行楽のページ

トップページに戻る


冬の十和田湖へ出撃!

2004年2月21日

この冬一番の暖かさで道路の雪も一気に融ける♪

久々の土曜休みで家族そろって出撃を決定。
前日に色々調べた結果、十和田湖で「冬祭り」をやっているらしい。

夜のイベントが多い為、朝はゆっくりし
午後から十和田湖へ向った。

黒石を通っていけば近い十和田湖も
この季節は・・・冬季通行止め。

八甲田ルートと(昼のみ通行可能)
青森ルート、小坂ルートを考えたが
距離と時間、道路のよさを考えて高速を利用した小坂ルートを選んだ。

道路も乾燥しており気持ちよくドライブ。
碇ヶ関から小坂までの1区間のみ高速を利用した。

高速をおりて樹海ラインへ・・・
道路の脇は雪の壁・・・

それでも気温が高く路面凍結の心配がないので
安心して走れる。

心配なのはスリップではなく雪崩か(^_^;)


1時間半で十和田湖へ到着!
大きなミザル、イワザル、キカザルの雪像が出迎えてくれた。

十和田湖のほとりは・・・風が強くて辛い。

しかし白鳥さんがたくさんおり娘と妻は100円で餌やりを・・・
(乾いた食パン10枚くらいで100円)

強風で投げたパンが帰ってくる始末(^_^;)

そのまま畔を歩いて「乙女の像」へ・・・
ここへ続く道も夜にはライトアップされるらしい。

夜に来るべきだったか???


そのまま散策し会場まで歩く。

会場では色々なイベントを行っていたが
腹が減ったので大型テントの中で食事を・・・

屋台村方式?でお好みの食事を・・・

ホタテの稚貝の味噌汁とごま塩ご飯。
これで400円。やすいな・・・

温かい味噌汁と塩の利いたご飯がうまい
(その他、豚汁、りんご飴、りんごドーナツやら・・・)

雪壁迷路やら何やらで楽しんで・・・残りは
暗くなってからと思い移動!

前日にネットで調べた奥入瀬方面の一件宿「蔦温泉」へ向う。
冬の奥入瀬渓流は・・・雪の壁で見えないが、時より見える氷の滝など
見応えのあるポイントもいくつかあった。

薄暗くなった頃「蔦温泉」に到着!
大正時代からの建物?で風格がある。
古びた感じだが中は清潔感があり
とても良い感じ。ストーブがんがんで
寒くも無い。
料金は入浴のみで・・・
大人400円、子供200円。家族3人で1000円なり

お風呂は・・・湯天井が高く薄暗い。この暗さが雰囲気を出していて良い。
お湯は・・・透明の湯が木底の浴槽下から湧き出てきている。

温度も適温でゆっくりと入れた(女湯は熱くて大変?だったらしい・・・)

男湯は「久安の湯」と「泉響の湯」があり
女湯は「泉響の湯」のみ・・・

せっかくなので二つの湯に入ってマッタリしたが・・・
風呂から上がっても妻と娘が現れない。

こっちは二つの湯を行き来し、妻子はひとつのみ・・・
なんて長湯な女達・・・

体の心まであったまって再び十和田湖へ戻る・・・

片道1時間程度かな?暗くなった会場に戻ると・・・

人出は更に増え沢山の人々で賑わう。
駐車場は満杯で路上駐車を警備員さんに
指示された(^_^;)

昼とは違ったライトアップされた会場。
なかなか良い感じ。

途中、高校時代の友人に出会う!
こんなところで会えるなんて・・・うれしい。
年賀状でしか見たことの無かった娘さんを見て・・・
「みんなしっかりと父ちゃんしてるのね」!
なんかうれしい。

