2002年7月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「やはり向かってしまった七里長浜港!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/18
(木)
2:15〜
4:45
青森
七里長浜港

曇り
無風
万能竿(5.4m)
サビキ(ダブル)
トリック+緑スキン
 コマセ
船竿(2.1m)
 ヒラメ仕掛け
・豆アジ 68匹
(10〜15cm)
・真鯛 2匹
(7cm)
・ウグイ 1匹
(28cm)
サワラ部長(私)
一人

次の日が休みだと安心してしまい
気分が釣りへと向かってしまう。

冷凍庫にはコマセのストックがあり
天気も安定している。
しかも眠くない・・・。

家族が寝静まりやっぱり出撃・・・。1:30頃である。
いつもの33kmドライブコースで鰺ヶ沢へ向かった。

港に付くと様子が変・・・。なんと大型の船が岸壁に停泊している。
港の港内で作っていた大型漁礁(鉄筋製)を船に乗せ待機していた。

いつものポイントには先客が2名いたが
入り込む隙間がチョッとしかない・・・。
停泊している船とそれを止めるロープおかげで
竿が出せなくなっていた・・・。

先客の名人(ほとんど毎回会う人)に挨拶をし
一番の角に竿を出させていただく。
2本出すには幅が無い・・・。

名人のバケツを見ると既に100匹位の豆アジが・・・。
コマセは一晩で5袋も使うらしい・・・。もちろん発電機+投光機
(お金かかっているのである、商売目的でアジを釣ってる???)
*この方は「アジの焼き干し」(だし用)で毎日アジを確保しているらい。
500匹くらいは釣らないと満足しないらしい!恐るべし名人・・・。

海を覗くと・・・。異常に汚い(゚o゚)
名人が言うには船が出した廃水(油たっぷり)で
21:00位にドクドク出てきて辺り一面異様な汚さになったと・・・。
そんな日に限って潮の流れも無い・・・。

我慢して早速自分も仕掛けを投入したら
名人の投光機のおかげで直ぐに当たりが!
豆アジのダブルである。だんだんサイズが上がってきている様子。
名人が言うには魚の数が少ないとアジが直ぐに大きくなるらしい?
(型がいいのは良いが・・・。魚が減っているのなら辛い)

調子良く釣れ続けて退屈はしない。
途中、話好きなオジサンが名人と私のわずかな隙間に竿を出した(゚o゚)
そんな隙間は無いのに・・・。まあ、人が良さそうな方なので良いとするか・・・。
(後から知ったが彼は船の乗組員で4:00に出港していった!船が邪魔だって言ってごめんなさいm(__)m)


船が出港し、そしていつもの明け方に!
やっぱり釣れ釣れタイムがやってきた。

毎回、この時間は釣れ釣れで、ダメだった事が無い(^。^)
効率よく釣り続けていると!

アジとは違う強烈な引きが!
あまり期待しないで竿を上げると・・・。大きなウグイ君であった。
隣の名人がウグイを釣ってたのでいやな予感はしていたが^_^;

ウグイ君のおかげでトリック仕掛けはこんがらがり
貴重な釣れ釣れタイムに3分のロスタイムが(-_-メ)
頑張って仕掛けを解き再びアジを釣りまくる。

ヒラメを期待して暗い内からヒラメ仕掛けで1本竿を準備していたが
気配は無い・・・。生き餌のアジ君もそのまま帰ってくる。
ヒラメ君はいないのか?この湾内に(*_*)

そなまま完全に日が上がりアジの姿が見えなくなり
かわりに小鯛が姿を現す・・・。鯛が釣れ始めたらもうアジは終わり。
名人は言うが確かにその通り。前回も、その前も、小鯛が釣れる始めると
アジの回遊は止まる。

コマセを撒いても一面小鯛・・・。大きくなって俺に釣られてくれ!
そう祈りながら撤収。

釣果には満足だが釣ったアジはどうしよう(^_^;)

捌く時間も食欲もイマイチ、、。そろそろ
家族も私も飽きてきた、、、。

船釣りの餌用に冷凍庫行きか???







←こんな大きな塔が漁礁。
船に積まれて行ってしまった。


「台風接近中!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/11
(木)
3:45〜
4:45
青森
七里長浜港


中風
万能竿(5.4m)
サビキ(ダブル)
トリック+緑スキン
コマセ
・豆アジ 38匹
(10〜15cm)

・真鯛 4匹
(6〜12cm)
サワラ部長(私)
一人

台風が首都圏で大暴れしているなか、釣りに行きたい病の発作が発生 ^_^;
明日は休みで気合が入り家族が寝静まってから急遽出撃!

