釣りの必需品

トップページへもどる

研究の成果トップへ戻る



防波堤、岸壁釣りの必需品


車で気軽に釣り場に行けて、色々な魚が狙える防波堤や岸壁。
ホームセンターで売っている格安な竿&リールセットで十分楽しめます。


竿:
  万能用の1980円位の値段の商品で十分。
  竿の長さは「アジ」をサビキで狙うのであれば長いほど良い。(5.4mがベスト)
  (しかし5.4mは投げ釣りには不向き?)

リール:
  セットについてくる おもちゃのような物でも対応できるが大物が掛かった時の事を
  考えると少しは良いものを選びたい。1980円位のものでOK。私のリールは
  アジが10匹一度に掛かると巻けなくなる・・・。カリカリって音がして・・・。
  良いリールに付け替えた時はあまりのスムーズさに少々感動するはず。

仕掛け:
  大体の魚はサビキで釣れてしまいすので、サビキを数セット用意しておけば安心。
  ハリスの細いものはすぐに絡んだりカールしてしまうため釣れ釣れタイムに備えて
  予備は多めに。
  針は6〜9号位、ハリスは1〜2号くらいで十分。
  錘は10号がベスト、投げにも対応できるし軽すぎるとチョッと大きなアジが来た時に
  横走りされてお祭りになりやすい。
  退屈しのぎにルアーや投げ仕掛けがあれば短気な人は助かるはず。

小物:
  ・「竿掛け」980円くらいからあるが安いやつはすぐにネジがバカになりゴミとなる。
  (私はお金が無いので↑この手の物しかもってない・・・。)
  ・「バケツ」ビニールタイプが収納にも便利で良い。水汲み用のロープも必要
  (四角いフタ付きのビニールの物が収納ケースにもなり便利)
  ・「コマセ餌つけ器」、「コマセカゴ」、絶大な効果を上げる?
←効果絶大、皆が使う「コマセ餌つけ器」(通称=船)
その他:
  気休めで集魚板、夜釣りで必要な竿先用の鈴、懐中電灯などがあれば
  釣果が上がるかも??
  後はハサミやマゴチバサミ(魚を挟んで摘むのも)があれば大体OK。 

収納:
  思い切って大型のタックルケースを購入したほうが無難。ついつい仕掛けは数が
  増えてしまうので小さなケースではすぐに一杯に。

トップページへもどる

研究の成果トップへ戻る



 船釣りの必需品


大物や未知の魚が狙える船釣り。金銭的な負担が多いが一通り道具を揃えれば
後が楽なのでじっくり考えて良い物を購入しましょう。
竿とリールがあれば何とかなりそうですが、それが実は甘い!
私は防波堤釣りの装備と同様な持ち物、服装で挑みひどい目にあいました。

服装:
  ・レインコートは必需品、ポイントまでの移動で波がある日は全身びしょ濡れになります。
  ・長靴の装備も忘れないようにしましょう。スニーカーで行ったら足がふやけました・・・。
  ・安全のためにフローティングベストは必ず購入しましょう。1、000円〜20,000円位(ブランド品はかっこいい)
  ・安全対策でグローブも装備しましょう。危険な魚、歯が鋭い魚、船が揺れ仕掛けを手に刺してしまう事があります。

竿:
  ・長さは3m位、錘負荷が80号位の物であればほとんどの魚に対応します。2,980円位からあります。
  長すぎる竿は扱いにくいし疲れます。硬すぎる竿はアジなど口の弱い魚がばれやすくなります。 
  ・釣れ釣れのときはとても2本は管理できないが、竿掛けがあれば2本出しても良さそう。
  (乗船人数が多い時は遠慮しましょう)

