2001年9月の釣り日記

釣り日記トップへ戻る


「最後の思い出・船釣り緊急出撃!」

日付 時間 釣り場・天候 仕掛け 釣果 メンバー
9/16
(日)
17:30〜23:30 船川港沖
晴れ
弱風
中の大波
船竿(3.3m)
船竿(2.1m)
サビキ(各種)
イカステッキ
イカ短(赤・白)
冷凍豆アジ
・大アジ24匹
(最大は33cm)
・カマス1匹
サワラ部長(私)
カメムシ仙人
スズキ名人
新人バス名人

*半月前の記憶をたどり日記を作成(10/5深夜)

 まさかの弘前転勤の辞令を受け、引越し準備で頭が一杯の中
突如現れた船釣り計画!明日が引越しで早起きの移動にもかかわらず、
電気釣りを決意!付き合ってくれる仲間が頼もしい!

さっそく秋田市内の釣り船を探すが連絡がつかない、、、。
一時間の移動は辛いが船川港の龍勝丸に連絡をし予約をした。
ついに出撃決定!(家族の恐ろしい目線が気になる、、、。)

今まで10年お世話になったアパートの荷物を全て搬出し
こびり付いた汚れを親戚一同と頑張って清掃中の16:00
スズキ名人が迎えに来てくれた。

逃げるように荷物を積み込みいざ船川港へ出撃!
そろそろイナダやワラサの季節が来てるかな?期待が膨らむ。

一年前の記憶をたより、船着場に無事到着。
既に船長さんが現場で待機していた。
速攻で船に乗り込みいざ出港!心が揺れる。

船長からは風があるから沖はうねりが強いかも?
っと恐ろしい波あり予告が、、、。船に酔う前にとビールを飲み
船酔い対策?を、、、。

沖はやはり波があり、船もなかなかスーピードが出せない様子、、、。

不安な中、ポイントに到着、早速仕掛けを下ろす。
我々魚心メンバー4人での貸切だったため
一人二本の竿が出せるし、お祭りの心配もなさそう!
やっぱりお隣さんがいないと安心して釣りができる!

激しい上下の揺れに動揺しながら、とにかく最初の一匹を待った。
そう待たないうちに中型のアジ君が上がり始めた。
周りの皆もボツボツ当りが来て、お土産アジは確保!
後は大物を待つのみ!カモメや小魚が船の周りに集まり始め
雰囲気は十分に出てきた。ワラサ、ヒラメ、真鯛よこい!!!
しかも俺だけに来い!激しい邪念がいけないのか
大物の当りは一切ない、、、。この前あれほど襲ってきた
サワラ君も全く来ない、、、。

早々と船初登場のバス名人が船酔いでダウンする中
アジのみが釣れ続ける。時々カマスが皆に釣れていたが
大物の気配はない、、、。

バス名人の体力の消耗を気使って、カメさんが早上がりを
匂わす発言をしたが、バス名人には悪いが聞こえなかったふりをした、、、。
(すまないバス名人、どうしても釣りを続けたかったのだよ)
ひどい部長だ、、、。

そのまま単調な時間が過ぎ微妙な船酔い?と戦いながら
あっという間に終了の時間が近づいた。
最後の勝負と秘蔵のイカステッキをを使ってみたが
当りはない、、、。
すると、、、。カメさんのサビキに怪しい物体が上がってきた。
イカである、、、。やられた。サビキでイカを釣り上げられてしまった。

今度は俺の番と張り切ってイカステッキを上下していると!!!!
怪しい引きがイカステッキを襲う!
やったぜ!イカゲットと思いきや、、、。上がってきたのは
イカステッキを飲み込んだ大アジ君である、、、。
なんでアジが釣れちゃうの????

そんなこんなでタイムオーバー!


結局、大物には会えなかったが、最後の秋田の思い出に
皆が付き合ってくれたのが本当に嬉しかった。
心地よい疲労の中、明日の引越しを考えながら
誰もいない、何もない深夜のアパートの前でスズキ名人と別れた。

それから車で10分の実家に向かい、口にする事はないであろう
獲物たちを届けて眠りについた、、、。
翌日、睡眠不足のまま弘前に向かったのは言うまでもない、、、。

秋田の海よさようなら、、、。必ず戻ってくるから、その時まで、、、。
今のままの豊かな海であってくれぇーーーー!


釣り日記トップへ戻る    トップページへ戻る