外を見るとシトシトと雨が降っている。
本降りではなかったな為、出撃を決意!鰺ヶ沢の天気を確認したところ
雨は1mmの予報。カチンカチンのコマセとカッパを手に出撃を決意(^.^)
1:00過ぎに雨が止む事を祈って鰺ヶ沢へ向かった。

約30分で現場に到着したが当然釣り人は一人もいない、、、。
雨も止む気配が無い・・・。
竿を出さずに雨が止むのを待ったが
一向にそんな気配は無い・・・。
2時間くらいか?待ちつづけた。

明け方まで待っても雨が止まないし
他の釣り人も来ないので帰宅を決意・・・。

港を後にしようと車を走らせると一台の軽トラとすれ違った。
釣り人に間違いない!と確信し急遽Uターン!
やはりさっきの軽トラは釣りの準備をしていた。

仲間が現れ気合が入りカッパを着ての釣りを決意!
カチコチのコマセと竿1本で勝負!もちろん仕掛けは新規購入のトリックサビキ!
釣れ釣れタイムに備えて一度に10匹釣りを目指し使いまわしの緑スキンサビキとのダブルにて挑戦!

時間的にも丁度良い時間。準備をして仕掛けを投入するとアジがブルブルと掛かった(^o^)丿
入れ食い状態でどんどん釣れる!が、しかし・・・他に釣り人がいないので群れが来ても
すぐに通り過ぎ釣れ釣れタイムが長続きしない、、、。

アジの群れ(青物魚)は一匹が立ち止まると群れ全体が止まるので(テレビでやってた)
1本竿+一人では群れを止めておけない・・・。

それでも約1時間の勝負時間で40匹近いアジをGETできた。大満足(^O^)

頭に来たのが、釣れ釣れタイムに釣れたアジをバラまいたまま釣りをしていたら
カモメが素早くやってきて釣れたアジを横取りしていく(;_;)
3匹くらい持ってかれた、、、。にっくきカモメさん(^.^)

アジが釣れなくなると恒例の豆鯛タイム、、、。小さな針のトリック仕掛けに
鯛の稚魚が釣れてくる。これがつれ始めるとアジの時間は終わりである。(名人も言ってた)
リリース不可の弱った鯛はお持ち帰り・・・。どうやって食うか???悩む(*_*)

カッパを着ての釣行、なんでこんなに頑張ってるのか不思議である^_^;
これで大物が狙えれば文句は無いのだが、、、。
ヒラメは来ないかなぁー???

←まさに金魚サイズ、、、。コマセを撒くと凄い数が群がってくる(゚o゚)
大きくなって釣られておくれ(^.^)





「今日こそ爆釣!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/9
(火)
1:30〜
5:15
青森
七里長浜港

曇り
無風
万能竿(5.4m)
 サビキ(ダブル)
磯竿(5.3m)
 サビキ(トリック)
船竿(2.1m)
 ヒラメ仕掛け
コマセ
・豆アジ 78匹
(12〜15cm)

・真鯛 2匹(リリース)
(6cm=金魚サイズ)
サワラ部長(私)
一人

前回、コマセ無しで朝マズメに挑んで完敗・・・。
その悔しさから頑張って3時間仮眠し深夜に起きた。

装備は車に積んだままだったのですばやく準備し
鰺ヶ沢へ出発!夜道は快調で30分で現場に到着!

距離はあるが意外に早く着く事に少し感動!

早速、防波堤に向かうが明かりが一つも見えない・・・。
案の定、釣り人は一人もいない^_^;

前回は沢山いたのに???

良い場所が取れると安心しながらも少し不安・・・。
急いで準備を完了し竿を2本出した。

程よく解けたコマセが良い感じ!

磯竿にはトリックサビキを付けて勝負に出たが
柔らか竿のため軽い錘しか付けられない。
これでは大アジやダブルトリプルではすぐにコンガラガッテしまう^_^;

明かりも点けて最初の一匹を待ったがなかなか来ない・・・。
そのうちに一人二人と釣り人が現れなんだか一安心。

イカが釣れるとの情報にイカ仕掛け(イカステッキサビキ)を出してみたが
浮き釣りは管理が大変なのですぐに撤収した。

地元釣り師から情報を収集し今後に活かす。
ここ数日は毎日200匹位釣ってるらしい!

暗い中、なかなか魚が集まらなかったが
地元釣り師が使わないトリックサビキが3:00頃唸った!

誰もやらないこすりサビキでバンバン連続で釣れる。
地元釣り師は明かりの威力と言うが、実際はトリックの威力!と私は思う。
この時点で両隣の地元釣り師0匹、私20匹!心の中でリベンジ達成!

柔らかい磯竿がシナリまくり、豆アジの数はどんどん増えていった。
途中にミニメバルを追加し(針を飲まれてリリース不可)更に
金魚みたいな真鯛の稚魚(リリース)を2匹追加し朝マズメを待った。

トリックのみが活躍したが辺りが明るくなり、投光機が必要なくなった頃
大型の群れが回ってきた!餌無しで周り皆が入れ食い状態。
トリックはあっという間に絡んでしまってさようなら・・・。
トリックは夜中の豆アジで活躍したので良しとしよう!