なんとかフィナーレの花火まで時間をつぶし・・・
待ちに待った冬花火。

10分の短い時間だが迫力の音響と雪景色に上がる花火・・・
夏とは違った美しさを見せてくれた。

*花火は大好き・・・昔からの夢は・・・花火職人。
沢山の人々に感動を与えられる・・・
一瞬の輝きで人々を魅了する花火・・・
環境が許すなら花火職人になりたいと・・・
精魂込めて作った尺球が夜空で弾けた瞬間は・・・
作り手もやりがいがあるだろうなぁ〜
(現実は厳しいと思うが・・・)

帰りも高速を使い・・・
一時間ちょっとで帰宅。冬のイベントが少ない東北のこの時期・・・
充分楽しませてもらった。

温泉はやっぱり設備の整った近代的な温泉より
古びた情緒ある温泉が良いな・・・心のリフレッシュにつながりますね・・・







温泉でリフレッシュ!

2003年9月26日 嶽温泉に出撃!



徹夜でパソコン打っていると明け方に地震が・・・
ビックリしてニュースを見ていたらAM8:00過ぎに力尽き寝てしまった。

10:30過ぎに電話がコールし目が覚めた。
電話の主は・・・実家の父母、そして祖父

秋田から仙台へ車で温泉旅行に行き、帰る途中に勢いで弘前まで来ると言うのだ!
凄いパワーだ・・・いかん、部屋の掃除をしなくっちゃ(~_~;)

14:00過ぎに父母たちが到着!車の運転手=父もタフなもんだ・・・
弘前で温泉に入り晩飯を皆で食って秋田へそのまま帰ると言う。
凄い運行計画だ・・・

娘も遠足から戻り、どこの温泉にしようかと悩んだが、よく分らないので距離も手頃な
「嶽温泉」を選んだ。

つい先日も岩木山登山で嶽温泉の前を通ったばかりだし・・・

初めて向かった嶽温泉・・・
道なりに行くと、温泉街をすぐに発見。

大きなホテルは無いが古くからありそうな
味がある宿が何件か見当たる。

どこが良いのか分らないので「日帰り入浴OK」この看板に引かれて1件の宿に入った。

演出が良く出来た良さそうな温泉宿。
お風呂に入ると木の香りがして古びた感じが良い(古くはない建物だが・・・)

青森ヒバで作られたお風呂らしい♪

泉質は酸性硫黄泉・・・口に含むと酸っぱい感じ・・・
ぬるめでゆっくりと入ることができた。

マッタリと親子3代(祖父、父、私)で温泉に入り、リフレッシュ!

清潔感溢れる温泉ホテルの広い風呂も良いが、
こんな感じの風呂も秘湯の雰囲気があり良い。

露天風呂があればもっと良かったか?

風呂上りにオロナミンCを飲み、それから温泉の周りを探索してみた
岩木山の登山口(頂上まで何時間かかるのだろう???)を発見



周りのお土産屋さんでは・・・
嶽きみや山の幸(山ぶどう、アケビ、栗に・・・)

そしてゴヘイ餅・・・この餅に心奪われ、食ってみた。
適度な弾力と歯ごたえが美味い。一人食べ始めると皆、食べたくなる・・・
結局6人で行って5人が購入・・・

近くに高山植物屋があったが
撮影は禁止と・・・・
撮られちゃまずいものでもあるのか???





そして慌しく片道30分の道のりを弘前に戻る

途中、無人直売所で3個100円?のリンゴを購入!
うまいかどうかは???まだ食べていない。

最後に自宅近くの「とんかつ屋さん」で夕食を食べて解散!

慌しかったけれど、親族、皆でチョットだけ行楽できて
良かった、良かった・・・


そのまま秋田に車で帰った父達・・・恐るべし体力・・・(二日間で何キロ走ったんだ?)







2003年9月23日 岩木山を攻める!


9/23(秋分の日)
久々に家族全員が同じ日に休みとなった!

前々から登りたいと思っていた岩木山を攻略しようと
家族に提案し早起きして出撃!とおもったら・・・

なんと当日は娘の部活(バスケ)が朝から試合・・・
昼間で戻れないとの事・・・
どうしても岩木山に登りたかった為、
朝からバスケの試合を応援し午後〜岩木山へ出撃となった。

天気はすこぶる快晴で気持ちがよい!
いつもより混雑している岩木高原を通り津軽岩木スカイラインへ!

