2002年12月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「狩猟本能爆発!ハタハタで沸く七里長浜港」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
12/4
(水)
5:30〜
10:00
青森
七里長浜港

晴れ
弱風
タモ網(5.4m)
・ハタハタ 5匹
(15cm)
サワラ部長(私)
一人

昨日のハタハタフィーバーが忘れられず、軽い興奮状態に!
狩猟民族の血が騒ぐ!どうやったら沢山取れるか昨日の鯵ヶ沢からの帰りの車で考えた。

作戦1=タモ網ですくう(私のタモ網は5.4m、しかも網の目が粗い)
対策=ホームセンタでタモ網を延長するための竹材を購入(180円)
   =竹とタモを合体させるためのタイラップ+テープを100均のダイソーで購入

作戦2=カゴですくう(ホームセンターで売っていた網=釣った魚を生かしておくカゴ)
対策=錘をつけて沈むようにし引っ張ればハタハタが入る?
   =カゴ680円+ロープ450円・・・

上記を家で改造し気分はハタハタ捕り!気合が入る。
(ハタハタは網ですくって良いの???1000人検挙、書類送検なんてニュースにならないよね??)

興奮で朝の4:30に目が覚めそのまま出撃。

真っ暗なうちに現場に着いたが・・・・ひと、ヒト、人

周りでは既に網やカゴでハタハタがバンバン上がり異様な活気が!
昨日とは打って変わって内海側が好調。

はやる気持ちを抑えて外海側に場所を確保。

どうやってすくって良いかわからないので、とにかく暗闇の海をタモ網でかき回した。
自作の網も投入!さて、どんなもんかな?

頑張って水の抵抗で重いタモをかき回し続けあげて見ると!
すると!!タモの中でピチピチとハタハタが!

結構、良い型の子持ちである。
1匹GETで一安心、周りもどんどん上がっている。

しかし・・・ここでいやな予感が的中!だんだん明るくなってきて、少し海面が見えるようになってから
気が付いたが・・・タモ網の網目が粗すぎで、タモに入ったハタハタが皆、落ちてしまう・・・
10匹は逃がしてしまったか?・・・

大きなサイズしかすくえない・・・小物はリリース・・・・勝手に網がサイズコントロールをしてくれる(ToT)

投げ込んでいたカゴを引き上げて見ると、こちらにも1匹入っていた。嬉しい!


しかし、タモ網の目が荒いのは致命的・・・考えに考えた・・・。

沈めていたカゴを分解し、ネットだけにしてタモに付けたら・・・・防波堤で工作開始!
効率よく5分で作業が完了。
カラフルなこまめの網のタモ網の完成!これでバッチリ?!と思い、再度挑戦。

当たりが完全に明るくなっても、魚影は少しはある。

早速、回遊してきた群れにタモ網を投入!が、、、ここで再び、問題点発生(ーー;)

なんと、カラフルなタモ網はハタハタにも派手に見えるらしく、
網が近づくと、ハタハタが逃げてしまう・・・しかも、目が細かくなった網は水の抵抗が倍増、ハタハタを追っかけ
られないくらい重い・・・

しましに群れは回ってこなく、周りの皆も捕れなくなった・・・。
しかし、情報を聞きつけた地元住民は次々にカニカゴを持って現れる。
その数、およそ2000人!?

寒さに振るえ10:00前に撤収を決意。

結局、取れたのは、少し多きめの5匹だけ・・・

装備が完璧であればこの10倍はいけたかも・・・
暗いうちが好調で、カニカゴと細かい網目のタモ
(名人は80cmの超大型を使用・長さも6m以上)
があれば・・・悔やまれる。

←3人家族の我が家には丁度良い数?
6:00にすくって水なしで10:00まで生きていた(゜o゜)
恐るべし生命力!

周りを見渡すと・・・徹夜組?それとも大量かご投げ(一人で10個とか・・)
数千匹を捕った人が多数見受けられた。


←こんなに捕ってどうするの・・・
売るのか?ご近所に配るのか?
でも、ハタハタは冬場の保存食。
ハタハタ寿司、食いたいなぁー



帰り道にホームセンターにカニカゴを見に行ったら・・・
昨日は在庫のあったカゴが全て品切れ・・・
噂を聞きつけた弘前市民も行ったのかな?

夕方に再度出撃しようと思ったが、二日で3回の出撃は・・・
疲労も残るので来年までこの楽しみは持ち越しとしよう。
(来年の12月も弘前に住んでいるのかは不明)

ハタハタ接岸の情報を何処で入手するのか・・・これも問題だ。
今年は今週の日曜日から取れ始めたらしい。


←鮮度抜群のハタハタはうまかった!
ハタハタ特有の臭みも薄く、ブリ子もネバネバ。
もう少し取れればなぁ・・・・
*家に帰ってきても2匹は生きていた!!!
水なしで5時間以上も生きているなんて・・・すごい



「気が付けば12月・・・七里長浜港で勝負!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
12/3
(火)
13:30〜
16:30
青森
七里長浜港

晴れ
弱風
万能竿(5.4m)
サビキ(ダブル)
トリック+サバ皮
 コマセ
・豆アジ 70匹
(10〜15cm)
・こはだ 3匹
(10cm)
サワラ部長(私)
一人

好天に恵まれ、急遽出撃!仕事のストレスもたまっていたので
海と向かい合い獲物捕獲のために頭を使う!仕事で疲れた脳みそをリフレッシュ!(意味不明)

ずいぶん久々だ・・・数えて見るとなんと!「3ヶ月ぶり」である。
竿納めと冷凍庫のコマセの消化を兼ねて、「釣れなくても、まあ良いか?」こんな感じで海に向かったが
密かに夏場まめサイズだったアジ君が大型化していないか少し期待はしていた。

岩木山を通り越し、いつもの道のりを40分かけて現場へ到着、すると・・・・
いつもと雰囲気が全然違う!車が沢山で、釣り人がびっしり!
いつものポイントは皆、アジやハゼ、イワシを狙っていたが、外海側の防波堤がただ事ではない!
ざっと数えて1000人以上の釣り人?が防波堤を埋め尽くしている。

そうです!今年一足早かったハタハタの接岸です!
噂には聞いていたがすごい数・・・皆、タモ網とカニかごで大量に押し寄せるハタハタをすくっているのだ!
秋田では釣り以外は禁止だったはずが、ここ青森はOK?皆、遠慮なくハタハタを捕っている。
中には投網で一網打尽にする人も・・・

今日は、タモ網を持ってなかったのでハタハタは羨ましかったがアジ釣りに集中!周りのには良型のイワシも上がっていた。
竿を1本に絞り、サバ皮とトリックで全層をカバー、いつもの仕掛けである。

朝から解凍していたコマセが全然解けなくて困ったが、仕掛け投入後、すぐに微妙な当たりが!
久々の当たりで嬉しいが竿がしならない・・・ケイレンしてるかのような微妙な当たり・・・
そうです、豆アジの引きである・・・

休みなく釣れるがほとんどが豆サイズ・・・中型がボツボツ上がるが15cm止り・・・期待の20cmオーバーはなかなか来ない。

私が到着したころ釣れていた良い型のイワシは全然来ないし、アジも豆ばかり。
夕マズメにも期待したが、サイズが上がらなかったので、日が暮れる前に撤収・・・
結局、豆アジ、中アジ、豆コハダ・・・合計で70匹以上釣れたが
刺身で食べれそうなのは10匹位かな・・・

ハタハタが気になってアジ釣りに集中できなかった(~_~;)

明日の休み、ハタハタ狙いに決定!


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る