2003年8月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「念願の電気釣り!の予定が・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/29
(金)
14:00〜
20:00

太平丸
貸切!
10000円
秋田県男鹿市
北浦沖

晴れ→雨
中風→強風
中波→大波
・船竿(3.3m)
真鯛ふかせ釣り
ハリス6号8m
片手天秤仕掛け

サビキ(ハリス5号)
錘100号

イソメ(500円X1)
岩虫(1500円x1)
上記餌=一人分

イカ短=白、ピンク、赤
(イカ6匹分使用・・・)
ほとんどイカ短未使用
・真鯛 1匹
(27cm)

・アジ 約20匹
(23〜28cm)

・大フグ1匹
(25cm)


・アイナメ1匹
(防波堤で12cm)


サワラ部長(私)
釣れ釣れ大魔王

8/28(木)・・・
念願の電気釣り!男鹿市の船川港より出港の釣り船「エンゼル」を予約済み。
天気予報を気にしながら釣行日を心待ちに待った!

8/28、予報は悪いが午前中から秋田の船川へ向けて出撃!
弘前市内を出る頃からポツリ、ポツリと雨が・・・嫌な予感。

昼前に「エンゼル」へ出港確認、この時、既に大館付近・・・
恐る恐る携帯から電話をしてみると・・・なんと波高く出港不可能=中止との事(ToT)・・・
楽しみが一気に打ち消され絶望のどん底へ・・・
(普通は出港可能と確認してから家をでるでしょうね(~_~;))

しかしあきらめない!今までも何度も経験した突然の
天候不良の中止・・・なんとか船に乗ろうと
携帯のアドレスから釣り船を探す・・・

能代、男鹿、秋田、本荘・・・

風向きによっては普通に出港できたりする。
あきらめないで出てくれる船を捜す。

一番に連絡したのが男鹿の北浦港!
何度かお世話になっている「斎藤釣具店」である。

釣具店に電話すると事情を理解してくれ電気釣りの船に声をかけてくれるとの事♪
まさに、すがる思いである。

しばらくしてから携帯に連絡が!
「なんとか天気が持ちそうだから出港するよ!」との嬉しい連絡!
しかも我々二人で貸切!

気分が盛り上がり、早速、仙台で待機中の「つれつれ大魔王」へ
出撃の連絡を取った。

夕方出港なのに14:30には北浦港に到着!
雲行きが怪しいがなんとかなるか?

雨が降りそうな気配がするが少しくらいは我慢しよう!


仮眠でもしようと思ったら・・・突如携帯がなった・・・

釣具店からで、天気予報が崩れてきているから
「中止」にしようとの事!

・・・天気には勝てない、しかし釣れ釣れ大魔王は既に
仙台を出て秋田道に入ったところ・・・


私は弘前からなので交通費もたいしたこと無いが
仙台からだと高速代だけでもバカにならない・・・

とにかく仙台からこのまま北浦に向かうとの事で釣具店で待機した。

釣具店では電気釣りの船頭さんが状況を説明してくれた。
何度も予報を確認してくれるが風向きが悪く
どうにもならない様子・・・

釣れ釣れ大魔王を待つ間、船頭さんと釣り話に花が咲く♪

最近の釣果や真鯛、ブリの話でますますハートに火がつく。
釣りは中止というのに・・・

結局、中止は確定し釣れ釣れ大魔王と
秋田市に向かい、サウナに泊まって
明日の天候を見ることにした。


翌日8/29・・・
天気は回復し青空も見える♪
早速、秋田市から北浦に向かう。

天気予報は良くはないが何とかなりそうな様子!

釣り人の思いが天に届いたか?(~_~;)

釣具店に顔を出し、午後から出撃したいと頼み
イソメを1パック購入し北浦港の防波堤で時間つぶし。


小さなアイナメとフグを釣って時間が経つのを待った。





そのまま昼まで時間を潰し釣具店から携帯に連絡が入ったので
お店に向かった。昨日の船頭さんも到着し、おすすめ仕掛けを購入し早速出撃!

仕掛けの良し悪しが釣果に大きく差が出ると言うことで
サビキ仕掛けを購入、真鯛は手持ちの在庫で対応する。

餌はイソメ1パック500円と岩虫1500円分・・・
鯛つりの餌はお金がかかる。

本日の釣りの内容は・・・
真鯛の流し釣りを日中実施し
日暮れから電気つりへ変更!しかも貸切で・・・贅沢な釣りだ。

料金は電気釣りが一人10000円だが真鯛釣りとセットで
13000円との事・・・多少高いが貸切と考えれば
異常に安い、
餌代、仕掛け代、昨日の宿泊費を考えると・・・お金使いすぎ(~_~;)

「真鯛流し釣りスタート」

早速、港を出港し真鯛ポイントへ向かう♪

流し釣りは初めてだ。餌のつけ方から錘選びまで
船頭さんに指導してもらい、早速仕掛けを投入!

