」

午前4:30出港の計画で予約をしていたが
天候不順で午後からが良いとのアドバイス

午後からでは遅い(干物師さん翌日仙台出張)
早い時間では波が高い・・・
結局AM10:00に出港時間を遅らせた。

8:00に家を出てカメさんと干物師さんと合流し
鰺ヶ沢の釣具店へ向かった(仕掛け&餌を調達のため)

9:30頃に鰺ヶ沢に着き、釣具店で情報収集。花鯛狙いはイソメが大量に必要との事・・・
一人2000円分は必要との事だがケチって1500円分を確保(前日500円分購入済み、この釣具店では1000円分追加購入)

北金ヶ沢に着いたのは10:00チョット前。
現場で「広福丸」を探すが良く分らない・・・
地元の漁師さんに聞くと「アッチ↑」と・・・無愛想に答えてくれた。

船には船頭さんが既にスタンバイ!車の置き場所を指示され、すぐにも荷物を積み込む体制へ!
急いで荷物を積んで10:00チョット前には無事(?)に出港できた♪


いつもの防波堤を船で通過♪なんだか優越感(^。^)
船に乗れば何でも釣れる、毎日大漁!こんなイメージが勝手にある。

沖に出るとやはりウネリが残っており波がある。
船も飛ばせない様子・・・
この状況で胴突き仕掛けにイソメ君の房掛けが
できるだろうか?チョット心配。

ポイントに到着し早速仕掛けを準備する。
ここで問題が・・・竿掛けが上手く付かない・・・
手こずっているうちに後ろで干物師さんが手のひらサイズの花鯛をGET

なんだか周りが釣れると焦る・・・焦って更に手こずっていると今度も干物師さんがメバルを釣り上げた。
(竿掛け装着に手こずって早速、船酔いが・・・やばい!)

なんとか竿掛けを装着し仕掛けを下ろすと・・・
すぐに当たりが!

ぐんぐん縦に引く当たり!まさに鯛の手応えである。
期待しながら釣り上げると27cmの花鯛(チダイ)である♪
狙った獲物をすぐに確保できた。

最初は流し釣りをしていたが潮の流れの強さに断念し
アンカーを沈めての釣りに変更・・・

ここからが恐怖の始まり・・・。
胴突き仕掛け3本針りに、たっぷりのイソメを房掛けにしても
仕掛け投入1分で餌がスッカラカンに食われてまう。

ものすごい手ごわい餌取りがいる様子・・・

その正体は直ぐに分った・・・
カワハギである。偶然釣れてきたカワハギは小さなお口でイソメを食いまくる。
サイズが27cmもあるのにちっちゃなお口・・・

何度も餌をとられ1500円分のイソメも直ぐになくなりそう・・・恐るべしカワハギ・・・
あんまり悔しいので物凄い小さな針(キス投げ仕掛け小物用)を胴突きの一番下に付けて
仕掛けを下ろすと・・・

まんまと狙いのカワハギが釣れた。餌取りカワハギ全部を釣りまくってやろうと思ったが
結局カワハギは4匹しか釣れなかった。
外道のカワハギも鍋や煮つけにすると美味いらしい♪

午後から全然釣れない時間が長かったが
波も収まり快適な釣りに・・・

日焼けで既に腕が真っ赤になったが、のんびりした良い雰囲気♪

あまりの餌取りに限界を感じ、移動を決意し流し釣りにすると
サイズは小さいが色々な魚が連発で上がる!

餌取りがいないのがほんとに幸せに感じる^_^;

ベラが釣れ釣れで(特に干物師さんがベラを釣りまくる)
本命の花鯛は数が少なかったがなんとか晩御飯は確保できた。


途中、餌が無くなりかけたが
船頭さんが船の冷蔵庫に1週間以上前から置いていたイソメが
大量に残っていた。(鮮度は落ちていたが太いサイズで皆、生きていた)

この大量のイソメを頂いてイソメの房掛けボリュームアップ!
1針に5匹も付ける贅沢仕様・・・
後半は食いが立ってきて気合も入ったが
みなの疲労も大きく(前日、飲み会で睡眠不足&寝不足)
終了宣言をした。

結局、10:00に出港し17:30まで船頭さんは頑張ってくれた
(18:00までサービスするとの嬉しいお言葉)

帰港して陸に上がったのは丁度18:00・・・
8時間も船上で頑張った(゜o゜)

帰りは凪ぎで船を飛ばす!
ポイントからは20分チョットで帰港・・・



時間の無理を聞いてもらい色々移動しながら頑張ってくれた
船頭さんに感謝し帰路へ付いた。

帰りの車、眠くて大変でした・・・

帰宅後は早速、最大サイズ27cmの花鯛を
刺身に捌いて頂いた。
釣りの後の刺身とビール・・・これが最高の楽しみだ♪


残った魚を仮眠後の深夜に捌いて明日のメニューを考えた。

今年の釣り船はもう無いのかなぁ〜
この前、不完全燃焼だった電気釣りにもう一度チャレンジ!
密かにたくらんでいます。


鯛は刺身と塩焼き、カワハギは捌かれ冷蔵庫、ペラは・・・から揚げが美味いらしいが
見た目がグロくて・・・日の目を見る日はあるのか???


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る