今時、有料道路とはめずらしい・・・しかも料金が1780円と高額
まあ、山の管理に使われると思えば良いとするか・・・
(秋田の鳥海山や八幡平、男鹿に田沢湖はとっくの昔に無料になったが・・・)

14:00過ぎに8合目まで到着!
さすがに、この時間になると登り始める人より
降りてくる人のほうが多い。

リフトに乗って頂上を目指し、帰ってくるまでの時間を計算して・・・
リフトが終了する時間には十分間に合う
(たしか16:45でリフトは終了・17:30には有料道路のゲート閉鎖)

さっそくリフト券を購入し(大人800円、子供400円=2000円)頂上を目指す!
*初めてリフトへ乗る娘は緊張気味・・・リフトが怖くて行きに車の中ではブルーになっていた。

しかし、ここのリフトは高いところが無く、落ちても平気な安全、安心なリフト。緊張していた娘も安心し
一気に元気になってハイテンション!

リフトの降り口から頂上まではおよそ30分との看板が・・・
頂上を見上げると・・・けっこうな距離がある。
初めての登山、家族は大丈夫かな?
途中で帰るなんて言わないだろうか(特に妻が心配・・・)

初めの10分はたいした険しい道でもなかったが
中盤からは「落石注意」の手を使わないと登れないような険しい道に!

道が険しくなるほど男心は燃えてくる!
家族の様子はどうだ・・・

娘はハイペースでさすが小学生、パワーが違う。ベラベラしゃべりながら
平気で険しい登り道を上がっていく。

問題の妻は・・・ローペースだが頑張って登っている。文句を言わないのが助かる(^。^)

私は日ごろの運動不足で呼吸が乱れる。心地よい汗が良い感じ♪
気温は麓より断然低く厚着をしてきたが
運動量が多く汗をかく。

周りを見わたすと・・・こんな急斜面を登るのに
片手にバックを持ってたり、スカートで挑戦していたり
小学生以下の小さな子も沢山いたり・・・

まさに、お気軽登山コースなのね・・・
(緊張して登らないと事故のもと・・・気は抜けない)


15:00ちょっと過ぎに頂上へ到着!時より流れてくる雲がひんやりしていて気持ちよい!
360度一望できる頂上から弘前方面を見下ろす。

登山中は日本海側しか見えないが頂上からは
弘前や五所川原の町並みが見える(山から見ても弘前は小さな町だった・・・)

頂上へ上りきった「達成感」で家族も皆、楽しそう!
記念撮影をしサンドイッチを食べ、飲んだポカリスウェットが美味い♪
まさに体に吸収する感じ!

20分ほど頂上でのんびりし今度は下山・・・
さすがにこの時間から登ってくる人はいない。

下りは登り以上に普段使わない筋肉を使うので大変。
スローペースの妻を待ちながらゆっくりと降りた。

それでも16:00にはリフト乗り場へ戻ることが出来た。

リフトを使わないで降りる道もあり・・・
ここも下ってみたかったが妻に怒られそうなので
無難にリフトで降り駐車場へ!

売店でフランクフルトを食べて本日の登山終了!


こんなに沢山の人が登る岩木山・・・あんな急斜面で、落石や転倒でけが人とか出ないのかな?
転げ落ちたら大怪我しそうな斜面が沢山あってびっくり!

有料道路の途中に湧き水を発見!
とても冷たくておいしそう・・・
でも、湧き水や井戸水をゴクゴク飲めない昨今・・・
気を付けねば・・・
(ちょっと心配性かな?)





帰りの車中から撮影
黄昏の岩木山・・・

夏に晴天が少なかったため
気持ちの良い秋晴れに
なんだか心のリフレッシュができた♪

登山の達成感と、皆で登った一体感・・・
楽しい思い出となりました♪







トップ アイコントップページに戻る