とても竿を2本管理できないほどの釣れ釣れで
万能竿一本に絞る。10本針に10匹、8匹が連続し忙しい。
半袖なのにうっすら汗が^_^;嬉しい悲鳴である。

地元釣り師の半分は浮き釣りの為、効率が悪い。
圧倒的な大差で今日の勝負は一人勝ちである!(^o^)丿
(相手は誰も競ってないけれど・・・。)

完全に日が昇りパタリト釣れなくなったので早々に撤収
道路が混む前に無事帰宅できた。


自分の中で大満足の釣果だったが釣った魚はどうしよう(゚o゚)
冷凍庫の在庫が増えるばかりだ・・・。
とにかく刺身とフライで今晩頂きます(^_^)


*地元釣り師の情報によるとこれからアジのサイズが
大きくなっていくらしい!
秋田だと夏は豆アジ(稚魚サイズ)になるのに
ここはこれからサイズアップ!嬉しい情報である。


「豆アジの誘い!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/5
(金)
2:30〜
4:45
青森
七里長浜港

曇り
弱風
万能竿(5.4m)
 サビキ
磯竿(5.3m)
 サビキ
船竿(2.1m)
 ヒラメ仕掛け
餌なし!
・豆アジ 4匹
(12〜15cm)
サワラ部長(私)
一人

夜中に急に目が覚めて懐かしの発作が!「釣りに行きたい病」・・・
冷凍庫に餌は無いが豆アジなら餌なしで少しは釣れるか?海の近くのコンビニで
餌くらい売ってるか?そんな安易な気持ちで急遽出撃!

家族に気がつかれることなく家を出た。
なんとなく慣れてきた道のりを40分で鰺ヶ沢へ到着。深夜だと早く着く(^_^)
街中で餌が売ってるところは無い様であきらめて餌なしで勝負!さて、どうなるか?

現場の七里長浜港に到着すると10人くらいの釣り人がサビキで豆アジを釣っていた。
一人は投光機を持ち込み海面はキレイなバスクリン色に!懐かしい感じ。

投光機の周りにはクラゲやイカ(マイカの子供?18cm位)が集まっていた。
イカをタモで取ろうとオジサンが頑張っていたが無理の様子^_^;
投光機の隣に場所を取り、2本の竿でサビキに挑戦。

隣の投光機オジサンには豆アジがポツポツ釣れている。
やっぱりここの地方はコスリサビキ(餌つけ)はしない。コマセ籠にコマセを入れるだけ。
しかもほとんどが浮をつけて投げる投げ浮きサビキ。釣れ釣れタイムには効率が悪そう。

ここでトリックサビキを使えば一人勝ちが出来そう!
しかし今日の私は餌無し状態・・・。
なかなか最初の一匹が来ない。

30分くらいすると磯竿に豪快な引きが!
期待して上げると豆アジだった^_^;

めちゃくちゃ柔らかい磯竿なので豆アジ一匹で凄い引き!
錘も軽いのしか付けられないのですぐにアジが絡んでしまう・・・。効率悪い。
でも、引きが楽しいから良いか! 

釣り上げた豆アジをヒラメ仕掛けに取り付けブッこむ。
一発逆転で大物狙い。
話を聞くとよくサビキにヒラメが来る(豆アジに)との情報。
常連は少し太めのハリスにタモは必需品と言う。
期待感は膨らむ(>_<)

辺りが明るくなりいよいよ釣れ釣れタイムに!
周りはバンバン釣ってるが私には来ない・・・。

隣のおじさんは一晩で200匹くらい釣ってるのに
私は・・・全然釣れない、結局豆アジが4匹釣れただけ・・・。
ヒラメ餌で2匹使ったので残ったアジは2匹のみ(;_;)
どうしようもないのでお隣さんに差し上げて撤収・・・。
  
2時間ちょっとの釣行だったがストレスが残る結果に・・・。餌なしは辛い(;_;)
自分だけ釣れないのは本当に辛い・・・。夕方に再度挑戦しようと思ったが
家族の反対でやめた・・・。片道40kmも辛いし(゚o゚)

早速、コマセを冷凍庫にストックしたのは言うまでもない^_^;
さあ、次の休みの日にも出撃だぁー!

←明け方は霧がかかったなぁ、なんだか幻想的!?






