研究の成果

トップページへもどる


夏泊 手漕ぎボートでのカレイ釣り(05年04月23更新)


夏泊でのボート釣りも05年4月で既に7回目!
一人でボートに乗れるようにもなったので
ポイントをまとめておこう!


まずは装備から

・竿=手持ちになるので2m程度の船竿が良いと思う。
私は錘負荷30号の210cmの船竿(1980円)と
バスロット(980円)を使用。

・リール=水深が30m〜50mあるのでスピニングリールは使いにくそう。
両軸タイプで100mも巻ければ良いのでは?

巻く糸は・・・私はPEの6号(電気釣りでプリを狙う為の極太仕様のまま)だが
PE1号で十分でしょう。
ナイロンの糸でも全然問題なし(あたりはPEが取りやすいかな)

ボート釣りで電動リールを使ってみたが・・・非常に便利♪
水深が分かるし巻き上げも楽々、しかし釣りの醍醐味は???邪道かも。


・仕掛けは・・・市販のカレイ仕掛けなら何でも良さそう。
派手なタイプとシンプルなタイプを何セットか持っていれば安心かと・・・

5セットで300円位の特価品でも良く釣れたがハリスが切れやすいのと
針が折れやすいので入れ食いの時は効率が悪い。
仕掛けによる釣果の差は少ないような気がする。

・錘は30号を使用、20号でも良さそうだが沈むまでの時間がもどかしい。
(水深は30m〜50m)*30mで30号、40mで40号なんて話も聞く。

・天秤は・・・適当。一番安いので十分だと・・・

・餌は・・・アオイソメ1000円分位あれば安心
(足りなくなったことは無いが・・・青森のそふえ釣具店・弘前のサンワドーが安い)





・持ち物は・・・極力装備を抑えないと船着場まで運ぶのが大変
@ライフジャケット(無ければボート店で無料で貸してくれる)

A座布団(これもボート店で無料で貸してくれる)
(これがないと大変、お尻が痛くて次の日まで痛む)

B後は・・・ボート漕ぎで手にマメが出来ないように軍手
魚を掴むメゴチバサミ、針外し、ハサミくらいで大丈夫か?
体力の消耗も考えて飲料とおやつも・・・
手拭と日焼け対策の帽子もあったらよいかも!
(夏泊半島へ入る前に「オレンジハート」がある。ここのおにぎりが美味しい!)


大物に備えてタモ網も必要か?
(ヒラメや大型のアイナメもターゲットに!)


*夏でも寒いくらいなので防寒対策は万全に!(暑けりゃ脱げば済む)
突然の雨も心配なので雨対策も必要か・・・


波があるとオシッコがしにくいので2リットルのペットボトルを半分に切ったものが
便利らしいが、私は持参したことも使ったことも無い。
踏ん張りながらボートに立ってオシッコをするのはチョッと大変(^_^;)


・ボートは・・・私はいつも「佐々木商店」にて頼んでいる。
(もう一店舗、入り口付近に別のボート店がある)

一人2000円(2人だと4000円)
一人用のボート〜3人まで乗れるチョッと大きなボートもあった。
(一回乗船で1枚サービス券がもらえる→15枚で1回サービス♪)

日の出(AM5:00頃)から夕方(16:00)まで借りられる。(そんなに体力は持たないか・・・)
携帯はDocomoが電波もあって安心(FOMAはダメ)

船着場は西側と東側があり天候により出発場所が変わる。
西側が波が厳しくても東側が凪の時もあるので
波が出たら島の反対側に逃げると良い(大島につながっている桟橋の下をくぐれる)


・漕ぎ出したら・・・ホタテの養殖棚?定置網?用のブイを目指す。
(ポイントまでは15〜30分くらい漕げばよい)

ポイント(ブイ)に着いたら、ボートについたロープをブイにかけて後は釣るだけ!
(最初はボートを操るのが難しく感じる=潮の流れを計算してブイに近づく)


しかし・・・ポイント選びが結構大変で、ブイの場所が変わっただけで釣果が激変する。
隣のボートが入れ食いでも、その横のブイが全然ダメだったり・・・


事前にボート店の店主に今、釣れている場所を聞いておくと良いでしょう!
(ボートが沢山、出ている時は、ボート密度の濃いところに向えば良)


海底は砂のようで根掛は無いが養殖棚のロープが海中を縦横無尽?に張り巡らされているので
ロープに引っ掛けないように注意が必要。

流し釣りなんて絶対に不可能で、ボートを流すとすぐに仕掛けが海中のロープに絡む。
ロープに絡むと仕掛け回収は困難・・・(錘や天秤をロスとすると寂しい・・・)


釣れないときは・・・早めにポイントを変更し釣れる場所を探すのが釣果アップへの近道だと思う。
ボートを漕いでいる時は体力は使うが童心に帰れるし、運動不足解消にもなるので
私はボートを漕いでいるのも楽しみの一つ!とし、雰囲気を楽しんでいる。


しかし・・・大海原に人力のボートで出撃するのだから緊張感と危機感は常に持っていたほうが良いでしょう。
潮の流れ、風向きで帰れなくなっては大変なので帰りの体力も残しておかないといけないし
漁船が側をバンバン走るので大きな波もやってくる。

ラフジャケットの装着と、携帯電話を直ぐに出せるようにしておかないと心配
(携帯を保存袋に入れてプチ防水対策なんて良いかも)

事故の無いように十分注意し、防波堤よりは確実に釣果が出るボート釣りを楽しみましょう♪




これから釣りを始めようと思ってる方へ

 防波堤、岸壁釣りの必需品   GO!

 船釣りの必需品 GO!

 夜釣りの必需品、投光機の作り方!GO!
←効果抜群、光で魚を集めよう!


秋田港アジ釣り攻略方!   GO!

手軽に数が釣れて、しかも食べて美味しいアジ。
しかし、仕掛けやポイント、ちょっとした工夫により釣果が大きく違ってくる。
簡単なようで奥が深いアジ釣りを徹底研究!

←一晩でこんなに釣れまくる!恐るべし日本海  


 秋田沖 電気釣り攻略方!

簡単な仕掛けで大物の数釣りができ、魚種も豊富。
釣れすぎて賛否両論の電気釣りを研究!

←強烈な光で魚を集める。いろんな魚が集まります。    


能代沖 ヒラメ釣り攻略法!

サビキでヒラメなどの大物が狙える東北日本海の独特の釣り方法を紹介。
魚影の濃い秋田だから出来るコマセなしの船釣りを研究! 

←生餌を元気よく保つ流水式のバケツ


トップ アイコントップページへもどる