2002年6月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「青森にアジは来てるか?!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/25
(火)
14:30〜
20:15
青森

七里長浜港

晴れ
時々
曇り
中風
万能竿(5.4m)
 サビキ
磯竿(3.6m)
 投げ
コマセ+イソメ300円
・豆アジ 33匹
(12〜15cm)
・アイナメ 1匹
(14cm)
・真鯛 1匹
(13cm)
サワラ部長(私)
一人

前日の雨から一転し、昼頃目が覚めると快晴だ!

早速、近所のホームセンターでコマセとイソメ(300円分)を購入。
ガソリンを満タンにし、前回坊主だった謎の港へ!(七里長浜港)

緑深くなった岩木山とリンゴ畑を横目に40分のドライブを楽しみながら
鰺ヶ沢へ到着。(14:30)
*途中、対向車が皆パッシング!ネズミ捕りを教えてくれた。危なく捕まるところだった、、、。
免停直前の私には命拾い(>_<)青森県人はとっても親切である!m(__)m

外海では皆、投げ釣りをしている様子。
釣り人の集まりは湾内の角に集中していた為
なるべく人ごみに近い場所に場所を取った。

多人数の為、一番良さそうな角までは60m以上、、、。

(サビキは皆、浮をつけて投げている。スタイルが違うね!)

釣れてる気配はなく、あちこちに転がるウグイの哀れな姿と
それに群がるカモメの集団がいやな予感を誘う、、、。

早速、竿を2本用意し、サビキと投げ釣りに挑戦した。
船のキス釣りで身に付けたイソメのチギリ技を再び実践!飛び散る体液も気にならない(>_<)

予想通り釣れない時間が続き、退屈をしていると隣のオジサンに「ぐいぐい」した引きが!
一瞬期待したが釣れ上がった魚は、、、。30cm以上のウグイでした^_^;

夕方に期待し、半分あきらめながら、その時を待った。
釣り人が次々に帰り始め、釣れそうな角まで少しは近づく事が出来た。
(一番の角から30m位まで接近!)





日没が近くなったその時!角側から釣れ始めアジの鈴なりが!まさに釣れ釣れタァーイム!
しかし角の人方がコマセを撒き群れがその周辺で回遊(;_;)
30m距離が離れた私のところへはこない・・・。
10分位経ってからようやく私の所にも豆アジ君の回遊が回りなんとか
連続釣れ釣れタイムを満喫できた。



サイズはミニでも久々の釣れ釣れタイムと青森でのアジの姿に
大満足!その後も何回かアジが回ってきて30匹以上確保できた(^_^)

途中に豆アイナメが投げ釣りに!
そして金魚サイズの真鯛(あまりのサイズにタナゴだと思った)をサビキでGET!

40分かけて帰宅しアジの刺身で晩飯となった。
(豆アジは刺身に捌くのに苦労します・・・。)
青森にもアジがいてよかったぁー(^o^)丿



「北浦沖に再出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/17
(月)
5:50〜
11:20
船=仕立て10千
北浦沖

曇り
時々

弱風
弱波
船竿(2.1m)
磯竿(3.7m)
イソメ(300円X2)
=二人分
・キス 30匹
(14〜22cm)
・石カレイ 1匹
(15cm)
・メゴチ 7匹
(10〜20cm)
サワラ部長(私)
隠れ部員

前回、北浦沖で まったりのんびりのキス釣りを満喫!船初心者には最適と判断。
ポイント的にも波が無さそうだし、港から近い。船にトイレがある。船頭さんが親切!
さっそく「隠れ部員」を誘って北浦沖へ出撃!

前日に船を予約しようと斎藤釣具店に電話をした。
二人で20千の仕立ては経済的に厳しいと話をすると
通常6時間で20千を3時間で10千でどうか?との回答。
二つ返事でお願いし、出港時間の打ち合わせ。
6:00位が良いと言うのでそれに合わせて港へ向かった。

5:30位に釣具店に着き挨拶をすると既に船頭さんが準備済み!
6:00前に出港できた。
天気は曇り空で怪しかったが波は全然無く、船に始めての新入部員も安心!
べた凪のおかげで10分くらい?でポイントについた。

潮の流れが弱くあまりキス釣りには良くないと船頭さんは言うが
仕掛けを投入すると早速キスが食いついてきた。

前回の学習から針のサイズとハリスを細くした「キス釣り流し舟仕掛け」を採用!
隠れ部員には前回の仕掛けを使ってもらい釣果の差を見てみた。

待ち時間が無くボツボツとキスが釣れ、間にメゴチが混じる。
時にはキスのダブルやトリプルが上がり、波も無く実に快調!