「磯釣り初挑戦!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
7/3
(水)
4:30〜
11:30

渡し船代
2500円

ガソリン代
1500円
青森
小泊港発
(赤岩)

曇り
時々
小雨

弱風
磯竿(5.3m)
 磯仕掛け
オキアミ3kg580円

撒餌粉末350円
・豆フグ 5匹
(10〜12cm)
・メバル 1匹
(15cm)
サワラ部長(私)
弘前釣り名人
(SさんKさん)
計3名

2連休を利用し弘前での会社仲間と初めての釣り。
彼らのスタイルは本格的な磯釣り!
シマノやダイワ、ガマカツのウェアーに身を包み高級竿(10万)にすんごいリール(7万)
浮やライン、バッカンにいたるまで本格派!
私の上州屋スペシャルとはレベルが違う・・・。

それでも釣りは道具でも見た目でもないと自分に言い聞かせ
磯釣り必需品を教えていただく。

釣行前日に必需品チェックリストを基に近所のホームセンターに
買い物へ出かける。

チェックリストの内容は・・・

・磯竿(5,3m錘負荷1)
・リール(道糸3号が150m巻けるクラス)
・バッカン(36cm)
・浮き(円錐浮き2b・3b)
・ガン玉(3b・5b)
・浮止め
・サルカン
・しゃく(60cm)
・ハリス(2号50m)
・針(競技チヌ2号・3号)
・コマセ(オキアミ3kg・粉末寄せ餌)
・付け餌(オキアミLサイズ)

たしか以上!

ホームセンターはセルフ販売で自分で選ばなくてはいけないが
浮きやガン玉、ハリスの種類がさっぱりわからない・・・。
従業員がいなくて聞けなかったので上州屋に移動。

メモを片手に店内を物色。
やっぱり一人では選べずにお店の人に選んで頂いて・・・。
極力ローコストで選んだが全部で12000円オーバー・・・。
浮が一個1200円位するのはショック・・・。

出撃に向けて針の結び方をマスターせねば!

ネットで結び方を調べて一番簡単そうな方法をマスター
意外に簡単だった。

夜中の2:00にチーム弘前の名人二人(Sさん・Kさん)が
車で迎えに来てくれると言うので
仮眠しようと思ったがやはり興奮のため?眠れない。
あっという間に出撃の時間となった。

目的のポイントは「小泊の磯」
もう少しで竜飛岬という凄い所(別に凄くないが秋田からだと凄く遠かったな)

一時間半で小泊港に着き渡し船を待つ。
港からポイントまで20分くらい船に乗って行くらしい!
うーん本格的!

釣り人が次々と集まり
4:00出港の船には8人乗船
みんな装備はプロ並。
自分の格好が恥ずかしい・・・。ハイレベルな会話にもついていけない
(方言がきつくて付いていけないのかも?!)



小雨が少々降る中、船に揺られて男鹿半島に似た絶景を見ながらポイントの
通称「赤岩」に向かった。

現場に付くと名人が言う
「波や潮の状態は最高」
競争率の激しい赤岩に乗れるはめずらしい、
ラッキーな事らしい(^_^)

早速、コマセをブレンドし準備開始!両名人にご指導頂き
仕掛けもすんなり作れた。
皆、こだわりを持った人達。サルカンを使う使わないにもコダワル!

早速ポイントに立ちコマセを撒くと!!!
きたきたきたぁー!大量の豆フグがものすごい勢いで
集まってくる。
辺り一面フグだらけ(;_;)
さすがブレンドコマセ、集まりが違う・・・。
仕掛けを投入しても針が沈む前に
フグの餌食になってしまう。

遠くに投げても・手前でも全くだめ、、、。秒殺でフグに食われてしまう。
6時間くらい(10:00まで)フグと戦い全員釣果はフグのみ・・・。
名人にも焦りの色が^_^;

S名人はダンゴ釣りに変更して
底を狙う。そうすると、、、。底ではベラが来た!
外道のベラは嫌われ者。即リリース(3匹くらい釣ってたかな?)

その後、何故かS名人はトビウオをGET!初めて釣ったと喜んでた。

それからしばらくすると、フグの数が減ってきた。
チャンス到来と皆で頑張る!

するとK名人の竿がしなっている。
釣り上げたものは「黒鯛!」30cm未満で私が食わないならリリースすると言うが
折角なので頂いた。最近の俺、プライドもない(;_;)

その後S名人の竿にもグイグイした引きが!磯竿は思いっきりしなるから面白い。
30cm以上のイサキが釣れた!(これも頂いた)

いい感じで餌取りがいなくなって、これからって感じだったが
私が釣ったのは13cmのミニメバル・・・。
残念ながらそのままタイムアウトとなった。

12:00に船が迎えに来て無事帰港。1時間半かけて弘前へ戻り
黒鯛とイサキの刺身を食べ、ビールを飲んだらそのまま爆睡!
翌朝まで15時間も寝てしまった。
(イサキの腹の中はコマセで一杯でした)

*翌日メバルの塩焼きを食った。小さくて身は少なかったが美味かった^_^;









釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る