錘はなんと100号、天秤仕掛けに8mのハリス・・・
「ふかせ釣り」と言われる釣りか?

餌は高級イワムシ君2匹にイソメ4匹を一つの針に房掛けにした
贅沢な内容・・・
こんな贅沢な餌でフグなんかに食われたら頭にくるだろうなぁ〜


仕掛けを落とすと・・・水深60m程度だが船が流れるので
底を取り続けるとどんどん糸が出て行く。

気が付くと糸が200mとか出たりして・・・流れがキツイらしいが
これ以上、重い錘にすると当たりが取れないから
なんとか100号錘で頑張る。

200mも糸が出ると巻き上げるのが大変・・・
電動リールを最大速度で巻いても時間がかかる。
こんなに電動リールが活躍したのは初めてだ。

しかし・・・
何度もポイントを変えてみるが当たりがこない。
潮が悪いのか腕が悪いのか(~_~;)

ようやく当たりがあったと思ったら巨大なフグ・・・26cmの大物・・・
高価な餌を食いやがってぇ〜
(このフグ、船頭さんが皮をはいで内臓を取って加工してくれた。フライが良いらしいが少し怖い^_^;)

それからしばらくすると不思議な当たりが・・・
150mも糸を出し、100号の錘を付けていると
当たりもイマイチわからない。それでも竿先に生命反応を感じる。
よく分らないが、普通に電動で巻き上げたら鯛が釣れていた♪
30cmに満たないが足のうらサイズの真鯛。初めての真鯛で嬉しい!



結局、4時間頑張って釣れたのは27cmの真鯛1匹とデカフグのみ・・・
釣れ釣れ大魔王も手のひらサイズの真鯛1匹と・・・となんと鯛仕掛けでキスを1匹GET!
デカ針でキスを釣る、しまもイワムシの房掛けで・・・さすが釣れ釣れ大魔王(゜o゜)

船頭さんも何度もポイントを替え、なんとか釣らせようと頑張ってくれるが
結局、鯛つりは不発に終わった。

でも、鯛釣りはこんな感じで、じっくり狙うのが良いのでしょうね。


「電気釣りスタート」


日も暮れかけてポイントを移動!30分以上走ったか?入道先の先端付近まで船を移動し
電気釣りスタート!波が高いが何とか我慢できそう。

ポイントは集中しているらしく、目で見える距離に他の船も見られる。
全部で今晩は4隻出撃している様子。

灯りが付きなんとも言えない電気釣りの雰囲気♪
釣れそうな気配!

最初はアジ狙いで船頭お勧めのハリス5号のちょっと頼りない仕掛け。
しかし、アジを狙うには十分なサイズ。

仕掛け投入後すぐにアジの当たりが!
デカ、中サイズのアジがダブルで上がる。

釣れ釣れ大魔王も絶好調で大物サイズを連発している。

食いがさらに立ってきて、仕掛けを落とすと底に着く前にアジの群れに♪
ダブル、トリプルで上がる。おみやげ確保に安心!

無線で入る他の船の情報ではブリも上がり始めたとの事!
大物の予感もしてきた頃・・・
天候が急に悪化。風は強いし波がダブダブ、雨も降ってきた。
波はどんどん高くなり、少々船酔い気味。

とても釣りを出来る環境ではなくなった。
座っていても転がりそうだしアジが釣れても回収するのが大変・・・
釣れ釣れ大魔王も少々船酔いの?様子。

しかし、船頭さんは余裕で釣りをしている。他船で大物との情報に気合が入り
竿を2本出してアジをバンバン釣りながらブリに備えている!
さすが船頭、タフである。

もう少し頑張りたかったが、釣れ釣れ大魔王は帰りの支度をしている。
仕掛けを回収し竿をたたんでいるでいる。もう終了と目で合図^_^;

私も船酔いが限界に達し一発コマセを海面に撒いた・・・
電気釣りは2時間で終了・・・

帰りは波が高く船もスピードが出せなく、帰港まで1時間もかかってしまった。
冷たい雨が降り、風が強い中の船、体力が物凄く消耗した。

鯛と電気釣りのリレーはやはり疲れる。今度は電気釣り1本に絞り込もう(^。^)

帰りに寄ったラーメン屋さんの味噌ラーメンが格別に美味く感じられた。



次の日は出勤、頑張って車で帰る途中、あまりの睡魔に負けて道路わきで仮眠をしていると・・・
パトカーが現れ職務質問・・・眠ってすぐに起こされ少し不機嫌・・・
疲れたから眠っていて悪いのかぁ!