しかし、山(寒風山方面)には雲がかかり怪しい天気・・・。
しばらくするとポツポツと雨が降り始めた(;_;)

それでも小雨のため頑張っていると船頭さんが帽子を貸してくれたm(__)m
親切な船頭さんである(^.^)


魚は順調に釣れるが天気がいまいち・・・。
雨が降ったり止んだりの中、頑張っていると大きな雨雲が近づいてきた・・・。
キスも沢山釣れたし約束の3時間も近づいてきたので帰港を口にすると
船頭さんはしばらくキャビンで休憩し天気が上がったら再挑戦とのお言葉。

雨待ちの間、操縦席で船頭さんにGPSや魚探、レーダーなどの最新機器の説明をしてもらった。
機械好きの私には新鮮で勉強になった。

雨が止み、再び再開!波は無いし風は無風。しかも潮の流れも無い、、、。
釣りには最適だが、潮の流れが無いと流し釣りのキス狙いには条件が良くないらしい、、、。

潮も澄んでいて海底がきれいに見える!キス釣りには澄んだ潮が良いらしいが?!

外道で今年初のフグ(途中でバレた)が釣れたりヒトデや
なぞの生物(40cm位のチューブ状の生き物)が釣れたりと
のんびりと楽しめた。

退屈をしないまま釣り続け
11:00過ぎ位に大きな雨雲が向かってきたので撤収を決意。
(あれ?5時間も釣りしてる!)

雨雲とすれ違いで帰港し釣具店で奥さんに挨拶をして
北浦釣行終了!
大幅な時間延長があったけれども料金は一人5000円(二人で10000円)
ありがとうございますm(__)m

船頭さん含めて3人でキス79匹、外道のメゴチや豆カレイを合わせると101匹!
十分満足な釣果であった!

キス釣りは初めの今が餌取りもいない、サイズ的にも数的にも良いらしい。
釣る人は170匹位、一人で釣りらしい(゚o゚)

キス君は刺身に天ぷら、塩焼きと食卓を彩った。
ご近所様にもお裾分け!
ご馳走様でした(^o^)丿




*家で見たらメゴチの目のところに寄生虫?
らしい物体を発見(゚o゚)渦を巻いた細い糸のような物・・・。
全部で2匹いた、、、。怖くて食べれない(;_;)
*魚の寄生虫(人体に害が有無関係なしに)を詳しく調べると
気持ち悪くて魚が食べれなくなってしまう^_^;
今の時期はブリにも虫がいて刺身はダメらしい(-_-)


「初出撃!北浦沖の船」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
6/4
(火)
4:30〜
11:00
船=仕立て20千
イソメ一人500円
岩虫一人500円
北浦沖

晴れ
中風〜弱風
中波〜弱波
船竿(3.3m)
船竿(2.1m)
サビキ(白)
イカ短(赤)
冷凍ワカサギ
イソメ・岩虫
・中アジ1匹
(20cm)
・キス18匹位
(14〜20cm)
サワラ部長(私)
カメムシ仙人
釣れ釣れ大魔王

待ちに待った船釣り!
偶然、メンバーの休みが合い6/4に出撃決定!

今回はいつもH/Pを拝見している男鹿市北浦の齋藤釣具店。
予約のTELをしてみたら感じの良い奥さんが対応してくれた。
キスが釣れ初めで好調のようだ!

わがままな私達はテリも釣りたいとかアジが釣りたいとか注文を付けるが
快く了解していただく。今回のテーマは
「北浦沖五目釣り!」

我慢できなくて前日に近所のホームセンターにて仕掛けを物色。
錘の各サイズとキス仕掛けを購入。さらに上州屋にてサビキも購入。
未使用の仕掛けの在庫が膨らむばかり、、、。

持ち物チェックリストを作成をし忘れ物のないように万全の体制を築く。


天気予報も確認、天気も波も回復に向かい予報では波は1mの予定!
ますます張り切りってきた。

集合時間は翌日のAM4:00なのに前日のPM10:00には弘前を発つ計画だ(゚o゚)
が、しかし家を出ようと思ったらお腹の調子が、、、。ゴロゴロ回転している。
久々の船の緊張の証か!?
激臭の正露丸を服用し、お腹の雷さまを静めて予定より送れてPM10:47に自宅を出た。

順調に空いている国道を飛ばし北浦へ向かったが道が良く分からない(-_-;)
真夜中の101号線、森は深いし車通りもない、不安で一杯になりながら
北浦の釣具店を探す。北浦の街中を少々迷いながらも1:00には釣具店を発見

北浦港で仮眠をしようと目を閉じた、、、。やはり興奮のため寝れない、、、。毎度の事か、ハァー

カメさんたちは一体何時に来るんだろう?退屈だ、、、。
車の中でボケボケしながらカメさんたちを待っていると
始めて来ると言う北浦港に一発で到着。しかも場所を指定していないのに
私の車の隣に!恐るべし偶然(゚o゚)

時間はAM3:00、まだ約束の時間まで1時間もある、、、。
釣具店の前で車のエンジンかけっぱなしも迷惑と思い北浦港で
会社の近況報告と釣り話、腹ごしらえで時間をつぶし4:00に15分前に釣具店へ向かってみる。

すると!店に明かりが点いている!おそるべし斎藤釣具店。4:00前に店を開けてくれていた!
(いったい何時に寝て4:00前に起きれるのだろう!)