リール:
  ・ルアーを投げないのであれば両軸タイプがベスト。スピニングリールではスムーズに
  仕掛けを落下しにくいと思います。
  ・水深を測るカウンター付が断然便利です。が、PEラインを巻くのであればmごとに印しが付いているのでなくても
  大丈夫です。シンプルな物で4,000円位から上はきりがない・・・。頻繁に船に乗るなら
  電動リールがおすすめ。体力を使わないでラクラクな釣りが出来ます。
  ・巻きつけるラインは無敵の強さを誇るPEラインを奮発しましょう。6号だとどんな大物でも切れる事は
  ないでしょう。100mで1,500円位しますが頑張って300m巻いておけば安心です。

竿掛け:
  ・船によっては無料で貸してくれますが、これがなければかなり辛い釣りになります。
  釣れまくっている時や、魚探で魚を追って頻繁に仕掛けを回収する時、水深70m以上の時は、
  手か麻痺してリールを巻けなくなります。事前の筋トレが必要!
  ・値段は8,000円位から・・・。意外に高額。
  
仕掛け:
  ・サビキ釣りしかやった事がないので何とも言えませんが、ハリスは10号以上を選ぶと安心です。
  ワラサ等の強烈に引き込む魚がヒットした時に安心です。
  (10号以上のハリスだと各釣具屋もあまり種類を揃えていないので売ってたら即、購入)
  フグやサワラなど歯の強い魚はハリスをビシビシ切っていきますので予備は多めに。
  ・錘は80号がベスト。重すぎると巻き上げるのも疲れますので・・・。お隣とお祭りになりやすいようであれば
  100号で対応。船の皆が同じサイズで揃えるとお祭りはしにくい。
  ・退屈しのぎにメタルジグを持っていけば短気な人は助かるはず。
←仕掛けをチェックしたら未使用が10,000円分以上あった・・・。

餌:
  これが奥が深い・・・。その時々で食いが全然違う。過去に用意したのは下記の通り。
  ・冷凍アジ(マリーナで釣った豆アジを冷凍保存。イナダやタチウオ・メジマグロがヒット!)
  ・冷凍ワカサギ(サワラがヒット!)
  ・イカ短「赤・ピンク・白」(アジに効果大!サワラやイナダも狙える)
  ・タコベイト「ビニールのゴムタコ」(赤が一番効果がありそう。イナダやサワラがヒット!)
  ・サビキにルアー(針の変わりに一箇所にルアーを付けたらサワラが釣れ釣れ。BY平目名人)
  ・生餌「豆アジ・豆サバ」(一番良い餌。ヒラメにソイ、ワラサにサワラ、スズキなど大物が釣れ釣れ)
  ・イワシ、サバ、アジの切り身(豆アジが釣れない時、さばいて切り身にし餌とする。サワラ、イナダがヒット) 
*冷凍物はフグに襲われやすい。ハリスごと食われるのですぐに仕掛けがダメになる・・・。 
←食べきれないアジ君は冷凍して人と大型魚の餌用に!

トップページへもどる

研究の成果トップへ戻る



 

夜釣りの必需品、投光機の作り方!


アジの夜釣り必需品?!手軽に作れてしかも効果絶大!アジの他にもイカやタコなど色々な
魚が集まってくる!   名人はもっと強力な発電機を持ってきて使っているが・・・。


材料:
  ・車のフォグランプ(解体屋で1個500円)
  ・ビニールコード(5m位、ホームセンターで500円くらい)
  ・コネクター(ホームセンターで200円くらい)
  
  上記の部品をつなげて車のバッテリーから直結!
  作成時間10分位。事前にコネクターをバッテリー側にも付けて置けばラクラク。
  後は現場でコネクターをワンタッチで差込みバッテリーに接続!

*しかし注意事項が沢山
  ・ヒューズを入れたほうが安心。
  ・コードは太目が熱をもたなくて良い
  ・車はエンジンをかけっ放し・・・。一晩でガソリンが1メモリ無くなる・・・。

  万が一 事故があったら大変です!自己管理で挑戦しよう!


トップページへもどる

研究の成果トップへ戻る


 トップ アイコントップページへもどる    研究の成果トップへ戻る