帰宅したのはAM1:00過ぎ・・・気合でアジを捌いて刺身にしあっと言う間に眠ってしまった。

今回は宿泊をしての釣り、だんだん内容がハードになってきたなぁ〜(゜o゜)



*今回、いろいろ無理を聞いてくれた太平丸の船頭さんは
大変親切な方で安心♪
話しやすいしアドバイスも良くしてくれ
気配り、心配りができた船頭さん。
船頭さんとの相性も重要ですよね!また、お願いしますm(__)m
















↑27CMのアジと鯛。
大量の氷を利用し凍付けにして持ち帰ったが目が濁ってしまった・・・
海水+氷+塩追加で浸透圧を考慮したが
ダメだった。はきりいって凍ってしまったみたい。

初日は刺身で食ってもプリプリで旨かったが
二日もすると身が柔らかくなり水を吸ってしまった様子。
色々検討し決断した保存方法なのに残念・・・

今度はいつも通りビニールに入れて氷の上に普通に置いてこよう・・・


「久々に出撃!世間はお盆休みで釣り場も混雑・・・」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
8/12
(火)
17:30〜
19:00
青森
「七里長浜港」

「鰺ヶ沢港」

晴れ
中風
万能竿(5.4m)

サビキ・ダブル
赤スキンx2


(アミエビ1ブロック)
・アジ 8匹
(15cm前後)

・メバル1匹
(5〜15cm)
サワラ部長(私)

仕事が多忙で?久々の出撃!
珍しく夕方からサビキ釣りに挑戦をしてみた。


「第1釣行」

お盆中は殺生は禁止?そんな云われはまるっきり無視され?
向かった七里長浜港は大混雑・・・

お気に入りのポイントには近づけず、仕方なく空いている所へ竿を出した。

周りの様子を見ていると・・・
100人以上の釣り人がいるのに誰も釣れている様子が無い!
ウグイとフグの死骸が転がるのみ・・・

風も強く、コンタクトにホコリが・・・なんだか今日は嫌な予感がする。


竿を出して20分・・・全然釣れる気配はなし。

さあ、これから夕マズメで釣れて来るか?!
と少し期待をしていたら・・・

なんと大型の船がコッチへ向かってやってくる。

「来るなぁ〜」と心の中で叫んだのも虚しく・・・


目の前に着岸・・・

ほんとに私のポイントの「ど真ん中」に
大型船が着岸した。
まるで私を目印にしているかのように
船の中央が私の竿のところへ・・・

一気にヤル気が失せて、20分の竿出しで
七里長浜を後にした・・・



「第2釣行」

ボウズで帰るわけにもいかないので釣り場を「鰺ヶ沢港」に移した。
ここは良い、なにが良いかと言うと・・・釣り人が少ない!

何時でも貸しきり状態?!
釣り人が何組かいるがのんびりとした様子。

混雑に慣れていない私には、こちらのほうが合っている。

イソメで根魚を狙っている方へ様子を聞くと・・・
バケツの中には30cm未満のヒラメが!
サイズは小型だがイソメでヒラメが釣れるとは・・・
活きアジで大物も狙えるか?!

早速、いつもの突堤を陣取りサビキを出した。
そう言えば・・・鰺ヶ沢港でサビキをやるのは初めてだった。

防波堤の側に輪止めが無いので竿掛けが使えない・・・
これは実に効率が悪い。
三脚は使い勝手が悪いし、何かいつもと雰囲気が違い落ち付かない・・・

時間も既に18:00過ぎ。
ここは車のライトも届かないし
懐中電灯も忘れてきた。

暗くなるまでの1時間が勝負!

こまめにサビキにコマセを擦りながら
アジの当たりを待つと・・・
(輪止めが無いのでコマセを擦るのも大変・・・)

久々に来た!アジの当たりである。
15cmクラスで少しは成長している様子。
まずは一安心。

仕掛けを落とすと直ぐに次の当たりがあり、これまた15cmのアジ。
しかしその後が続かない・・・

つれそうな気配はあるが、何か調子が悪い。
やっぱり竿掛けが無いのがリズムをつかめない原因。

アジを釣る→サビキにコマセを擦る→同じポイントに仕掛けを落とす→直ぐに又、アジが釣れる・・・

この流れが上手く出来ない。アジの群れを散らさないためにも
釣れ釣れタイムを効率よくいきたかったが・・・結局は10匹釣らない前に
暗くなってしまった。
(活アジを餌に大物を狙ったがダメでした・・・)

船釣りの餌用に豆アジを冷凍保存しておきたかったが
今回は不発、残念である。

鰺ヶ沢では日没までの1時間の釣行だったが
自分的には久々にアジの引きを味わえたので
まぁまぁ満足である。

今度、出撃できるのは何時だろう???




















釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る