北浦沖の近況を聞き仕掛けと餌を購入(更に仕掛けを増やしてしまう^_^;)
餌はイソメに幻の生餌「岩虫」をGET!価格とでかさにビビる!
感じがいい奥さんと親切な旦那さん、親身になったアドバイスに好感!

旦那さん(船頭さん)の軽トラ後について北浦港へ
(裏道?の連続でどこを1通ったのか覚えていない)

丁度日の出の頃に出向、4:15頃か?
港内の波はほとんどなく船酔いの心配はなさそう!
(一応酔い止めの薬を飲む)

日の出を拝みながら最初のポイント
「入道崎沖」へ向かう。。

根は荒いが沿いやテリが釣れるらしい
しばらく走りポイントに到着!

早速仕掛けの準備をするが波が高い、、、。うねりで胃がモカモカしてきた(;_;)
80号の仕掛けを下ろすが潮の流れが速く底を取れない、、、。
船頭さんも船を立て直してくれるがかなり辛い、、、。

仕掛け投入後すぐに怪しい引きが私に!
上げてみると20cmチョイのアジ君がイカ短(赤)に食いついた!
幸先が良いと気合が入ったがとにかく潮が早い、、、。

その後すぐにカメさんの250号竿に微妙な当たりが!
引き上げると赤いテリとチビソイがダブル!
初物GET!うらやましい!
そして釣れ釣れ大魔王にもテリが釣れている!くやしぃー(笑)

頑張って仕掛けを改造(サビキの下に平目仕掛け+岩虫)で大物を狙うが、、、。
アジ1匹の後が続かない、、、。あれ、さっきのアジは???
足元に放置していたアジが見当たらない!
良くみると船の排水溝に詰まっている!こりゃいかんとシッポを押さえたら!
ブルブルと暴れて排水溝からツルリすぺって海の中へ、、、。せっかくの最初の1匹を
リリースしてしまった(T_T)悲しすぎる、、、。

30分もしないうちに船頭さんからのアドバイスで入道崎沖とは別方向のキスのポイントへ移動。
かなり酔いが回り、密かに一度コマセ(空腹で液しか出なかったしかも青い液、、。)
を撒いていたため、うねりが強いポイント脱出に一安心!?した。

キスポイントに行くと驚くほど海が穏やかで心地がよい!ちょうど男鹿半島の影で
風の影響を受けにくいらしい。

キス仕掛けを準備しイソメをチギり早速頑張ってみるとすぐに当たりが!
キス君が釣れて来た。
船頭さんも釣り始め、なぜだか私達の倍のペースでつ釣りまくる!
仕掛けの違い?いや、腕の違い。どんどん釣果を伸ばす船頭さんと
ボツボツ釣れる私たち。本当に参ったm(__)m

時にはダブルやトリプルでキスが上がり
のんびりと釣りの話、世間話を船頭さんと楽しみながら釣りつづけた。

天気もよく、暑くも寒くもない絶好の釣り日和(さっきの入道崎沖とは正反対)
ビールも美味いし久々の釣り船を満喫できた。

船頭さんが釣ったキス沢山とイシガレイも頂き、お土産にも格好が付き11:30頃終了。
船頭さんはまだ釣ってて良いと言ってくれたがカメさんと釣れ釣れが帰り支度を、、、。
(欲張りな私はまだまだ釣っていても良かったが!)

皆でキスは100匹位は釣ったかも?
(船頭さんがダントツの釣果は言うまでもない)
*カメさん、大魔王、釣った数の申告を願う!

無事に帰港し釣具店にてお会計。
6時間の仕立てで20千円は安い!人数が5人集まればホントにお得!
でも、我々は休みも合わないし人数もいない、、、。
5人なんとか集まれば一人4千円で良いのに、、、。
沢山あまったイソメ君と岩虫君ももったいなかった(*_*)

でも、驚く事に我々の釣果を気遣ってくれて旦那さんがお土産に特大アジ(30cm以上)を
一人7匹=20匹以上も用意してくれた!(今朝、北浦で取れたての丸々太ったアジ)

申し訳なかったがあまりにも美味そうだったのでしっかりもらってしまった^_^;

お土産のアジとご主人の釣果のキスでクーラーが満たされたので
弘前とは逆方向の秋田市の実家へ向かい半分お裾分け!
そのまま休む間もなく弘前へ帰宅。途中、あまりの睡魔に10分の仮眠を5回しながら
17:30に、なんとか生きて帰宅できました。

寝不足は本当に辛い!でも楽しかったから全てOK!
食卓を賑す旬の魚でビールが美味い!

*アジの刺身は超新鮮でプリプリ、歯応えが違う!
キスのフライはホクホクで臭みもなく最高!家族も大喜び!
カメさんから頂いたテリやソイの塩焼きも美味かったし
明日はカレイのから揚げだ!

狩猟民族の血が騒ぐ!釣りってホントに楽しいですね!
(長文にて失礼しました、、、。)


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る